第76問:がんばれ日本!でも交差点で大騒ぎするのはどうなの? [聴く『競馬クイズ』]
2018/06/27(水) 14:00 小林 雅巳

【第76問】


 いよいよ舞台は今週から福島、中京へと移ります。始まってしまえば福島と中京の4週、その後の新潟、小倉、札幌の6週はあっという間なんですよね。すぐに秋になりそうです。
 さぁ、今週は社杯であるラジオNIKKEI賞が行われます。当然ながらこのレースから出題します。まず、以下のレース実況をお聴きください。少し前の、まだ「ラジオたんぱ賞」だった時のレースです。


 レース実況はこちらから→聴く


 それでは問題です。このレースの勝ち馬と、その勝ち馬の父の名前をお答えください。さらにもうひとつ。このレースが行われた日は、FIFAワールドカップの決勝戦が行われました。その決勝戦で勝ち、世界一となった国をお答えください。


 今ロシアでFIFAワールドカップが行われています。19日に行われたコロンビア戦で日本は勝ち、その後セネガルとは引き分け、1勝1分けです。グループリーグ突破はほぼ決まりでしょう。(この原稿はポーランド戦前に書いています)
 私は「日本は3戦3敗」とみていたのですが(決して日本に負けて欲しくはないのです。テレビの前で一生懸命応援していました)、いい意味で予想はハズれました。恐れ入りました。しかし、これは率直に言って万馬券です。もともと能力はあったけど、なかなか噛み合わずにいた人気薄の馬が、本番のGIレースで激走したということでしょう。やはり競馬もサッカーもやってみなければ分からないものです。


 それでは、ここで前回・第75問の正解です。


<正解>
〔問題A〕トウショウボーイ
 このレースは1977年の宝塚記念です。出走馬はわずか6頭でしたが、前年の皐月賞馬トウショウボーイ、ダービー馬クライムカイザー、菊花賞馬グリーングラス、そして前走の天皇賞(春)を制したテンポイントが出走したので豪華メンバーだったと言えると思います。結果勝ったのはトウショウボーイで、2着テンポイント、3着グリーングラス。まさに『TTG』でした。この時と比べて、先週の宝塚記念は「春のグランプリ」としてはちょっと手薄なメンバーだったような気がしますが...。

〔問題B〕サイレンススズカ
 このレースはちょうど20年前、1998年の宝塚記念です。レース実況は短く、スタートしてすぐに終わっていますが、実況でメジロブライトが外枠発走になったことを言っているのが大きなヒントで、それでサイレンススズカが逃げ切ったレースだと分かるはずです。


----------


★先週の「聴く『60秒競馬クイズ』」の<正解>マリアライト


 一昨年の宝塚記念を制したのは牝馬マリアライトでした。8番人気という人気薄でしたが、ドゥラメンテ、キタサンブラック、ラブリーデイなど5頭のGIホースを含む豪華メンバーを相手にしてみごとに勝った姿には驚かされました。しかし、調べてみて豪華メンバーだったと言えますが、実は2年前のレースなのによく覚えていません。かなり昔の事は覚えているのですが、1~2年前の事はすっかり忘れて覚えていないのです。

コメント