第34問:『雨男』と『穴男』。どちらもいるんですよねぇ...。 [聴く『競馬クイズ』]
2017/08/29(火) 11:00 競馬中継スタッフ

【第34問】


 世の中には『雨男』や『雨女』と呼ばれる人達がいます。その人が外出すると、不思議と天気が悪くなって雨が降るという人達です。(ラジオNIKKEIのアナウンサーにもいます。誰かお分かりでしょうか?)
 そして、競馬の騎手には『穴男』と呼ばれる騎手がいます。不思議と人気のない馬を勝たせて、高配当を生み出す騎手です。それを踏まえて以下の実況をお聴きください。


 レース実況はこちらから→聴く


 今週は新潟記念が行われます。お聴きいただいたレースは、かなり昔の新潟記念です。このレースは波乱となり、連勝複式(今の枠番連勝)は万馬券(1万70円)となったのでした。
 それでは問題です。このレースの勝ち馬と騎乗した騎手の名前をズバリお答えください。若い方には難しいかもしれませんが、「穴男」「新潟記念」というのが大きなヒントです。


 それでは、ここで前回・第33問の正解を発表します。


<正解>6頭


 問題となったレースは、2006年9月3日に新潟競馬場で行われた第26回新潟2歳ステークスです。18頭立てのレースで、オーナー(馬主)が『(株)サラブレッドクラブ・ラフィアン』の馬はマイネルーチェマイネルレーニアマイネバイレマイネヴェロナマイネルサニベルマイネルハーバードの6頭でした。


 新潟2歳ステークスはご存知のように外回りコースの1600メートル戦です。スタート地点は放送席から見てほぼ正面にあたり、スタートの良し悪しはよく分かります。
 しかし、そこから放送席から遠く離れた外回りコースの3コーナーへ向かうと、3コーナーの手前あたりで位置を上げていく馬などで馬群が固まることが多く、勝負服を斜め後ろから見ることもあって、見分けづらくなります。特に3コーナーで3頭が並ぶと外の馬は分かりづらいですね。そこに同じ勝負服が入れ替わっていくと実況アナウンサーにとっては厄介なレースになります。スンナリと縦長の展開となるのが一番いいのですが、そんな都合のいいことはあまりありません。


 さぁ、今週で夏競馬も終了です。皆さんにとって、今年の夏はどんな夏でしたか? 西日本と違って、東日本は8月は雨続きで、どうもパッとした夏ではなかったように思います。先週あたりから思い出したように暑さが戻ってきましたが、8月前半の日照不足はいろんなところで問題を起こしました。海の家、プールの売店などは大変でしたね。最後の夏競馬でスカッと馬券を的中させて、身も心もアツくなって秋を迎えられるように頑張りましょう!

コメント