サイト紹介

『競馬は記憶のスポーツ』と言われます。レース、出走した馬、騎乗した騎手、その馬の調教師、血統(父、母、兄弟)、過去の勝ち馬など、覚えようと思えば星の数ほどあります。しかし、それらを知ること、覚えることは競馬の楽しみの1つでもあると言えるでしょう。

このサイトでは、過去のレースにまつわる記録や出来事をクイズにして皆さんにお楽しみいただきます。毎週問題を出題し、翌週答えを発表いたします。ラジオNIKKEIですから、レース実況を問題やヒントとしてお聴かせします。時々マニアックなクイズも出します。ぜひ挑戦してみてください。

新着記事

第11問:あの2頭は、ともにこのレースを勝っていたんですね。 [聴く『競馬クイズ』]

2017.03/21 競馬中継スタッフ 記事URL

【第11問】


 今週は春のベストスプリンター決定戦、GI高松宮記念が行われます。ご存知のようにこのレースは1971年に第1回が行われ、レースの名称は「高松宮杯」でした。当時は距離2000メートル、夏の中京開催を飾るレースとして行われていました。
 1984年にグレード制が導入された際にGIIに格付けされ、1996年の短距離競走体系の新たな改善に伴い、距離が1200メートルとなり、GIレースに格上げされました。そして1998年からレース名が「高松宮記念」となり、2000年からは3月の中京開催で行われるようになりました。


 このレースの歴代の勝ち馬として、ハイセイコーとオグリキャップがその名を連ねています。ともに地方競馬から中央競馬に移籍して絶大な人気を誇った2頭。ハイセイコーは1974年の勝ち馬で、オグリキャップは1988年にこのレースを制しています。単勝オッズも同じで、ともに1.2倍という圧倒的人気に応えて優勝しています。


 それでは問題です。
 ハイセイコーとオグリキャップ、高松宮杯での2着馬との着差が大きいのはどちらでしょう?
 これは難しい問題ですね~。ヒントとして2つのレースの実況を用意しました。お聴きください。


 レース実況はこちらから→聴く


 レース実況はこちらから→聴く


 「実況を聴いてもわかんないよ~!」という声が聞こえてきそうですが、そこは実況でのアナウンサーのトーンなどから判断していただきたいと思います。


 元祖『怪物』と『芦毛の怪物』。ともにアイドルホースとして多くのファンの人気を集めましたが、2頭がともに勝った重賞レースはこの高松宮杯だけです。


 それでは、ここで前回・第10問の正解を発表します。


<正解>馬名:タケホープ 着順:B(7着)


 「後にダービーと菊花賞を制し、ハイセイコーのライバルと言われた馬」というところで簡単にタケホープだとわかったはずです。しかし、何着だったかは難しかったと思います。ハイセイコーとの初対戦では、タケホープは7馬身以上の差をつけられて7着に敗れました。その後皐月賞にも出走できなかったタケホープが、ハイセイコーを負かしてダービー馬になると、その時どれほどの人が思っていたでしょう。


 さぁ、皐月賞のトライアルが終わり、今年の3歳クラシック戦線もかなり絞られてきたようです。しかし、タケホープのような馬がいないとは言い切れません。今年のダービー、第84回東京優駿まで、もうあと2ヶ月あまりです。

第10問:44年前の春、『怪物』がいた。 [聴く『競馬クイズ』]

2017.03/14 競馬中継スタッフ 記事URL

【第10問】


 19日日曜日に、選抜高等学校野球大会(春のセンバツ)が開幕します。そして中山競馬場ではスプリングステークスが行われます。「春はセンバツから」という言葉もあり、いよいよ春です。


 さて、今から44年前の1973年(昭和48年)3月、『怪物』と呼ばれた馬と高校生がいました。その馬の名はハイセイコー。そして高校生は栃木・作新学院のエース、江川卓投手でした。


 ハイセイコーは、地方競馬で6戦6勝の成績を残して中央競馬へ移籍し、三冠第1戦の皐月賞を勝つとその人気は競馬の枠を超え、競馬に興味のない人々にまで人気が浸透していった元祖アイドルホースです。


 ハイセイコーの中央競馬デビューは弥生賞でした。その日、1973年3月4日の中山競馬場は12万人を超すファンが集まり、ファンの一部が観客席とコースとを仕切る金網を乗り越えてコース内に入りこむ騒ぎが起こったことは語り草になっています。その中でハイセイコーは単勝1.1倍という圧倒的1番人気となって勝ち、その後のスプリングステークス、そして皐月賞も制したのでした。


 江川卓投手は、1972年(昭和47年)の秋の栃木県大会と関東大会を無失点(なんと7試合で53回を投げて、失点0で自責点も0。だから防御率は0.00!)で優勝して、翌年の春、第45回選抜高等学校野球大会に出場したのでした。


 甲子園デビューとなった1回戦の相手は大阪の北陽高校でした。参加校の中でチーム打率がトップという優勝候補が相手でしたが、江川投手は球速が160キロ近くあったとも言われる剛速球と切れ味鋭いカーブ(作新学院の試合で主審を務めた人が「速球よりカープの曲がり具合がすごかったことが印象に残っている」と言っていた記事を読んだことがあります)で、北陽から19もの三振を奪って完封勝ちしました。
 続く2回戦では7回を投げて1安打無失点(10奪三振)に抑えて勝ち、その次の準々決勝ではさらに快投を見せます。1安打完封勝ちだったのですが、その時奪った三振の数はなんと20! 27のアウトのうち20が三振ですからスゴイことです。しかし、準決勝では広島商業に2対1で敗れ、ベスト4で選抜を終えました。


 選抜での超高校級のピッチングで『怪物・江川卓』の名は全国にとどろき、夏の栃木県大会は他校を寄せ付けずに優勝して夏の甲子園、第55回全国高等学校野球選手権大会に作新学院は出場しました。


 しかし、1回戦を延長15回の末に勝ったものの、続く2回戦では千葉の銚子商業と対戦し、雨の降る中、延長12回裏の満塁の場面で江川投手自らがサヨナラ押し出しをしてしまい、『怪物』は2回戦で甲子園から姿を消したのでした。


 江川卓投手は、春と夏の2度の甲子園で、投球回数が59回1/3、奪った三振が92。自責点は3で防御率が0.46という素晴らしい記録を残しました。驚くことに自身の高校時代を振り返るテレビ番組で、「ランナーが2塁に進まないと本気で投げなかった」とご本人が言ってました。つまり全力投球をしなくてもあれだけの三振を奪っていたのです。


 一方、ハイセイコーは皐月賞を制して1冠を手にするとNHK杯に出走して勝ち、ついに無敗で日本ダービーに向かいました。そして、単勝66.6%(これはディープインパクトが現れるまでダービーの単勝支持率の最高記録でした)という圧倒的1番人気となりながらも3着に敗れます。ダービー馬にはなれなかったのです。


 この年、1973年に最も話題を集めた馬と高校球児、『怪物』と呼ばれたハイセイコーと江川卓投手は、奇しくもともに同世代の頂点に立つことが出来ませんでした。しかし、その走りで、そのピッチングで、ファンを熱狂させたことは事実であり、人々の記憶から消えることはありません。


 今回は前置きが長くなりました。では、ここで問題です。まずハイセイコーの中央デビュー戦となった1973年の弥生賞のレース実況をお聴きください。


レース実況はこちらから→聴く


 このレースには後にダービーと菊花賞を制し、ハイセイコーのライバルと言われた馬が出走していました。その馬の名前と着順をお答えください。名前は分かると思いますが、さすがに着順は難しいので3択にしました。なお、出走馬は10頭でした。


A:5着
B:7着
C:9着


 それでは、ここで前回の第9問の正解を発表します。


<正解>9頭


 どうでしたか?馬名を見て、パッと勝負服が目に浮かんだ方なら正解されたと思います。『(有)サンデーレーシング』所有の馬は以下の9頭です。


オルフェーヴル、ブエナビスタ、ヴァーミリアン、ディープブリランテ、フェノーメノ、レーヴディソール、アンライバルド、ドゥラメンテ、ドリームジャーニー


 ブルーメンブラット、ハットトリック、シーザリオ、アロンダイト、リオンディーズは『(有)キャロットファーム』。また、ベルシャザール、タイムパラドックス、イスラボニータ、ハーツクライ、ダイナガリバー、ネオユニヴァースは、『(有)社台レースホース』ですね。


 最後に「おまけ」のクイズの正解です。


<正解> 
レース名:ジャパンカップ(2012年・第32回)
3着馬:ルーラーシップ(クレイグ・ウィリアムズ騎手)


 ジャパンカップで「ワン・ツー・スリー」を決めてしまうなんてスゴイことですよね。しかし、レースを実況するアナウンサーにとっては、同じ勝負服の馬がゴール前で並んでくるのはあまり歓迎できないことなのですがね。

第9問:あの馬も『黒、赤十字襷、袖黄縦縞』でしたねぇ。 [聴く『競馬クイズ』]

2017.03/07 競馬中継スタッフ 記事URL

【第9問】


 今回の問題は第3問と似た問題です。第3問では、20頭の「ユニークな馬名」から出題しましたが、今回は20頭のGIホースの中から選んでお答えいただきます。


 以下の20頭は、「クラブ法人」馬主所有の競走馬で、GIホースとなった馬です。この20頭のうち、『(有)サンデーレーシング』所有の馬は何頭でしょうか? 馬主が有限会社サンデーケーシングの馬を数えてください。ノーヒントです。ズバリ頭数をお答えください。


オルフェーヴル、ブルーメンブラット、ベルシャザール、ブエナビスタ、イスラボニータ
ヴァーミリアン、ディープブリランテ、タイムパラドックス、ハットトリック、フェノーメノ
シーザリオ、アロンダイト、ネオユニヴァース、レーヴディソール、ダイナガリバー
アンライバルド、ドゥラメンテ、ドリームジャーニー、リオンディーズ、ハーツクライ


 どうでしょう? 毎回このサイトのクイズに挑戦している方なら簡単にお分かりでしょうね。『黒、赤十字襷、袖黄縦縞』の勝負服の馬は、ホント毎年のようにGIを制覇しますよね。


 さて、このままでは『聴く競馬クイズ』になりませんので、ここで「おまけ」としてクイズを出しましょう。以下のレース実況は、1着・2着・3着の3頭がともに有限会社サンデーレーシングの馬だったGIレースです。レース実況を聴いて、レース名とこの時に3着になった馬の名前をお答えください。「おまけ」なので簡単な問題にしておきました。


レース実況はこちらから→聴く


 それでは、ここで前回の第8問の正解を発表します。


<正解>浜中俊


 浜中俊騎手は、10年前の2007年3月3日に中京競馬場のレースでデビューし、4月7日に福島競馬場の第7レース(4歳以上500万円以下・ダート2400m)で、トシツカサオー(10頭立ての4番人気)に騎乗して初勝利を挙げました。その年は20勝、同期の藤岡康太騎手が24勝したので新人最多勝とはなりませんでした。


 しかし、2年目の翌2008年には73勝と勝ち星を一気に伸ばし、今や通算勝利数が800を超えてGIも8勝しているトップジョッキーとなりました。これまでの勝利騎手インタビューで何度も声を聴いている方は、簡単に分かったのではないでしょうか。
 ところで余談ですが、数多くいる騎手の中で、浜中騎手はトップ3に入るかなりのイケメンだと思うのですが、どうでしょう? えっ、あとの2人は誰と誰か、ですって? ええと、それはですねぇ...。

第8問:新人騎手がデビュー! 誰が最初に初勝利をあげるのか!? [聴く『競馬クイズ』]

2017.02/28 競馬中継スタッフ 記事URL

【第8問】


 さぁ、3月です。今週は桜花賞と皐月賞のトライアルが行われます。いよいよ春本番が近づいてきました。そして、3月は新人騎手がデビューします。今年は関東が3人、関西では2人の計5人がデビューします。


 昨年は藤田菜七子騎手がデビューして、「菜七子フィーバー」で大いに盛り上がったものでした。先に地方競馬で初勝利をあげた藤田騎手でしたが、いつJRA初勝利となるのかと、藤田騎手が騎乗する競馬場にはマスコミが殺到し、4月10日に福島競馬場で初勝利をあげた時はスゴイ数の報道関係者だったことを覚えています。(七夕賞の時でもあれほどの記者は集まりません)


 新人騎手が初勝利をあげるとインタビューが行われます。最近の新人騎手はマイクを向けても物怖じせず、堂々と話すので感心します。そして、そのインタビューをラジオNIKKEIのアナウンサーが担当していることは、ご存知の方も多いかと思います。


 それでは、ここで問題です。今回はインタビューをお聴きいただきます。以下のインタビューは、ある騎手が初勝利をあげた時のインタビューです。小塚歩アナウンサーが質問したのですが、新人らしく初々しさが感じられるインタビューです。さて、このインタビューに答えている騎手は誰でしょう? ズバリお答えください。


インタビューはこちらから→聴く


 声を聴いてお分かりになりますかね? 声だけでは誰なのか判断できないという方のためにヒントを差し上げましょう。


<ヒント1>デビューした年は20勝しましたが、同期で24勝した騎手がいたため、新人の最多勝ではありませんでした。
<ヒント2>お聴きいただいてお分かりかと思いますが、福島競馬場で初勝利をあげています。しかし、この騎手は、今は福島競馬場で騎乗することがほとんどないですねぇ。
 

 う~ん、ちょっとヒントを出し過ぎてしまったかもしれません。もう誰か分かりますよね!


 それでは、ここで前回の第7問の正解を発表します。


<正解>サイレンススズカ


 前回の第7問のレースは、1998年の第72回中山記念です。サイレンススズカは逃げて、2着となったローゼンカバリーに1馬身4分の3の差をつけて勝ちましたが、この時がサイレンススズカの初重賞制覇でした。その後の素晴らしい活躍ぶりは、ここに書くまでもありませんね。


 さて、今年の新人騎手の中で誰が一番早く初勝利をあげるでしょうか? その初勝利の舞台は中山か阪神か? それとも小倉か中京でしょうか? 新人騎手に声援を送りつつ、クラシック本番を目指す3歳馬の戦いに注目です。あ、オーシャンステークスもありますね。こちらも高松宮記念に向けて見逃せないレース。どのレースも注目ですね!

第7問:去年はドゥラメンテが勝ったんでしたねぇ。 [聴く『競馬クイズ』]

2017.02/21 競馬中継スタッフ 記事URL

【第7問】


 今週から東西ともに舞台は変わって、中山開催と阪神開催となります。中山の開幕週のメインレースは中山記念です。今年で91回目。よく「伝統の中山記念」と言われる中山記念は、第1回が1936年。ご存知の方も多いかと思いますが、1951年までは年に2回行われていました。しかし、1944年から3年間は行われていません。戦争のためですね。


 今回は中山記念のレース実況を聴いて、そのレースの勝ち馬をズバリお答えいただくクイズです。それでは実況をお聴きください。


 レース実況はこちらから→聴く


 えっ、「これで分かるわけねーだろ!」ですって? ハハ、そうですよねぇ。イントロを聴いて曲名を当てる「イントロクイズ」に例えるなら、これはスーパーウルトライントロクイズですね。一度やってみたかったのです。スミマセン、今のはシャレです。どうぞご勘弁を。では、改めて次の実況をお聴きください。「勝ち馬抜きレース実況」です。


 レース実況はこちらから→聴く


 これなら分かりますでしょう。わざわざクイズとして取り上げるのですから、まぁ、よく知られたレースですよ。えっ、まだ短すぎて分からない? う~ん、それでは仕方ありません。3度目はもう少し長いレース実況をお送りしましょう。これでお分かりになるでしょう!


 レース実況はこちらから→聴く


 この時の中山記念は頭数が少なく、わずか9頭でした。ですから、勝ち馬を除いた8頭の出走馬を聴いたら分かると思います。また、勝った馬は終始○げていましたからねぇ。


 それでは、ここで前回の第6問の正解を発表します。


<正解>メイセイオペラ


 これはけっこう知られていることで、ヒントの実況を聴かなくても分かったという方もいらっしゃるでしょう。レースは1999年第16回フェブラリーステークスで、2月ではなく1月31日に行われたのでした。そしてこのレースを勝ち馬は、あの水沢のメイセイオペラでした。


 この時のフェブラリーステークスは、実況を聴いていただいてお分かりになったと思いますが、桜花賞馬キョウエイマーチをはじめ、ワシントンカラー、ビッグサンデーなどのGIの常連やダート路線の猛者が出走しました。その中で2番人気に推されたメイセイオペラは、2着のエムアイブランに2馬身の差をつけて歴史的勝利を挙げました。


 地方競馬所属馬が中央のGIを制したのはこれが史上初めてのことで、あれから18年たってもこのメイセイオペラだけです。あの日、岩手から大挙してやってきた人達は快挙に熱狂し、メイセイオペラと菅原勲騎手に『イサオコール』を浴びせたものでした。


 この歴史的レースの実況を担当したのは「踏み切ってジャンプー!」の山本直也アナウンサーです。彼のこの実況は残ります。今後10年、20年たっても事あるごとに使われることでしょう。


 さて、4月2日にはGIレースとなった大阪杯が行われます。その大阪杯へ向けてのステップレースとして、来月の中京の金鯱賞とともに中山記念は見逃せないレースとなったと言えるでしょう。今年の勝ち馬は、今年どんな活躍をするのでしょう。そして中山記念が終わると、もう3月です。春はすぐそこですね。

第6問:図書館ではなく、2月。だからこのレース名なんですよね。 [聴く『競馬クイズ』]

2017.02/14 競馬中継スタッフ 記事URL

【第6問】


 今週は2017年のJRAのGI第一弾、フェブラリーステークスが行われます。このレースの第1回は1984年。第1回から第10回までは「フェブラリーハンデキャップ」という名前で、ハンデ戦でした。


 このレースが始まった当時、ダートの重賞レースは数が少なく、同じ1984年に始まった暮れの中京開催のウインターステークス(現在の東海ステークス)とこのレースの2つだけでした。今、ダートの重賞っていくつあるんでしたっけ?


 さて、フェブラリーステークスはご存知のように1997年、ちょうど20年前にGIレースとなって今に至っているわけですが、2月、Februaryに行うレースだからフェブラリーステークスという名称になったのだろうと思われます。同じように来月3月にはマーチステークスがありますよね。


 では、問題です。『フェブラリーステークス』でありながら、過去33回のうち、1度だけ2月に行われなかったことがあります。その時の勝ち馬をお答えください。


 えっ、「そんなレースの日付なんか覚えているわけないだろう!」ですって? まぁ、そう憤る方もいると思いましてヒントをご用意しました。これを聴けば簡単に答えが分かるはずです。過去一度だけ2月に行われなかったフェブラリーステークスの実況で、当然「勝ち馬抜きレース実況」です。今回はスタートからの実況です。


 レース実況はこちらから→聴く


 それでは、前回の第5問の正解を発表します。


<正解>ユニコーンステークス、エルムステークス


 ヒントで簡単に分かったかと思います。藤沢和雄厩舎の馬では過去マイルのGIを制した馬はたくさんいますが、ダートの重賞で初重賞勝ちとなったのは、そう、あのタイキシャトルなのです。けっこう知られていることだと思います。


 阪神の菩提樹ステークスで2着となってデビューからの連勝がストップしたタイキシャトルでしたが、この1997年のユニコーンステークスで初重賞勝ちしてから快進撃が始まり、翌1998年にはフランスのジャック・ル・マロワ賞まで制覇して国際的名マイラーとなりました。思えばあのユニコーンステークスからも、もう20年になるんですねぇ。


 2つ目のレースはちょっと難しかったでしょうか。2009年のエルムステークスです。今は札幌で行われている重賞ですが、この年は新潟競馬場で行われました。2009年は函館競馬場の新スタンド建設のため函館の開催がなく、6月20日から9月6日まで12週連続で札幌の開催があり、その翌週から始まった新潟開催でエルムステークスが行われたのでした。勝った馬はマチカネニホンバレです。


 なお、藤沢和雄厩舎の馬ではカジノドライヴが重賞を勝ちましたが、海外(ピーターパンステークス(G2)...2008年5月 アメリカ・ベルモントパーク競馬場)のレースなので、この勝利数にはカウントされていません。

新着記事一覧

新着一覧はコチラ