※展開シミュレーション12月24日分 [展開シミュレーション]
2017.12/24 フジマキ 記事URL
★中山11R有馬記念
 昨年の同レースで、勝ち馬からコンマ3秒差の4着となったヤマカツエース。前半3ハロン36秒1と平均ペースも、マルターズアポジーの大逃げもあり、後続以下は実質スローペースで、先行した馬が1~3着を占める流れのなか、2周目の4コーナーで後方に置かれる形も、直線では馬群を捌きながら上がり3ハロン最速の末脚を使ったもの。そして、今年に入り、金鯱賞(中京芝2000m)を連覇すると、大阪杯(阪神芝2000m)で、勝ち馬からコンマ2秒差の3着とGⅠで初めて馬券に絡んだように、中距離路線でトップクラスの存在となった。ただ、この秋は、天皇賞秋(東京芝2000m)が11着、ジャパンC(東京芝2400m)が8着と、今ひとつの成績に終わっているが、馬場はもちろん、これまで13、13、15着と、コーナーで惰性をつけて、一瞬の鋭い脚が武器なタイプだけに、直線が長い東京コース自体が不得手な感。重賞2勝している中山に替わる今回は、昨年のような徹底先行馬こそ不在も、キタサンブラックなど、早めに仕掛けるタイプが多く、緩急の激しい流れとなりそうで、スローでもじっくり折り合って脚をためることができ、ペースが上がったところで仕掛けることができるこの馬に合った展開となりそう。調教からも状態面は問題なく、絶好枠を引いてロスなく競馬ができそうなここは好勝負必至。相手は、キタサンブラック、シャケトラ、シュヴァルグラン、サクラアンプルール、スワーヴリチャード、ミッキークイーンの、3連複1番1頭軸、2、7、10、9、14、13のボックス。

その他のレース~中山
8RクリスマスローズS◎アイスフィヨルド=3連複3番1頭軸で、相手は、1、12、9、13、2、15。9RグッドラックH◎サブライムカイザー=3連複12番1頭軸で、相手は、14、4、6、7、10、3。10RフェアウェルS◎ヒカリブランデー=3連複3番1頭軸で、相手は、13、8、6、11、15、9。12RクリスマスC◎スペチアーレ=3連複1番1頭軸で、相手は、13、16、12、5、4、11。

その他のレース~阪神
8R◎ミキノトランペット=3連複5番1頭軸で、相手は、6、3、2、4、8、10。11RサンタクロースS◎コウエイワンマン=3連複5番1頭軸で、相手は、6、8、7、1、4。12RギャラクシーS◎レッドゲルニカ=3連複12番1頭軸で、相手は、14、2、6、4、15、16。

※展開シミュレーション12月23日分 [展開シミュレーション]
2017.12/23 フジマキ 記事URL
★阪神11R阪神C
 初の古馬との対戦となった前走マイルCS(京都芝1600m)で、勝ち馬からコンマ2秒差の4着となったレーヌミノル。稍重馬場で前半3ハロン34秒6と澱みのない流れで、差し、追い込み馬が上位を占めるなか、道中、先行争いの直後でレースで進めると、直線半ばでは先頭に並びかけるなど、見せ場十分の競馬を披露。レベルが高いといわれた3歳牝馬世代の桜花賞(阪神芝1600m)を制するも、距離の壁もあってか、その後の二冠は13、14着と大敗したが、実績のある距離なら、古馬一線級相手でも通用するところを示した。今回は、未勝利とはいえ重賞で2着2回の1400m戦で、アポロノシンザン、トウショウピストの逃げ争いを平均ペースのなか、その直後からマークする形でレースができる絶好の展開となりそう。この秋4戦目も、調教からは調子落ちはなさそうだけに、ここは勝ち負けできる可能性が高い。相手は、サングレーザー、イスラボニータ、モズアスコット、ダンスディレクター、ブップライブリー、サンライズメジャーの、3連複5番1頭軸、10、2、7、12、9、14のボックス。

その他のレース~中山
8R舞浜特別◎ヘルディン=3連複1番1頭軸で、相手は、13、14、9、10、6、7。9Rノエル賞◎ワンショットキラー=3連複8番1頭軸で、相手は、7、13、16、12、9、6。10R中山大障害◎スズカプレスト=3連複3番1頭軸で、相手は、7、6、8、10、13、15。11RグレイトフルS◎レイズアスピリット=3連複11番1頭軸で、相手は、13、7、1、12、14、8。12R◎フレンチイデアル=3連複3番1頭軸で、相手は、2、1、11、6、15、10。

その他のレース~阪神
9Rジングルベル賞◎フロムマイハート=3連複10番1頭軸で、相手は、4、9、1、2、8、5。10R摩耶S◎カフェブリッツ=3連複9番1頭軸で、相手は、7、5、14、12、1、10。12R◎ヒルノデンハーグ=3連複11番1頭軸で、相手は、6、16、7、9、10、14。

※展開シミュレーション12月17日分 [展開シミュレーション]
2017.12/17 フジマキ 記事URL
★中京11R三河S
 3走前の釜山S(小倉ダート1700m)で、勝ち馬からコンマ1秒差の3着と現級で初めて馬券に絡んだクールオープニング。前半3ハロン35秒1と澱みのない流れとなるなか、馬群の後方でじっくり脚をためると、直線半ばで外へ持ち出して、上がり3ハロン最速タイムの末脚を使ったもの。これまで中距離戦では、好位や中団から競馬を進めるも、直線で脚色が一杯となることが多かっただけに新味を見せた印象。今回は初めてダート1400m戦となり、ツーエムマイスター、エルフィンコープ、アディラートなど、テンに行きたい馬が揃い、ハイペース必至の展開となりそうで、末脚を生かす競馬ができるはず。また、3走前と同じ54kgのハンデや北村友一騎手騎乗もプラスといえ、ここは大駆けが期待できる。相手は、タイセイエクレール、ヒデノインペリアル、アディラート、ライドオンウインド、フレンドスイート、タイセイプレシャスの、3連複16番1頭軸、12、4、9、8、11、5のボックス。

その他のレース~中山
10R南総S◎クリノハッチャン=3連複8番1頭軸で、相手は、11、9、16、15、5、7。11RディセンバーS◎ベルキャニオン=3連複5番1頭軸で、相手は、11、12、4、10、6、7。12R◎ゴールドサーベラス=3連複2番1頭軸で、相手は、10、13、9、12、3、8。

その他のレース~阪神
9R猪名川特別◎キアロスクーロ=3連複9番1頭軸で、相手は、4、13、7、12、1、10。10R元町S◎レッドライジェル=3連複6番1頭軸で、相手は、12、3、7、1、10、14。11R朝日杯FS◎ダブルシャープ=3連複14番1頭軸で、相手は、3、1、12、10、5、7。12R妙味山特別◎タマモユウトウセイ=3連複9番1頭軸で、相手は、10、13、2、4、7、11。

その他のレース~中京
10R桑名特別◎サウンドドゥイット=3連複15番1頭軸で、相手は、1、9、7、8、4、14。12R尾張特別◎サイモンラムセス=3連複1番1頭軸で、相手は、13、12、6、10、7、2。

※展開シミュレーション12月16日分 [展開シミュレーション]
2017.12/16 フジマキ 記事URL
★中京11R中京日経賞
 ウィズアミッションは、今春復帰後、4、3、5、3、7着。今回と同じ中京芝1200m戦だった3走前のフィリピンTでは、前半3ハロン34秒0で掲示板に載った他馬が先行勢のなか、道中、後方から上がり3ハロン2番目に速い末脚を使い、時計も重賞のCBC賞からコンマ3秒遅いだけと、数字、内容とも評価できるもの。7着に敗れた前走神奈川新聞杯(東京芝1400m)は、不得手な重馬場に加え、向正面、直線と不利が重なりながらも、やはり上がり3ハロン2番目に速い末脚で、勝ち馬からコンマ3秒差まで迫るなど、近走は確実に末脚を駆使している印象。ここはテンにこだわるタイプこそ不在も、フルゲートで先行馬も多い組み合わせだけに、スローペースとなることは考え難く、良で外差しも決まる馬場もプラスといえ、ベストの条件で巻き返し必至。相手は、ラヴィングアンサー、キャンディバローズ、メイショウベルボン、オメガタックスマン、ゴールドケープ、ダイシンバルカンの、3連複8番1頭軸、10、2、17、14、6、7のボックス。

その他のレース~中山
10R仲冬S◎クライスマイル=3連複4番1頭軸で、相手は、10、8、12、1、11、9。11RターコイズS◎オートクレール=3連複3番1頭軸で、相手は、7、2、11、14、12、8。12R◎ブリガアルタ=3連複7番1頭軸で、相手は、2、8、5、12、17、11。

その他のレース~阪神
10R赤穂特別◎クレマンダルザス=3連複15番1頭軸で、相手は、11、13、1、9、3、12。11RタンザナイトS◎ラインスピリット=3連複6番1頭軸で、相手は、1、9、14、2、10、16。12R◎サウンドバーニング=3連複9番1頭軸で、相手は、6、1、12、10、4、7。

その他のレース~中京
10Rつわぶき賞◎ロードライト=3連複2番1頭軸で、相手は、8、15、16、10、5、1。12R高山特別◎シャリオヴァルト=3連複14番1頭軸で、相手は、16、2、13、11、1、5。

※展開シミュレーション12月10日分 [展開シミュレーション]
2017.12/10 フジマキ 記事URL
★中山11RカペラS
 一昨年のこのレースで重賞初制覇を果たしたキクノストーム。ただ、その後は、馬券に絡んでいないが、1200m戦に限ると、休養明けで59kgの斤量を背負わされた昨年千葉S(中山ダート1200m)以外は、5、4、5、4着で、上がり3ハロンタイムも前々走室町S(京都ダート1200m)で、他馬よりコンマ3秒以上速かったように、全体で2、3番目に速いなど確実に末脚は使っている。今回は、ノボバカラ、ドラゴンゲート、キタサンサジン、コーリンベリーと、テンに速く揉まれたくない逃げ馬が揃いハイペース必至と、この馬向きの展開となりそう。明け8歳も衰えは感じられず、久々となる得意の中山なら大駆けが期待できる。相手は、ニットウスバル、ディオスコリダー、ブルドックボス、ブルミラコロ、コーリンベリー、サイタスリーレッドの、3連複12番1頭軸、4、16、8、14、9、13のボックス。

その他のレース~中山
10R美浦S◎カレンリスベット=3連複1番1頭軸で、相手は、3、9、6、8、10、4。12R◎トロピカルガーデン=3連複16番1頭軸で、相手は、13、12、9、3、10、5。

その他のレース~阪神
9R境港特別◎フロムマイハート=3連複2番1頭軸で、相手は、5、7、1、4、10、8。10R堺S◎カラクプア=3連複9番1頭軸で、相手は、8、7、3、2、4、5。11R阪神JF◎ラテュロス=3連複2番1頭軸で、相手は、18、7、11、15、12、4。12R高砂特別◎メイショウブレナム=3連複10番1頭軸で、相手は、12、15、14、2、1、9。

その他のレース~中京
11R名古屋日刊スポーツ杯◎ジャーミネイト=3連複3番1頭軸で、相手は、1、11、13、12、9、2。12R長良川特別◎ナリタプレジデント=3連複2番1頭軸で、相手は、6、8、17、12、16、3。

※展開シミュレーション12月9日分 [展開シミュレーション]
2017.12/09 フジマキ 記事URL
★中京11R中日新聞杯
 前々走小倉記念(小倉芝2000m)で、勝ち馬からコンマ5秒差の3着と、古馬になって初めて重賞で馬券に絡んだフェルメッツァ。前半3ハロン34秒4と澱みのない流れとなるなか、道中は好位を追走するも、3コーナー過ぎでペースが上がるとやや置かれ気味になり、直線では外を回らされる形となるも、最後までしぶとく脚を伸ばして3着争いは制した。前走福島記念(福島芝2000m)は6着に敗れるも、ひと息入って馬体重が12kg増と仕上がり途上だったことに加え、レースでもやはり3コーナー過ぎで手応えが怪しくなったが、それでも勝ち馬からはコンマ2秒差。今回は中京芝2000m戦となるが、マイル戦とはいえ新馬勝ちしているコースで、近走のレースぶりからも、小倉、福島よりコーナーが緩いぶん、勝負どころでも楽に追走できるはずで、ロードヴァンドールの単騎逃げで平均ペースの流れなら好位でじっくり脚をためる競馬ができそう。また、叩き2戦目は、これまで【1151】で5着以下がないように使って一変するタイプだけに、ここは大駆けが期待できる。相手は、ロードヴァンドール、メートルダール、スズカデヴィアス、ミッキーロケット、マキシマムドパリ、ストーンウェアの、3連複6番1頭軸、12、13、2、10、11、9。

その他のレース~中山
9R霞ヶ浦特別◎ジョンブドール=3連複7番1頭軸で、相手は、10、12、1、6、8、4。10RアクアラインS◎ヒカリブランデー=3連複3番1頭軸で、相手は、11、15、9、12、1、5。11R師走S◎リッカルド=3連複6番1頭軸で、相手は、12、16、11、10、2、13。12R◎アオイシンゴ=3連複7番1頭軸で、相手は、9、2、13、16、14、3。

その他のレース~阪神
10RオリオンS◎レトロロック=3連複9番1頭軸で、相手は、11、4、10、2、5、1。11RリゲルS◎キョウヘイ=3連複4番1頭軸で、相手は、1、8、9、13、3、6。12R◎ドゥーカ=3連複9番1頭軸で、相手は、5、4、12、2、7、1。

その他のレース~中京
10R浜名湖特別◎ナンヨープルートー=3連複9番1頭軸で、相手は、4、1、12、16、11、8。12R犬山特別◎トーセンクリス=3連複14番1頭軸で、相手は、9、11、16、13、3、7。

※展開シミュレーション12月3日分 [展開シミュレーション]
2017.12/03 フジマキ 記事URL
★中京11RチャンピオンズC
 この秋、初戦となった前走武蔵野S(東京ダート1600m)は、コンマ4秒差の4着だったノンコノユメ。前半3ハロン35秒1と落ち着いた流れのなか、二の脚がつかず後方からとなり、直線では久々と58kgの影響もあってか、追っての反応がひと息だったが、それでも上がり3ハロンでは2番目に速い末脚を使うなど、底力のあるところは示したといえるレースぶり。昨年の帝王賞(大井ダート2000m)で2着となって以降、馬券に絡んでいないが、去勢の影響が出ていた大きかった印象。ここはコパノリッキー、ケイティブレイブの逃げ争いなら、スローペースになることは考え難く、先行有利な傾向が強い中京ダート1800m戦でも、差しが利く展開となりそう。叩いた上積みも見込めるだけに、スムーズな競馬ができれば巻き返しは必至。相手は、サウンドトゥルー、カフジテイク、アウォーディー、ケイティブレイブ、ゴールドドリーム、アポロケンタッキーの、3連複4番1頭軸、14、12、11、2、9、15のボックス。

その他のレース~中山
9Rチバテレ杯◎フジマサクラウン=3連複12番1頭軸で、相手は、8、14、7、2、1、11。10R市川S◎ルグランフリソン=3連複1番1頭軸で、相手は、8、5、7、2、11、9。11RラピスラズリS◎コスモドーム=3連複12番1頭軸で、相手は、5、2、11、3、4、9。12R◎イチダイ=3連複5番1頭軸で、相手は、8、2、1、3、9、10。

その他のレース~阪神
10R姫路特別◎ラバピエス=3連複14番1頭軸で、相手は、3、2、9、11、13、8。11R逆瀬川S◎ギモーヴ=3連複4番1頭軸で、相手は、8、2、11、6、9、5。12R◎パーリオミノル=3連複8番1頭軸で、相手は、12、4、10、7、11、2。

その他のレース~中京
10R鳥羽特別◎キョウワゼノビア=3連複5番1頭軸で、相手は、11、16、1、9、17、12。12R鳴海特別◎キングソング=3連複9番1頭軸で、相手は、11、1、12、5、13、16。

※展開シミュレーション12月2日分 [展開シミュレーション]
2017.12/02 フジマキ 記事URL
★阪神10R御影S
 前走北陸S(新潟ダート1200m)は、勝ち馬からコンマ5秒差の5着だったハングリーベン。脚抜きのいい不良馬場とはいえ、前半3ハロン34秒2と澱みのない流れとなるなか、道中は中団で追走に苦労し、直線では左回りもあり、追い出すと内にモタれるなどスムーズさを欠くレースぶりだったが、それでも大崩れしなかったように、休養明けをひと叩きされて、状態は着実に上向いている印象。今回は1400m戦に距離延長となるが、これまで1、2、1着で、阪神も昨秋ヤマボウシ賞で2着となるなど、右回りコースで追走が楽になるぶん好材料。また、プレスティージオ、ヒデノインペリアルの逃げ争いも極端なハイペースとはならないはずで、本来の好位から競馬ができそう。良馬場でメンバーもやや手薄な感があるここは互角以上の勝負ができる。相手は、ラユロット、ゴールドスーク、プレスティージオ、ヒデノインペリアル、ヤマトワイルド、オニノシタブルの、3連複2番1頭軸、14、12、5、7、3、8のボックス。

その他のレース~中山
10R北総S◎ベルウッドケルン=3連複13番1頭軸で、相手は、4、11、1、7、6、2。11RステイヤーズS◎シホウ=3連複6番1頭軸で、相手は、9、3、2、7、4。12R◎エメラルスター=3連複13番1頭軸で、相手は、2、12、9、4、15、14。

その他のレース~阪神
8R◎サウンドバーニング=3連複8番1頭軸で、相手は、3、4、6、7、5。11RチャレンジC◎マイネルミラノ=3連複9番1頭軸で、相手は、6、11、3、8、7、2。12R◎メイショウノボサン=3連複9番1頭軸で、相手は、13、11、16、10、4、2。

その他のレース~中京
10R寒梅賞◎タガノタイト=3連複3番1頭軸で、相手は、9、2、8、4、5。11R浜松S◎タイセイスターリー=3連複2番1頭軸で、相手は、9、17、16、4、14、10。12R豊川特別◎トーホウスペンサー=3連複10番1頭軸で、相手は、1、9、11、2、4、14。

※展開シミュレーション11月26日分 [展開シミュレーション]
2017.11/26 フジマキ 記事URL
★京都12R京阪杯
 前々走北九州記念(小倉芝1200m)で、勝ち馬からコンマ2秒差の3着と、初めて重賞で馬券に絡んだラインスピリット。前半3ハロン32秒8と澱みのない流れのなか、先行3番手でレースを進めるも、フルゲートの大外枠でテンに脚を使ったこともあり、直線半ばでムチが入るなど一杯の手応えとなるも、最後まで脚色衰えることなく粘り込んだもの。6歳となりテンの速さこそ鈍ったものの、控える競馬でもしぶとさを発揮できるようになった印象。今回は昨秋オパールSを勝利し、今冬の淀短距離Sでも58kgの斤量ながら勝ち馬からコンマ3秒差の3着となるなど、オープンでも実績を残している京都芝1200m戦で、ネロの単騎逃げなら極端なハイペースになることは考え難く、好位からスムーズな競馬ができるはず。前走ルミエールオータムD(新潟芝1000m)は、7着に敗れるも、ひと息入っていたことに加えて道悪と敗因はハッキリしており、良馬場で行われそうなここは巻き返しが期待できる。相手は、セイウンコウセイ、ソルヴェイグ、アットザシーサイド、ヒルノデイバロー、メラグラーナ、ダイシンサンダーの、3連複2番1頭軸、10、7、15、5、9、12のボックス。

その他のレース~東京
8Rオリエンタル賞◎ニシノアモーレ=3連複17番1頭軸で、相手は、12、3、1、15、8、5。9Rシャングリラ賞◎アフターバーナー=3連複3番1頭軸で、相手は、2、8、13、10、5、7。10RウェルカムS◎マイネルラフレシア=3連複1番1頭軸で、相手は、9、5、8、3、6、4。11RジャパンC◎サウンズオブアース=3連複5番1頭軸で、相手は、4、1、13、11、2、9。

その他のレース~京都
8R◎ヴィッセン=3連複10番1頭軸で、相手は、4、14、8、15、2、6。10R渡月橋S◎ラプソディーア=3連複1番1頭軸で、相手は、15、2、11、14、4、10。11RオータムリーフS◎アールプロセス=3連複13番1頭軸で、相手は、6、10、2、4、11、5。

※展開シミュレーション11月25日分 [展開シミュレーション]
2017.11/25 フジマキ 記事URL
★東京12R
 前走鷹巣山特別(東京芝1600m)は、勝ち馬からコンマ3秒差の5着だったトーホウアイレス。開幕週で前半3ハロン36秒2でレースの上がり3ハロンタイムが33秒3と、先行馬有利な流れとなるなか、スタートで後手を踏んで、道中も外々を回る厳しい展開となるも、直線では上がり3ハロン32秒8の末脚を使ったように、休養明けで成長分を含めてもやや重め残りの仕上がりに加え、初の古馬戦で牡馬とのレースだったことを考えると、評価できる内容といえた。ひと叩きされた今回は、1400mに距離短縮されるが、気難しい面があるだけに、ラブターボ、レインボーラヴラヴの逃げ争いで前走より速い流れとなりそうなぶんレースがしやすいはず。デビュー2戦目のサフラン賞(東京芝1600m)で、アエロリット(NHKマイルC勝ち)に差し切り勝ちを収めたように、高い能力を秘めており、牝馬限定戦としては相手が揃った一戦も、互角以上の勝負が期待できる。相手は、アルミレーナ、ゴールドケープ、ペルソナリテ、ディメンシオン、アッラサルーテ、ライズスクリューの、3連複2番1頭軸、13、14、8、6、15、11のボックス。

その他のレース~東京
8R◎シンゼンドリーム=3連複4番1頭軸で、相手は、3、8、5、15、12、6。10R銀嶺S◎メリートーン=3連複15番1頭軸で、相手は、8、14、5、1、11、6。11RキャピタルS◎ロジチャリス=3連複11番1頭軸で、相手は、2、16、4、10、12、11。

その他のレース~京都
9R高雄S◎ライトファンタジア=3連複1番1頭軸で、相手は、3、10、5、6、13、9。10R花園S◎ウインユニファイド=3連複7番1頭軸で、相手は、4、3、2、6、1、9。11RラジオNIKKEI杯京都2歳S◎アイトーン=3連複4番1頭軸で、相手は、8、3、6、2、1、7。12R◎オブリゲーション=3連複3番1頭軸で、相手は、12、2、10、9、4、7。

 全26ページ中24 ページ   前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 [24] 25 26 次の10件