第55問:もう2月。まだ見ぬ大物の出現はあるのか? [聴く『競馬クイズ』]
2018/01/29(月) 11:00 競馬中継スタッフ

【第55問】


 年が明けたと思ったら、もう2月です。春本番が待ち遠しいところですが、各競馬場では毎週「メイクデビュー○○」、新馬戦が行われて、春のクラシックを目指してデビューする馬がいます。そろそろデビューしないと、新馬勝ちしてもクラシック第一弾の桜花賞や皐月賞に間に合わなくなる恐れがあります。


 しかし、それでも3歳牝馬クラシックのオークスには十分間に合うようで、過去にオークスを制した馬には「年明けデビュー」の馬がかなりいます。古くは1995年のダンスパートナー(1月29日デビュー)、1998年のエリモエクセル(1月31日)、2000年にはこの年の1月30日にデビューしたシルクプリマドンナがオークスを制しています。


 そして今世紀に入って、つまり2001年以降では3頭が年明けデビューのオークス馬となっています。それは以下の3頭です。


[A] レディパステル
[B] カワカミプリンセス
[C] サンテミリオン


 それでは、今回の問題です。この3頭の中で最も遅くデビューした馬はどの馬でしょうか?
 その馬はなんと、2月にデビューしたのです。ヒントとして、その馬が制したオークスの実況をご用意しました。今回はスタートからのレース実況(勝ち馬抜き実況)です。他の出走馬からお分かりになると思います。まぁ、それでも10年以上前のレースですから、すぐに分かった方はスゴイと思いますが...。


 レース実況はこちらから→聴く


 今週も3競馬場でデビューする馬がいます。果たしてその馬たちの中に春の大舞台に出て活躍する馬がいるのか? まだ見ぬ大物の出現に期待したいものです。


 それでは、ここで前回・第54問の正解です。


<正解>ビワハヤヒデ(他の4頭は年度代表馬になったことがありません)


 ビワハヤヒデは1993年の年度代表馬です。3歳の時に年度代表馬に選ばれました。この年のビワハヤヒデは、共同通信杯4歳ステークスから有馬記念まで7戦3勝2着4回。GI勝ちは菊花賞だけでしたが、皐月賞とダービー、そして有馬記念で2着となり、安定した成績が評価され、安田記念と天皇賞(秋)を制したヤマニンゼファーなどを抑えて年度代表馬に選出されました。


 そして、古馬となった翌1994年は天皇賞(春)と宝塚記念のGIを2勝して5戦4勝という好成績でしたが、2年連続の年度代表馬とはなりませんでした。それは、1つ年下の弟がいたからです。そう、弟のナリタアブライアンが3冠を制し、有馬記念も勝って年度代表馬となったからです。
 ビワハヤヒデは天皇賞(秋)を最後に引退となりましたが、もしも無事に有馬記念に出走してナリタブライアンを負かして優勝したなら、年度代表馬は兄か弟か、どちらになったでしょう?


----------------------------------


★先週の「聴く『60秒競馬クイズ』」の<正解>メイショウボーラー


 過去、トライアルの根岸ステークスと本番のGIフェブラリーステークスを連勝したのは、2001年のノボトゥルーと一昨年のモーニン。そしてもう1頭が、2005年1月29日に行われた第19回根岸ステークスを7馬身差で圧勝し、2月20日の第22回フェブラリーステークスを制したメイショウボーラーです。
 先週の根岸ステークスを勝ったあの馬は、フェブラリーステークスも制することが出来るでしょうか。

コメント