第72問:この新馬戦を勝った馬が、来年のダービー馬になるかもしれません。 [聴く『競馬クイズ』]
2018/05/29(火) 11:00 競馬中継スタッフ

【第72問】


 日本ダービーが終わり、6月です。もう夏競馬なのです。そして、来年のクラシックへ向けて早くも2歳馬がデビューします。「メイクデビュー○○」、2歳新馬戦が各競馬場で行われます。


 去年、関西で行われた最初の新馬戦を覚えていますか? 2017年6月3日(土)の阪神競馬第5レースです。芝1600メートルの2歳新馬戦。そのレースの実況を少しだけお聴かせしましょう。


 レース実況はこちらから→聴く


 本当に短い実況でしたが、この新馬戦を制した馬は、この春GIホースとなりました。分かりますか? しかし、これが今回の問題ではありません。
 この最初の新馬戦を勝った馬の他にも、昨年の6月に新馬戦を勝ち、後にGIを制した馬がもう1頭います。その馬の名前をズバリお答えください。ヒントとしてレース実況をご用意しました。もちろん勝ち馬抜き実況です。


 レース実況はこちらから→聴く


 どうでしょう? GIホースです。あの有名な馬ですよ。


 それでは、ここで前回・第71問の正解です。


<正解>[C] エイシンフラッシュ


 [A]は平成8年の日本ダービーで、勝ったフサイチコンコルドは単勝7番人気で2760円でした。[B]は翌平成9年の日本ダービーで、勝ったサニーブライアンは6番人気で1360円。そして[C]が平成22年、エイシンフラッシュが勝った日本ダービーです。
 エイシンフラッシュは7番人気で、単勝の払戻金は3190円でした。この時の2着は5番人気ローズキングダムで、馬連は1万6720円の万馬券でした。波乱の日本ダービーでしたね。来年、○○元年の日本ダービーを制する馬は何番人気でもいいのですが、どんな馬がダービー馬となるのでしょうか。すぐにダービーはやってきます。


----------


★先週の「聴く『60秒競馬クイズ』」の<正解>中野栄治


 1990年(平成2年)のダービーを逃げ切って制したアイネスフウジン。この時、東京競馬場には19万を超えるファンが詰め掛けていました。そして、レース後にアイネスフウジンが引き上げてくると、『ナカノ!ナカノ!ナカノ!』という声が沸き起こったのです。19万人の声は本当に凄まじいものでした。アイネスフウジンに騎乗した中野栄治騎手に向けての大コール。感極まった中野騎手はアイネスフウジンの上で泣いていました。あのダービーは『ナカノコール』とともに競馬ァンの記憶に刻まれています。

コメント