先週の予想を振り返る [フジマキの説法]
2018.04/16 フジマキ 記事URL
先週土曜日は、中山グランドJが開催されましたが、その中山競馬場では、すっかりお馴染みとなりました"踏み切ってジャンプTシャツ"の即売会と、山本直也アナのサイン会が行われました。

 "さすがにみなさまも飽きたのでは..."という思いとは裏腹に、開門時間から長蛇の列ができたそうで、10時すぎにはサイン会の受付が早くも締め切りとなり、Tシャツ自体もお昼にはすべて売り切れるという、これまでにない事態となったようで。

 お買い上げいただいたみなさまには、関係者に成り代わりまして感謝申し上げます。とともに、Tシャツが買えなかったり、サインを貰えなかったというみなさまには、お詫び申し上げます。

 ちなみに、やはり当日現地で販売していたオジュウチョウサングッズも売り切れたようで、最近の障害レース人気には、改めて驚かされるばかりですな。もっとも、レースもオジュウチョウサンの強さはもちろんですが、厳しい展開となりながらも、果敢に逃げ粘ったアップトゥデイトレースぶりも素晴らしかったですしね。こういう競馬を見せつけられたら、人気が出るのも当然かと。

 これが一過性のものに終わらないように、次々と強い馬を輩出して、いいレースを繰り広げて欲しいものですね。

【続きを読む】
先週の予想を振り返る [フジマキの説法]
2018.04/09 フジマキ 記事URL
さてさて、6年連続でアップしているJRAの馬券売り上げとは違い、競馬新聞の方はなかなか売り上げが上がっていないようで。

 そんななか、創刊が昭和7年という関西の老舗であります"競馬ニホン"さんが、皐月賞当日の15日分をもって、一旦、休刊するそうな。

 関東人の私にとって、なかなか馴染みはありませんでしたが、競馬場や場外、駅の売店などであのロゴを見ると"あ~、自分は関西にいるのだな"と実感したものであります。

 まあ、競馬場や場外に行っても、近年、競馬新聞を持っている人がめっきり減っていましたし、時代の流れで仕方がないのかもしれませんが、競馬文化のひとつが消えた感じがして残念であります。ましてや、当社の実況中継でもお世話になっていましたしねぇ。


【続きを読む】
先週の予想を振り返る [フジマキの説法]
2018.04/02 フジマキ 記事URL
さて、日本時間の土曜深夜に開催されたドバイWCデー。これまで最多の14頭が挑戦した日本勢でしたが、結果はターフで2着だったヴィブロスが最高で、3年ぶりに勝利することができませんでした。

 前評判ではターフとシーマクラシックは、かなりチャンスがあるといわれていただけに、予想外に結果となってしまいましたな。

 その一方で、最後の3レースを勝利したゴドルフィン勢はさすがでありましたな。やはり、世界を制するには銭なのかと(´・ω・)


【続きを読む】
先週の予想を振り返る [フジマキの説法]
2018.03/26 フジマキ 記事URL
先日ですが、来年のJBCを浦和競馬場で開催するという発表がありました。

 浦和競馬場といえば、南関東4場のなかでも(いい意味で)抜けてこじんまりとして、ローカル色豊かな競馬場だけに、JBCなんてとてもとても...と思っていたのですが、ついに禁断の扉を開ける決断をしたようで。

 まだ、日曜日に本場開催があり、ほぼ必ずメインレースがアラブオープンだったなか、買い目ごとにバラで発売されていた馬券を握り締めつつ、中央競馬をたんぱラジオで聴いていた頃が浦和の全盛期だった私にとっては、何とも感慨深いものがありますな...。

 きっと、JBC当日は、きゅうりや黄色いカレーがお昼前には売り切れて、お客が入り過ぎておんボロなスタンドが破壊されるのでしょうね...。

 えっ、もう古いスタンドはないのですか( ・ัω・ั)


【続きを読む】
先週の予想を振り返る [フジマキの説法]
2018.03/19 フジマキ 記事URL
さて、現在、JRAの馬場状態を表す表記は、"良、稍重、重、不良"とザックリ4段階に分けておりますが、去る7月27日から、それらと合わせて、 "含水率"も発表すると報じられました。

 確かに、良馬場と発表されていても、明らかにぁやしぃ時とかありましたから、数値でしっかりと示してくれることはとてもありがたいです。

 今のところ、開催前日と当日の朝だけの公表となるようですが、ゆくゆくは毎レースごとに公表していただけると嬉しいですね。


【続きを読む】
先週の予想を振り返る [フジマキの説法]
2018.03/12 フジマキ 記事URL
さて、ちょっとやさぐれた殿方たちにとって、魅力溢れる街のひとつに"水道橋"がありますな。

 野球のメッカ東京ドーム、格闘技と笑点のメッカ後楽園ホールはもちろんですが、我々、馬券好きのメッカともいえるウインズ、オフトがありますからね。

 まあ、最近はすっかりネッツ投票ばかりになってしまったので、現地で馬券を購入するのはご無沙汰になってしまいましたが、競馬が楽しかった若かりし頃は、ほぼ毎週、水道橋の駅から、外堀通りを跨ぐ橋を渡って、黄色いビルに吸い込まれては、大人の厳しい世界を目の当たりにしたのもであります。

 なかでも、黄色いビルの地下で、たばこの煙まみれのなか、やたら焼酎の濃いレモンハイを飲んでは、モニターの前で罵声を浴びせるおとうさんたちがはびこるオフトの光景には、"将来、こんなおっさんにならないようにしよう..."と心に堅く決めたものでしたな。もっとも、今では限りなく"こんなおっさん"になってしまいましたが...。

 そんな人間の縮図を表していたオフト後楽園が、今年の6月4日から、A館の6、7階に移動することが発表されたそうな。

 結構、古くて手狭でしたから、フロアが増えることは悪くないと思いますが、水道橋の風物詩が消えてしまうのは何とも残念でありますなぁ。


【続きを読む】
先週の予想を振り返る [フジマキの説法]
2018.03/05 フジマキ 記事URL
さてさて、開幕前は競技とは違うネタばかりが注目されていた、平昌で開催された世界的冬のスポーツイベントですが、始まってみれば、日本が過去最高のメダルを獲得したように、日を追うに連れて多くの話題を集めましたな。

 なかでも、多くの人が注目したのがカーリング。特に女子は、予想以上の大人気となりました。

 そして、試合中に"そだねー"という北海道弁がとても話題となりました。勘のいい競馬ファンのなかには、"きっと、『ソダネー』って馬名の馬が出てくるはず..."と思った人も少なくないはず...、なーんて、考えていたら、先週末のニュースで、早速、2歳牝馬に命名して、美浦の小野次郎厩舎に入厩することが内定していると報じられました。

 で、その馬主さんであります國分純氏は、重賞3勝しているウキヨノカゼを始め、珍名でお馴染みなお方。"これは流行りに乗ったな"と疑ったのですが、何とあのカーリングチームのメンバー吉田夕梨花選手が普段勤務している病院の理事長さんなんだそうで。それなら、この馬名をつけても文句はありませんな。

 まあ、お母さんが"カーリング(ローエングリンのお母さん)"なら最高だったのですが、"カアチャンコワイ"なのも、選手たちの将来を考えると、ある意味、正解かも知れませんね(;*´ω`)


【続きを読む】
先週の予想を振り返る [フジマキの説法]
2018.02/26 フジマキ 記事URL
去る24日は、昨年の有馬記念デーで的中した馬券の払い戻し期限日だったそうで。時が経つのは早いものですなぁ~。

 で、某スポーツ新聞によりますと、有終の美を飾ったキタサンブラックの単勝馬券の未換金額が3923万9750円。全体の単勝払い戻し総額が20億8764万9890円だったそうなので、1.88%が未換金のまま。17年全体の単勝未換金率が0.12%だったことを考えると、かなりの数字であります。最初から記念馬券として購入したので、当たっても換金するつもりがなかった人が少なくなったことがよくわかりますな。さすがはスターホースであります。

 ただ、上には上がいるもので、06年有馬記念で同じように引退レースを勝利したディープインパクトは、単勝未換金率がなんと9.12%。今よりネット投票の割合が少なかったこともあったとはいえ、的中した約1割が払い戻しされなかったとは凄いですな。そのお金を少しでもハズれた私に還元して頂けないかと...。 【続きを読む】
先週の予想を振り返る [フジマキの説法]
2018.02/19 フジマキ 記事URL
五輪で日本人選手が金メダルを獲ったからという訳ではないのでしょうが、土曜日のダイヤモンドSがフェイムゲーム、そして日曜日のフェブラリーSがノンコノユメの東京両重賞。さらに小倉大賞典のトリオンフと、3つの重賞で、身体から金を取ったセン馬が勝利しました。

 まあ、オーストラリアや香港などのように去勢馬が多いならいざ知らず、日本で去勢馬が同じ週に3つの重賞を勝つなんて、少なくとも私の記憶にございませんな。

 そんなセン馬ですが、気性が落ち着くのはもちろん、肉体の衰えが緩やかになることで、高齢でも活躍できる、というメリットがある反面、クラシックに出走できなかったり、活躍しても引退後、種牡馬にはなれないというデメリットもあり、当事者にとってはなかなか難しい問題なようで。大体、馬とはいっても、タマタマを取る、なんて同じ男として他人事とは思えないですからねぇ...。

 先週、重賞勝ちした3頭はもちろん、現役のセン馬たちには、息長く活躍して欲しいものでありますな。


【続きを読む】
先週の予想を振り返る [フジマキの説法]
2018.02/14 フジマキ 記事URL
最近、某旅行サイトが"人気デートスポットランキング"を調査したところ、大井競馬場が全国で6位にランクインしたんだそうな。

 昔は、上を見るとタバコの煙、横を見ると汚いお○さん。そして、下を見るとハズレ馬券と痰や唾ばかりと、女性を連れて行くのにもっとも相応しくないスポットでしたが、主催者等の涙ぐましい努力の末、今や夜の東京を代表するデートスポットとなったようですな。

 ただ、小奇麗にするのもよいですが、今まで支えてきた汚いお○さんの居場所もしっかり作ってあげて欲しいですね。喫煙できるのはもちろんのこと、食べ物売り場はあやしい酒とジャンクフードだけで、馬券の窓口も機械ではなく、有人、それも口の悪いおばさんが売るという、古きよき時代の競馬場を再現するのがよろしいかと。

 ま、セレブな私はそんな場所には行きませんけど...。


【続きを読む】
 全32ページ中1 ページ   [1] 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 次の10件