第39問:あれは、いいレースだった。名勝負だった。 [聴く『競馬クイズ』] [挑戦!聴く『競馬クイズ』]
2017/10/04(水) 10:30

【第39問】


 今週から舞台は東京と京都に移ります。東京競馬場のメインは毎日王冠。秋の東京開催の開幕週のレースで、天皇賞(秋)の前哨戦としておなじみです。


 今回はこの毎日王冠のレースから出題します。毎日王冠は毎年GIホースが出てきて見応えのあるレースとなりますが、毎日王冠といえば今回の問題のレースです。これは凄いレースでした。名勝負でしたね。ゴールの瞬間はホント鳥肌がたちました。


 今から28年前のレースです。1989年10月8日に行われた第40回毎日王冠は8頭立てで行われました。
 わずか8頭でしたが、メンバーが凄かったのです。前年の有馬記念を制したオグリキャップが、その有馬記念以来となる9月のオールカマーを快勝し、天皇賞(秋)を目指してこのレースにも出走してきたのでした。


 またこのレースには、大井競馬所属時に東京大賞典を制し、この年の1月に中央競馬へ移籍して天皇賞(春)と宝塚記念を連勝した馬、さらに前年の日本ダービーの2着馬で、この年のメイステークスと高松宮杯を連勝してきたメジロアルダン、1987年と1988年の天皇賞(秋)で2着、3着となったレジェンドテイオー、そしてこちらも地方競馬から中央競馬に移籍してきた前年の東京ダービー馬ウインドミルなど、古馬中距離戦線の有力馬が出走したのでした。


 レースはレジェンドテイオーが逃げたものの最後の直線でリードがなくなり、外を回ったオグリキャップよりも先にウインドミルとメジロアルダンが前に出ました。メジロアルダンに乗っていた岡部幸雄騎手の手は動かず、オグリキャップが並んでくるのを待っていました。しかし、ギアを上げたオグリキャップが並んだのは一瞬だったように覚えています。
 さらにメジロアルダンとオグリキャップの間に後方に控えていた春のGI・2勝馬が鋭く伸びてきて、外を伸びた2頭があっさりとメジロアルダンとウインドミルを交わしました。そしてオグリキャップとその馬との激しい叩き合いとなり、いったんその馬がオグリキャップまでも捕らえて前に出て...。
 いやぁ、文章で伝えては『挑戦! 聴く競馬クイズ』になりませんね。実況をお聴きください。


 レース実況はこちらから→聴く


 ゴール前では「ああ、オグリキャップが負ける! 春にGIを連勝したこの馬は強いなぁ~」と感心したのですが、さすがはオグリキャップ。「俺より先にゴールに入ることはさせん!」とばかりに差し返してハナ差でオグリキャップが勝ったのでした。
 ゴールを過ぎた後の大歓声は凄まじかったですね。場内のファンは大興奮で、馬券の当たり外れはともかく、「いいレースを見たなぁ」という思いでいたはずです。オグリキャップがさらにファンを増やしたレースだったと言えます。


 しかし、負けたとはいえ2着のあの馬も素晴らしい走りを見せました。後にこの年の有馬記念も制して年度代表馬となった馬、この馬が問題です。レース実況は勝ち馬抜きではなく「2着馬抜き実況」です。さぁ、この毎日王冠で2着となった馬の名前をお答えください。年度代表馬にもなった馬ですから、簡単ですね。


 それでは、ここで前回・第38問の正解を発表します。


<正解>カルストンライトオ


 ちなみに新潟のアイビスサマーダッシュを勝ち、スプリンターズステークスも制した馬は、このカルストンライトオしかいません。今年もアイビスサマーダッシュを制したラインミーティアが出走しましたが、13着に終わりました。直線1000メートルでスピードを発揮しても、距離が200メートル延びて、坂がありコーナーがあるコースに変わるとかなり違うものなのでしょうか。


 さぁ、今週は3日間開催です。そして、9日(月)には岩手でマイルチャンピオンシップ南部杯も行われます。JRAのレースが終わってからでも馬券を買うことができるので、最後の最後まで挑戦してみてはいかがでしょう。