第152回:やっぱり有馬記念が一番好きだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ! [聴く『競馬クイズ』] [挑戦!聴く『競馬クイズ』]
2019/12/19(木) 10:00

【第152問】


 いよいよ有馬記念です。凄いメンバーになりました。アーモンドアイが出否未定の時点でGIホースが10頭ですから、これだけでも豪華メンバーです。それにアーモンドアイが加わったわけで、これはレストランに行ってステーキを注文したら、そのステーキだけでもご馳走なのにお店のサービスで鰻重まで出できたというところでしょうか。


 しかし、欲深い私は日本ダービー馬がいないのが残念でなりません。皐月賞馬と菊花賞馬が出てくるのですから、ダービー馬も出たなら、と思ってしまうのです。さらに3歳牝馬の代表として、あのオークス馬あたりも...なんて贅沢ですかね。


 それではここで問題です。以下のレース実況をお聴きください。


 レース実況【A】はこちらから→聴く


 レース実況【B】はこちらから→聴く


 レース実況【C】はこちらから→聴く
 

 聴いてお分かりのように3つとも有馬記念の実況です。このうち「その年の日本ダービー馬が出走した有馬記念」はいくつあるでしょうか?
 最近のレースばかりですから簡単だと思います。さぁ、あの有馬記念には3歳馬のトップであるダービー馬が出走していたでしょうか。


 それでは、ここで前回・第151問の正解です。


 <正解>(A)→(C)→(B)
 

 (A)は勝浦正樹騎手が先月3日に通算900勝を達成した時のインタビューです。ここまで来たら大台の1000勝へ向けて頑張ってほしいものです。(B)は北村友一騎手です。聞き手の檜川アナが名前を言ってましたね。ううむ、編集すべきでした。北村友一騎手は9月16日の阪神競馬5レースを勝ち、通算700勝となりました。今年はGIを3勝、中身の濃い1年だったことでしょう。そして(C)は田辺裕信騎手が1月13日に中山で通算800勝を達成した時のインタビューです。どうでしょう? けっこう簡単でしたね。


 先週は以下のように8人もの騎手が区切りの勝利を挙げました。


 14日(土)
 中京1R 横山武史 通算100勝
 阪神2R 坂井瑠星 通算100勝
 阪神9R 岩田康誠 通算1600勝
 15日(日)
 中山1R 小林凌大 JRA初勝利
 阪神1R 幸英明 通算1400勝
 中山2R 三浦皇成 年間100勝
 中京6R 藤田菜七子 「中央&地方」100勝
 中山10R 武藤雅 通算100勝


 ラジオNIKKEIのアナウンサーが中京、阪神、そして中山でインタビューしていましたね。私は別の仕事で競馬場には行かなかったので、残念ながら騎手の喜びの声を直接聞くことは出来ませんでした。騎手の晴れやかな表情を見るのも競馬場での楽しみのひとつです。今週は区切りの勝利をあげる人がはたしているでしょうか。