第140問:今回は50年前の競馬からの出題です。あなたは生まれていましたか? [聴く『競馬クイズ』] [挑戦!聴く『競馬クイズ』]
2019/09/24(火) 11:00

【第140問】


 今週は早くも秋のGIレースの初戦、スプリンターズステークスが行われます。今回はそのスプリンターズステークスに関する問題です。それもGIレースとなる前の、です。
 

 今からちょうど50年前に行われたスプリンターズステークスの勝ち馬を答えられますか?
 そう、1969年です。「まだ生まれてもいないよ!」という方のためにレース実況をご用意しました。どうぞお聴きください。


 レース実況はこちらから→聴く


 このレースは第3回のスプリンターズステークスですが、この年は名称が「英国フェア開催記念」でした。そして勝った馬は『万能の怪物』と呼ばれた歴史的名馬です。
 ここで問題です。この名馬がスプリンターズSの前に走ったレース、つまり前走はどのレースだったでしょうか?
 40年前のことですから、3択にしました。


(A)4歳以上オープン(ダート1700m)
(B)毎日王冠(ダート2100m)
(C)天皇賞(春)(芝3200m)


 いやぁ、昔のことですから難しいですね。「知るわけねぇだろう!」という声が聞こえてきそうです。


 それでは、ここで前回・第139問の正解です。


 <正解>【C】


 この問題も難しかったですねぇ。ゴール前の実況をお聴かせすると簡単になってしまうと思い、スタートからの実況にしました。しかし、それで1着と2着の着差を問うというのは無理がありましたね。問題の制作者として反省しています。
 【A】は2004年の神戸新聞杯です。勝ったキングカメハメハが2着のケイアイガードにつけた着差は1馬身4分の1でした。【B】の実況は2008年の神戸新聞杯で、勝ったディープスカイと2着ブラックシェルの差はクビでした。【C】は2014年の神戸新聞杯で、勝ったワンアンドオンリーと2着サウンズオブアースの差はアタマ差でした。


 ところで、2005年のディープインパクトと2011年のオルフェーヴルがこのレースでつけた2着馬との着差は同じです。その着差を覚えていますか?


 正解は、2馬身2分の1です。