★また、万券当てましたけど何か? 9月25日分★ [また、万券当てましたけど何か?] [競馬LIVEへGO!]
2020/09/25(金) 00:00
☆知立特別
 齢を取りますと、身体の至るところに衰えによるガタがきてしまうことをしみじみと実感している昨今。そんななかでも、衰えたと思うのが声帯。昔はカラオケで10時間以上唄ってもビクともしなかったのですが、今では1曲唄うだけでカスカスな声に...。なんでも専門家の教授によりますと、声は30歳代から衰えが始まるそうで、その原因は、声帯とその周りの筋肉の衰えなんだとか。そして、声帯が衰えると、声が出にくくなるだけではなく、転倒するリスクや肺炎になるリスクも増えるそうな。で、衰えを防ぐには唄うことがよいそうで。ただし、ヘビメタみたいに高音ばかりの曲だと声帯を痛めてしまうので要注意ですぞ。

 さて、今週の予想は日曜中京知立特別で本命はラミエル。前々走西部スポニチ杯(小倉芝1200m)は、稍重馬場で前半3ハロン33秒4と先行馬が残る流れのなか、好位を追走するも、休養明けで馬体重が12kg増と太め残りだったこともあり、最後は脚色が鈍った感も、勝ち馬からコンマ4秒差の4着。前走別府特別(小倉芝1200m)は、重馬場ながら前半3ハロン33秒3と厳しい流れとなったが、勝ち馬からコンマ2秒差の3着と、着実に良化している印象。今回はこれまで4、4着の中京に替わりますが、どちらも多頭数の大外枠で、終始、コースロスのある競馬。ここはテンに行きたいのがインザムービーだけに、極端なハイペースとはならないはず。また、1、1、2、3着と、叩き3戦目で必ず好走しており、メンバー構成からも勝ち負けまで狙えます。相手は、サヴァイヴ、エレヴァート、アルバリズム、インザムービー、アースローヴァー、ジョニーズララバイの、3連複1頭軸ボックス。

 ところで、四十路になって、声帯が衰えるどころか、甘い美声になっていると一部で評判を呼んでいる小塚アナ。やはり、たばこを止めて、規則正しい食生活になったことがよかったようで。ただ、アナウンサー志望や声を出す仕事をしている美女を捕まえては、"口呼吸は声帯を痛めるよ。鼻呼吸の練習をしなければ..."といって、股間の長いマウスピースを美女の口に咥えさせようとするそうな...。うむ、声帯だけではなく性欲も衰え知らずでありますな。(ラジオNIKKEI藤巻)