先週の予想を振り返る [フジマキの説法] [競馬LIVEへGO!]
2020/01/20(月) 19:52
さて、"平成の名馬"といって、間違いなく名前が挙がる馬の一頭がトウカイテイオー。無敗で皐月賞、ダービーを勝利したのを始め、骨折で1年ぶりの実戦ながら、前年1番人気で敗れた雪辱を晴らした有馬記念など、記録も記憶も残した名馬でありましたな。

 種牡馬となってからも、トウカイポイントがマイルCSを勝つなど、産駒もそれなりに活躍したのですが、残念なことに現在、後継種牡馬がいない状況。

 ということで、トウカイテイオーの牡馬の仔で、今も金沢で走っているクワイトファインという馬を種牡馬にしよう、というクラウドファンディングが行われ、見事、目標額を達成したんだそうな。

 成績自体は、目立つものではありませんが、母父ミスターシービー、母母父シンザン、母母母父タニノムーティエと、日本競馬の歴史を重ねた、ある意味、すごい血筋を持っているそうな。

 競走成績は今イチでも、産駒で血統のよさを出している種牡馬もいますし、何としても活躍馬を輩出して、父の名前を引き継いで残して欲しいものですな。

 私も子孫を残すために、誰かクラウドファンディングしてくれないものですかねぇ。べ、別にぁやしぃお店に行く資金には使いませんよ~。


そんじゃ、先週、私が掲載した"展開シミュレーション"の本命馬を当たりハズレに関わらず、成績とひと言コメントつきで振り返ります。

 で、その"展開シミュレーション"とやらは、なんぞや? それは、当ブログで、私が僭越ながらやっている予想コンテンツ。お値段の方は無料でありますので、好き勝手に見て参考にしてみてください。もっとも、馬券購入は自己責任ですから、ハズれても怒らないで下さいね( ´•̥̥̥ω•̥̥̥` )

 そして、高知けいばのその週末に開催されるメインレースの展望を中心に、高知けいばのありとあらゆる魅力を"美人旅打ち"競馬ライターでもお馴染みの井上オークスさんとともにたっぷりかつ濃厚に格調高く語りつくす、

"夜さ恋ナイター 高知けいばへGO!"

 も絶賛放送中。メイン予想も下ネタも絶好調なオークスさんのお話は必聴でありますぞ。

※土曜日・中山

初凪賞◎ダイシンインディー(8番人気・1着・単1960円、複440円、3連複4240円)=ハナに行き切ったことがすべてですね。クラスが上がってもこんな競馬ができれば。

ニューイヤーS◎ハーレムライン(10番人気・6着)=逃げる形となりましたが、揉まれずに競馬ができたぶん、見せ場は十分でした。いろいろ条件は重なりますが、恵まれればチャンスはあるはず。

12R◎ダノンポピー(6番人気・9着)=牡馬相手もありましたが、本来、こういう馬場は合わないのでしょうな。

※土曜日・京都

木津川特別◎シベリアンタイガー(5番人気・4着)=結果、仕掛けが早かったですかね。でも、京都外回りで時計がかかる馬場なら、まだまだ勝負になります。

紅梅S◎ファシネートゼット(4番人気・9着)=今の馬場なら...、と思いましたが、やはりダートがベストのようで。

羅生門S◎ワンダーアマービレ(6番人気・3着・複360円)=力強く追い込んできましたが、口向きからもベストは左回りですな。

12R◎ウォーターブレイク(3番人気・5着)=思いのほか、エンジンのかかりが遅かったですね。もっと距離が長い方がよいのでしょうか。

※土曜日・小倉

小倉城特別◎レシプロケイト(5番人気・6着)=1700m戦のハイペースは、この馬には厳しかったですかね。1800m戦なら速い流れでも粘りは増すはず。

愛知杯◎レイホーロマンス(11番人気・3着・複920円)=道中はインでじっと脚をためて、勝負どころで上手く外へだして長く脚を使いました。ハンデもよかったですし、時計のかかる馬場も合いますね。

鳥栖特別◎スワーヴラージド(9番人気・12着)=時計がかかるのは悪くないと思いますが、雨で滑る馬場はよくないですね。馬体も絞れて欲しかった...。

※日曜日・中山

初富士S◎チャンピオンルパン(9番人気・5着)=距離延長とスタートが決まったこともあり、好位からの競馬となりましたが、そのぶんなのかもうひとつ伸びませんでしたね。

ジャニュアリーS◎ヒザクリゲ(6番人気・6着)=スタートはよかったのですが、内の馬にどんどん行かれて位置取りが悪くなってしまいました。オープンだと恵まれないと厳しいかも。

京成杯◎キングオブドラゴン(8番人気・5着)=好位のインを上手く立ち回っていましたが、その伸びの馬場とキャリアの浅さが出た感。

12R◎スイートセント(1番人気・7着)=直線を向くとズッとモタれる感じでしたね。1200m戦は忙しいのかも。

※日曜日・京都

白梅賞◎ラヴォアドゥース(7番人気・8着)=余裕のある馬体でしたし、もっと軽い馬場がいいのかも。

北大路特別◎ウインラナキラ(4番人気・4着)=直線入口で何故か外に行きたがってしまうロスが響きました。どうしたんでしょうね?

日経新春杯◎プリンスオブペスカ(10番人気・5着)=途中から動いて先行集団につけて、最後までよく粘りましたが、重賞で多頭数の大外枠はしんどかった。少頭数ですんなり先行ならオープンでも。

12R◎ナムラヘラクレス(7番人気・5着)=前残りで馬群のなかでゴチャついたぶん、届きませんでしたが、1200m戦は合いますね。流れひとつでチャンスはありそう。

※日曜日・小倉

巌流島特別◎マッスルマサムネ(8番人気・12着)=序盤から手応えが悪かったですね。道悪はよくないようで。

呼子特別◎クルミネイト(6番人気・8着)=いつもより前からの競馬でしたが、最後は伸びを欠きました。能力はあるのでしょうが、何とも難しいですね。

※次走もっとも狙いたい馬=ナムラヘラクレス