第7問:去年はドゥラメンテが勝ったんでしたねぇ。 [聴く『競馬クイズ』]
2017/02/21(火) 11:00 競馬中継スタッフ

【第7問】


 今週から東西ともに舞台は変わって、中山開催と阪神開催となります。中山の開幕週のメインレースは中山記念です。今年で91回目。よく「伝統の中山記念」と言われる中山記念は、第1回が1936年。ご存知の方も多いかと思いますが、1951年までは年に2回行われていました。しかし、1944年から3年間は行われていません。戦争のためですね。


 今回は中山記念のレース実況を聴いて、そのレースの勝ち馬をズバリお答えいただくクイズです。それでは実況をお聴きください。


 レース実況はこちらから→聴く


 えっ、「これで分かるわけねーだろ!」ですって? ハハ、そうですよねぇ。イントロを聴いて曲名を当てる「イントロクイズ」に例えるなら、これはスーパーウルトライントロクイズですね。一度やってみたかったのです。スミマセン、今のはシャレです。どうぞご勘弁を。では、改めて次の実況をお聴きください。「勝ち馬抜きレース実況」です。


 レース実況はこちらから→聴く


 これなら分かりますでしょう。わざわざクイズとして取り上げるのですから、まぁ、よく知られたレースですよ。えっ、まだ短すぎて分からない? う~ん、それでは仕方ありません。3度目はもう少し長いレース実況をお送りしましょう。これでお分かりになるでしょう!


 レース実況はこちらから→聴く


 この時の中山記念は頭数が少なく、わずか9頭でした。ですから、勝ち馬を除いた8頭の出走馬を聴いたら分かると思います。また、勝った馬は終始○げていましたからねぇ。


 それでは、ここで前回の第6問の正解を発表します。


<正解>メイセイオペラ


 これはけっこう知られていることで、ヒントの実況を聴かなくても分かったという方もいらっしゃるでしょう。レースは1999年第16回フェブラリーステークスで、2月ではなく1月31日に行われたのでした。そしてこのレースを勝ち馬は、あの水沢のメイセイオペラでした。


 この時のフェブラリーステークスは、実況を聴いていただいてお分かりになったと思いますが、桜花賞馬キョウエイマーチをはじめ、ワシントンカラー、ビッグサンデーなどのGIの常連やダート路線の猛者が出走しました。その中で2番人気に推されたメイセイオペラは、2着のエムアイブランに2馬身の差をつけて歴史的勝利を挙げました。


 地方競馬所属馬が中央のGIを制したのはこれが史上初めてのことで、あれから18年たってもこのメイセイオペラだけです。あの日、岩手から大挙してやってきた人達は快挙に熱狂し、メイセイオペラと菅原勲騎手に『イサオコール』を浴びせたものでした。


 この歴史的レースの実況を担当したのは「踏み切ってジャンプー!」の山本直也アナウンサーです。彼のこの実況は残ります。今後10年、20年たっても事あるごとに使われることでしょう。


 さて、4月2日にはGIレースとなった大阪杯が行われます。その大阪杯へ向けてのステップレースとして、来月の中京の金鯱賞とともに中山記念は見逃せないレースとなったと言えるでしょう。今年の勝ち馬は、今年どんな活躍をするのでしょう。そして中山記念が終わると、もう3月です。春はすぐそこですね。

コメント