第54問:あの馬は年度代表馬にならなかったのか!? [聴く『競馬クイズ』]
2018/01/23(火) 13:00 競馬中継スタッフ

【第54問】


 先日「2017年度JRA賞」が決定し、キタサンブラックが年度代表馬に選ばれました。去年は大阪杯を勝ち、天皇賞を春秋連覇し、さらに有馬記念も制してGI・4勝ですから文句なしといったところでしょう。2016年度に続く2年連続です。


 今回の問題は、そう、年度代表馬に関する問題です。以下の5頭の中で、年度代表馬となった馬をお答えください。


ゴールドシップ
ヴィクトワールピサ
ドリームジャーニー
スペシャルウィーク
ビワハヤヒデ


 5頭とも競馬史にその名を残している名馬ですが、年度代表馬となったことがある馬は?
 すぐに分かった方はエライ! 「う~ん、ビミョー」という方はレース実況をお聴きください。ヒントとしてご用意しました「勝ち馬抜き実況」です。


 レース実況はこちらから→聴く


 さて、2017年度の「最優秀障害馬」にはオジュウチョウサンが選出されました。キタサンブラックと同じく2年連続です。
 JRA賞が発表される前、「年度代表馬をオジュウチョウサンとする人がいるかな?」という話を仕事仲間としました。結果、オジュウチョウサンには3票入っていましたね。オジュウチョウサンは去年J・GI2勝を含む4戦4勝で、暮れの大障害では大逃げをしたアップトゥデイトをゴール前で交わすという勝負強さを見せました。ホント恐れ入りましたという感じです。障害馬としては史上最強、という声すらあるようです。


 そして、もしも去年のGIをそれぞれ別々の馬が勝ち、GIを2勝した馬がいなかったら、もっとオジュウチョウサンの票数は多かったと思います。もしかしたら年度代表馬、ということがあったかもしれません。しかし、GIを4勝した馬がいて、「障害馬が年度代表馬」という史上初の快挙はなりませんでした。それでも、障害馬のオジュウチョウサンが3票集めたこと自体快挙だと言えます。

 
 それでは、ここで前回・第53問の正解を発表します。


<正解>福永祐一騎手
 

 2012年に、土日の2日間で重賞を3勝したのは福永祐一騎手です。最初のレース実況は、2012年6月2日に行われた第65回鳴尾記念です。福永騎手はこのレースをトゥザグローリーで勝ち、翌3日は2つ目のレース実況である第62回安田記念をストロングリターンで制し、その後にこの日の第12競走で行われた第17回ユニコーンステークスをストローハットで勝ちました。2日間で重賞を3勝したわけです。

 
 この大記録は1日に同じ競馬場で2つの重賞が行われないと出来ないものですが、今年なら5月26日と27日の2日間にチャンスがあります。 5月26日(土)に新設重賞の第1回葵ステークスがあります。このレースを制して、翌27日にダービーと目黒記念で勝てばいいのです。しかし、2つ目がダービーですからねぇ...。
 また、今年は11月4日に、1日で重賞を3勝するチャンスがあります。そう、京都競馬場で行われるJBCです。ですから、このJBCの3競走をみんな勝てばいいのです。しかし、これも至難の業と言えますね。


----------------------------------


★先週の「聴く『60秒競馬クイズ』」の<正解>東海ステークス


 このレースは2000年以降、5月の開催で行われることになり、レースの名称が「ウインターステークス」から「東海ステークス」になりました。さすがに風薫る5月ではウインターはよろしくないですね。しかし、2013年から今の時期に移り、年明けの中京開催で行われるようになりました。また冬の季節にもどったのですが、もう一度名前が「ウインター」になることはないのでしょうか。

コメント