★また、万券当てましたけど何か? 12月14日分★ [また、万券当てましたけど何か?]
2018.12/14 フジマキ 記事URL
☆尾張特別

 この冬は暖冬という話ではありますが、さすがにここ数日、冬らしい寒さとなっておりますな。齢を重ねるごとに寒さに弱くなっている私としては、これから辛い日々が続くことに。当然、暖房をガンガン使うのですが、そうなると大変になるのが電気代。夏の冷房より電力を使うようで、電気代がハネ上がり、体は暖まっても懐は逆に寒くなるばかり。体にもお金にも優しく暖まる方法はないものか...。そんななか、注目されているのが"湯たんぽ"なのですが、あの警視庁警備部災害対策課が、手軽に簡単に作れる湯たんぽの作り方を公開したそうな。それによりますと、まず、よくある500mlのペットボトルに60℃ぐらいのお湯を8割程度入れて、お湯が冷めないようにタオルを巻いたものを2、3本作ればもう完成。これをお布団に入れれば、朝までポッカポカだそうで。さらにそのお湯は、寝起きの一杯にできたり、車などで凍った窓を溶かすことができるなど、一石二鳥なんだか。さすがは天下の警視庁さんの教えでありますな。ただ、お湯を入れる時、よくばって満杯にすると噴き溢れてしまうのでご注意を。

 さて、今週の予想は日曜中京尾張特別で本命はホットファイヤー。このクラスに昇級後は、4、4、3、3、6着で、唯一、掲示板を外したオーストラリアT(京都芝1800m)は、久々の1800m戦に加え、前半3ハロン35秒4と澱みのない流れで追走に脚を使ったもの。今回は前々走比良山特別(京都芝2200m)で、勝ち馬からコンマ1秒差の3着となった距離に戻り、逃げ馬不在でスローペースとなりそうだけに、発馬ひと息でもスタートから直線の長い中京ならすんなり先行できるはず。7ヵ月ぶりの休養は初めてとなるが、調教の動きからも力を出せる可能性は高く、それで人気を落すぶん、妙味ある狙い馬といえます。相手は、ギャラッド、ヴィッセン、トーホウアルテミス、シャイニーゲイル、ファスナハト、スクエアフォールドの、3連複1頭軸ボックス。

 ところで、北国生まれなのに寒さにはからきし弱い小塚アナ。ま、暑いのも苦手ですけど...。そんな小塚アナですが、冬になると冷え性な美女を見つけては、"僕が素晴らしい暖かグッズを教えてあげよう"といって、家へ連れ込むと、ズボンを脱いで、"湯たんぽならぬ○ちんぽだよ。握ると暖かくなるし、終わったら出てくる白湯も飲めるよ"といって握らせようとするんだとか。うむ、警視庁は美女に変○の存在を教わるのですな。(ラジオNIKKEI藤巻)

★また、万券当てましたけど何か? 12月7日分★ [また、万券当てましたけど何か?]
2018.12/07 フジマキ 記事URL
☆つわぶき賞

 今週の月曜日に、今年の流行語大賞なるものが発表されていましたね。ホントに流行した言葉が選ばれた一方で、こんな言葉、初めて聞いたわ、なんて言葉も...。で、同じ時期に、以前、当ブログでも紹介しましたJCJK流行語大賞も発表されたそうな。そのなかで"コトバ部門"で堂々1位となったのが"タピる"。これは"モノ部門"で1位となった"タピオカ"を飲みに行こう、という意味だそうで。実際、街のタピオカを売っているお店はJCJKが行列をなしていますからねぇ~。続く2位は"あげみざわ"。誰か人の名前かと思いきや、テンションが上がっている、という意味だとか。元々は、某人気Youtuberさんが発した言葉だそうで。同様に、3位の"どこまでいっても渋谷は日本の東京"も、やはり某人気Youtuberさんが配信したMVと、JCJKなど若者のトレンドを発信している媒体はYoutubeなのだということが、改めてよくわかりますな。うむ、こうなったら、私もYoutuberになって、JCJKにチヤホヤされてみようかと...。

 さて、今週の予想は日曜中京つわぶき賞で本命はジョーマンデリン。デビュー戦(東京芝1400m)は、前半3ハロン36秒7のスローペースとなるなか、好位から折り合いをつけて追走し、直線坂を上がったところで行き脚がつくと、後続にコンマ5秒差をつけて快勝。今回は同じ左回りで、直線坂を上がってから平坦部分が長い中京コースに替わるのはプラスといえ、オーパキャマラードの単騎逃げでスローペース必至と展開もピッタリ。全兄ジョーストリクスもこの条件で500万勝ちしているのも好材料で、昇級初戦もいきなりから好勝負できるはずです。相手は、コルデトゥリーニ、エイシンゾーン、レノーア、アフランシール、アゴベイ、キセキノカガヤキの、3連複1頭軸ボックス。

 ところで、先のJCJK流行語大賞で5位ランクインしたのが"インスタ映え"ならぬ"インスタ萎え"。今年になってインスタを始めた小塚アナも、美女受けをよくするために四苦八苦しているんだとか。ま、小塚アナの場合、"インスタ萎え"自家発電ばかりしているので、美女にいざインサ○トしようとしても、股間の自撮棒が萎えてしまう"インサ○ト萎え"の方が悩みという噂が...。(ラジオNIKKEI藤巻)

★また、万券当てましたけど何か? 11月30日分★ [また、万券当てましたけど何か?]
2018.11/30 フジマキ 記事URL
☆豊川特別

 毎週、ネタに悩み苦しんでいる当コラムの救世主ともいえるネタが"○○の若者離れ"。これまで数多くの若者離れを紹介してきましたが、何でもかんでも離れているのかいな...、と、ちょっと疑問に思っていました。そんななか、スカパーJSATさんがテレビ視聴に関する調査をしたところ、"ほぼ毎日TVを視る"と答えた人が、10歳代で72%、20歳代で62%もいたそうな。もっとも、全体では81%、50、60歳代は90%以上なのを考えると、離れているとはいえばいるのですが、それでも半分以上の若者は、毎日TVを視ているのですから、そんなに離れてはいないですわな。ただ、どんなシーンで視ているか、の問いに"携帯、スマホを触っている時"と答えた人が、10歳代で92%、20歳代で81%と、75%だった全体より抜けて高かったそうで。やはり、若者にはスマホの方が重要な状況は変わらないようですな。

 さて、今週の予想は日曜中京豊川特別で本命はトライン。休養明け初戦となった前走(京都芝1600m)は8着に敗れましたが、出遅れて後方からの競馬となりながら、直線でインを突くと、上がり3ハロンで他馬よりコンマ8秒以上も速い末脚を使い、勝ち馬からはコンマ4秒差と、初の古馬相手ながらメドを立てる内容。デビュー戦(京都芝1800m)では、2着ドレーク(1000万特別2着)、3着サラス(1000万)勝ちなどを相手に、コンマ5秒差をつけて勝利するなど、素質はここでは上位の存在。また、リーププラウミルヒの単騎逃げで先行馬が手薄なメンバー構成も、本来の先行策で競馬ができるぶんプラス材料。気性面で幼さが残る印象も、ひと叩きされてまともに走ることができれば、互角以上の勝負が期待できます。相手は、ブレイニーラン、ゴールドハット、サトノマックス、パルマリア、ラルムドール、ソロフレーズの、3連複1頭軸ボックス。

 ところで、最近の若者を真似したのか、めっきりTVを視なくなったらしい小塚アナ。まあ、実際は地上波で女性の裸を視ることができなくなったからなんですけどね。そんな小塚アナですが、自分が出演している時はしっかり録画して何回も視るそうな。ただ、奥さんが一緒にいると、"また、喋りを噛んでる..."とダメ出しばかり。さぞ、うんざりか...、と思いきや、たくさんダメ出しされると興奮するそうで、寝る前の自家発電で、白いダメな汁もたくさん出てしまうとか...。(ラジオNIKKEI藤巻)

★また、万券当てましたけど何か? 11月23日分★ [また、万券当てましたけど何か?]
2018.11/23 フジマキ 記事URL
☆白菊賞

 猫も杓子もお買い物はネット通販が主流となった昨今。そのなかでもっとも有名なところのひとつが"ア○ゾン"でありますな。"アマ○ン"といえばプライム会員なる有料会員になると、"お急ぎ便"というすぐに配送してくれるサービスが有名でありますが、来月のセールで"お急ぎ便"を指定しない場合、ポイントを還元するという、いわるる"お急がない便"サービスを行うと発表したそうな。まあ、ネット通販が増えた一方で、宅配業者さんが人手不足で大変、というニュースが報じられていますからね。買ったものを早く手に入れたいという気持ちはよくわかりますが、こういうサービスが増えてくれば、いろんな問題が少しは解決しそうですな。

 さて、今週の予想は日曜京都白菊賞で本命はディーブラッド。前走サフラン賞(中山芝1600m)は6着に敗れましたが、前半3ハロン37秒1とスローペースで先行馬が残るなか、出遅れて、道中、最後方から直線大外を回る厳しい展開となりましたが、それでも坂を上がってから鋭い末脚を見せて、勝ち馬からコンマ6秒差まで急追。今回は、輸送が短く、直線も平坦の京都コースに替わり、ルチアーナミノル、エイシンゾーンに、ハクサンフラワーなどの先行争いなら極端なスローペースにはならないはずで、少頭数でロスの少ない競馬ができそうなここは、巻き返しが期待できます。相手は、メトロポール、ラヴズオンリーユー、エイシンゾーン、ビッグピクチャー、ランブリングアレー、ルチアーナミノルの、3連複1頭軸ボックス。

 ところで、昔から出不精なだけに、買い物はネット通販ばかりという小塚アナ。それでいてせっかちなので、注文する時は常に"お急ぎ便"を指定しているとか。ところが、夜に奥さまのア○ゾンを探検している時は、なかなかイカないので、奥さまに"股間にはお急ぎ便で、って頼んだのに..."と、いつも怒られてしまうのだとか...。(ラジオNIKKEI藤巻)

★また、万券当てましたけど何か? 11月16日分★ [また、万券当てましたけど何か?]
2018.11/16 フジマキ 記事URL
☆秋明菊賞
 "男子たるもの厨房に入るべからず..."なんて言葉があったように、昔は料理といえば女性が作るものとされてきましたな。ところが、某婚活支援サービス会社の調査によりますと、"週3日以上は料理する"と答えた男性が23%と、約4人にひとりの割合もおり、さらに"週1日以上、お弁当を作る"という男性も15%と、約6人にひとりの割合でいるなど、料理を好んで嗜む男性、着実に増えているんだとか。なかでも目につくのが20歳代の男性で、先の"週1日以上、お弁当を作る"23.8%と特に多いそうな。"自分好みの食事が食べたい""健康のため"というポジティブなことから"節約のため"というちょっと切ないことまで理由は様々。そんな"料理男子"に対して女性の多くは"好ましい"や"かっこいい"と感じているそうな。ま、理由はなんであれ、私も結婚してからというのも、完全な"料理男子"になっちゃいましたからねぇ。ま、奥さまには"料理おっさん"と呼ばれていますけど...。

 さて、今週の予想は日曜京都秋明菊賞で本命はラミエル。デビューから3走目の前走(小倉芝1200m)で勝ち上がりましたが、その時の時計は、同開催の2歳戦でもっとも速いタイム。今回はデビュー戦(中京芝1400m)以来となる1400m戦となりますが、この時は左回りもあり、直線でモタれてしまったもので、右回りでハミを替えた今なら問題ないはず。エルモンストロ、スマートセラヴィーの逃げ争いなら、極端に速い流れとはならず、好位でスムーズに追走できそう。ツルマルレオン、シュウジと、半兄も1400m戦に実績を残しており、ここも好勝負が期待できます。相手は、ローゼンクリーガー、ジョニーズララバイ、ユナカイト、レースガーデン、ディープダイバー、エルモンストロの、3連複1頭軸ボックス。

 ところで、一人暮らしの時はちっとも料理をしていなかった小塚アナですが、結婚後は、家でよく料理をするんだとか。きっと、肉ばかり食べる愛する奥さまの健康を考えているのか...、と、感心していたのですが、よくよく理由を聞くと、"料理男子"が女子にモテると聞いて、奥さまが不在の時に料理を練習して、美女を招いて手料理を作り、そのあと、美女に小塚アナの股間のジューシーな肉棒を料理してもらおうと企てたそうな。しかし、すぐそれが奥さまにバレてしまい、罰として毎日ごはんを作るハメに...。当然、小塚アナの肉棒は調理されず、萎れたままで干物状態なんだとか...。(ラジオNIKKEI藤巻)
★また、万券当てましたけど何か? 11月9日分★ [また、万券当てましたけど何か?]
2018.11/09 フジマキ 記事URL
☆tvk賞
 毎日、必ずといってよいほどニュースなどで犯罪事件が報じられておりますな。世界の平穏を願う私としては心を痛めるばかり...。とはいえ、犯罪者のなかにはお間抜けな人間もいるようで。先日もメキシコで、35歳の男が拳銃を持ってバスに乗り込み、乗客たちの金品を盗もうとしたそうな。ところがそのバスに、偶然、乗り合わせていたのが犯人のお母ちゃん。気がついてびっくりする犯人に近づくと、履いていたスリッパでしばきまくるという、まるでコントのような光景が繰り広げられたそうな。乗客や運転手は、アッという間の出来事に、唖然としてしまったことでしょうな。これから強盗する時は、親類がいないか確認...、じゃなくて強盗するのは止めましょうね。

 さて、今週の予想は日曜東京tvk賞で本命はアルトリウス。久々で去勢明け初戦となった前走(東京芝1600m)は、発馬ひと息で後方からの競馬となり、直線に入っても反応が鈍かったものの、行き脚がついてからは、上がり3ハロン33秒2と最速タイムの末脚を使い、勝ち馬からクビ差3着と好走。これまで、2000m戦、不良馬場と敗因がハッキリしていた2戦以外はすべて4着以内と、安定した走りを披露。今回も逃げ馬不在でスローペース必至ですが、折り合いに不安はないタイプだけに、少頭数で一団馬群からの決め手勝負になるのは好材料。去勢明けで大幅馬体減も叩いたことを戻ってくるはずで、ここも好勝負がきたいできます。相手は、ロシュフォール、プラチナヴォイス、ダイワギャバン、レノヴァール、フロリアヌス、マイネルスフェーンの、3連複1頭軸ボックス。

 ところで、日頃から、"美女のハート"を盗みまくっている...と自称している小塚アナ。結婚して落ち着いたと思いきや、実況で訪れたオーストラリアで、奥さまがいないことをいいことに、股間の拳銃を武器に、夜の街に繰り出して、美女の心を盗みにいったのだとか。そして美女を発見して盗もうと股間の拳銃を取り出しかけた時、遠くから駆け寄って小塚アナの拳銃をスリッパで叩く女性が...。たまたま慰安旅行で訪れていた小塚アナのお母ちゃんだったそうで。やはり母は強いですな。もっとも、お母ちゃんがいなかったところで、小塚アナの銃は日本では大砲でも、オーストラリアじゃ火縄銃程度ですから、返り討ちに遭うこと必至でしょうな。(ラジオNIKKEI藤巻)
★また、万券当てましたけど何か? 11月2日分★ [また、万券当てましたけど何か?]
2018.11/02 フジマキ 記事URL
☆きんもくせい特別
 さてさて、昔からいい伝われていて、今でも多くの人が信じている迷信って結構ありますよね。そのなかのひとつが"北枕で寝ると縁起が悪い"というもの。遺体を安置する時、必ず頭を北側にするところや、遺体を北枕にしたらエネルギーが入って生き返ってしまった、という故事から来ているそうな。確かに、私も自宅以外で寝る時など、ついつい気にして、嫌ってしまいがち。ただ、佐藤しょ~おん氏によりますと、北枕にして寝た方が、実はメリットが多いのだそうな。氏によりますと、日本がある北半球は、当然ながら北の方ほど寒いのですが、人間にとって身体によいといわれている"頭寒足熱"を考えると、自然に北側を頭にした方が理にかなっているとのこと。現に北枕で寝ることで、睡眠の質がよくなったことで、直感が冴えるのだとか。成功した経営者の多くが、"最後は直感に頼る"ということからも、重要なことなのかもしれませんね。それでも"北枕はねぇ..."という人や、部屋の配置の都合で、どうしても北枕で寝ることができない人は、次善の策として、東枕でもいいのだとか。うむ、最近、予想の直感が冴えない私も、試しに今晩から北枕で寝てみようかと...。

 さて、今週の予想は日曜福島きんもくせい特別で本命はハバナウインド。デビュー戦を勝利した前走(新潟芝1400m)は、前半3ハロン34秒4とハイペースもあり、序盤から追いどおしの手応えで、直線でムチが入ると内にササるなど幼い面を見せましたが、行き脚がつくと鋭く伸びて、最後は流す余裕があるなど、数字以上に評価できるもの。今回は福島芝1800m戦と条件が一変しますが、前走のレースぶりから、追走が楽になる上に、一瞬の鋭い脚が生きるぶんプラスとなる可能性大。叩いた上積みも見込めるだけに、ここは好勝負が期待できます。相手は、ディキシーナイト、ダノンチェイサー、アトミックフォース、ダディーズマインド、ジャスティン、マイネルサーパスの、3連複1頭軸ボックス。

 ところで、仕事に私生活にと、最近、冴えに冴えまくっている小塚アナ。聞くところによると、どうやら北枕で寝始めた模様。そんななか、私性活だけは今イチ上手くいっていないんだとか。どうやら、下の頭もビンビンと勢いよく、上の頭と同じ方角で寝ていた若かりし頃とは違い、アラフォー真っ只中で勢いがなくなった今では、下の頭は垂れ下がってしまい、上に頭は北でも、下の頭は南を向いたまま...。ということで、寝る前に下の頭をガムテでお腹に貼り付けて、なんとか北向きにしているそうで。果たして、その努力が報われるのでしょうか...。(ラジオNIKKEI藤巻)
★また、万券当てましたけど何か? 10月26日分★ [また、万券当てましたけど何か?]
2018.10/26 フジマキ 記事URL
☆松浜特別

 "出したくない時に限って出てしまう"ものの代名詞といえば"おなら"でありますな。デートなどで、ムーディーないい雰囲気になり、さあ、接吻...という場面で"ぷ~"とおならをしてしまったら、さあ大変。すかしで無臭ならごまかしもききますが、万が一、臭かったりしたら、百万年の恋も一気に冷めてしますね。責めて、出そうなおならが臭うかどうかさえ分かれば...、なんて思いますが、某インターネッツの調査によりますと、"おならをする前に、臭うかどうかわかる"と答えた人はわずか15%だけ。もし、完璧にわかる人がいたら、履歴書の特技欄に書くことができるぐらい有能といってよいですな。さらに性齢別で見てみますと、もっとも多かったのが30歳代男性。うむ、やはり女性にプロポーズする機会が多いぶん、敏感になるからなのでしょうか? 逆にもっとも鈍感だったのは意外にも20歳代女性。まあ、若い女性はおならもいい臭いですから...。

 さて、今週の予想は日曜新潟松浜特別で本命はメイショウテンシャ。降級したこの夏は札幌で3戦するも、4、7、11着と今ひとつの成績に終わりましたが、北辰特別(札幌芝2000m)は休養明けで、前2戦は発馬で後手を踏んで、気ムラな面を見せてしまったもの。1000万で3着となった2回が、東京、京都の芝1800m戦だったように、息長く末脚を使うタイプだけに、同じ距離でコーナーが2つのコースに替わるのは大きなプラス材料。逃げ馬不在でスローペース必至も、折り合い自体は問題なく、ひと息入れて立て直したここは、勝ち負けまで狙えます。相手は、シーリア、レッドラフェスタ、アオイプリンセス、プルンクザール、ノストラダムス、ローズクランスの、3連複1頭軸ボックス。

 ところで、肉など高タンパク質のものを多く摂取すると、悪玉菌が増えておならが臭くなるそうな。元々好きだったことに加え、奥さまの影響もあり、毎日、肉ばかり食べている小塚アナ。当然ながら、おならもトークとは違い、かなりパンチの効いた臭いだとか。しかし、当の本人は"若い女性はおならの臭い鈍感だから、当社ナンバー1のモテモテぶりに影響なし"と、まった気にしていないようですが、先の調査は自分のおならであって、他人のおならじゃないですからねぇ。なので、肉を食した翌日、若い美女と一緒でもおならを出しまくるので、すぐに逃げられてしまうのだとか。どうやら小塚アナは、若い美女の心理には鈍感なようで...。(ラジオNIKKEI藤巻)

★また、万券当てましたけど何か? 10月19日分★ [また、万券当てましたけど何か?]
2018.10/19 フジマキ 記事URL
☆浦佐特別
 巷では、今日もいろんなヒット商品が世に出ていますな。そんなひとつが、9月からローソン100で発売されている"悪魔のおにぎり"。何でも1ヵ月の間で20万個も売れる大ヒット商品なんだとか。気になる中身ですが、天かす、麺つゆ、青のりをご飯にまぜ込んだだけと、高級な具材を使っている訳でもなく、とってもシンプルなものなのですが、具材のバランスと絶妙な味付けがやみつきのなる人が続出し、SNSを通じで大人気となったそうな。美味しくてついつい食べ過ぎてしまいも、気づいた時にはデ○になる...、というネーミングも上手いですな。まだ、食べたことがないので、今度、近所のローソン100に寄ってみようかと思います。なお、料理サイトでもレシピが紹介されているそうなので、もし、食べてみて美味しかったら、毎朝、奥さまのためにおにぎりを作っている私も参考にしましょうかね。でも、食べ過ぎて太ったと怒られる光景が目に浮かんでしまい...。

 さて、今週の予想は日曜新潟浦佐特別で本命はダノンパーフェクト。前走(阪神芝1600m)は、勝ち馬からコンマ8秒差の8着に敗れましたが、休養明けに加え、レースでは発馬ひと息で後方からとなり、初めてのマイル戦もあり、道中もなし崩しに脚を使わされた印象も、直線に入ると長く脚を使っており、勝ち馬は次走1000万特別を連勝し、2、3着馬も500万を勝ち上がるなどレベルの高いメンバーだったことを考えると悪くない内容。今回は、京都内回りとはいえ、後続にコンマ4秒差をつけて未勝利戦を勝った2000m戦に距離延長されるのはプラス材料。新潟外回りらしく落ち着いた流れとなりそうですが、折り合いに問題はなく、脚質からも適性は高いはずで、叩いた上積みが見込めるここは勝ち負けまで期待できます。相手は、デルマウオッカ、スズカテイオー、バイオスパーク、ジャーミネイト、ディライトプロミス、マセラシオンの、3連複1頭軸ボックス。

 ところで、最近、お昼ごはんは、奥さまが作ったとおぼしきおにぎりを食べているとの噂の小塚アナ。どうやら、お腹ぽっこりを気にした奥さまのダイエット指令により、泣く泣く自分で握って持ってきているようで。当然、中身の具はなく、握りながら寂しさのあまり、頬から伝ったしょっぱい涙が、唯一の味付けに...。(ラジオNIKKEI藤巻)
★また、万券当てましたけど何か? 10月12日分★ [また、万券当てましたけど何か?]
2018.10/12 フジマキ 記事URL
☆粟島特別
 日本は、世界でも有数の自販機王国といわれております。治安のよさや技術力の高さ。そして恥ずかしがりやさんが多い国民性(?)...、などなど理由はあるかと思いますが、とにかく便利なことは間違いありませんな。最近では、おでんや出汁など珍しいものを売ったり、小型カメラを搭載して防犯に役立てるなど、いろいろな方向へ進化していますが、その一方で、お酒の自販機は96年に約18万台あったのが、07年には1万6千台と、年々減少しているのだとか。これは、未成年者が購入できないように年齢確認できる改良型が開発されて以降、年齢確認できない自販機が一気に減った一方、コストの問題もあり確認できるものの数が増えないことが挙げられるのだとか。私が若かりし頃は、こっそり自販機でお酒を買って、悪ぶったものですが、そんな時代ではなくなったのかと思うと寂しいですな。まあ、世の中のためにはいいことなのですがねぇ。

 さて、今週の予想は日曜新潟粟島特別で本命はミッキークロス。昨秋汐留特別(中山芝2000m)では、マイペースでハナを奪ったとはいえ、レッドジェノヴァ(京都大賞典2着)、ヨシノザクラ(1000万特別2着2回)などを下して現級勝ち。ただ、降級しての2戦は5、12着と今ひとつの成績に終わっていますが、前々走(福島芝1800m)は、長期休養明けながら大きく馬体を減らしたことに加え、前半3ハロン34秒3と速い流れのなか先行する厳しい展開。前走(新潟芝2000m)は、滞在して調整されるも、かえって重めが残って締まった印象。今回は、馬券に絡んだ時と同じ、坂路でしっかり調教されており、先行馬こそ少なくないも、逃げ馬不在だけに、すんなり先手を取れる組み合わせ。斤量は増えますが、能力を発揮できれば巻き返しが期待できます。相手は、エレクトロニカ、メイショウグロッケ、プリンセスルーラー、シャイントレイル、レーヌジャルダン、アオイプリンセスの、3連複1頭軸ボックス。

 ところで、幼少の頃は、夜中、むっくり起きては近所にあった自販機でエ○本をこっそり買っていた小塚アナ。大人になってからは、自販機でお酒を買っては、大人映像をツマミに自家発電する日々。まあ、昔はエ○本を買うのも恥ずかしいというウブな理由でしたが、TVで有名となった今では、顔バレするのがイヤだから自販機を愛用しているのだとか。もっとも、結婚してからは、奥さまの自販機...、ならぬ現金自動払い機になりさがってしまっているとか、いないとか...。(ラジオNIKKEI藤巻)
 全6ページ中1 ページ   [1] 2 3 4 5 6 次の10件