第43問:せっかくのGIレースだから、多頭数がいいですね。 [聴く『競馬クイズ』]
2017/10/31(火) 11:00 競馬中継スタッフ

【第43問】


 今週は出走頭数についての問題です。
 東京、京都、そして今週からの福島の3場でレースが行われていますが、3場それぞれの出走頭数を見ると、京都競馬の出走馬の数が少ないことに気がつきます。
 先々週、21日土曜の京都では10頭以下の頭数で行われたレースが5つ、翌22日の日曜は3つで、11頭立てが1つに12頭立てが2つありました。14日と15日の京都はもっと少なく、土日とも10頭に満たないレースがそれぞれ4つもありました。東京や先週終わった新潟とはかなり違いましたが、何故京都は出走馬が少ないんでしょう?


 一方、ここまで秋のGIレースはフルゲートの多頭数で行われています。スプリンターズステークスが16頭。秋華賞と菊花賞、天皇賞(秋)が18頭で行われました。


 もちろん過去にはGIでも少頭数で行われたレースがあります。1977年、トウショウボーイとテンポイントの一騎打ちとなった有馬記念は8頭立てでした。1987年の朝日杯3歳ステークス(今の朝日杯フューチュリティステークスです)はわずか6頭の出走で行われました。勝ち馬はサクラチヨノオーでした。


 最近は頭数が多くなり、阪神ジュベナイルフィリーズは2000年からず~っとフルゲートの18頭立てです。その中で、今世紀に行われた秋のGIレースで出走頭数が比較的少なかったレースを挙げると、シンボリクリスエスが連覇を達成した2003年の有馬記念は12頭で、オルフェーヴルが3歳の時に勝った2011年の有馬記念などが13頭でした。


 それでは問題です。今世紀に入って、つまり2001年以降の秋のGIレース(スプリンターズステークスから有馬記念までの平地のGIレースです。ホープフルステークスはまだGIとして行われていませんね)で、最も少ない出走頭数は何頭だったかご存知ですか?


 答えは11頭です。過去に2度ありました。それは、2002年に新潟競馬場で行われたスプリンターズステークス。勝った馬はビリーヴでした。


 それではもうひとつ、11頭立てで行われたGIレースは? その11頭立てで行われたGIレースと、勝ち馬の名前をお答えください。かなり有名な馬が勝ったレースなんですが、難しいかな...えっ、ヒントをくれ、ですって? それでは分からない方は実況を聴いてください。この実況で分かると思いますよ。


レース実況はこちらから→聴く


 それでは、ここで前回・第42問の正解を発表します。


<正解>ミスターシービー(1984年)


 この前年の1983年にシンザン以来の『三冠馬』となったミスターシービーが、2000メートルとなった初年度の1984年10月28日に行われた第90回天皇賞(秋)を制して、4つめのビッグタイトルを手にしたのでした。ヒントの実況を聴いて、カツラギエースなどの馬名から分かった方も多いかと思います。
 ちなみに実況したのは白川次郎アナウンサーです。当時39歳、さすがに声が若いなと思うのですが、どうでしょう。

コメント