先週の予想を振り返る [フジマキの説法]
2019.12/02 フジマキ 記事URL
それでは、"有馬記念ファン投票50位当てクイズ"のお知らせを。

 まず、もっとも重要な有馬記念ファン最終投票で50位になると思われる馬名1頭と、お名前、お住所、お連絡先、お性別。そして、当たったら欲しいプレゼント(具体的でも抽象的でもウソでも可)、そして、競馬より女好きな山本直アナが次にロックオンしそうな女性、または、次にどんな書き込みで得意のSNS炎上をするか、などなど好き勝手なことをお書きの上、当番組HP内の「番組宛メール送信フォーム」からか、お葉書で"有馬記念ファン投票クイズ"宛てまで投稿してください。

 なお、締め切りは、メールは12月4日(水)23時59分59秒まで。お葉書は12月4日消印まで有効であります。

 しかし、いつもながら、リスナーのみなさまは、山本直アナのことを考えてくれていることがわかり、感謝感激でありますな。それなのに、そんな気持ちの分からずに(上の鼻も下の鼻も)天狗となっている山本直アナには、天罰として書き込んだすべてのSNSがみんな反応しなくなって、寂しい思いをすればいいですな!


【続きを読む】
先週の予想を振り返る [フジマキの説法]
2019.11/26 フジマキ 記事URL
すっかり、忘れておりましたが(山本直アナは、確信犯で忘れたフリをしているのですが)、有馬記念のファン投票が始まっているということで、"有馬記念ファン投票50位当てクイズ"を開催したいと思っております。

 まず、もっとも重要な有馬記念ファン最終投票で50位になると思われる馬名1頭と、お名前、お住所、お連絡先、お性別。そして、当たったら欲しいプレゼント(具体的でも抽象的でもウソでも可)、そして、競馬より女好きな山本直アナが次にロックオンしそうな女性、または、次にどんな書き込みで得意のSNS炎上をするか、などなど好き勝手なことをお書きの上、当番組HP内の「番組宛メール送信フォーム」からか、お葉書で"有馬記念ファン投票クイズ"宛てまで投稿してください。

 なお、締め切りは、メールは12月4日(水)23時59分59秒まで。お葉書は12月4日消印まで有効であります。


【続きを読む】
先週の予想を振り返る [フジマキの説法]
2019.11/19 フジマキ 記事URL
今週はジャパンCが行われます。昔、競馬好き(!?)だった頃は、"どんな海外の強い馬と巧い騎手がやってくるのか!"と、ワクワクテカテカしたものですな。すっかり醒めた大人となった最近は、海外からの参戦馬はめっきり減ってしまいました。そして、今年、ついに海外からの参戦馬はゼロ。とうとう、ただの古馬中長距離GⅠになっちゃいました...。

 日本馬自体のレベルが上がったことはもちろんですが、それ以上に、他の国でジャパンCを上回る賞金の高いレースが数多く創設されたこととか、時計が速過ぎる馬場が海外の馬に敬遠されているなど、理由はいろいろあるとは思いますが、何とも寂しいお話ですね。

 こうなったら、日本より国際格付けが下の国の馬と、日本の条件戦レベルの馬とで対戦する"プチジャパンC"みたいなレースを作ったらよいんじゃないかと。条件戦とはいえ、日本の賞金はかなり高いですし、なにより"インドのシンザン"みたいな、未知の国から夢のある馬も参戦してくるのではないでしょうかね。馬券予想は難しくなりそうですが、純粋にレースを見てみたいですわ。

【続きを読む】
先週の予想を振り返る [フジマキの説法]
2019.11/05 フジマキ 記事URL
さて、前日まで、米騒動のような大混乱が予想された昨日の浦和競馬場でしたが、ほぼ3万人入ったにも関わらず、大きな混乱はなかったようで。関係者による事前の準備がお見事だったようで。

 さらに売上の方も、約58億円と、これまでの浦和で最高だった15億円を遥かに上回ったのはもちろん、JBC全体でも最高を更新したそうで。努力が報われてよかったよかったでありますな。

 もっとも、私がもっとも懸念しておりました食べ物関係は、名物まぐろカツが1レース発走前に完売。同じく名物の黄色いカレーもお昼前には売り切れるなど、やはり、すぐになくなってしまったようで...。

 ま、私はガラガーラないつもの浦和が好きなのですが、昨日のような大祭で盛り上がるもの、たまにはよいですかね。大祭がないと潰れてしまいますしね...。


【続きを読む】
先週の予想を振り返る [フジマキの説法]
2019.10/28 フジマキ 記事URL
来週の月曜日にダート競馬の祭典であります、JBCが行われます。で、今年の開催競馬場は、南関東の秘境であります浦和で開催。若かりし頃は、中央競馬を差し置いてまで通っていた競馬場でありますが、まさか全国規模のレースが開催されるなんて、夢にも思えないほどショボ...、いやいや、のどかでコンパクトな競馬場だっただけに、喜ばしい反面、大量の客人に対応できるのか、まるで他人事のように(?)とても心配な日々。

 そんななか、JBCのHPを見たところ、当日は競馬場の駐車場がすべて使用禁止となり、遠くの駐車場からバスで向かうことになるそうな。また、無料バスもいつもの南浦和駅だけではなく、東浦和駅からも出るとか、タクシーは15時以降、北門からでないと乗り降りできないなど、いつもの浦和じゃ信じられないような事態となりそう。うむ、最終レース終了後、正門で列をなしている白タクはどうなるのか...。

 まあ、運動を兼ねて南浦和駅や浦和駅から歩くのがよろしいかと思いますが、住宅街だけにちょっとでも道を外れると、一生、競馬場にたどり着けなくなるので要注意ですぞ。

 しかし、このぶんだと、黄色いカレーとかも、すぐ売り切れてしまうのでしょうね。自分の知っている浦和じゃなくて、嬉しいような悲しいような...。

【続きを読む】
先週の予想を振り返る [フジマキの説法]
2019.10/23 フジマキ 記事URL
老若男女、猫も杓子も使っているように、今やスマホがないと生活できない世の中。そのスマホにインストールしますアプリも、実に様々なものがありますね。

 そんななか、突如(?)登場したのが"内田騎乗依頼"なるもの。どうやら、内田博幸騎手の騎乗を依頼するためのアプリなんだそうで。うむ、自分もインストールして、試しに頼んでみようか...、と、思ったのですが、注意書きには"原則として、管理者が登録した調教師、調教助手に限ります"となるので、我々、部外者の庶民は依頼できないとのこと。う~ん、残念...。

 で、当社も"アナウンサー依頼アプリ"なるものを作ったらいいかも知れませんね。でも、そんなアプリを作ったら、山本直アナだけには依頼がなくて、いつものようにショックでツイッターに悪態を書き込んで、炎上してしまうのでしょうな...。

【続きを読む】
先週の予想を振り返る [フジマキの説法]
2019.10/16 フジマキ 記事URL
さて、JRAさんですが、春秋のGⅠシーズンとなりますと、様々な人気漫画やキャラクターとコラボした企画を行っております。

 競馬に興味がない層にも、人気の漫画やキャラクターにあやかって、競馬を知ってもらい、あわよくばファンとなり、馬券をしこたま買ってもらおうという意図がびんびんに感じられますな。

 そんななか、この秋、"テラスホース"なる、どっかで聞いたことがある人気番組をパク...、いや、オマージュした漫画の企画が始まったのですが、問題なのは、その絵を描いているのが、あの漫★画太郎先生だということ。

 当時、マガジン派だった私が、"珍遊記"を読みたいがために、その時だけジャンプ派に転じたぐらいの衝撃を受けた、尊敬できる漫画家さんのひとりなのであります。

 今まで、そんなコラボ企画に興味がなかった私でありますが、今回ばかりは見逃す訳にはいきません。コラボグッズなんかを売り出そうものなら、久々に競馬場へ足を踏み入れないといけませんな。

 そして、先々、実況役として当社のアナを描いて欲しいものでありますな。山本直アナなんて、いろんな意味で画風とぴったりですし...。

【続きを読む】
先週の予想を振り返る [フジマキの説法]
2019.10/07 フジマキ 記事URL
近年、ネット投票の普及もあってか、売り上げ絶好調な地方競馬ですが、バブル景気終焉後のひと昔前は、絶不調で廃止される競馬場も少なくなかったですな。あと少し、我慢できれば...、と、残念に思うばかりであります。

 そんな競馬場のひとつが、栃木県にあった足利競馬場。その廃止後の跡地なのですが、半分は公園や病院が設置されるも、もう半分はなかなか使い道が決まっていなかったようなのですが、そのほど、渋谷のスクランブル交差点になったんだそうな。

 ...ま、これは映画やTVドラマで使用するオープンセットなんだそうですが、周りの壁がコンピューターグラフィック用に緑色になっている以外は、かなりリアルな仕上がりなんだそうな。まあ、本物の渋谷からは遠いですが、実際にロケするとなると、いろいろ大変ですから、需要はかなりありそう。

 一般公開はしていないようなのが残念ですが、一度は見てみたいものですな。そしたら、競馬場があった頃の場所と重ね合わせて、当時を思い出したりして...。


【続きを読む】
先週の予想を振り返る [フジマキの説法]
2019.09/30 フジマキ 記事URL
さて、今年、突然、あの世へ去っていまったディープインパクト。競走馬でも種牡馬でも、日本の競馬シーンにあれだけのインパクトを与えた名馬でありますから、ゆくゆくは馬名を冠した重賞レースが作られる...、と思ったら、JRAは来年にも、既存の重賞に"ディープインパクト記念"の副題をつけることを検討しているそうな。

 このパターンは、"トキノミノル記念"の冠がついている共同通信杯がありますが、どうせなら、"シンザン記念"や"セントライト記念"のように、正式なレース名としてもいいような気がしますが、いろいろあるのでしょうね。

 ただ、ダート1800m戦とか、出走すらしたことがないレースは辞めていただきたいもの。アニバーサリーデーの時の、エルコンドルパサーメモリアルも、ウオッカメモリアルも、どっちも走ったことのない条件で、興ざめでしたからねぇ~。

 なんなら、当社の2歳Sの社杯はどうでしょうかね? レース自体は走っていないですけど、一応、クラシック路線で重要なレースですしね。でも、もし冠がついたら、只でさえ長~いレース名が、さらに長~~くなって省略されちゃいますな...。



【続きを読む】
先週の予想を振り返る [フジマキの説法]
2019.09/24 フジマキ 記事URL
近年、異常気象や温暖化やらなにやらで、自然環境が変化している昨今、野生の熊など野生動物が街中に出没した、なんてニュースも珍しくなくなっています。

 そんななか、北海道函館市南芽部では、今年になって野生の馬が出没している、という目撃情報が相次いでいるそうな。

 なんでもこの周辺の地区では、昔、荷物を運ぶために馬を飼っており、普段は山野放牧されていたそうですが、いつの間にやら自然に繁殖してしまい、いつしか野生化してしまい、現在も少なくとも数十頭がいるとみられているとか。

 以前も目撃されたケースはあったそうですが、今年は史上最多のペースで目撃されているそうで、やはり、これも自然環境変化の表れなんですかね。

 それなら、いっそのこと、函館競馬場にでも乱入して、サラブレッドと競走してみるのもよいかと。もし、勝ったりしたら、まさに"雑草のスター"とかいって、もてはやされたりするかも。日本人はそういう背景が好きですからねぇ。


【続きを読む】
 全40ページ中1 ページ   [1] 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 次の10件