第9問:あの馬も『黒、赤十字襷、袖黄縦縞』でしたねぇ。 [聴く『競馬クイズ』] [挑戦!聴く『競馬クイズ』]
2017/03/07(火) 11:00

【第9問】


 今回の問題は第3問と似た問題です。第3問では、20頭の「ユニークな馬名」から出題しましたが、今回は20頭のGIホースの中から選んでお答えいただきます。


 以下の20頭は、「クラブ法人」馬主所有の競走馬で、GIホースとなった馬です。この20頭のうち、『(有)サンデーレーシング』所有の馬は何頭でしょうか? 馬主が有限会社サンデーケーシングの馬を数えてください。ノーヒントです。ズバリ頭数をお答えください。


オルフェーヴル、ブルーメンブラット、ベルシャザール、ブエナビスタ、イスラボニータ
ヴァーミリアン、ディープブリランテ、タイムパラドックス、ハットトリック、フェノーメノ
シーザリオ、アロンダイト、ネオユニヴァース、レーヴディソール、ダイナガリバー
アンライバルド、ドゥラメンテ、ドリームジャーニー、リオンディーズ、ハーツクライ


 どうでしょう? 毎回このサイトのクイズに挑戦している方なら簡単にお分かりでしょうね。『黒、赤十字襷、袖黄縦縞』の勝負服の馬は、ホント毎年のようにGIを制覇しますよね。


 さて、このままでは『聴く競馬クイズ』になりませんので、ここで「おまけ」としてクイズを出しましょう。以下のレース実況は、1着・2着・3着の3頭がともに有限会社サンデーレーシングの馬だったGIレースです。レース実況を聴いて、レース名とこの時に3着になった馬の名前をお答えください。「おまけ」なので簡単な問題にしておきました。


レース実況はこちらから→聴く


 それでは、ここで前回の第8問の正解を発表します。


<正解>浜中俊


 浜中俊騎手は、10年前の2007年3月3日に中京競馬場のレースでデビューし、4月7日に福島競馬場の第7レース(4歳以上500万円以下・ダート2400m)で、トシツカサオー(10頭立ての4番人気)に騎乗して初勝利を挙げました。その年は20勝、同期の藤岡康太騎手が24勝したので新人最多勝とはなりませんでした。


 しかし、2年目の翌2008年には73勝と勝ち星を一気に伸ばし、今や通算勝利数が800を超えてGIも8勝しているトップジョッキーとなりました。これまでの勝利騎手インタビューで何度も声を聴いている方は、簡単に分かったのではないでしょうか。
 ところで余談ですが、数多くいる騎手の中で、浜中騎手はトップ3に入るかなりのイケメンだと思うのですが、どうでしょう? えっ、あとの2人は誰と誰か、ですって? ええと、それはですねぇ...。