先週の予想を振り返る [フジマキの説法]
2019/09/30(月) 19:57
さて、今年、突然、あの世へ去っていまったディープインパクト。競走馬でも種牡馬でも、日本の競馬シーンにあれだけのインパクトを与えた名馬でありますから、ゆくゆくは馬名を冠した重賞レースが作られる...、と思ったら、JRAは来年にも、既存の重賞に"ディープインパクト記念"の副題をつけることを検討しているそうな。

 このパターンは、"トキノミノル記念"の冠がついている共同通信杯がありますが、どうせなら、"シンザン記念"や"セントライト記念"のように、正式なレース名としてもいいような気がしますが、いろいろあるのでしょうね。

 ただ、ダート1800m戦とか、出走すらしたことがないレースは辞めていただきたいもの。アニバーサリーデーの時の、エルコンドルパサーメモリアルも、ウオッカメモリアルも、どっちも走ったことのない条件で、興ざめでしたからねぇ~。

 なんなら、当社の2歳Sの社杯はどうでしょうかね? レース自体は走っていないですけど、一応、クラシック路線で重要なレースですしね。でも、もし冠がついたら、只でさえ長~いレース名が、さらに長~~くなって省略されちゃいますな...。



そんじゃ、先週、私が掲載した"展開シミュレーション"の本命馬を当たりハズレに関わらず、成績とひと言コメントつきで振り返ります。

 で、その"展開シミュレーション"とやらは、なんぞや? それは、当ブログで、私が僭越ながらやっている予想コンテンツ。お値段の方は無料でありますので、好き勝手に見て参考にしてみてください。もっとも、馬券購入は自己責任ですから、ハズれても怒らないで下さいね( ´•̥̥̥ω•̥̥̥` )

 そして、高知けいばのその週末に開催されるメインレースの展望を中心に、高知けいばのありとあらゆる魅力を"美人旅打ち"競馬ライターでもお馴染みの井上オークスさんとともにたっぷりかつ濃厚に格調高く語りつくす、

"夜さ恋ナイター 高知けいばへGO!"

 も絶賛放送中。メイン予想も下ネタも絶好調なオークスさんのお話は必聴でありますぞ。

※土曜日・中山

カンナS◎コミカライズ(4番人気・6着)=1200m戦はチト忙しいですかね。

茨城新聞杯◎ヒシヴィクトリー(6番人気・1着・単1340円、複340円)=直線、モタれるところはありましたが、内枠からロスなく自分の競馬ができました。良馬場なら昇級しても大崩れはしないかも。

秋風S◎エクレアスパークル(3番人気・3着・複180円、3連複1140円)=今回は気難しい面を出さずに、能力を発揮することができました。ただ、こういう馬ですから、叩いた上積みより気難しさが出てしまうことが心配。

12R◎ブランメジェール(5番人気・5着)=直線半ばまでは粘り込むか、と思ったのですが...。もう少し、時計がかかった方がいいのかも。

※土曜日・阪神

戎橋特別◎メイショウシャチ(16番人気・16着)=ひと叩きされましたが、まだ、良化がスローなようでしたし、時計も速かったです。

道頓堀S◎タイセイブレーク(7番人気・8着)=自身、末脚は使っているのですが、前が残る展開ではお手上げです...。

シリウスS◎ロードゴラッソ(6番人気・1着・単1170円、複330円、3連複16690円)=速い流れでしたが、自ら仕掛けて、最後まで長く脚を使いました。距離はもちろん、広いコースのしぶとさが生きる展開なら、今後も侮れませんね。

12R◎ポップフランセ(5番人気・5着)=ハナに立てず、道中もちょいちょい揉まれる形となりましたが、大きくはバテませんでした。すんなり行き切れればチャンスはありそう。

※日曜日・中山

サフラン賞◎イズジョーノキセキ(5番人気・5着)=前走ほど切れる脚が使えなかったのは、大幅馬体増だったのか相手強化だったのか。

勝浦特別◎シセイヒテン(5番人気・7着)=展開、馬場を考えると、内枠で出遅れて、直線入口で大外をブン回しては、さすがに届きませんな。差しが利く展開、馬場なら、巻き返すことができるはず。

スプリンターズS◎アレスバローズ(11番人気・10着)=もう少し前の位置からレースを進めるかと思ったのですが。馬体も減っていましたし、微妙に調子落ちしていたのかも。

鋸山特別◎フクサンローズ(11番人気・1着・単3970円、複710円)=好位から抜群の手応えで直線の競り合いを制しました。休養して立て直した効果が大きかったですし、昇級でも暮れの中山なら十分狙えますね。しかし、3、4着が入れ替わっていれば...。

※日曜日・阪神

兵庫特別◎プルンクザール(3番人気・5着)=この馬には上がりが速かったですかね。

竹田城S◎タガノグルナ(5番人気・10着)=大逃げでしたが、思いのほか、後続が早く来てしまいましたね。これならもっと飛ばした方がよかったのかも。

ポートアイランドS◎キョウヘイ(9番人気・8着)=内枠でこの馬の競馬ができましたが、この馬には時計が速かったかと。

12R◎グトルフォス(6番人気・13着)=内枠で揉まれる形はよくないようで。それに芝スタートも今イチですな。

※次走もっとも狙いたい馬=シセイヒテン
※展開シミュレーション9月29日分 [展開シミュレーション]
2019/09/29(日) 00:00
★中山11RスプリンターズS
 CBC賞(中京芝1200m)、北九州記念(小倉芝1200m)と、重賞2連勝を挙げて臨んだ昨年のこのレースでは、勝ち馬から1秒2差の14着に敗れたアレスバローズ。ただ、この時は、好位の外からレースを進めるも、雨の影響もあり序盤から馬場を気にした走りで、直線半ばで戦意喪失した印象。今年はCBC賞2着、北九州記念6着と、昨年と比べて着順は落としているが、CBC賞は3ヵ月ぶりの実戦に加えて、不良馬場と厳しい条件のなか、ゴール寸前まで先頭に立つなど見せ場十分のレースぶりで、北九州記念はスタートで大きく出遅れる不利がありながらも、上がり3ハロン最速タイムの末脚で、勝ち馬にコンマ4秒差まで急追。ともに57.5kgのハンデを背負っていたことを考えても、明け7歳となったが、内容は昨年と遜色ないものといってよい。今回は、モズスーパーフレアの逃げでハイペース必至も、発馬さえまともなら中団で脚をためることができるはずで、昨年の北九州記念で1分6秒6の持ち時計があるだけに、今の中山の芝もピッタリ。状態面も問題なく、内枠を利しての大駆けが期待できる。相手は、ダノンスマッシュ、モズスーパーフレア、リナーテ、タワーオブロンドン、ディアンドル、レッツゴードンキの、3連複1番1頭軸、2、7、4、8、9、5のボックス。

その他のレース~中山
9Rサフラン賞◎イズジョーノキセキ=3連複6番1頭軸で、相手は、2、9、5、7。10R勝浦特別◎シセイヒテン=3連複1番1頭軸で、相手は、14、13、16、9、6、10。12R鋸山特別◎フクサンローズ=3連複2番1頭軸で、相手は、1、15、5、12、3、16。

その他のレース~阪神
10R竹田城S◎タガノグルナ=3連複7番1頭軸で、相手は、8、5、4、10、1、9。11RポートアイランドS◎キョウヘイ=3連複3番1頭軸で、相手は、7、1、10、6、11、9。12R◎グトルフォス=3連複1番1頭軸で、相手は、3、15、13、2、4、8。

※展開シミュレーション9月28日分 [展開シミュレーション]
2019/09/28(土) 00:00
★中山12R
 中山ダート1200m戦だった前走で1勝クラスを勝ち上がったブランメジェール。不良馬場とはいえ、前半3ハロン33秒5と澱みのない流れとなるなか、好位の外でレースを進めると、直線では早め先頭に立つと息長く末脚を使い、後続にコンマ1秒差つけたもの。これまで実績のなかった速い時計の出る馬場を克服したのはもちろん、以前はハナを切らないと脆かったのが、揉まれなければ好位に控えても崩れずに走ることができたのは大きな収穫。今回は昨春以来の再昇級となるが、八海山特別(新潟ダート1200m)で、勝ち馬からハナ差の2着となるなど、既に実績を残しており、中山ダート1200m戦も、これまで【2303】で、着外だった3戦も、6、4、5着で、勝ち馬からもコンマ5秒差以内。ここは、シスル、ブルーハワイアン、ハクナマタタなどの逃げ争いとなりそうで、その直後で脚をためる絶好の展開となりそう。叩き3戦目で状態も上向いており、良馬場で発馬が決まればいきなりから勝ち負けまで期待できる。相手は、ショウナンガナドル、クインズラミントン、デルタバローズ、メイショウラビエ、シスル、グラスレオの、3連複11番1頭軸で、相手は、14、9、4、1、10、7のボックス。

その他のレース~中山
9RカンナS◎コミカライズ=3連複8番1頭軸で、相手は、10、5、11、3、12、4。10R茨城新聞杯◎ヒシヴィクトリー=3連複2番1頭軸で、相手は、5、11、9、15、14、7。11R秋風S◎エクレアスパークル=3連複2番1頭軸で、相手は、1、5、3、7、10、11。

その他のレース~阪神
9R戎橋特別◎メイショウシャチ=3連複3番1頭軸で、相手は、14、13、9、8、1、12。10R道頓堀S◎タイセイブレーク=3連複8番1頭軸で、相手は、5、3、10、15、7、4。11RシリウスS◎ロードゴラッソ=3連複6番1頭軸で、相手は、2、11、8、4、10、12。12R◎ポップフランセ=3連複10番1頭軸で、相手は、3、7、6、14、13、9。

★また、万券当てましたけど何か? 9月27日分★ [また、万券当てましたけど何か?]
2019/09/27(金) 00:00
☆兵庫特別
 最近、当社の中野雷太がやたらと"禁煙できた"と自慢しまくっていましてね。まあ、ビールとコーヒーとタバコで生きているといっても過言ではなかった人物だっただけに、今のところ、令和で一番のびっくりニュースであることは間違いありません。というように、近年、めっきり減っている"喫煙者"でありますが、某会社が全47都道府県の各100人に、1日あたり何本タバコを吸っているかを調査したところ、もっとも多かったのが愛媛県で平均18.61本。17.68本だった2位の新潟県を1本以上も上回る喫煙県だったそうな。なんでも飲酒でも全国4位というように、酒とタバコを愛する県民性なようで。さらに、タバコいつきものの歯の着色ですが、自分の"歯の白さ"を気にする人が全国46位というのもあるようですな。もっとも、他人の"歯の白さ"を気にする人は、全国でトップだそうですが...。最近、肩身の狭い思いでタバコを吸っている人は、愛媛県に移住するのも手かも知れませんね。

 さて、今週の予想は日曜阪神兵庫特別で本命はプルンクザール。前走阿賀野川特別(新潟芝2200m)は、スタートでヨレて後方からの競馬となり、前半3ハロン34秒1とハイペースだったとはいえ、内回りコースで好位勢が上位を占めるなか、上り3ハロン最速の末脚を使い、勝ち馬からコンマ9秒差(2着馬とはコンマ2秒差)の4着と、昇級戦でレース間隔が開いていたことを考えると、クラスにメドを立てたといえるもの。ひと叩きされた今回は、500万クラスを勝った2400m戦で、阪神外回りコースも3、2、2着と好相性。ナムラマル、ショウナンバルディの逃げ争いも落ち着いた流れとなりそうですが、本来の好位から競馬を進めることができれば展開も問題なし。ハンデ戦で55kgと斤量が軽くなるのもプラスといえ、クラス2戦目の上積み見込めるここは好勝負が期待できます。相手は、ショウナンバルディ、メイケイゴールド、シルヴァーソニック、ヴィッセン、ナムラマル、ルタンブルの、3連複1頭軸ボックス。

 ところで、以前はベビースモーカーだったのに、"これからはタバコの替わりに、嫁のおっぱい(略"と宣言したらしく、結婚を機にスパッと禁煙しています小塚アナ。とはいえ、思いのほか奥さまのおっぱいが(略)こともあり、禁断症状が出てイライラしがち。そんな時は、得意の〇ーメンを作って食べるようにしているとのこと。で、お腹いっぱいになったところで、違う得意な〇ーメンを製造すると...。(ラジオNIKKEI藤巻)
先週の予想を振り返る [フジマキの説法]
2019/09/24(火) 19:50
近年、異常気象や温暖化やらなにやらで、自然環境が変化している昨今、野生の熊など野生動物が街中に出没した、なんてニュースも珍しくなくなっています。

 そんななか、北海道函館市南芽部では、今年になって野生の馬が出没している、という目撃情報が相次いでいるそうな。

 なんでもこの周辺の地区では、昔、荷物を運ぶために馬を飼っており、普段は山野放牧されていたそうですが、いつの間にやら自然に繁殖してしまい、いつしか野生化してしまい、現在も少なくとも数十頭がいるとみられているとか。

 以前も目撃されたケースはあったそうですが、今年は史上最多のペースで目撃されているそうで、やはり、これも自然環境変化の表れなんですかね。

 それなら、いっそのこと、函館競馬場にでも乱入して、サラブレッドと競走してみるのもよいかと。もし、勝ったりしたら、まさに"雑草のスター"とかいって、もてはやされたりするかも。日本人はそういう背景が好きですからねぇ。


そんじゃ、先週、私が掲載した"展開シミュレーション"の本命馬を当たりハズレに関わらず、成績とひと言コメントつきで振り返ります。

 で、その"展開シミュレーション"とやらは、なんぞや? それは、当ブログで、私が僭越ながらやっている予想コンテンツ。お値段の方は無料でありますので、好き勝手に見て参考にしてみてください。もっとも、馬券購入は自己責任ですから、ハズれても怒らないで下さいね( ´•̥̥̥ω•̥̥̥` )

 そして、高知けいばのその週末に開催されるメインレースの展望を中心に、高知けいばのありとあらゆる魅力を"美人旅打ち"競馬ライターでもお馴染みの井上オークスさんとともにたっぷりかつ濃厚に格調高く語りつくす、

"夜さ恋ナイター 高知けいばへGO!"

 も絶賛放送中。メイン予想も下ネタも絶好調なオークスさんのお話は必聴でありますぞ。

※土曜日・中山

清秋JS◎トラキアンコード(3番人気・2着・複140円、3連複2080円)=鮮やかに逃げ切った勝ち馬には完敗でしたが、安定した飛越は目につきました。固定障害のコース向きですかね。

九十九里特別◎エフェクトオン(2番人気・3着・複210円、3連複5020円)=勝負どころで位置が悪くなったのはもったいなかったですね。ただ、長距離戦なら今後も崩れないかと。

セプテンバーS◎エスターテ(5番人気・1着・単990円、複320円、3連複11900円)=内枠、軽ハンデ、コース替わりでイン有利な馬場、そして展開と見事にハマりました。まあ、オープンだとかなり恵まれないと...ですかね。

ながつきS◎クリーンファンキー(12番人気・14着)=流れも向きませんでしたが、ダートの走り自体も微妙でした。

12R◎ロードプレミアム(7番人気・7着)=流れのわりには追走で苦労していたように、マイルは短いですかね。

※土曜日・阪神

夕月特別◎シーリア(3番人気・5着)=このクラスになると、もっと上がりのかかる決着にならないと厳しいかも。

大阪スポーツ杯◎リュウノユキナ(6番人気・4着)=番手に控えて、直線、早めに抜け出す完璧なレースかと思いましたが...。坂のあるコースの1400m戦は僅かに長いかと。

12R◎スズカフロンティア(4番人気・2着・複190円、3連複1800円)=好位で上手く立ち回りました。距離も問題ないですし、広いコースで先行できれば崩れませんね。

※日曜日・中山

9R◎イッツリット(8番人気・11着)=久々なのか、昇級の壁なのか、難しいところです。

内房S◎グッドラックサマー(9番人気・競争中止)=ハ行だったようで、大事に至らなくてよかったです。

オールカマー◎グレイル(6番人気・3着・複370円、3連複8450円)=ロスなくインを追走でいたとはいえ、直線では鋭い末脚を使いました。中山芝2200m戦は、この馬にベストの条件かと。

12R◎トラストロン(8番人気・6着)=いつもより前からの競馬となりましたが、流れが速かったぶん、最後、外から交わされてしまいました。ただ、1200m戦でも自在に競馬ができるようになったのは収穫かと。

※日曜日・阪神

甲東特別◎コスモインザハート(9番人気・10着)=まだ、本調子に戻っていないこともありますが、このレースの上がりが速過ぎましたね。

西宮S◎ジェシー(1番人気・1着・単250円、複130円)=好位からきっちり抜け出しました。オープンでも相手次第で、とは思いますが、コーナー4つのコースがいいですし、上りも多少はかかる展開が理想です。

神戸新聞杯◎シフルマン(5番人気・6着)=もう少しかわいがってくれればとは思いましたが、さすがに上位馬とは現状の力差が出てしまいましたね。

12R◎メイショウバイタル(8番人気・13着)=終始、外々を回らされるロスが響きましたかね。

※次走もっとも狙いたい馬=トラストロン
全19件中 1件〜5件目を表示 [ 1 2 3 4 次の5件 ]