第36問:あの3人の騎手は、ホントよく勝ちますねぇ~。 [聴く『競馬クイズ』]
2017/09/12(火) 17:00 競馬中継スタッフ

【第36問】


 夏競馬が終わり、秋競馬がスタートしましたが、現在リーディングのトップ3は、いずれも100勝を超えている戸崎圭太騎手、クリストフ・ルメール騎手、そしてミルコ・デムーロ騎手です。夏競馬終了時点(9月3日)でこの3人に続く4位の福永祐一騎手が78勝でしたから、上位3人が完全に抜けている状態です。


 今回はこの3人に関する問題です。戸崎騎手、ルメール騎手、デムーロ騎手は、ご存知のように最初からJRA所属のジョッキーだったわけではありません。ところで、地方競馬、そしてフランス、イタリアから移籍してきたこの3人が、それぞれ初めて制したJRAの重賞レースを覚えていますか?


 それでは問題です。戸崎騎手、ルメール騎手、デムーロ騎手の3人のうち、初めて制したJRAの重賞レースがGIだったのは誰でしょう? その制したGIレースの名前もお答えください。


 けっこう知られていることですから、難しくはないと思います。しかし、「ヒントをくれ~!」という方のために、今回はヒントとしてレース実況をご用意しました。どうしても分からないという人だけお聴きください。もちろん「勝ち馬抜き実況」になっています。


 レース実況はこちらから→聴く


 ううむ、このヒントは少しサービスし過ぎてしまったかなぁ...あの馬が出てきますからねぇ。この実況を聴けばすぐに答えは出ますね。


 それでは、ここで前回・第35問の正解を発表します。


<正解>[B]ダイナアクトレス


 ダイナアクトレスのオーナーは「(有)社台レースホース」で、当時は(有)社台レースホースの馬には「ダイナ」という冠名がついていました。この頃ダイナガリバー、ダイナコスモス、ギャロップダイナなど多くの馬が活躍しましたが、ダイナアクトレスの『アクトレス』は、母親の名前のモデルスポートからの連想に加え、共同馬主の人に有名な女優さんがいたことに由来していると聞いたことがあります。(当時は「女子アナ」なんて言葉、あまり言われませんでしたね)


 ダイナアクトレスは、このレースを勝った後に毎日王冠も制し、秋の天皇賞では8着に敗れたものの、ジャパンカップでは出走した日本馬の中では最先着となる3着に入りました。1600mから1800m、2000m、そして2400mまで頑張った姿を今でも良く覚えています。


 残念ながらGI勝利には手が届かないまま引退したダイナアクトレスですが、母親となって1993年に生んだランニングヒロイン(父はサンデーサイレンス)はあのスクリーンヒーローを生み、そのスクリーンヒーローはモーリスを世に送り出し、ダイナアクトレスの血は脈々と受け継がれています。秋競馬最初の重賞、京成杯オータムハンデキャップといえば、やはりダイナアクトレスを思い出しますね。

コメント