第234回:夏競馬を楽しみつつ夏季オリンピックを見る。がんばれニッポン! [聴く『競馬クイズ』] [挑戦!聴く『競馬クイズ』]
2021/07/20(火) 11:00

【第234回】


 いよいよ東京オリンピックが幕を開けます。
 2020年東京大会の開催が決まったのは、2013年9月でした。前回の東京オリンピックの時は3歳で、私は全く覚えていません。自分が生きているうちにもう一度夏季オリンピックが日本で開催されたらいいなと思っていましたので、決まった時は素直に嬉しかったですね。ずっとオリンピックを待っていました。
 しかし、この7年余りの間、よくもまあスッタモンダするもんだと驚くようなことが次々と起こりました。ざっと以下に挙げるとこんなところでしょうか。


 新しい国立競技場のデザインの見直し
 大会エンブレムの白紙撤回
 招致をめぐる贈賄疑惑により当時のJOC会長が辞任
 マラソン・競歩の札幌移転
 聖火リレーがスタートする2日前に、大会を1年程度延期することが決定
 東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の前会長が女性についての「不適切」な発言により辞任
 1都3県にある34会場は一律に無観客


 それでも私は見たいと思う競技があります。男子サッカーはメキシコ大会以来のメダルを手にすることが出来るのか、なでしこジャパンの復活はあるのか、卓球は中国の厚い壁をぶち破ることが出来るのか、残念ながら今後行われるとは思えない野球・ソフトボールは優勝できるのか...見られる限り生で観戦したいと思っています。


 そして開会式。無観客となって静かな中で行われるのでしょうか。静かでもいいと思います。東京生まれで江戸っ子の血を引く私としては、派手な演出はなくとも「江戸の粋」を感じさせるものを見たいですね。


 さて、今週はオリンピック種目でいうなら陸上の100メートル決勝とも言えるアイビスサマーダッシュが行われます。スピード自慢のスプリンターが出走してきますが、登録馬の中には2度目の制覇を狙う馬がいますね。それでは問題です。


 レース実況(A)はこちらから→聴く


 レース実況(B)はこちらから→聴く


 レース実況(C)はこちらから→聴く


 過去のアイビスサマーダッシュの実況です。勝ち馬は3頭ともこのレースを2度制しています。この3つのレースで、それぞれの馬の「2度目のアイビスサマーダッシュ制覇」はどのレースでしょうか? 今回はけっこう難しいかなぁ。


 それでは前回・第233回の正解です。


 <正解> 【B】


 【A】は1973年の弥生賞です。このレースで「怪物」と呼ばれたハイセイコーが中央デビューしました。そしてこのレースの23日後の3月27日、これまた「怪物」と呼ばれた作新学院の江川卓投手が甲子園デビューし、19奪三振の快投を見せました。
 【B】は1998年の日本ダービーです。武豊騎手が初めてダービーを制した年は、松坂大輔投手を擁した横浜高校が春夏連覇しました。【C】は翌年の日本ダービーです。武豊騎手がダービーを連覇したのは1999年でした。