第147問:一度10頭ぐらいが並んでゴールに入るレースを見てみたいですね。実況はやりたくないけど。 [聴く『競馬クイズ』] [挑戦!聴く『競馬クイズ』]
2019/11/13(水) 11:00

【第147問】


 今週はマイルチャンピオンシップが行われます。先週のエリザベス女王杯での実況で、米田アナが「来年のエリザベス女王杯は阪神競馬場で行われ、しばらく京都競馬場でこのレースを見ることが出来ません」というようなことを言ってましたが、マイルチャンピオンシップも同じで来年は阪神で行われます。淀の坂を上って下るマイルチャンピオンシップは当分見られないわけですね。


 さて、今回は過去の接戦となったマイルチャンピオンシップからの出題です。以下の実況をお聴きください。


 レース実況【A】はこちらから→聴く


 レース実況【B】はこちらから→聴く


 レース実況【C】はこちらから→聴く


 レース実況【D】はこちらから→聴く
 

 問題です。お聴きいただいた4つのマイルチャンピオンシップのうち、勝った馬と2着馬との着差が一番大きいレースはどれでしょうか?
 古いレースもありますので難しいでしょうか。レース実況をよ~く聴けば、その実況のニュアンスから分かるかもしれませんよ。


 それでは、ここで前回・第146問の正解です。


 <正解>(B)


 (A)は今から35年前の第9回のエリザベス女王杯で、勝ったキョウワサンダーは21頭立ての14番人気でした。その単勝は5030円。(B)は1992年のエリザベス女王杯で、18頭立て17番人気のタケノベルベットが勝ったレースです。ブービー人気のタケノベルベットの単勝は9130円だったのです。そして(C)のレースは、10年前のクイーンスプマンテが勝ったエリザベス女王杯です。18頭立て11番人気だったクイーンスプマンテの単勝は7710円でした。
 ブービー人気のタケノベルベットが楽な手ごたえで4コーナーを回り、最後の直線で抜けてきた時はビックリしましたねぇ。それでもサンドピアリスの4万3060円にはかなわないですね。これはホント不滅の記録だと思います。