第81問:39年前、私は甲子園を夢見た高校球児でした。 [聴く『競馬クイズ』]
2018/07/31(火) 11:00 競馬中継スタッフ

【第81問】


 いよいよ8月です。甲子園球場で第100回となる全国高等学校野球選手権大会が始まります。今年は記念大会で参加校が56校です。この夏はどんな熱戦が繰り広げられることでしょう。夏の甲子園大会は競馬に例えるならダービーですね。まさに3歳馬(高校生)が世代ナンバーワンの座を目指す、56頭立ての日本ダービーです。


 さて、過去99回の大会には数多くの名勝負がありました。それこそ数え上げたらきりがありませんが、ここでは高校野球史に残る4つの延長戦を以下に挙げてみました。


〔A〕箕島対星稜
 星稜が1点リードの延長16回2死。星稜の一塁手がファールフライを追い、捕れば星稜の勝ちとなるところだったが足を取られて転倒し、捕球できず。直後に箕島の打者が同点ホームランを打つという想像もつかない展開で試合は進み、最後は箕島が延長18回にサヨナラ勝ち。


〔B〕銚子商業対作新学院
 『怪物』と呼ばれた江川卓は、延長12回裏1死満塁の場面でカウント2-3から投げた169球目が高く外れて痛恨の押し出し四球を与え、サヨナラ負けで甲子園を去った。


〔C〕松山商業対三沢
 三沢の太田と松山商業の井上の投げ合いはともに譲らず、決勝では初めてとなる延長18回引き分け再試合となった。


〔D〕横浜対PL学園
 再試合も見えた延長17回で250球を投げきった『平成の怪物』松坂大輔。「打倒・松坂」に燃えるPL学園との激闘は球史に残る名勝負。


 それでは問題です。まず、以下のレース実況をお聴きください。


 レース実況はこちらから→聴く


 このレースが行われた年と同じ年に甲子園で行われた試合を〔A〕、〔B〕、〔C〕、〔D〕の中から選んでください。えっ、そもそもこのレースがわからない、ですって?
 う~ん、これはけっこう有名なレースなんですけどねぇ。難しいですか? 珍問だったかなぁ...。


 それでは、ここで前回・第80問の正解です。


<正解>アプリコットフィズ


 問題としてお送りした実況は2010年のクイーンステークスです。このレースを勝ったアプリコットフィズは、この年のクイーンカップも制しました。同一年にクイーンと名の付く2つの重賞を制したのでした。ちなみにこれでエリザベス女王杯も勝てば、まさに『クイーンづいている馬』と言えますが、アプリコットフィズは6歳の春まで走ったもののエリザベス女王杯には一度も出走しませんでした。


----------


★先週の「聴く『60秒競馬クイズ』」の<正解>カルストンライトオ


 カルストンライトオは、ご存知のように2年後にアイビスサマーダッシュを再び制し、続くスプリンターズステークスも制してベストスプリンターの座を手にしたのでした。先週のアイビスサマーダッシュを制したあの馬は、どうでしょう?

コメント