先週の予想を振り返る [フジマキの説法]
2018/02/05(月) 19:39 フジマキ
さてさて、以前、日本で走っていたディープインパクト産駒が、種牡馬として欧州へ行く馬が増えている、なんてことを書きましたが、今度はフィエロがインドで種牡馬生活を始めるというニュースが報じられました。

 フィエロといえば、重賞勝ちこそありませんでしたが、14、15年のマイルCSで2年連続2着という競走成績はもちろんのこと、お母さんの兄にロックオブジルラブタルがいるという良血馬と、日本で種牡馬となってもまったく不思議ではない馬。

 うむ、インドの競馬といえば、最初のジャパンCにやってきた"インドのシンザン"オウンオピニオン"ぐらいしか印象にないのですが、国際セリ名簿基準委員会ではパート2に格付けされており、レベルも思っているより低くないそうで。

 まずは、日本での先輩で、リーディングサイアー5位となっているウインレジェンドを目標に、"インドのディープ"と呼ばれるぐらい、よい産駒を出して、ジャパンCに出走させるぐらい活躍して欲しいものですな。


 そんじゃ、先週、私が掲載した"展開シミュレーション"の本命馬を当たりハズレに関わらず、成績とひと言コメントつきで振り返ります。

 で、その"展開シミュレーション"とやらは、なんぞや? それは、当ブログで、私が僭越ながらやっている予想コンテンツ。お値段の方は無料でありますので、好き勝手に見て参考にしてみてください。もっとも、馬券購入は自己責任ですから、ハズれても怒らないで下さいね( ´•̥̥̥ω•̥̥̥` )

 ところで、ネッツでインドの競馬場を写真で見たのですが、ひと昔前の地方競馬そのままでしたな。一度は行ってみたいと思うのですが、人一倍お腹が弱い私だけに、競馬場グルメはもちろん、水を飲んだだけでも、お腹ぴーぴーになること必至ですな(;-ω-)

※土曜日・東京

8R◎ゴールドブラッド(10番人気・1着・単2000円、複640円)=距離を延ばしたことで、楽に先行できたのがよかったですね。こんな馬場も合ってますし、昇級しても1400m~マイル戦なら侮れません。

春菜賞◎レッドイリーゼ(1番人気・3着・複150円、3連複2220円)=2戦目でスタートはよかったですが、距離短縮もあって最後は脚が鈍ってしまいました。ただ、一瞬しかいい脚が使えないタイプで、中山向きなのかも知れませんね。

箱根特別◎ウインテンダネス(8番人気・10着)=相手関係や距離もあったかも知れませんが、この日は序盤から行きっぷりがひと息で、最後の脚もじりじりだったように、本調子ではなかったようで。

節分S◎キャプテンペリー(3番人気・9着)=前残りの展開だったとはいえ、末脚不発でしたねぇ。どうしてのでしょうか?

12R◎ディアコンチェルト(7番人気・2着・複270円、3連複7770円)=勝ち馬には離されましたが、道中、脚がたまったぶん、いい末脚を使うことができました。次もマイルなら...と思いますが、中山だと1800m戦しかないのが辛いところです。

※土曜日・京都

8R◎ビービーアヴィド(3番人気・10着)=発馬で後手踏んで、そのままでしたね。久々でしたし昇級戦も応えましたか。

稲荷特別◎ダノンディスタンス(4番人気・1着・単720円、複210円、3連複4980円)=すんなりハナを奪えて、マイペースに持ち込めました。少頭数のぶんこの距離でも自分の競馬ができましたが、本来はもっと距離があった方がいいですね。

アルデバランS◎シャイニービーム(7番人気・6着)=しぶとさが長所だけに、澱みのない流れは悪くなかったのですがね。直線平坦の京都より、もっとタフな競馬場向きかも。

12R◎クリノシャンボール(4番人気・7着)=最後は一杯になりましたが、ブリンカー効果もあってか、久々にハナに行き切れました。この厩舎ですし、使いつつどこかで大駆けしそう。

※日曜日・東京

8R◎アストロノーティカ(6番人気・5着)=前崩れの展開になれば勝負になりそうです。

金蹄S◎クロフネビームス(9番人気・11着)=スローペースで折り合いに苦労していましたし、大きく馬体を減らしていたように、調子も落ちていたのかも。

東京新聞杯◎アドマイヤリード(6番人気・12着)=直線で挟まれる場面もありましたが、休み明けはよくないのかも。

12R◎ワイナルダム(5番人気・14着)=先手を奪う競馬となりましたが、脚がたまらなかったぶん失速してしまいました。この距離も問題ないとは思いますが、控える競馬が理想ですね。

※日曜日・京都

8R◎タイマツリ(9番人気・10着)=前崩れの展開にならないと厳しいですね。

山城S◎レジーナフォルテ(5番人気・6着)=すんなり先行できたのですが...。暖かい時期の方がいいタイプなのかも。

河原町S◎スマートレイチェル(3番人気・6着)=テンに行けるのですが、このクラスだとなかなか粘り切れませんね。

きさらぎ賞◎ラセット(5番人気・3着・複250円、3連複3750円)=前残りの展開には泣かされましたが、よくも悪くも相手なりに走れるところは見せました。自己条件でも連複の軸なら信頼大ですな。

12R◎ショーウェイ(6番人気・10着)=流れも不向きでしたが、このクラスだとワンパンチ不足しているようで。

☆次走もっとも狙いたい馬=アストロノーティカ

コメント