第68問:雨の中、大外強襲!直線一気!いやぁ、凄かったなぁ。 [聴く『競馬クイズ』]
2018/05/02(水) 11:00 競馬中継スタッフ

【第68問】


 今週はNHKマイルカップが行われます。今年で23回目ですが、過去22回のレースの中でどのレースが印象に残っていますか?
 ちょうど20年前はエルコンドルパサーが勝ったのですが、外国産馬はまだダービーに出ることが出来なかった時代でした。もしもダービーに出ていたら...。また、このレースを勝ってダービーまでも制した馬もいましたし、マイネルホウオウが勝ち、勝利騎手インタビューで涙しながら答えていた柴田大知騎手の姿も印象に残っています。


 その中で一番ビックリしたレースを問題にしました。先週も大波乱のレースから出題しましたが、万馬券愛好家を自認している人間としてはこのレースを取り上げてしまうのです。やはりこのレースは強烈でしたね。まずはレース実況をお聴きください。


 レース実況はこちらから→聴く


 これはかなり昔のレースです。このNHKマイルカップは、雨の中で行われました。ローレルゲレイロが1番人気でしたが、この馬をゴール寸前に差し切ったのがピンクカメオでした。18頭立ての17番人気でした。後方から追い込んできた脚は凄かったですね。ゴールの瞬間は「この馬って...」と絶句したことを覚えています。
 さらに驚いたのは3連単の払戻金でした。3着が最低の18番人気のムラマサノヨートーで973万9870円となったのです。「こんな馬券を買う人がいるのか!?」と、感心したというよりなんとも不思議な気分になったものでした。


 それでは問題です。このレースでの勝利がJRAのGI初制覇となった騎手は誰でしょうか?
 競馬ビギナーの方のために4択問題にしました。以下の4つの中から選んでお答えください。


[A] 安藤勝己
[B] 岩田康誠
[C] 内田博幸
[D] 戸崎圭太


 それでは、ここで前回・第67問の正解です。


<正解>ゼンノロブロイ


 この時の天皇賞(春)で4番人気だったゼンノロブロイは、勝ったイングランディーレに7馬身差の2着に終わりました。その後の宝塚記念も勝てず4着でしたが、秋は全盛期を迎え、天皇賞(秋)、ジャパンカップ、有馬記念とGIを3連勝。晴れて年度代表馬となったのでした。


-----------


★先週の「聴く『60秒競馬クイズ』」の<正解>横山典弘


 先週の「聴く『60秒競馬クイズ』」も2004年の天皇賞(春)からの出題でした。横山典弘騎手は3年前もゴールドシップで天皇賞(春)を制しましたが、あのレースも凄かったですね。横山典弘騎手ならではの手綱さばきだったと思います。あの騎手は本当にファンを唸らせるレースをしてみせますね。

コメント