第48問:「有終の美」。あの馬は今年の有馬記念で... [聴く『競馬クイズ』] [挑戦!聴く『競馬クイズ』]
2017/12/05(火) 11:00

【第48問】


 今回も引き続き、有馬記念に関する問題をお送りいたします。有馬記念は、その年の最後に行われる(今年は28日もありますが)レースであることが大きな意味を持っていると思っています。最後だから、その馬の現役最後のレース、「ラストラン」ということになるケースも多く、これまで数多くのスターホースが有馬記念を走って引退を迎えました。


 そして、そのラストランとなった有馬記念を勝って、有終の美を飾った馬と言えば、そうです。オグリキャップはまさにそうでした。他にディープインパクト、最近ではオルフェーヴルやジェンティルドンナがそうでした。


 逆にラストランの有馬記念を勝てなかった馬は、古くはハイセイコーがそうでした。タニノチカラの2着となってターフを去って行きました。タマモクロスも3歳のオグリキャップに負けて2着でした。3歳時に有馬記念を制したゴールドシップは、引退レースとなった4度目の有馬記念では8着に敗れました。


 それでは問題です。以下の実況は有馬記念のレース実況です。
 このレースを最後に引退した馬で、前年に続く有馬記念連覇を狙ったものの敗れ、有終の美を飾ることが出来なかった馬の名前をお答えください。その敗れた馬はもちろん編集してカットしてありますが、すぐにお分かりになると思います。今回は簡単な問題です。


 レース実況はこちらから→聴く


 それでは、ここで前回・第47問の正解を発表します。


<正解>[C] ダイナアクトレス


 ダイナアクトレスは、ジャパンカップで日本馬最先着となる3着と健闘したことが評価されてこの有馬記念では2番人気になりました。しかし、秋5戦目となったこのレースでは7着に終わりました。


 ちなみにこのレースの3着は14番人気ハシケンエルドでした。上位3頭が10番人気、7番人気、14番人気でしたから、この時3連単があったなら確実に数百万の大万馬券になったはずです。ホントあのレースにはビックリしましたねぇ。