第12問:強いもの同士の、『世紀の対決』が見たい! [聴く『競馬クイズ』]
2017/03/28(火) 11:00 競馬中継スタッフ

【第12問】


 先週はドバイのレースに高松宮記念とビッグレースが行われましたが、皆さん、いかがでしたか? 今週は大阪杯です。今回は、今年からGIに格上げされた大阪杯から出題します。


 天皇賞(春)やその後の宝塚記念へのステップレースとして行われ、このレースの勝ち馬としてオルフェーヴルやネオユニヴァース、エアグルーヴなど名馬が名を連ねています。しかし、大阪杯といえば、やはり25年前のレースです。あのレースが四半世紀たった今でも強く印象に残っています。あれは衝撃的でした。今回はまずレース実況を聴いていただきます。

 
 レース実況はこちらから→聴く


 1992年4月5日に行われた第36回大阪杯は、無敗で皐月賞とダービーの二冠を制し、その後骨折が判明して長く休養していたトウカイテイオーの復帰戦ということで注目を集めました。そして、このレースで初めてコンビを組んだ岡部幸雄騎手は追い切りのため栗東トレーニングセンターに駆けつけ、調教の後感触を報道陣に聞かれてこう言ったのでした。


『一杯になるという感じがなく、地の果てまでも走れそう』


 レース実況にあったように、岡部騎手が殆ど追う事も無く圧勝したトウカイテイオーは、別路線の阪神大賞典から始動した前年の覇者であるメジロマックイーンと天皇賞(春)で激突するのでした。


 無敗のトウカイテイオーか、それともメジロマックイーンの連覇かと騒がれ、4月26日に行われた第105回天皇賞(春)は、もの凄い盛り上がりを見せました。
 あれは前日の25日(土)の夕方6時のニュース番組でした。普段は競馬を取り上げることがないその番組が、このレースを『世紀の対決』として紹介し、前売りオッズを画面に出していたことを驚きとともに覚えています。


 そして、当日。レースとなって枠入りが始まり、トウカイテイオーがゲートに入る際、岡部騎手が「さぁ、いくぞ!」とばかりにトウカイテイオーの腰のあたりをパーンと叩いた姿がターフビジョンに映されました。心底「カッコイイ~!」と思いました。結果としてメジロマックイーンが連覇を果たし、トウカイテイオーは5着に終わるのですが、結果はいいのです。スターホースの対決が実現し、ファンの目を釘付けにする。そのようなレースを今年も見たいと思いますね。


 今週の大阪杯を制した馬が無事に天皇賞(春)に出走して、阪神大賞典を快勝したサトノダイヤモンドや先週の日経賞組と対決して盛り上がることを今から願っています。


 それでは問題です。簡単です。トウカイテイオーは大阪杯を制してデビューからの連勝をいくつとしたでしょう? えっ、25年も前のことなんか分からない、ですって? それでは三択にしましょう。


A:6連勝
B:7連勝
C:8連勝


 それでは、ここで前回・第11問の正解を発表します。


<正解>ハイセイコー


 当時4歳のハイセイコーは、2着のアイテイエタンに1馬身4分の3差をつけて優勝。一方、3歳の身で古馬を負かしたオグリキャップが2着ランドヒリュウにつけた着差は1馬身4分の1でした。ちなみにこの時ランドヒリュウに騎乗していたのは、後にコンビを組んで大活躍する南井克巳騎手でした。


 さぁ、大阪杯が終わればいよいよ3歳クラシック本番です。これからワクワクする週末が続きますね。

コメント