第41問:GIの勝利騎手インタビュー、あの人は...。 [聴く『競馬クイズ』]
2017/10/17(火) 11:00 競馬中継スタッフ

【第41問】


 秋華賞が終わって、今週は菊花賞です。今回の問題はレース実況ではなく、インタビューを聴いてお答えいただきます。


 GIレースでは、レース後に勝った馬の関係者の表彰式が、どこの競馬場もだいたい芝コースのゴール板に近いところで行われ、その後に勝った騎手がウィナーズサークルでインタビューを受けますね。大勢のファンの前でお立ち台に上がって、まさに騎手にとって晴れ姿です。
 何度かこのウィナーズサークルでの勝利騎手インタビューを担当しましたが、GIを勝って喜びを爆発させる人、感極まって涙を流す人もいました。そして、今回の問題、菊花賞の勝利騎手インタビューで答えた人は...。どうぞお聴きください。


 レース実況はこちらから→聴く


 それでは問題です。ズバリ、このインタビューされた騎手とこの時の菊花賞の勝ち馬の名前をお答えください。まぁ、声や話し方などから誰かはすぐにわかると思います。特徴がありますから、簡単ですね。
 しかし、菊花賞を勝った馬となると、もうけっこう昔ですから忘れてしまった方もいらっしゃるのではないでしょうか。この時の勝ち馬は人気薄で、単勝が18頭立ての8番人気で4510円だったのです。


 ちなみに菊花賞の単勝の最高配当となっている馬をご存知ですか? それは、1976年の勝ち馬であるグリーングラスです。21頭立ての12番人気で、5250円でした。


 それでは、ここで前回・第40問の正解を発表します。


<正解>ジェンティルドンナ・ヴィルシーナ


 この『全く並んでゴールイン!』は、2012年の第17回秋華賞の実況です。並んでゴールに入ったのはジェンティルドンナとヴィルシーナ。本当に際どい勝負となりましたが、ハナ差でジェンティルドンナが勝ち、「牝馬三冠」を達成したのでした。そして、このレースの実況を担当したのは檜川彰人アナウンサー。聴いていると檜川アナの頭の血管が切れてしまうのではないかと思わせるような絶叫で、いいですね。大接戦という感じが伝わってきます。


 ちなみに過去21回の秋華賞で、1着2着の着差がハナとなったのはこの2頭の時だけです。(2009年の第14回秋華賞もレッドディザイアとブエナビスタが並んでゴールに入って着差はハナでしたが、2位入線のブエナビスタが3着に降着になったため、このレースの1着馬と2着馬のブロードストリートの着差はハナ+1馬身4分の1となっています)

コメント