阿波野秀幸さん(プロ野球解説者)を迎えて/コサナ・ワンポイント情報 [2月のゲスト・阿波野秀幸さん]
2011.02/07 番組ディレクター 記事URL

第1回/2月 7日  野球との出会い
第2回/2月14日  3球団ドラフト1位指名と近鉄時代のご活躍
第3回/2月21日  横浜ベスターズ移籍と日本シリーズ優勝
第4回/2月28日  現役引退とコーチ、解説者としての活躍

「今すぐ聴く!オンディマンド」の「一覧」からお聴きください。


阿波野秀幸さん(左) 堀美智子さん コサナ社長・鴨井一文さん


阿波野秀幸さん
:横浜・桜丘高から亜細亜大学を経て、1987年、読売ジャイアンツ・大洋ホエールズとの3球団競合の末、ドラフト1位で近鉄バファローズに入団。入団1年目から先発左腕としてローテーションを守り、最多奪三振王(201個)、新人王のタイトルを獲得。88年、伝説となる「10.19」のダブルヘッダーに連投し、惜しくも最後に同点弾を打たれ優勝を逃すという悲劇を経験。89年、最多奪三振(183個)と最多勝利(19勝)のタイトルを獲得し、悲願のリーグ優勝を果たす。その後、95年に読売ジャイアンツ、98年に横浜ベイスターズに移籍。この年、横浜では50試合に登板して初の日本一を経験。その日本一を決めた試合で勝利投手となった。2000年に現役を引退したが、ドラフトで競合した3球団全てに在籍し、更にその3球団全てで優勝を経験するという強運の持ち主である。01年から巨人の投手コーチ、06年は横浜の投手コーチに着任。07年からはプロ野球解説者としてはもちろん、様々な経験から他分野へも知的な視線での活躍が期待される。現在、住友金属鹿島 野球部投手コーチとしても活動中。

<コサナ・ワンポイント情報>

第1回 環状オリゴ糖によるこども化学実験教室(写真)
第2回 環状オリゴ糖のマスキングについて
第3回 環状オリゴ糖の除放性について
第4回 環状オリゴ糖に包接する様々な物質


環状オリゴ糖の働きをわかりやすく解説


班ごとに環状オリゴ糖の働きを確認


宇野和男アナ  コサナ・鈴木健司さん

*2011年1月7日 こどもみらい塾(東京・恵比寿)にて