第231回:社杯でもなんでもいい。馬券が当たればイイ! [聴く『競馬クイズ』]
2021/06/29(火) 11:00 競馬中継スタッフ

【第231回】


 今年も半分が過ぎました。年が明けて中山金杯を見たと思ったら、もう宝塚記念まで終わってしまいました。まさに光陰矢の如しです。すったもんだしているオリンピックもすぐに終わり、気がつくと「あれっ、もう今週はジャパンカップか。凱旋門賞でクロノジェネシスはどうだったんだ?」なんて思うんでしょうね。
 今週から福島と小倉と函館に舞台が移り、夏競馬本番を迎えるわけですが、どこに行っても競馬場とホテルの往復で夜はコンビニ弁当なんてことになるのでしょう。ああ、コロナウイルスが憎い!


 今週は我が社杯、ラジオNIKKEI賞が行われます。


 レース実況【A】はこちらから→聴く


 レース実況【B】はこちらから→聴く


 レース実況【C】はこちらから→聴く


 レース実況【D】はこちらから→聴く


 お聴きいただいた実況は過去のラジオNIKKEI賞です。「日本短波賞」または「ラジオたんぱ賞」の名前で行われていたレースもあります。それでは問題です。
 これらの勝ち馬のうち、このレースの後にGIレース、またはグレード制が施行される前の現在はGIに格付けされているレースを勝った馬は何頭いるでしょうか?


 古いレースもあります。しかし、GI級のレースを制した馬ですから、その名を聞いたことがあるはずです。後にビッグタイトルを手にした馬はこの4頭の中で何頭いるのか、4頭ともそうなのか? これはけっこう簡単ですよね。このクイズに毎週挑戦されている方ならすぐに正解が分かるはずです。


 それでは前回・第230回の正解です。


 <正解> シンザン


 出題した実況は、1965年の第6回宝塚記念です。わずか6頭で行われたこの宝塚記念を制したシンザンは、秋には天皇賞(秋)と有馬記念を制して日本競馬史上初の「五冠馬」となりました。当時の八大競走の勝利数から五冠馬と呼ばれたわけですが、今なら宝塚記念もGIですから「六冠」ですね。問題のレースが古過ぎて若い方には難問だったでしょうか。


 先週の宝塚記念を制したクロノジェネシスは、間違いなく現役最強馬です。もうすぐ世界各国から選手がやってきてオリンピックが行われますが、秋にはこの馬が日本代表として海外へ渡り、世界の強豪と戦って悲願の"金メダル"を手にして欲しいものです。楽しい夏競馬はあっという間に終わり、秋はすぐにやってきます。

コメント