第51問:ああ、今年もダメだったか。来年こそ!(毎年言ってます) [聴く『競馬クイズ』] [挑戦!聴く『競馬クイズ』]
2017/12/28(木) 17:00

【第51問】


 今年、2017年の中央競馬が終了しました。皆さんにとって、今年の競馬はいかがでしたか?
 毎年のことですが、全てが終わると「ああ、あそこはこうするべきだったか」「やはりあの馬を狙うべきだったか」「ケチらずにあの馬も相手に押さえておくべきだった」などと1年間の失敗を嘆くばかりの日々を過ごします。愚痴をこぼすことだけにせず、反省すべきところは反省し、来年に繋げたいものです(ホント悲しいかな「今年は良かった!」と思うことがありません)。


 そして、すぐに来年はやってきます。2018年の中央競馬は1月6日に幕を開けます。来年も、年の初めの重賞は金杯です。


 金杯はご存知のように、中山金杯が2000mで、京都金杯が1600mで行われています。中山金杯は初めの頃は2600mで行われていて、2100m(ダート変更)で行われたことも2度ありました。それに対して京都金杯は1963年の第1回からずっと2000mで行われ、38回目となる2000年から距離が1600mとなりました


 それでは問題です。距離が1600mとなった最初の京都金杯を勝った馬をズバリお答えください。2000年です。けっこう知られていることだと思います。その馬名を聞けば、「ああ、あの馬だったか」と思うはずです。なにしろGIホースですから...ん、これは大きなヒントを出してしまいましたね。それでも分からないという方は「勝ち馬抜きレース実況」を聴いてください。


 レース実況はこちらから→聴く


 2000年の京都金杯を制したこの馬は、主にマイル戦で活躍しました。引退するまでに8勝しましたが、このレースが最後の勝ち星となりました。同期のライバルにはあの○○○ドーベルがいましたね。う~ん、これもすごいヒントだな。


 それでは、ここで前回・第50問の正解を発表します。


<正解>1着テンポイント、2着トウショウボーイ、3着グリーングラス


 競馬史に残る『TTG』と呼ばれた同期の3頭です。1976年と1977年の競馬を大いに盛り上げたライバル同士でした。物語のヒーローには、良きライバルが必要です。前年の有馬記念でトウショウボーイに敗れたテンポイントがマッチレースで雪辱を果たしたレースは、名勝負として日本の競馬史に刻まれています。


 さて、キタサンブラックは去り、来年の競馬を盛り上げるヒーローは4歳になるレイデオロでしょうか? 同期のライバル、有馬記念で4着となったスワーヴリチャードとの再対決はいつになるのでしょう。去年のクラシックホースのディーマジェスティは引退し、マカヒキは骨折して休養することになりました。しかし、サトノダイヤモンドは来年こそ活躍してくれることでしょう。
 また、明け3歳馬には無敗のダノンプレミアム、ワグネリアンなどがいて、これらの対戦が楽しみです。


 さぁ、2018年はどんなレースが繰り広げられるのでしょう。来年もラジオNIKKEIの競馬中継でお楽しみください。そして2018年の「挑戦!聴く『競馬クイズ』」は、開幕週の3日間開催が終わった後に第52問をお送りする予定です。来年もよろしくお願いいたします。

 
 皆さん、よいお年を!