第145問:来年夏の札幌開催まで残り9か月を切りました!そして、マラソンも...? [聴く『競馬クイズ』]
2019/10/30(水) 11:00 競馬中継スタッフ

【第145問】


 早いものでもう11月です。あと2ヶ月で2020年を迎えます。いよいよオリンピックイヤーです。しかし、ここにきて陸上競技の花形種目のマラソン、そして競歩が札幌で行われることになった...と言っていいのでしょうか?


 先日行われた、東京都の小池知事とIOC(国際オリンピック委員会)のコーツ調整委員長の緊急会談で、コーツ調整委員長は「東京が主張したらどうするかという問題ではなく、もう意思決定はされてしまっている」と言い切り、この競技の開催地が東京に戻ることはないと明言しました。


 札幌でオリンピック競技が行われると、1972年2月に行われた札幌冬季オリンピック以来となります。若い方はご存知ないと思いますが、アジアで初めて開催された冬季オリンピックで、スキージャンプ70メートル級(現在のノーマルヒル)では3人の日本選手が金銀銅メダルを独占しました。また、女子フィギュアスケートで氷上で尻もちをつきながらも銅メダルをとったアメリカのジャネット・リン選手が「札幌の恋人」と呼ばれ、日本中で大人気になったものでした。


 そのジャンプのテレビ中継で笠谷幸生選手が着地を決めた瞬間、実況アナウンサーが「飛んだ!決まった!!」と言ったのですが、当時私小学生だった私は興奮しましたね。その瞬間とその言葉を今でも鮮明に覚えています。
 

 それでは今回の問題です。まず、3つのレース実況をお聴きください。

 
 レース実況【A】はこちらから→聴く


 レース実況【B】はこちらから→聴く


 レース実況【C】はこちらから→聴く


 お分かりかと思いますが、3つの実況は全て日本ダービーのレース実況です。このうち、札幌オリンピックが行われた年のダービーのレース実況はどれか、というのが今回の問題です。「そんな昔のことなんか知るか!」と言われそうですが、今回の件で思いついた問題なのでご勘弁ください。


 私は札幌が大好きです。来年夏の札幌競馬は東京オリンピックの開会式の翌日から始まります。ですから、札幌で競馬とマラソンが楽しめるわけです。しかし、今になって東京は暑いから札幌で、というのはどうなんでしょう。やはり雷門や東京タワーといった東京の名所を巡るコースがいいですね。札幌の大通公園や時計台あたりを走るコースもいいかとは思いますが、やっぱり東京オリンピックですからねぇ...。


 それでは、ここで前回・第144問の正解です。


 <正解>(C)


 「漆黒の帝王」はシンボリクリスエスです。「最強最速の進化伝説」はモーリス、「その走りに、心酔。」は心酔で分かりますね。そう、ウオッカです。
 正解の(C)「風か光かタマモクロス」がタマモクロスのポスターのキャッチコピーです。でも、最近タマモクロスのポスターは他のものに代わってしまったようで、JR府中本町駅からの専用歩道橋では見られなくなりました。あのポスター、けっこう好きだったんですけどねぇ。

コメント