※展開シミュレーション9月6日分 [展開シミュレーション] [競馬LIVEへGO!]
2020/09/06(日) 00:00
★札幌11R丹頂S
 ヒシゲッコウは、デビュー2戦目のプリンシパルS(東京芝2000m)で3着となった後、北海道シリーズに参戦し、1勝クラス(函館芝2000m)を勝ち上がった後、今回と同じ札幌芝2600m戦の阿寒湖特別で2勝クラスも、ペースの上がった2周目3コーナーで外に持ち出して上昇すると、上がり3ハロンで他馬よりコンマ4秒以上速い末脚を使って、この条件を得意としている古馬勢を一蹴する強いレースぶりを披露。ただ、菊花賞(京都芝3000m)で4番人気に支持されるも、初のGIや輸送競馬もあってか気難しい面を出してしまい10着に敗れると、明け4歳となってからは順調に使えず、前走オホーツクS(札幌芝2000m)は、3ヵ月ぶりの実戦で距離不足もあり、最後は伸びを欠いた印象。それだけに連闘で使えるのは大きなプラス材料といえ、ヤマカツライデンの単騎逃げも、途中で仕掛けてくるタイプが多く緩急の激しい流れとなりそうなのも、この馬向きの展開。ベストの条件で52kgのハンデなら格上挑戦でも互角以上の勝負が期待できる。相手は、ボスジラ、ハナズレジェンド、バラックパリンカ、ネイビーブルー、タイセイトレイル、ナイママの、3連複1番1頭軸、5、2、9、13、6、14のボックス。

その他のレース~新潟
10R古町S◎エクスパートラン=3連複8番1頭軸で、相手は、2、14、15、4、9、1。11R新潟記念◎サンレイポケット=3連複16番1頭軸で、相手は、3、8、7、11、5、10。12R雷光特別◎クリッパークラス=3連複9番1頭軸で、相手は、17、8、18、15、13、1。

その他のレース~小倉
9R別府特別◎ラミエル=3連複5番1頭軸で、相手は、7、4、10、1、6、2。10R西日本スポーツ杯◎メイショウテンモン=3連複3番1頭軸で、相手は、7、6、4、5、2。11R小倉2歳S◎アールラプチャー=3連複5番1頭軸で、相手は、8、6、9、2、10。12R◎カグラヒメ=3連複2番1頭軸で、相手は、1、10、7、8、5、13。

その他のレース~札幌
12R釧路湿原特別◎ペイシャキュウ=3連複9番1頭軸で、相手は、7、13、2、11、1、8。