※展開シミュレーション7月6日分 [展開シミュレーション]
2019.07/06 フジマキ 記事URL
★函館11R五稜郭S

 前々走壇之浦特別(小倉芝2000m)で1000万クラスを勝ち上がったバイオレントブロー。開幕週とはいえ、稍重馬場で前半3ハロン34秒5と澱みのない流れとなるなか、スタートを決めて好位から競馬を進め、3コーナー過ぎから徐々に仕掛けて直線半ばで先頭に立ち、抜け出してから気を抜いたぶん、後続馬に迫られたとはいえ、コンマ2秒差をつけるなど内容濃いレースぶり。ただ、昇級戦となった前走但馬S(阪神芝2000m)は、レース前からイレ込みが目立ち、発馬で後手を踏むなど本来の競馬ができず8着に敗れたように、気難しい面が出てしまった印象。今回は3ヵ月半ぶりの実戦となるが、休養明けは、重賞だったサウジアラビアRC(東京芝1600m)を除くと、4、1、5、1着で、敗れた2回も勝ち馬からの着差はコンマ2、6秒。また、昨夏知床特別(札幌芝2000m)で、500万を勝っているように、同じ滞在競馬の函館に替わるもの大きなプラス材料。また、カリビアンゴールドの単騎逃げ濃厚だけに、発馬さえ決まればすんなり先行できそうな展開もピッタリといえ、条件の揃ったここは大駆けが期待できる。相手は、ウインサクシード、フィニフティ、マイハートビート、ロライマ、カリビアンゴールド、サトノガーネットの、3連複9番1頭軸、1、4、10、5、14、11のボックス。

その他のレース~福島
9R須賀川特別◎アーザムブルー=3連複8番1頭軸で、相手は、5、1、7、12、2、11。10R松島特別◎ヴァンベールシチー=3連複1番1頭軸で、相手は、2、7、6、5、8、9。11R阿武隈S◎チカノワール=3連複5番1頭軸で、相手は、2、1、8、3、6、7。12R◎レヴァンテ=3連複10番1頭軸で、相手は、12、15、13、1、5、8。

その他のレース~中京
10R濃尾特別◎マンハッタンロック=3連複3番1頭軸で、相手は、12、8、14、4、15、6。11R豊明S◎ジョイフル=3連複5番1頭軸で、相手は、1、4、2、8。12R◎メイショウアマギ=3連複16番1頭軸で、相手は、13、15、3、9、14、8。

その他のレース~函館
10R八雲特別◎ラストプライドワン=3連複8番1頭軸で、相手は、7、6、3、5、9、2。12R噴火湾特別◎シュエットヌーベル=3連複1番1頭軸で、相手は、5、3、2、7。

※展開シミュレーション6月30日分 [展開シミュレーション]
2019.06/30 フジマキ 記事URL
★中京11RCBC賞

 前々走谷川岳S(新潟芝1600m)、前走パラダイスS(東京芝1400m)と、2戦連続で3着となっているキョウワゼノビア。谷川岳Sは前半3ハロン35秒0と落ち着いた流れとなり、最後は鋭い決め手比べで見劣ってしまうも、中団から早めに仕掛けて直線半ばで一旦は先行に立つ競馬。パラダイスSは、直線で前が塞がり、外へ持ち出すロスがありながらも、上がり3ハロン2番目に速い末脚で急追するなど、どちらも見どころ十分の内容。今回は久々の1200m戦となるが、得意の左回りコースはもちろん、雨予報で道悪となりそうなのは大きなプラス材料といえ、グランボヌール、セイウンコウセイの逃げ争いで、この条件としては平均ペースも、この馬にとってはスムーズに追走できるぶんレースがしやすい印象。ここは重賞で相手強化も、52kgのハンデを生かせば大駆けも十分可能といえる。相手は、レッドアンシェル、ショウナンアンセム、ビップライブリー、セイウンコウセイ、アレスバローズ、アウィルアウェイの、3連複8番1頭軸、9、2、7、3、4、13のボックス。

その他のレース~福島
9Rさくらんぼ特別◎シゲルベンガルトラ=3連複2番1頭軸で、相手は、11、12、6、3、10、1。10R猪苗代特別◎タイセイマルス=3連複6番1頭軸で、相手は、5、4、2、7、1、10。11RラジオNIKKEI賞◎ダディーズマインド=3連複3番1頭軸で、相手は、11、2、14、7、5、9。12R◎ヨークテソーロ=3連複1番1頭軸で、相手は、4、15、7、16、9、8。

その他のレース~中京
10R香嵐渓特別◎サトノグリッター=3連複12番1頭軸で、相手は、7、6、9、16、5、1。12R◎アナスタシオ=3連複16番1頭軸で、相手は、4、1、5、12、3、13。

その他のレース~函館
11R巴賞◎マイネルファンロン=3連複4番1頭軸で、相手は、7、5、13、10、14、11。12R道新スポーツ杯◎ロイヤルメジャー=3連複4番1頭軸で、相手は、8、9、2、11、7、12。

※展開シミュレーション6月29日分 [展開シミュレーション]
2019.06/29 フジマキ 記事URL
★中京11R白川郷S

 中京コースは、これまで3勝を挙げているナンヨープルートー。一昨年冬の浜名湖特別(中京ダート1800m)は、向正面で一気にまくり上げて先頭に立つと、2着アスターゴールド(その後1600万2着)にコンマ4秒差をつけて快勝。今冬伊勢特別(中京ダート1900m)でも、ペースの落ちた向正面過ぎで仕掛けると、直線では2着馬との競り合いをハナ差制し、3着以下にはコンマ7秒差をつけたもの。左回りはもちろん、発馬が不安定な面があるも、向正面で流れが落ち着きことが多く、そこで仕掛けることができる展開がピッタリといえる。今回もメイショウワザシ、ミスズフリオーソの逃げ争いで序盤こそペースが速くなるも、途中で隊列が落ち着いて流れが緩むはずで、上手く外から仕掛けることができそう。また、重馬場では2戦着外も、稍重馬場だった前々走春光S(東京ダート2100m)で3着となるなど、道悪が残りそうな馬場も問題なく、スムーズさを欠いて8着に敗れた前走丹沢S(東京ダート2100m)で、人気を落すようなら、絶好の狙い目といえる。相手は、メイショウワザシ、ドラゴンカップ、ウェルカムゴールド、パキュートハート、デザートスネーク、フォースラインの、3連複10番1頭軸、9、4、16、2、7、13のボックス。

その他のレース~福島
9R南相馬特別◎ラッキーアドバンス=3連複11番1頭軸で、相手は、7、2、6、9、5、12。10R郡山特別◎スナークライデン=3連複5番1頭軸で、相手は、12、7、14、8、11、3。11Rテレビユー福島賞◎ナンヨーアミーコ=3連複12番1頭軸で、相手は、8、1、13、7、5、11。12R◎ペイシャシキブ=3連複8番1頭軸で、相手は、13、12、6、1、2、15。

その他のレース~中京
10R知多特別◎ジョーアラビカ=3連複14番1頭軸で、相手は、18、15、5、16、9、10。12R◎タガノカルラ=3連複1番1頭軸で、相手は、9、3、7、8、5、11。

その他のレース~函館
10R恵山特別◎スワーヴノートン=3連複9番1頭軸で、相手は、10、12、6、4、1、3。11RTVh杯◎ニホンピロヘンソン=3連複6番1頭軸で、相手は、1、11、13、14、9、4。12R洞爺湖特別◎ローリングタワー=3連複1番1頭軸で、相手は、5、2、3、6、9、4。

※展開シミュレーション6月23日分 [展開シミュレーション]
2019.06/23 フジマキ 記事URL
★阪神11R宝塚記念
 メトロポリタンS(東京芝2400m)が中止となり、鳴尾記念(阪神芝2000m)が春復帰初戦となったノーブルマーズ。前半3ハロン36秒2とスローペースのなか、中団でレースを進め、直線一瞬、伸びかけるも、最後はジリジリとした脚色に。ただ、休養明けでアクシデントがあったことに加え、やや距離不足でこの馬には不向きな展開だったことを考えると、勝ち馬からコンマ4秒差の5着は悪い内容ではなかった。ひと叩きした上積みが見込める今回は、序盤こそキセキの単騎逃げも、エタリオウなど途中から早めに仕掛ける馬がおり、緩急の激しい流れとなりそうで、鋭さこそないもしぶとく脚を使えるこの馬向きの展開となりそう。また、距離延長で開催末の馬場もプラスといえ、昨年3着で波乱を起こした再現が十分期待できる。相手は、レイデオロ、エタリオウ、キセキ、スワーヴリチャード、リスグラシュー、マカヒキの、3連複10番1頭軸、2、3、1、11、12、7のボックス。
※展開シミュレーション6月22日分 [展開シミュレーション]
2019.06/22 フジマキ 記事URL
★東京12R

 ブルーグローブは、今回と同条件だった前々走赤松賞で、勝ち馬からコンマ6秒差の4着。前半3ハロン35秒6と落ち着いた流れとなるなか、道中は馬群の後方に位置するも、直線に入るまで折り合いに苦労していたが、それでも直線インを突くと、上がり3ハロン最速タイムの末脚を披露。逃げ切って勝ったジョディー(クイーンC3着)を筆頭に、上位3頭が逃げ、先行勢で、5着のウィクトーリアは、その後、フローラSを勝利したことを考えても、メンバーが揃った一戦で内容あるレースぶりを見せた。前走春菜賞(東京芝1400m)は、15着に大敗するも、大外枠で出遅れてしまい、前に壁を作ることができず、なし崩しに脚を使ってしまったことが敗因。ここは、サンディレクションの逃げに先行馬も多く、澱みのない流れとなりそうで、道中、折り合いをつけて追走することができるはず。2ヵ月半ぶりの実戦も、小柄な牝馬らしく仕上がり早といえ、さらに52kgで出走できるのも好材料。牡馬混合、古馬ともに初めてとなるも、絶好の狙い目といえる。相手は、ハーメティキスト、グレンフィナン、シュバルツリッター、シーオブセレニティ、リリーバレロ、コールザチューンの、3連複10番1頭軸、14、3、5、9、2、11のボックス。

その他のレース~東京
9R日野特別◎リードザウインド=3連複9番1頭軸で、相手は、15、7、12、8、2、14。10R八ヶ岳特別◎ナイトバナレット=3連複7番1頭軸で、相手は、2、3、5、8、12、6。11RアハルテケS◎タガノディグオ=3連複13番1頭軸で、相手は、1、9、8、11、7、3。

その他のレース~阪神
9R鶴橋特別◎ウォーターブレイク=3連複4番1頭軸で、相手は、7、2、3、13、14、11。10R京橋特別◎クルスデルスール=3連複4番1頭軸で、相手は、12、6、2、1、11、8。11R垂水S◎ワイプティアーズ=3連複9番1頭軸で、相手は、15、14、16、8、2、5。12R◎ヴィルゼローゼ=3連複4番1頭軸で、相手は、13、3、11、6、5、15。

その他のレース~函館
11R大沼S◎サトノプライム=3連複2番1頭軸で、相手は、4、13、5、9、1、11。12R長万部特別◎リーゼントアイリス=3連複8番1頭軸で、相手は、4、9、2、5、10、12。

※明日の予想は、都合により宝塚記念のみとなります。ご了承ください。

※展開シミュレーション6月16日分 [展開シミュレーション]
2019.06/16 フジマキ 記事URL
★東京9R青梅特別

 昇級初戦となった前々走米沢特別(福島ダート1700m)で、勝ち馬からコンマ5秒差の4着となったオーケストラ。前半3ハロン36秒2で、逃げ馬が勝利したのを筆頭に、4コーナーまでで前に位置していた馬が上位を占めるなか、道中、中団から競馬を進めるも、ペースが上がった勝負どころで前が詰まり、なかなか仕掛けられない厳しい展開となったが、直線に入ると上がり3ハロン2番目に速い末脚で追い込んできたもの。これまで先行策で結果を挙げてきたことを考えても、心身ともに成長が伺えるレース内容だった。前走蹴上特別(京都ダート1900m)は、先行するも勝ち馬から1秒1差の9着に敗れるも、距離が長かったことに加え、外々を回って先行するロスの多い競馬。今回は初めてとなる東京ダート1600m戦となるが、前2走のレースから距離短縮で直線の長いコースはプラスとなりそうで、カタナ、マサキノテソーロ、レオアルティメットなど、テンに行きたい馬が揃っており、前々走のように末脚をためる競馬が嵌りそうな展開。また、3走前(小倉ダート1700m)に500万を勝った時が不良馬場だったように、道悪が残りそうな馬場もピッタリといえ、ここは勝ち負けまで期待できる。相手は、ブルベアイリーデ、トレンドライン、ゴールドブラッド、チュウワフライヤー、ディアシューター、フクサンローズの、3連複12番1頭軸、15、2、6、4、13、9のボックス。

その他のレース~東京
10R町田特別◎クアトレフォイル=3連複2番1頭軸で、相手は、8、3、7、6、11、4。11RユニコーンS◎エルモンストロ=3連複4番1頭軸で、相手は、8、6、3、13、14、11。12R◎タイプムーン=3連複1番1頭軸で、相手は、4、2、10、15、5、7。

その他のレース~阪神
10R灘S◎ビッグスモーキー=3連複2番1頭軸で、相手は、7、8、13、11、1、9。11R米子S◎ストーミーシー=3連複4番1頭軸で、相手は、2、1、6、8、11、5。12R◎ブレイズガール=3連複4番1頭軸で、相手は、2、14、5、6、11、9。

その他のレース~函館
11R函館スプリントS◎ペイシャフェリシタ=3連複2番1頭軸で、相手は、11、13、7、10。12R北斗特別◎シスターフラッグ=3連複5番1頭軸で、相手は、6、3、8、4、2、9。

※展開シミュレーション6月15日分 [展開シミュレーション]
2019.06/15 フジマキ 記事URL
★阪神11R水無月S

 現級に昇級後は、5着が最高のアイファープリティ。ただ、3走前の山城S(京都芝1200m)が、上がり3ハロン2番目に速い末脚で、勝ち馬からコンマ4秒差の5着。前々走船橋S(中山芝1200m)も、上がり3ハロン2番目に速い末脚で、勝ち馬からコンマ3秒差の5着。そして、前走彦根S(京都芝1200m)は、勝ち馬から1秒差の9着に終わるも、開幕週で逃げ、先行馬が残る展開のなか、上がり3ハロン32秒6と最速タイムの末脚を使い、3着馬とはコンマ3秒差と、控える競馬に徹してから、確実に末脚を使えるようになった印象。今回は、直線坂のあることに加え、雨の影響で時計を要しそうな阪神芝1200m戦で、ウインストラグル、ミトノレインボー、クラウンルシフェルなど、テンに行きたい馬が揃い、ハイペース必至と、この馬向きの展開となりそう。また、52kgのハンデもプラスといえ、末脚が嵌りそうなここは大駆けが期待できる。相手は、タイセイブレーク、キアロスクーロ、シャドウノエル、スターリーステージ、メイショウカリン、ラベンダーヴァレイの、3連複10番1頭軸、3、2、7、6、16、5のボックス。

その他のレース~東京
9R稲城特別◎ツクバソヴァール=3連複1番1頭軸で、相手は、7、9、4、10、3、2。10R相模湖特別◎スタクォーツ=3連複10番1頭軸で、相手は、9、11、4、3、8、7。11RジューンS◎サトノグラン=3連複5番1頭軸で、相手は、3、7、4、8、10、1。12R◎グロリアスホープ=3連複4番1頭軸で、相手は、2、7、10、9、16、5。

その他のレース~阪神
9R鷹取特別◎レッドゼノン=3連複9番1頭軸で、相手は、8、1、3、13、4、5。10R小豆島特別◎アドマイヤキズナ=3連複8番1頭軸で、相手は、7、4、5、2、1。12R◎シールドヴォルト=3連複12番1頭軸で、相手は、8、9、11、15、3、5。

その他のレース~函館
11RHTB賞◎ルマーカーブル=3連複6番1頭軸で、相手は、2、10、3、8、4、5。12R遊楽部特別◎フラル=3連複7番1頭軸で、相手は、4、6、10、1、5、8。

※展開シミュレーション6月9日分 [展開シミュレーション]
2019.06/09 フジマキ 記事URL
★阪神11RマーメイドS

 前走パールS(京都芝1800m)は、勝ち馬からコンマ3秒差の3着だったサラス。前半3ハロン35秒1と落ち着いた流れとなるなか、後方からの競馬となり、3コーナー過ぎで早々に手応えが怪しくなるも、直線で外に持ち出すと、上がり3ハロン最速タイムの末脚で急追。久々に加えて、デビュー戦以来となる1800m戦はもちろん、京都コースの速い時計決着で結果を残したのは、結果以上に評価できるものだった。今回は、昨夏の同条件で500万を勝ち、続く1000万でも2着となった阪神芝2000m戦に替わり、アドラータ、ランドネの逃げに、先行馬も揃い、この馬向きの差しが利く流れとなりそう。叩いた上積みも見込めるだけに、牝馬限定戦で51kgのハンデなら重賞でも互角以上の勝負が期待できる。相手は、センテリュオ、モーヴサファイア、フローレスマジック、スカーレットカラー、ダンサール、ランドネの、3連複3番1頭軸、4、11、12、15、13、5のボックス。

その他のレース~東京
9R小金井特別◎ハルサカエ=3連複1番1頭軸で、相手は、4、13、5、2、7、9。10R江の島特別◎ロフティフレーズ=3連複2番1頭軸で、相手は、11、4、12、6、8、1。11RエプソムC◎ダノンキングダム=3連複14番1頭軸で、相手は、4、7、8、9、6、5。12R◎データヴァリュー=3連複15番1頭軸で、相手は、7、2、13、3、1、12。

その他のレース~阪神
10R安芸S◎アメリカンファクト=3連複8番1頭軸で、相手は、7、4、10、2、3。12R◎クリムゾンバローズ=3連複15番1頭軸で、相手は、16、3、5、8、1、11。

※展開シミュレーション6月8日分 [展開シミュレーション]
2019.06/08 フジマキ 記事URL
★東京10R八王子特別

 転厩初戦で同じ東京ダート2100m戦だった前走で、500万を勝ち上がったトイガー。前半3ハロン36秒7と澱みのない流れとなるなか、好位のインで競馬を進め、直線で前が詰まり進路がなくなる場面もあったが、前が開くと上がり3ハロン2番目に速い末脚を使って、後続馬をコンマ1秒差押え切った。レース内容はもちろん、流れが違うとはいえ、時計も同日の1000万特別でも3着に相当するなど、数字面でも評価できるものだった。ここは、昇級で初の古馬戦となるが、序盤はショーンガウアーの単騎逃げも、グロンフォールなどが途中でまくり上げて、緩急の激しい流れとなりそうで、長く脚が使えるこの馬向きの展開となりそう。53kgのハンデもプラスといえ、久々を走った反動さえなければ好勝負必至といえる。相手は、エルデュクラージュ、ジェミニズ、テトラルキア、カナシバリ、グロンフォール、サトノヴィクトリーの、3連複13番1頭軸、5、14、10、11、16、12のボックス。

その他のレース~東京
9R八丈島特別◎ユウチェンジ=3連複8番1頭軸で、相手は、6、9、5、11、2、7。11R多摩川S◎アバルラータ=3連複1番1頭軸で、相手は、8、7、5、10、12、3。12R◎ララロワ=3連複11番1頭軸で、相手は、15、3、14、7、8、1。

その他のレース~阪神
9R生田特別◎エレヴァルアスール=3連複10番1頭軸で、相手は、11、8、7、2、9、3。10R舞子特別◎ブリングイットオン=3連複4番1頭軸で、相手は、10、14、1、3、11、9。11R天保山S◎ダノンフェイス=3連複8番1頭軸で、相手は、2、1、9、3、6、14。12R◎セヴィルロアー=3連複2番1頭軸で、相手は、16、3、11、7、12、9。

※展開シミュレーション6月2日分 [展開シミュレーション]
2019.06/02 フジマキ 記事URL
★阪神12R

 10ヵ月ぶりの実戦となった前走(新潟ダート1200m)は、7着に終わったメイショウブレナム。前半3ハロン34秒4と速い流れのなか、先行2番手を追走し、残り100mで後続馬に交わされるも、勝ち馬からはコンマ6秒差と大きくはバテていなかった。今回は、一昨年秋に現級を勝ち、昨夏、勝ったタテヤマ(オープン勝ち)からコンマ5秒差の3着となるなど実績ある阪神ダート1200m戦に替わるのはもちろん、マラードザレコード、クリノカサットなど同型馬こそいるも、すんなり先手を奪えそうな展開なのも好材料。上積みも見込めるここは勝ち負けまで狙える。相手は、マラードザレコード、ペガサス、カモンスプリング、ホープフルスター、ミユキメガバックス、サンライズカラマの、3連複1番1頭軸、12、8、10、6、5、15のボックス。

その他のレース~東京
9RホンコンJCT◎イチダイ=3連複1番1頭軸で、相手は、11、9、10、2、8、5。10R麦秋S◎ミックベンハー=3連複9番1頭軸で、相手は、3、14、7、10、12、8。11R安田記念◎サングレーザー=3連複4番1頭軸で、相手は、14、2、15、8、7、5。12R三浦特別◎イベリア=3連複15番1頭軸で、相手は、1、4、11、12、3、16。

その他のレース~阪神
10R加古川特別◎クルスデルスール=3連複14番1頭軸で、相手は、11、5、10、4、16、13。11RグリーンS◎ケンホファヴァルト=3連複6番1頭軸で、相手は、5、4、7、1、2。

 全26ページ中8 ページ   前の10件 1 2 3 4 5 6 7 [8] 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 次の10件