第29問:今年は何頭出走するのかなぁ~(他人事ですから気楽です)。 [聴く『競馬クイズ』]
2017/07/25(火) 11:00 競馬中継スタッフ

【第29問】


 さぁ、いよいよ今週から夏競馬も後半戦に突入です。
 ラジオNIKKEIの多くのアナウンサーが楽しみにしている小倉、朝から暑い新潟(新潟競馬場の放送席は東向きなので、直射日光にさらされて朝から汗だくになるのです)、そして夢の札幌に舞台が移ります。


 ところで、30日(日)には小倉競馬場で実況アナウンサー泣かせのレースが行われます。それは、「九州産馬限定の2歳新馬戦」です。このレースを日本で一番難しいレースというアナウンサーもいます。何故か?
 それはまず、このレースは短距離(芝1200メートル)で行われ、フルゲートの18頭立てになることが多いのです。しかし、この条件なら新潟でもあります。何よりこのレースが難しいのは、毎年『テイエム』や『カシノ』などの冠名がついた馬が数多く出走する点にあります。
 ただでさえ初めてその馬名を口にする新馬戦は実況しづらいものですが、このレースでは毎年、同じ冠名の馬が複数出走して、馬名を間違えずに言うことに四苦八苦します。そのうえで18頭がダーツと3コーナーへ向かいますから、スラスラと馬名を言えず最後方の馬まで言うのに手間取っていると、先頭の馬はもうゴールまであと200メートルの地点...なんていうことになってしまいます。


 それでは、ここで問題です。まず、以下のレース実況をお聴きください。


 レース実況はこちらから→聴く


 このレースは去年の「九州産馬限定の2歳新馬戦」です。去年の7月31日(日)の小倉第5レースで、18頭が出走しました。このレースで『テイエム』の冠名がついた馬は何頭出走していたでしょうか?
 以下の3つの中からお答えください。


 [A] 5頭
 [B] 6頭
 [C] 7頭


 それでは、ここで前回・第28問の正解を発表します。


<正解>[A]


 今年の第1位となっている856万9830円は、3月5日(日)小倉競馬の第1レースの3連単で出たのですが、このレースでは3連複も100万オーバーとなり、その払戻金は114万990円だったのです。1着は15頭立ての8番人気で、2着は3番人気、そして3着が14番人気だったため大万馬券が誕生したわけですが、実はこのレースを阪神競馬場で見ていました。
 レース前に買うつもりで馬券検討をしていて「3連複で狙うかな。3番人気のクリノフウジンを中心にして、相手は若手の坂井騎手が乗るプエルタデルソル、そして『小倉を荒らすのは人気のない関東馬』という格言からニシノリヒトもおさえて...」と考えたのです。


 しかし、しかし、しかし、しかし...買うのをやめてしまったのです!「朝イチから手を出すこともないかな」と思ってしまったのです。今でも悔やんでいます。あの時、買っていたなら、JRAのロゴマークがついた100万円の札束を手にすることが出来たのに。買わなきゃ大万馬券は取れません。思ったら買う。閃いたら買う。朝イチでも買う。財布にお金がなくても買う、ということは無理ですが...。

コメント