第8問:新人騎手がデビュー! 誰が最初に初勝利をあげるのか!? [聴く『競馬クイズ』]
2017/02/28(火) 11:00 競馬中継スタッフ

【第8問】


 さぁ、3月です。今週は桜花賞と皐月賞のトライアルが行われます。いよいよ春本番が近づいてきました。そして、3月は新人騎手がデビューします。今年は関東が3人、関西では2人の計5人がデビューします。


 昨年は藤田菜七子騎手がデビューして、「菜七子フィーバー」で大いに盛り上がったものでした。先に地方競馬で初勝利をあげた藤田騎手でしたが、いつJRA初勝利となるのかと、藤田騎手が騎乗する競馬場にはマスコミが殺到し、4月10日に福島競馬場で初勝利をあげた時はスゴイ数の報道関係者だったことを覚えています。(七夕賞の時でもあれほどの記者は集まりません)


 新人騎手が初勝利をあげるとインタビューが行われます。最近の新人騎手はマイクを向けても物怖じせず、堂々と話すので感心します。そして、そのインタビューをラジオNIKKEIのアナウンサーが担当していることは、ご存知の方も多いかと思います。


 それでは、ここで問題です。今回はインタビューをお聴きいただきます。以下のインタビューは、ある騎手が初勝利をあげた時のインタビューです。小塚歩アナウンサーが質問したのですが、新人らしく初々しさが感じられるインタビューです。さて、このインタビューに答えている騎手は誰でしょう? ズバリお答えください。


インタビューはこちらから→聴く


 声を聴いてお分かりになりますかね? 声だけでは誰なのか判断できないという方のためにヒントを差し上げましょう。


<ヒント1>デビューした年は20勝しましたが、同期で24勝した騎手がいたため、新人の最多勝ではありませんでした。
<ヒント2>お聴きいただいてお分かりかと思いますが、福島競馬場で初勝利をあげています。しかし、この騎手は、今は福島競馬場で騎乗することがほとんどないですねぇ。
 

 う~ん、ちょっとヒントを出し過ぎてしまったかもしれません。もう誰か分かりますよね!


 それでは、ここで前回の第7問の正解を発表します。


<正解>サイレンススズカ


 前回の第7問のレースは、1998年の第72回中山記念です。サイレンススズカは逃げて、2着となったローゼンカバリーに1馬身4分の3の差をつけて勝ちましたが、この時がサイレンススズカの初重賞制覇でした。その後の素晴らしい活躍ぶりは、ここに書くまでもありませんね。


 さて、今年の新人騎手の中で誰が一番早く初勝利をあげるでしょうか? その初勝利の舞台は中山か阪神か? それとも小倉か中京でしょうか? 新人騎手に声援を送りつつ、クラシック本番を目指す3歳馬の戦いに注目です。あ、オーシャンステークスもありますね。こちらも高松宮記念に向けて見逃せないレース。どのレースも注目ですね!

コメント