第67問:いやぁ、あの時は、ホント唸ったものでした。 [聴く『競馬クイズ』]
2018/04/24(火) 13:00 競馬中継スタッフ

【第67問】


 今週は天皇賞(春)が行われます。2度の坂越えがある3200メートルのレースで、出走馬が天皇盾をめざして新緑の京都競馬場を駆け抜ける姿は見ていて楽しいものですね。


 さてこの天皇賞(春)、過去には大波乱がありました。特に驚かされたのは6年前のビートブラックが勝ったレースです。1番人気のオルフェーヴルが11着に敗れ、14番人気のビートブラックが勝って3連単は145万2520円となり、歴史的大波乱となったレースです。本当にビックリしたものです。


 そして、個人的にもう一つ驚いた天皇賞(春)があります。それは今から14年前のレースです。レース実況をお聴きください。


 レース実況はこちらから→聴く


 2004年5月2日に行われた第129回天皇賞(春)は、10番人気のイングランディーレが逃げ切りました。前年の2003年には日経賞を制して天皇賞(春)に出走しましたが9着に終わり、この年は船橋のダイオライト記念を走ってからの参戦でした。逃げてしぶとく、スタミナはある馬だとは分かっていたものの勝ち負けは厳しいのでは...と思っていました。


 レースでは初コンビを組んだ横山典弘騎手が大逃げをうち、大観衆から大きなどよめきが起きたものでした。それでも逃げ切ることはないと思っていたら、2度の坂越えをしても2番手以下の馬との差が縮まらず、イングランディーレは見事に逃げ切ってみせたのでした。当時私は同時開催の新潟競馬場で見ていましたが、唖然としたことを覚えています。


 それでは問題です。この天皇賞(春)で勝ったイングランディーレに7馬身の差をつけられた2着馬の名前をお答えください。レース実況をお聴きになって気付かれたと思いますが、今回は「2着馬抜き実況」になっています。
 えっ、ヒントをくれ、ですって? う~ん、ヒントは...そうですねぇ、秋にはGIを3連勝ちしてこの年の年度代表馬になった馬です。ちょっとサービスし過ぎちゃいましたかね。


 それでは、ここで前回・第66問の正解です。


<正解>小塚アナ...[D]、山本直アナ...[E]


 どうでしたか? ワンフレーズの実況でしたから難しかったでしょうか。確かに小塚アナと山本直アナの声は似ていると思います。しかし、各アナウンサーはそれぞれ「個性」があり、いくつか実況を聴いていただくと違いが分かると思います。しかし、実況スタイルは違っても、『間違えずに、分かりやすく』という点ではラジオNIKKEIのアナウンサーは皆同じです。
 ちなみに[A]、[B]、[C]は誰か分かりましたか? [A]は白川次郎さん、[B]は北野守さん、そして[C]は藤田直樹さんです。我々の大先輩の声でした。


----------


★先週の「聴く『60秒競馬クイズ』」の<正解>武幸四郎


 すみません! 大変失礼いたしました! 先週の「聴く『60秒競馬クイズ』」の正解が1997年のマイラーズカップを制した新人騎手、ということで武幸四郎現調教師です。1週先の問題の答えを間違えて出してしまいました。間抜けで申し訳ありません。


 先々週(4月9日から15日まで)のクイズの正解は、「3度」です。武豊騎手はこれまで皐月賞を何度制しているでしょうか、という問題でした。ナリタタイシン、エアシャカール、ディープインパクトで勝っているのでこれまで3勝、3度制覇しているわけですね。

コメント