第38問:10秒の壁は破られた。では、1分6秒の壁は? [聴く『競馬クイズ』]
2017/09/26(火) 13:00 小林 雅巳

【第38問】


 今週はスピード自慢が中山競馬場に集まるGI、スプリンターズステークスが行われます。


 スプリンターといえば、日本を代表するスプリンターがやってくれましたね。今月9日に福井市で行われた日本学生対校選手権の男子100メートル決勝で、21歳の桐生祥秀選手が9秒98をマーク。日本選手で初めて10秒を切りました。このところ誰が最初に10秒の壁を破って9秒台で走るのか注目を集めていましたが、ついに桐生選手がやってくれました。
 滋賀県出身の桐生選手は、京都・洛南高3年だった2013年、当時の日本歴代2位となる10秒01で走り、走るたびに「ついに9秒台で走るか!?」と注目を浴びてきましたが、今年は陸上の日本選手権で敗れ、世界陸上の100メートルの代表にもなれずにいました。しかし、見事に自らがベストスプリンターであることを証明してみせました。


 桐生選手は100メートルの日本レコードをマークしたわけですが、競馬の芝のレースで最も短い距離である1000メートルのレコードホルダーをご存知でしょうか?


 芝1000メートルの日本レコードは53秒7。これは2002年の第2回アイビスサマーダッシュでマークされました。
 日本レコードを叩き出したこの快速馬は、翌2003年にスプリンターズステークスに出走しましたが、13着に敗れました。厚いGIの壁を破ることは出来ませんでした。しかし、2004年には第4回アイビスサマーダッシュを53秒9で走って2度目の制覇を果たし、再びスプリンターズステークスに出走したのでした。


 それでは2004年10月3日に行われた第38回スプリンターズステークスの実況をお聴きください(もちろん「勝ち馬抜き実況」です)。今回の問題は、このレースを逃げ切った快速馬の名前です。ズバリお答えください。


 レース実況はこちらから→聴く


 ちなみにスプリンターズステークスのレースレコードは、2012年の覇者ロードカナロアがマークした1分6秒7です。では、芝1200メートルの日本レコードホルダーは...? 1999年に小倉競馬場のコースを1分6秒5で走ったアグネスワールドです。さぁ、今年はどんなレースとなるのか? そして「日本新記録」が出るのか? 韋駄天のスピード比べを楽しみましょう。


 それでは、ここで前回・第37問の正解を発表します。


 <正解>[A] ジュサブロー


 ちなみに勝ったジュサブローはこの時5番人気で、2着ラウンドボウルとハナ差で3着だったテツノカチドキ(大井)が単勝1番人気でした。鞍上は「鉄人」こと佐々木竹見騎手。そして、このレースで逃げたのが岩手競馬出身で当時は大井所属だったカウンテスアップ。結果は7着でしたが、乗っていたのは今年7000勝を達成した的場文男騎手。31年前ですからこの時はまだ30歳でした。


 夏の札幌開催では2歳戦にホッカイドウ競馬の馬が数多く出走してきます。しかし、それ以外では、地方競馬の馬が中央のレースに出走することが少なくなりました。かつてはジャパンカップ、フェブラリーステークスといったGIレースに地方の馬が挑戦していましたし、ライデンリーダーやコスモバルクなどが中央のクラシックレースに出走したものですが、はたして今後そのような馬が現れるのでしょうか。
 活気を取り戻した地方競馬から強い馬が出現して、中央のGIホースと対決するレースを見たいものです。

コメント