第6問:図書館ではなく、2月。だからこのレース名なんですよね。 [聴く『競馬クイズ』]
2017.02/14 競馬中継スタッフ 記事URL

【第6問】


 今週は2017年のJRAのGI第一弾、フェブラリーステークスが行われます。このレースの第1回は1984年。第1回から第10回までは「フェブラリーハンデキャップ」という名前で、ハンデ戦でした。


 このレースが始まった当時、ダートの重賞レースは数が少なく、同じ1984年に始まった暮れの中京開催のウインターステークス(現在の東海ステークス)とこのレースの2つだけでした。今、ダートの重賞っていくつあるんでしたっけ?


 さて、フェブラリーステークスはご存知のように1997年、ちょうど20年前にGIレースとなって今に至っているわけですが、2月、Februaryに行うレースだからフェブラリーステークスという名称になったのだろうと思われます。同じように来月3月にはマーチステークスがありますよね。


 では、問題です。『フェブラリーステークス』でありながら、過去33回のうち、1度だけ2月に行われなかったことがあります。その時の勝ち馬をお答えください。


 えっ、「そんなレースの日付なんか覚えているわけないだろう!」ですって? まぁ、そう憤る方もいると思いましてヒントをご用意しました。これを聴けば簡単に答えが分かるはずです。過去一度だけ2月に行われなかったフェブラリーステークスの実況で、当然「勝ち馬抜きレース実況」です。今回はスタートからの実況です。


 レース実況はこちらから→聴く


 それでは、前回の第5問の正解を発表します。


<正解>ユニコーンステークス、エルムステークス


 ヒントで簡単に分かったかと思います。藤沢和雄厩舎の馬では過去マイルのGIを制した馬はたくさんいますが、ダートの重賞で初重賞勝ちとなったのは、そう、あのタイキシャトルなのです。けっこう知られていることだと思います。


 阪神の菩提樹ステークスで2着となってデビューからの連勝がストップしたタイキシャトルでしたが、この1997年のユニコーンステークスで初重賞勝ちしてから快進撃が始まり、翌1998年にはフランスのジャック・ル・マロワ賞まで制覇して国際的名マイラーとなりました。思えばあのユニコーンステークスからも、もう20年になるんですねぇ。


 2つ目のレースはちょっと難しかったでしょうか。2009年のエルムステークスです。今は札幌で行われている重賞ですが、この年は新潟競馬場で行われました。2009年は函館競馬場の新スタンド建設のため函館の開催がなく、6月20日から9月6日まで12週連続で札幌の開催があり、その翌週から始まった新潟開催でエルムステークスが行われたのでした。勝った馬はマチカネニホンバレです。


 なお、藤沢和雄厩舎の馬ではカジノドライヴが重賞を勝ちましたが、海外(ピーターパンステークス(G2)...2008年5月 アメリカ・ベルモントパーク競馬場)のレースなので、この勝利数にはカウントされていません。

第5問:いやぁ、98勝のうち2勝とは、ちょっと意外でした。 [聴く『競馬クイズ』]
2017.02/07 競馬中継スタッフ 記事URL

【第5問】
 1月28日(土)の東京12レースでムーンクエイクが勝ち、管理する藤沢和雄調教師は、JRA歴代単独3位となる1339勝を達成しました。1339勝のうち、重賞ではGIレース24勝を含む98勝を挙げています。


 藤沢和雄調教師といえば、去年はサトノアレスとソウルスターリングがともに2歳のGIを勝ち、それぞれ2歳牡馬と2歳牝馬の年度代表馬となりました。また、暮れのホープフルステークスを勝って3戦3勝となったレイデオロもいます。この春のクラシックでは藤沢和雄厩舎が注目を集めることは間違いありません。


 ところで、藤沢和雄調教師のJRAの重賞勝利数は98であると前述しましたが、そのうちダートの重賞勝ち星は、意外なことにわずか2つ、2勝なのです。では、問題です。その2つのレース名をズバリお答えください。藤沢和雄調教師のダートの重賞勝ちのレースとは何と何でしょうか?


 難しいですかね。それではヒントです。
<ヒント1>あの名マイラーの初重賞勝ちでした。
<ヒント2>レース実況を聴いてください。


 レース実況はこちらから→聴く


 それでは、前回の第4問の正解を発表しましょう。


<正解> GIレースに出走して、メンバー中最低人気で勝ち、単勝が万馬券だった馬


★1レース目
●1989年 第14回エリザベス女王杯(GI)

 勝ったサンドピアリスは出走馬20頭中最低の20番人気。(当時は20頭立てがあったんです)単勝は4万3060円!これはJRAの単勝の歴代高配当9位となっている驚異的な単勝万馬券です。ちなみにこの時の2着馬のヤマフリアルは10番人気、3着のシンビクトリーは14番人気でした。もしも3連単がこの時あったなら、いったいいくらに...と考えるとチョッと楽しくなります。


★2レース目
●2000年 第34回スプリンターズステークス(GI)

 逃げ切って勝ったダイタクヤマトは出走馬16頭中最低の16番人気。単勝は2万5750円でした。このレースを実況した山本直也アナが、スタート前の枠入りの時に実況で「20世紀最後のベストスプリンターはどの馬でしょうか」と言いました。それを聴いて、「そうか、20世紀も終わりか...」としみじみ思ったものでしたが、勝った馬が最低16番人気だったので、あっけに取られて感慨も何も吹っ飛んだ記憶があります。


★3レース目
●2014年 第31回フェブラリーステークス(GI)

 翌年のフェブラリーステークスでは堂々の1番人気に応えて勝ち、連覇を達成したコパノリッキー。しかし、この2014年の時は出走馬16頭中最低の16番人気で、単勝は2万7210円でした。ちなみに1番人気となった2015年の単勝は210円でした。最低人気で勝ち、翌年は1番人気になってGIレースを連覇した馬は、このコパノリッキーだけでしょうねぇ。


 さて、今週から第1回小倉競馬が始まります。アナウンサーは交代で小倉競馬の担当となるのですが、皆小倉に行きたがるのです。何故かと言うと、それは河豚(フグ)らしいのです。馬券でフグ資金を作って夜の小倉の街へ繰り出して...と考えるアナウンサーが多いのですが、はたしてそれを実現させている人はどれだけいるのか疑問です。

第4問:エエ~ッ!ホ、ホントにこの馬がぁぁぁ...ということもあります。 [聴く『競馬クイズ』]
2017.01/31 競馬中継スタッフ 記事URL

【第4問】
 前回のクイズは聴いて答える問題ではなかったので、良い問題とは言えませんでした。今回は聴いていただきます。それも3つです。まずは以下の3つのレース実況をお聴きください。


  レース実況はこちらから→聴く


  レース実況はこちらから→聴く


  レース実況はこちらから→聴く


 3つのレース実況を聴いただけで、「はは~ん、これはあのことをクイズにしているんだろうなぁ」とピンときた方はエライ! かなりの競馬ファンとして認めます。年齢が若い方は分かるかなぁ、どうかなぁ...などと能書きはこれぐらいにして問題です。
 今聴いていただいた3つのレースの勝ち馬に共通する事柄をお答えください。3つともある意味で特に有名なレースですから、簡単といえば簡単ですね。ヒントはありません。ズバリお答えください。


 それでは、前回の第3問の正解を発表します。


<正解> 10頭
ナゾ、ラグビーボール、ピンポン、コリャコリャ、モシモシ、オイカケマショウ
タッチシタイ、モーノリノリ、オモイサイフ、ビックリシタナモー


 どうでしょう? 10頭すべて分かりましたか?最近出走した馬も入っているので7、8頭ぐらいは分かりましたかね。今後また小田切有一オーナーがどんな馬名をつけるのか楽しみです。
 さぁ、2月です。他の人がビックリシタナモーと思わず言ってしまうような万馬券をゲットして、オモイサイフをポケットに入れて競馬場を後にしたいと思います。諦めずに夢をオイカケマショウ!

第3問:ユニークな馬名をつけるオーナーといえば!? [聴く『競馬クイズ』]
2017.01/24 競馬中継スタッフ 記事URL

【第3問】
 今週も各競馬場で3歳新馬戦が行われます。新馬戦の出走馬は全て初出走ですから、その馬名を実況アナウンサーは初めて口にするわけです。
 最近はなかなかスラッと言えない、言いづらい馬名が多くなってきました。英語、フランス語あたりから名づけるのは当たり前で、近頃はラテン語、または日本の地方の方言から持ってきて馬名にするオーナーもいます。初めて口にする馬名はスムーズに頭に入らず、「新馬戦は重賞レースより実況するのがたいへんだ」と言う人もいます。


 また、ユニークな馬名も多くなりました。オーナーの方もあれこれ考えて名づけていらっしゃるようですが、その代表格とも言える馬主さんは小田切有一さんでしょう。あの『緑、白玉霰、白袖赤二本輪』の勝負服の馬主さんです。モグモグパクパク、サヨウナラ、ドングリ、ロバノパンヤなどなど、本当によく思いつくものだと感心するほどです。


 それでは問題です。以下の20頭のうち、小田切有一さんの馬は何頭でしょうか?
 ユニークな名前の馬ばかり集めてみました。この中で小田切有一オーナーの馬は何頭か、その頭数をお答えください。


ナゾ、ナンデヤネン、シロイバラ、ラグビーボール、ピンポン、ポンポン、コリャコリャ
モシモシ、カゼニモマケズ、オイカケマショウ、タッチシタイ、ココホレワンワン
モーノリノリ、オタカラハッケン、オモイサイフ、ビックリシタナモー、アスヘノキボウ
ユメノマイホーム、シロガネーゼ、ハピネス


 さて、これでは「聴く『競馬クイズ』」の『聴く』がありませんので、今回はおまけのクイズを出題しましょう。
 問題です。騎手としても調教師としても"GI初勝利"が小田切有一さんの馬だった人は? その人の名前をズバリお答えください。どうでしょう、おまけのクイズなので簡単なものにしておきました。分からない方には正解をお教えします。下のレース実況を聴けば、最後に勝利騎手の名前が出てきます。


  レース実況はこちらから→聴く


 お聴きいただいたレースは、1985年(昭和60年)の第46回オークスです。勝った馬は28頭立ての21番人気でした。白川次郎アナウンサーの実況で分かるように大外強襲、直線一気の競馬でした。
 このレースで初めてGIを制した騎手は引退して調教師となり、2006年の第36回高松宮記念で調教師として初めてGIタイトルを手にしました。どちらの馬もオーナーは小田切有一さんでした。


 それでは、前回・第2問の正解を発表します。


<正解> タケホープ
 ヒントの『勝ち馬抜きレース実況』を聴けば簡単にお分かりになったと思います。私どもの大先輩である小林皓正アナウンサーが「ダービー馬菊花賞馬」と言っていましたよね。また、ハイセイコーも出走していましたから大きなヒントになったと思います。
 競馬ブームを巻き起こしたアイドルホースとして知られるハイセイコーのライバルと呼ばれ、ハイセイコーを負かしてダービーと菊花賞の2冠を制した馬、タケホープ。1974年の第15回アメリカジョッキークラブカップの勝ち馬です。
 ちなみにこの時は、東京競馬場の芝2400メートルで行われました。前年の桜花賞馬のニットウチドリも出走して、皐月賞馬のハイセイコー、そして2冠馬のタケホープと豪華なメンバーで行われたのですね。


 ヒントの実況を聴かずに正解された方はたいしたものです。スゴイです! エライ!!

第2問:あの時のAJC杯は豪華メンバーだったんだなぁ。 [聴く『競馬クイズ』]
2017.01/18 競馬中継スタッフ 記事URL

【第2問】
 今週で早くも第1回開催が終了します。中山のメインレースはアメリカジョッキークラブカップ。まだまだこの時期は一線級の馬、バリバリのGIホースはレースに出てきませんが、それでも過去にこのレースには前年のダービー馬が出走して勝ったことがあります。


 それは1999年のスペシャルウィーク。オリビエ・ペリエ騎手とのコンビで勝ちました。そして1979年のサクラショウリ、さらにもう1頭います。今回の問題は、そのもう1頭の馬です。馬名をズバリお答えください。アメリカジョッキークラブカップを制した前年のダービー馬は?


 えっ、どうせ昔の馬なんだろうから分からないよ、ですって?
 う~ん、けっこう有名な馬なんですけどね。それでは、どうしてもヒントが欲しい、という方はその時のレース実況を聴いてください。しかし、もちろんこのレース実況には勝った馬の名前は出てきません。レース実況をそのままお聴かせしたら、ヒントどころか答えそのものになってしまいますから、実況を編集して『勝ち馬抜きレース実況』にしてあります。
 それでもこれを聴けば、まず分かると思います。競馬史に残る有名な馬も出てきますので、「ああ、あの馬か!」と思いつくはずです。


  レース実況はこちらから→聴く


 さて、前回の第1問の答えを発表しましょう。


<正解> サクラローレル
 サクラローレルは、1995年の中山の金杯を勝ちましたが、有馬記念を制したのは翌1996年です。1995年の有馬記念を制したのはマヤノトップガンでした。


オンワードゼア(1958年の中山の金杯を勝って、この年の有馬記念も制しました)
オンスロート (1962年の中山の金杯を勝って、この年の有馬記念も制しました)
ダイユウサク (1991年の京都の金杯を勝って、この年の有馬記念も制しました)


 ちなみにオンスロートが勝った中山競馬場の金杯がおこなわれたのは1月3日でした。昔はずいぶんと早くから競馬が行われたのですね。ちょっとビックリです。


 1月20日が「大寒」で、今が一番寒い時期でしょう。風邪をひくことなく、体調に注意しつつレースを楽しみたいものです。健康であればこそ競馬が楽しめると思っています。さらに馬券があたって懐具合があたたまれば、なおいいのですが...。

第1問:初めよければ終わりよし? [聴く『競馬クイズ』]
2017.01/11 競馬中継スタッフ 記事URL

 『競馬は記憶のスポーツ』と言われます。
 レース、出走した馬、騎乗した騎手、その馬の調教師、血統(父、母、兄弟)、過去の勝ち馬など、覚えようと思えば星の数ほどあります。
 そして、それらを知ること、覚えることは競馬の楽しみのひとつでもあると言えるでしょう。


 このサイトでは、過去のレースにまつわる記録や出来事をクイズにして皆さんにお楽しみいただきます。毎週問題を出題し、解答はその翌週に発表いたします。
 もちろんラジオNIKKEIですから、レース実況を問題やヒントとして聴いていただきます。時々マニアックなクイズも出題しますよ~! ぜひ挑戦してみてください。


【第1問】
 記念すべき最初のクイズは、やはり金杯に関するものにしました。先週東西の金杯が行われましたが、あの2頭の勝ち馬は今年これからどんな活躍を見せてくれるしょうか。一昨年の中山金杯の勝ち馬ラブリーデイが、その年の宝塚記念や天皇賞(秋)などを制して大活躍したことは記憶に新しいところです。


 さて、1年の最初の重賞レースである金杯を制して、なおかつ暮れの大一番である有馬記念を制した馬が、過去4頭います。その4頭がこちら。


オンワードゼア
オンスロート
ダイユウサク
サクラローレル


 では、問題です。この4頭の中で、『同一年に金杯と有馬記念を制したのではない馬』は、どの馬でしょうか? 最初だけにサービスして簡単な問題にしました。さらにヒントとして、その馬が勝った金杯の実況を30秒ほどお聴かせしましょう。


 レース実況はこちらから→聴く


 どうでしょう? このレース実況まで聴けば、もうおわかりですね。正解は来週のこのサイトで発表します。
 これから毎週「挑戦!聴く『競馬クイズ』」でお楽しみください。次回はもうちょっと難しい問題にしましょうか?

 全7ページ中7 ページ   前の10件 1 2 3 4 5 6 [7]