今日馬券がはずれても、"Tomorrow is another day." [聴く『競馬クイズ』]
2018/03/29(木) 12:00 競馬中継スタッフ

【第63問】


 いよいよ今週は大阪杯が行われます。大阪杯といえば、トウカイテイオーが圧勝したレースを思い出しますが、もうひとつ印象に残っていることがあります。それは、10年前のことです。
 2008年4月6日、私は阪神競馬場に向かう阪急電車に乗っていました。そこで隣にいた男性2人の会話が聞こえてきて感心しました。その論理、洞察力。素晴らしいと思いましたね。10年前に聞いた会話を思い出して以下に書いてみます。


「今日の大阪杯はどこまでいってもダイワスカーレットとメイショウサムソンや。決まりやで」
「なんでや?」
「大阪杯の前にあるレースがヒントになってることに気がついたんや」
「えっ、第10レースのマーガレットステークスかいな」
「そや。なぁ、マーガレットいうたら『マーガレット・ミッチェル』や。あの人が書いた小説『風と共に去りぬ』の主人公の名前を知っとるか?」
「『スカーレット・オハラ』やろ。あっ、ダイワスカーレットか!」


 そう、ここまでは良かったのです。では、2008年第52回大阪杯はどんなレースだったのか、以下のレース実況をお聴きください。


 レース実況はこちらから→聴く


 この会話にはまだ続きがあり、見知らぬ男性2人は以下のような結論に至ったのです。


「ほな、映画の『風と共に去りぬ』でクラーク・ゲーブルが演じた男の名前は?」
「確か『レット・バトラー』いうたな」
「よう知っとるな。ところでメイショウバトラーはどこの厩舎の馬か言うてみぃ」
「なんやバトラーかいな。この前のマリーンカップも強かったなぁ。ええと、高橋成忠厩舎やろ」(※メイショウバトラーはこの4日前に船橋のマリーンカップを勝っていました)
「そうや。メイショウサムソンと同じ厩舎やで。最後に映画でスカーレット・オハラを演じた女優の名前はなんや?」
「それは『ヴィヴィアン・リー』や」
「ほなメイショウサムソンのおっかさんの名前は?」
「う~ん、オペラハウス産駒というのは知っとるが、母親の名前は‥‥(手にしていた競馬新聞を見て)ん、『マイヴィヴィアン』や!そうかぁ、よう気がついたなぁ」
「そやろ。もうこの2頭で決まりやがな。あとは適当に3着を決めたらええがな」


 それでは問題です。2008年のダイワスカーレットが勝った大阪杯で、メイショウサムソンは何着だったでしょうか?
 もう10年前ですから、覚えている方は少ないと思いますので、以下の3つの中からお答えください。


[A] 4着 [B] 6着 [C] 10着


 ちなみに私はこの会話を聞いてダイワスカーレットとメイショウサムソンの2頭軸の3連複を買いました。しかし...そんなうまくいきませんね。あの嬉しそうに会話していた2人は2頭で大勝負したのか、今でも気になっています。


 それでは、ここで前回・第62問の正解です。


<正解>[A]


[A]のレースは、2000年の日経賞です。10頭立て9番人気のレオリュウホウが逃げ切って勝ち、単勝は1万9390円でした。そして[B]は2012年のレースで、14頭立ての12番人気だったネコパンチが逃げ切り、単勝は1万6710円でした。どちらのレースも人気薄の馬が逃げ切ってしまい、唖然としたことを覚えています。


----------


★先週の「聴く『60秒競馬クイズ』」の<正解>キンシャサノキセキ


 キンシャサノキセキは2010年の高松宮記念を制し、翌2011年は阪神競馬場で行われた高松宮記念を制して連覇を達成しました。ちなみに2008年にこのレースで2着になった時が5歳で、その後7歳で勝ち、8歳で連覇を達成しました。7歳、8歳でGIを連覇したわけで、このような馬もなかなかいないですね。

コメント