先週の予想を振り返る [フジマキの説法]
2019.03/18 フジマキ 記事URL
ひと昔前、競馬絡みの事件でちょくちょく耳にしたのが、競馬関係者の親類、または知り合いなどと語って、ウソの情報を教えて、馬券代を騙し取るというもの。

 さすがに情報化が進んだ平成の終わりに、こんな手口に騙される人はいない...、と思いきや、今年の1月、武豊騎手の親類と偽り、ウソ情報を教えてお金を騙し取った無職男性が逮捕されたそうで。

 なんでも、その男は、京都の飲食店で、武豊騎手の親類であります武宏平元調教師になりすまし、"1月12日に開催される東京競馬場の1レースに出走するメジロカムイが間違いなく勝つから"といって、店員さんに2万円を騙し取った疑いなんだとか。

 そもそも、その日は中山開催ですし、メジロカムイという馬も現役にはいないですからね。競馬を知っている人なら、怪しいぞと、気づくものですが、武豊ぐらいしか知らない、競馬に興味のない人なら話し方ひとつで騙されてしまうかも知れませんね。実際、その男も、競馬を知っていそうな人だと分かると、席を外したようですしね。

 余罪もかなりあるようで、いろんなところで巧く騙していたようですが、ハッキリいって"絶対、この馬が来る"なんて情報はありませんからねっ!
賢いみなさまは大丈夫かとは思いますが、こんな詐欺にはご注意下さいませ。

 予想を公開している私がいうのもなんですけど...。


【続きを読む】
先週の予想を振り返る [フジマキの説法]
2019.03/11 フジマキ 記事URL
先週の当コラムでは、お相撲さんが大万馬券を的中させたネタを書きましたが、角界でもっとも競馬好きという噂なのが、先頃、現役を引退した元横綱稀勢の里改め、荒磯親方なんだそうで。

 何でも、先週、園田競馬場でトークショーのイベントに登場すると、"中学時代はGIレースを録画して実況を覚えるのが趣味"というエピソードを披露したそうな。

 現役時代の印象からすると意外な気がしましたな。もし、お相撲さんになっていなかったら、我が社で競馬実況をしていたかもしれませんねぇ。

【続きを読む】
先週の予想を振り返る [フジマキの説法]
2019.03/04 フジマキ 記事URL
競馬が一般のニュースに取り上げられるのは、不祥事や着服などしたお金の使い道など、悪い事と相場が決まっていますが、そんななか、よい事で取り上げられることといえば、著名人が馬券を的中したことでありますな。

 つい最近も、大相撲の大関高安関が、春場所を控えて、稽古場となっている近くにある園田競馬で、3連単5316倍の馬券を500円的中させる"金星"を挙げたということで話題になったそうな。

 なんでも、高安関自体は、それまで競馬にはまったく興味がなかったそうで、絵に描いた"ビギナーズラック"だったそうですが、それであっさり約260万円を手にするのですから、さすが一流の勝負師でありますな。

 凡人の私からしたら、うらやましい限りですわ...。


【続きを読む】
先週の予想を振り返る [フジマキの説法]
2019.02/18 フジマキ 記事URL
先週の火曜日、新規騎手免許試験の合格発表がありました。

 海外で騎乗経験のある藤井勘一郎騎手を除くと、みんな2000年以降の生まれなんですね。ノストラダムスの大予言や、2000年問題を知らないかと思うと、自分の加齢に震えるばかり...。

 で、この頃あたりにあると、いわゆる"キラキラネーム"はすっかり当たり前となっていましたが、今回、新しく騎手になる人のなかにも、"亀田温人(はーと)"騎手というなかなかのキラキラな名前が。

 今後も、こういう名前の騎手が増えていくのでありましょう。昭和世代にとっては、生き辛い世の中になりそうですなぁ~。

【続きを読む】
先週の予想を振り返る [フジマキの説法]
2019.02/12 フジマキ 記事URL
先週の当ブログで、川崎競馬の森下博騎手が地方競馬史上、最高齢勝利記録を更新したことを書きましたが、今週は船橋競馬の石崎隆之騎手が事実上の騎手を引退という残念なニュースが飛び込んできました。

 私が南関東をたくさん打っていた時は、4場どこでも石崎騎手の馬は必ず押えておかないと当たらない、というぐらい馬券には欠かせないジョッキーでありましたな。

 的場文男騎手のような豪腕タイプではなく、無駄なくソツなく、馬の能力を最大限に発揮する騎乗ぶりは、素人眼にも巧いと感じることができました。

 昨年7月以降、騎乗していないだけに、最後に騎乗するかも未定だそうで。また、ひとつの時代が終わった感じがして、とても寂しいですなぁ~。


【続きを読む】
先週の予想を振り返る [フジマキの説法]
2019.02/04 フジマキ 記事URL
先週の木曜日、川崎競馬場の多摩川オープン競走で、森下博騎手が63歳8ヵ月と、地方競馬史上、最高齢勝利記録(コンピューターで管理を始めた73年4月以降で)を更新したそうで。

 思えば、私が毎日、南関東を見ていた頃は、バリバリな川崎のトップジョッキーで、開催している4競馬場にほぼ毎日騎乗。なかでも"浦和の馬に森下が乗った時は勝負がかり"なんてことで、よく馬券を当てることができたものですが、さすがに近年は騎乗回数も減り、昨年は未勝利に終わっていたそうですが、このレースでは直線外からグイグイ追い出す、往年の騎乗を髣髴とさせる素晴らしいレースぶりでした。

 この森下騎手はもちろん、南関東では的場文男騎手、石崎隆之騎手と、一時代を築いたトップジョッキーがまだまだ現役で頑張っているのは嬉しい限り。体調管理など難しい面も多いとは思いますが、これからもできる限り乗り続けて欲しいものであります。


【続きを読む】
先週の予想を振り返る [フジマキの説法]
2019.01/28 フジマキ 記事URL
さてさて、年が明けて、個人事業主の方がアタマを悩ますのが確定申告。私も常々、国税庁に対しては"毎週、馬券で税金をいっぱい払っているから、勘弁していただけないか?"と、思っておるのですが、今年から国税庁のHPに、"公営競技の払戻金の支払を受けた方へ"なるページが登場。

 そこには、競馬を始めとする各公営競技の払戻金に係る確定申告に関して、一時所得の計算方法等を公開しているそうな。

 "ふ~ん、トータルで負けまくりの自分には関係ないわい"と鼻歌を歌っていたのですが、よく読むと、そのなかに書いてある、"払戻金に係る年間投票額"というのは、払戻金が発生した際の投票額。詰まり、100円の馬券を15点買って、万馬券が当たった場合、投票額は1500円ではなく、的中したぶんの100円だけが対象になる仕組み。

 こりゃ、小額で一攫千金を狙う私のような穴党には厳しい制度ではないですか。もう、今日から本命党に改宗しようかしらん...。

【続きを読む】
先週の予想を振り返る [フジマキの説法]
2019.01/21 フジマキ 記事URL
産まれてこの方、無縁だった私が始めて患うぐらい、例年以上の大ブームとなっておりますインフルエンザ。これは競馬界でも例外ではないようで、先週末は戸崎圭太騎手がインフルエンザで、騎乗できなかったそうな。

 ま、今の薬は効き目絶大ですから、すぐに熱も下がって、土日の競馬もTVで観戦していたことでしょう。さらに、乗り替わったシャケトラがアメリカJCCを勝ってしまうのですから、さぞかし悔しかったに違いありません。復帰した今週末はきっと気合いを入れて騎乗するはずでから、狙い目でありますな。


【続きを読む】
先週の予想を振り返る [フジマキの説法]
2019.01/07 フジマキ 記事URL
今さらではありますが、新年、あけましておめでとうございます。世の中は、平成から新しい年号となる変化の年となりそうですが、当番組や私がこれといった変化もなさそうですので、一年間よろしくお願いいたします。


【続きを読む】
先週の予想を振り返る [フジマキの説法]
2018.12/25 フジマキ 記事URL
さてさて、先週日曜日は有馬記念が行われました。

 ご存知のように、当日の競馬場はとにかく大混雑するので、近年は避けるようにしていたのですが、奥さまが是非とも観に行きたいというので、久しぶりに中山競馬場に脚を運ぶことに。

 案の定、最寄の船橋法典駅からどこへ行っても大混雑で、完全に人酔いしてしまいました。

 で、お客さんの様子を見ると、初心者さんに得意げに教えている、競馬好きの若いカップルや団体さんが多く目につきましたな。うむ、これはJRAさんの思惑通りなんでしょうな。

 ただ、どの人もハイテンションで高揚していて、競馬を楽しんでいるな、と、すっかりやさぐれた気持ちで競馬を見ている私からしたら、とってもうらやましくその光景を眺めておりました。

 たまには現場で観戦するのもいいもんだ、なんて実感したグランプリでした。


【続きを読む】
 全36ページ中1 ページ   [1] 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 次の10件