第32問:騎手としても調教師としても...。スゴイですねぇ~。 [聴く『競馬クイズ』]
2017/08/15(火) 14:30 競馬中継スタッフ

【第32問】


 今週は夏競馬最大のレースである札幌記念が行われます。3年前はハープスターとゴールドシップ、昨年はモーリスといったGIホースが出走して盛り上がりました。この札幌記念は今や秋のGIレースへのステップレースとしてすっかり定着しました。はたして今年の出走馬の中に、秋の大舞台で活躍する馬がいるでしょうか。
 宝塚記念が終わり、秋のGI第一弾のスプリンターズステークスまで約3ヶ月間GIがないわけですが、今回はGIを制した人物についての問題をお送りします。


 現役調教師の中で、騎手として、また調教師としても中央競馬の平地GI級レースを勝ったことがある人は何人いるかお分かりですか? すぐに答えられた人は素晴らしい「競馬ツウ」の人と言えるでしょう。グレード制がなかった時代に今のGIにあたる平地のレースを制した人を含めると答えは11人です。その11人のうち10人は以下の方々です。


伊藤正徳、岩元市三、音無秀孝、中野栄治、小島太、西浦勝一、松永幹夫、南井克巳、安田隆行、本田優


 それでは問題です。上記以外の残るもう1人は誰でしょうか?
 ヒントとして以下の実況をご用意しました。残るもう1人が騎手として勝ったGI級レースです。


 レース実況はこちらから→聴く


 昔のレースですから、実況を聴いても分からないという方も多いかと思いますので、以下の三択の中からお選びください。それでも今回はちょっとキビシイ問題でしたかねぇ。


[A] 松永昌博 [B] 山内研二 [C] 佐々木晶三


 それでは、ここで前回・第31問の正解を発表します。


<正解> [A]


 [B]の実況は最初に勝った2004年のレースです。このレースではメイショウバトラーが2着で「メイショウ丼」、さらにメイショウカイドウに武豊騎手が乗り、メイショウバトラーには武幸四郎騎手が乗っていたので「武兄弟のワン・ツー」となったのでした。


 さて、夏競馬も残り3週です。お盆も過ぎると秋の気配が感じられるようになります。すぐに秋競馬となり、秋のGIシリーズの季節がやってきます。残りわずかな夏競馬でアツイ馬券をゲットしたいものですが、あまりにヤラれて、季節が変わる前に懐具合に「秋風が吹く」ということは避けたいですね。

コメント