※展開シミュレーション3月3日分 [展開シミュレーション]
2018.03/03 フジマキ 記事URL
★中山12R
 昇級初戦となった前走(東京ダート1400m)は、9着に敗れたローレルジャック。ただ、外枠でダッシュひと息ながら、二の脚を使って先行争いに加わるも、重馬場とはいえ前半3ハロン34秒9と澱みのない流れで差し、追い込み馬が上位を占めるなか、外々を回らされる厳しい展開となったが、それでも勝ち馬からはコンマ5秒差まで粘ったように、レース間隔が開いていたことも考えれば、クラスのメドは立ったといえる内容。芝では今ひとつ成績が挙がらなかったものの、3走前(東京ダート1400m)に初めてダートに出走すると、勝ったヤマトワイルド(その後、1600万4着)からコンマ3秒差の2着となり、続く前々走(東京ダート1300m)では、同じ不良馬場だった前週1000万クラスと同タイムで、2、3着馬も次走勝ち上がるなど数字、内容とも評価できるレースで500万を勝ったように適性の高さを披露。今回は初の中山ダート1200m戦となるが、気性面からむしろプラスとなりそうで、アテンフェスタ、ラピットライズなどテンに行きたい馬が揃いハイペース必至も、揉まれなければ控えても競馬ができるはず。ひと叩きされてクラス2戦目と上積みが見込めるここは、勝ち負けまで期待できる。相手は、ダノンハイパワー、サウンドジャンゴ、ウインバローラス、マイネルエスパス、グランドポピー、シェアードの、3連複15番1頭軸、12、16、5、9、13、6のボックス。

その他のレース~中山
9R潮来特別◎コスモピクシス=3連複7番1頭軸で、相手は、8、9、10、1、2、6。10R上総S◎パルトネルラーフ=3連複8番1頭軸で、相手は、4、14、6、13、2、12。11RオーシャンS◎ラインミーティア=3連複2番1頭軸で、相手は、9、4、13、15、11、3。

その他のレース~阪神
9R千里山特別◎レッドイグニス=3連複1番1頭軸で、相手は、4、7、8、6、2。10R播磨S◎テンザワールド=3連複2番1頭軸で、相手は、11、5、8、10、3、16。11Rチューリップ賞◎シグナライズ=3連複8番1頭軸で、相手は、5、10、9、4、3。12R◎ダイシンバルカン=3連複1番1頭軸で、相手は、4、6、12、11、5、8。

その他のレース~小倉
10R呼子特別◎ピッツィカート=3連複5番1頭軸で、相手は、11、8、3、9、4、1。11R早鞆特別◎ランドハイパワー=3連複6番1頭軸で、相手は、13、4、9、10、2、7。12R唐戸特別◎ヤマニンリュウセイ=3連複4番1頭軸で、相手は、3、2、5、10、11、1。

※展開シミュレーション2月25日分 [展開シミュレーション]
2018.02/25 フジマキ 記事URL
★阪神11R阪急杯
 古馬となって初の重賞挑戦となった前走阪神C(阪神芝1400m)は、14着に終わったアポロノシンザン。ただ、前半3ハロン33秒6と同レース史上もっとも速い流れで、後続馬に、終始、突かれる形で逃げる厳しい展開となり、最後はレコードタイムでの決着となるなか、自身、残り1ハロンまで先頭に立ち、道中、2、3番手だった馬が、勝ち馬から1秒7差離されるなか、自身はコンマ9秒差まで粘ったように、着順以上に内容濃いレースぶりといえた。同じ条件となる今回は、ニシノラッシュ、ダイアナヘイローなど同型馬こそいるも、阪神Cのような競り合いになることは考え難く、マイペースでレースを作ることができるはず。また、開幕週だけに行き切れれば、馬場のいいインを通ることができることもプラスといえ、ここはスピードを存分に生かしての粘り込みが期待できる。相手は、レッドファルクス、モズアスコット、カラクレナイ、ヒルノデイバロー、ミッキーラブソング、ディバインコードの、3連複16番1頭軸、6、17、15、8、3、12のボックス。

その他のレース~中山
10RブラッドストーンS◎アシャカダイキ=3連複1番1頭軸で、相手は、3、5、6、7、8、4。11R中山記念◎マルターズアポジー=3連複8番1頭軸で、相手は、4、5、10、9、2、3。12R◎メイショウカイモン=3連複2番1頭軸で、相手は、3、12、1、8、5、14。

その他のレース~阪神
8R◎ニホンピロヘーゼル=3連複9番1頭軸で、相手は、8、11、12、5、1、4。10R伊丹S◎ホーリーブレイズ=3連複8番1頭軸で、相手は、2、15、11、10、12、13。12R◎メンターモード=3連複1番1頭軸で、相手は、4、15、13、12、11、16。

その他のレース~小倉
11R関門橋S◎ジャズファング=3連複5番1頭軸で、相手は、9、11、10、1、6、7。12R周防灘特別◎ウォーターラボ=3連複9番1頭軸で、相手は、16、11、10、5、2、7。

※展開シミュレーション2月24日分 [展開シミュレーション]
2018.02/24 フジマキ 記事URL
★阪神11R仁川S
 今年で明け9歳となるサンマルデュークだが、4走前師走S(中山ダート1800m)では、前半3ハロン36秒8でディアデルレイが逃げ切る流れのなか、出遅れて最後方から3コーナー過ぎで大外をまくり上げると、上がり3ハロン最速タイムと長く末脚を使い、勝ち馬からはコンマ7秒離されるも、2着馬とは同タイムの5着。前々走東海S(中京ダート1800m)も、前半3ハロン36秒7でやはりテイエムジンソクが逃げ切る展開のなか、直線で上がり3ハロン3番目に速い末脚で、3着馬とはクビ差の4着と衰えを感じさせないレースを披露。今回は、アドマイヤロケット、ロイヤルバンプ、スズカリバーと、揉まれずに先行したい馬が揃って、この馬向きのハイペースとなる可能性大。また、3走前ポルックスS(中山ダート1800m)、前走アルデバランS(京都ダート1900m)と、8、7着に敗れた近走の2戦は、ともに58kgの斤量を背負っていただけに、55kgのハンデで出走できるのも好材料。阪神コースの実績こそないも、コーナーが4つで直線に坂のあるコースはピッタリといえ、ここは大駆けが期待できる。相手は、ナムラアラシ、サンライズソア、マイネルオフィール、メイプルブラザー、オールマンリバー、シャイニービームの、3連複14番1頭軸、1、2、7、11、5、15のボックス。

その他のレース~中山
8R◎トラストエンジェル=3連複4番1頭軸で、相手は、6、3、14、10、13、5。10R富里特別◎オンタケハート=3連複6番1頭軸で、相手は、3、16、7、15、2、11。11RアクアマリンS◎シーズララバイ=3連複5番1頭軸で、相手は、9、14、8、12、1、13。12R◎クリノライメイ=3連複4番1頭軸で、相手は、5、11、8、13、7、10。

その他のレース~阪神
10R◎マーガレットS◎レグルドール=3連複9番1頭軸で、相手は、5、10、2、6、7、8。12R◎クィーンズベスト=3連複1番1頭軸で、相手は、2、10、3、8、11、5。

その他のレース~小倉
10Rくすのき賞◎モンサンフィエール=3連複12番1頭軸で、相手は、11、5、15、14、2、1。11R皿倉山特別◎アドマイヤメテオ=3連複9番1頭軸で、相手は、5、10、4、6、11、12。12R合馬特別◎レディギャング=3連複2番1頭軸で、相手は、14、7、15、5、1、11。

※展開シミュレーション2月18日分 [展開シミュレーション]
2018.02/18 フジマキ 記事URL
★東京11RフェブラリーS
 アウォーディーは、5歳秋にダート路線に矛先を変えて以降、6連勝でJBCクラシック(川崎ダート2100m)でGⅠを制すると、続くチャンピオンズC(中京ダート1800m)、東京大賞典(大井ダート2000m)でも連続2着となるなど一気に素質が開花。ただ、昨年ドバイ遠征後は、3、4、5、3着と、気ムラな面が目立ってしまい、一時の勢いがなくなった印象。今回は初めてのマイル戦で、テンに行きたい馬が揃い、序盤からハイペース必至の展開となりそうだが、忙しいぶん序盤から走る気が出るぶんプラスとなる可能性が高く、実績のある左回りに加え、芝スタートなのも好材料。前走川崎記念(川崎ダート2100m)では、上がり3ハロンで他馬よりコンマ3秒以上速い末脚を使ったように、明け8歳も能力の衰え自体はなく、距離短縮が刺激となりそうなここは大駆けが期待できる。相手は、ゴールドドリーム、サンライズノヴァ、ノンコノユメ、サウンドトゥルー、キングズガード、テイエムジンソクの、3連複4番1頭軸、14、16、12、5、9、10のボックス。

その他のレース~東京
8R◎サブライムカイザー=3連複1番1頭軸で、相手は、3、7、8、10、11、2。10RアメジストS◎ショウナンマルシェ=3連複3番1頭軸で、相手は、5、8、4、2、6、12。12R大島特別◎ワンダープラヤアン=3連複9番1頭軸で、相手は、10、13、14、6、15、12。

その他のレース~京都
9R春日特別◎メイショウミツボシ=3連複7番1頭軸で、相手は、5、3、8、10、12、6。10R斑鳩S◎ラズールリッキー=3連複2番1頭軸で、相手は、8、3、7、4、5、1。11R大和S◎ゴーインググレート=3連複13番1頭軸で、相手は、14、8、9、7、10、15。12R◎メイショウグロッケ=3連複8番1頭軸で、相手は、10、13、1、15、3、7。

その他のレース~小倉
11R小倉大賞典◎ダノンメジャー=3連複2番1頭軸で、相手は、1、13、14、4、5、6。12R紫川特別◎メイショウカリン=3連複17番1頭軸で、相手は、4、6、11、10、5、12。

※展開シミュレーション2月17日分 [展開シミュレーション]
2018.02/17 フジマキ 記事URL
★京都11R京都牝馬S
 昨年のこのレースで、格上挑戦ながら勝ち馬からコンマ3秒差の4着となったエスティタート。前半3ハロン35秒8と落ち着いた流れとなるなか、序盤でスムーズさを欠いて最後方の位置取りになり、フルゲートもあって直線入口では大外を回らされる厳しい展開となるも、そこから唯一、上がり3ハロンで33秒台の末脚を使って急追するうなど、着順以上に評価できるレースぶり。次走、心斎橋S(阪神芝1400m)で、ビップライブリー(京阪杯2着)を下して1600万を勝利するも、降級後は4、9、8着と今ひとつの成績に終わるも、前走石清水S(京都芝1400m)では、展開に恵まれたとはいえ、休養明けでやや余裕のある仕上げながら、勝ち馬からコンマ2秒差の2着と復調気配が伺えるもの。ひと叩きした今回は、アリンナ、ワンスインナムーン、ソルヴェイグ、エンジェルフェイスなど、テンに行きたい馬が揃い、昨年より澱みのない流れとなりそうで、スムーズに折り合いがついて、脚をためる競馬ができるはず。また、少頭数で外差しの利く馬場もプラスといえ、昨年同様、格上挑戦となるも互角以上の勝負が期待できる。相手は、ミスパンテール、デアレガーロ、オーヴィレール、サザナミ、ソルヴェイグ、ワンスインナムーンの、3連複12番1頭軸、8、10、1、7、3、2のボックス。

その他のレース~東京
10R白嶺S◎ナムラミラクル=3連複15番1頭軸で、相手は、10、3、8、1、12、14。11RダイヤモンドS◎トウシンモンステラ=3連複9番1頭軸で、相手は、8、14、5、3、6、1。12R◎ワイナルダム=3連複4番1頭軸で、相手は、8、7、5、6、10、12。

その他のレース~京都
8R◎メイショウテムズ=3連複9番1頭軸で、相手は、5、6、2、4、8、3。10R橿原S◎シンゼンスタチュー=3連複2番1頭軸で、相手は、1、14、9、10、12、8。12R◎シルバードリーム=3連複7番1頭軸で、相手は、4、8、13、1、3、10。

その他のレース~小倉
11R和布刈特別◎クレマンダルザス=3連複3番1頭軸で、相手は、5、1、11、8、7、10。12R大牟田特別◎ペプチドリリー=3連複4番1頭軸で、相手は、8、1、15、5、9、7。

※展開シミュレーション2月12日分 [展開シミュレーション]
2018.02/12 フジマキ 記事URL
★東京9Rテレビ山梨杯
 ナムラムラサキは、これまでに馬券に絡んだ4回が東京、新潟と直線の長い左回りコースの1800m戦。なかでも500万を勝った4走前(新潟芝1800m)は、前半3ハロン35秒2とこの条件としては平均ペースのなか、中団から直線で息長く末脚を伸ばし、後続にコンマ2秒差をつけたレースぶりはもちろん、ペースこそ違うとはいえ、前日1000万特別でも3着に相当。また、2着ヒストリアは、その後、500万、1000万を連勝、3着ミッキークロスも次走500万特別を勝ち上がるなど、数字、内容ともに評価できるもの。前々走山中湖特別(東京芝1800m)では、前半3ハロン36秒6とスローペースで、勝ち馬の決め手にこそ屈したとはいえ、好位から直線半ばで先頭に立つと、しぶとく脚を伸ばして後続の追撃を凌ぎ切るなど、展開不問で安定した走りを披露。前走オリエンタル賞(東京芝1800m)は、勝ち馬から1秒差の12着と崩れるも、牡馬混合戦に加え、小柄な牝馬だけに使い込んで調子が落ちていた感。ひと息入れて立て直した今回は、スマートプラネット、カービングパスの逃げ争いなら、極端なスローペースとはならないはずで、その直後から脚をためて、直線息長く末脚を使うこの馬向きの展開となりそう。得意条件で牝馬限定のここなら巻き返しが期待できる。相手は、レッドオルガ、イストワールファム、アドマイヤローザ、カービングパス、ウインクルサルーテ、ニシノアモーレの、3連複2番1頭軸、10、4、12、8、9、6のボックス。

その他のレース~東京
10R雲雀S◎マコトサダイジン=3連複8番1頭軸で、相手は、1、4、13、7、2、11。11RクイーンC◎テトラドラクマ=3連複6番1頭軸で、相手は、10、1、13、12、14、9。12R◎パイロキネシスト=3連複9番1頭軸で、相手は、5、11、4、12、13、7。

その他のレース~小倉
9R巌流島特別◎トーセンアルバータ=3連複4番1頭軸で、相手は、3、11、13、1、14、12。10R壇之浦特別◎ビービーブレスユー=3連複1番1頭軸で、相手は、9、4、15、3、17、16。11R門司S◎クールオープニング=3連複16番1頭軸で、相手は、9、12、5、6、15、8。12R◎バトルグランドリイ=3連複8番1頭軸で、相手は、15、18、16、5、1、3。

※展開シミュレーション2月11日分 [展開シミュレーション]
2018.02/11 フジマキ 記事URL
★東京9R初音S
 昨秋、同じ条件の東京芝1800m戦で、500万、1000万を連勝したサンティール。前々走は前半1000m61秒3と落ち着いた流れで、直線の決め手勝負となるなか、上がり3ハロン2番目に速い末脚を使い、開幕週ながら大外から一気に差し切り、前走オリエンタル賞は、前半1000m60秒2と平均ペースのなか、好位から競馬を進め、直線半ばで先頭に立つと、追い込んできた後続馬の追撃を凌ぎ切ったもの。昇級戦となるここは、同世代で実績を残した馬が多いが、自身、心身ともに幼い面があり、順調に使い込めなかったものの、初勝利直後に、京成杯(中山芝2000m)で7着ながら、勝ち馬からコンマ4秒差となったように、素質自体は遜色ないものを秘めているといってよい。ヤマカツグレース、サロニカなど先行馬こそいるも、テンに速い馬は不在で落ち着いた流れとなりそうだが、折り合い自体は問題のないタイプだけに、まともなら好位で脚をためる競馬ができるはず。また、前走から2ヵ月半ぶりの実戦も、気性面からむしろ好材料といえ、得意条件でいきなりから狙って妙味あり。相手は、インヘリットデール、ペイドメルヴェイユ、ハナレイムーン、ミリッサ、ヒストリア、オールヴァンドルの、3連複5番1頭軸、7、13、16、8、12、1のボックス。

その他のレース~東京
10RバレンタインS◎ラストダンサー=3連複14番1頭軸で、相手は、6、7、12、5、4、9。11R共同通信杯◎ブラゾンダムール=3連複7番1頭軸で、相手は、12、10、9、1、2、4。12R◎アオイシンゴ=3連複5番1頭軸で、相手は、7、8、4、1、12、11。
その他のレース~京都

9R宇治川特別◎タガノアスワド=3連複3番1頭軸で、相手は、16、4、15、6、7、9。10R松籟S◎マイネルレオーネ=3連複4番1頭軸で、相手は、5、7、2、9、1。11R京都記念◎クロコスミア=3連複7番1頭軸で、相手は、6、9、10、3、5、4。12R◎ワンダーサジェス=3連複1番1頭軸で、相手は、3、9、10、11、13、15。

※展開シミュレーション2月10日分 [展開シミュレーション]
2018.02/10 フジマキ 記事URL
★小倉12R
前走(中京ダート1800m)は、勝ち馬からコンマ7秒差の4着だったシンゼンガンプ。前半3ハロン36秒7と澱みのない流れのなか、3コーナー過ぎから早めに仕掛ける形で、直線、一旦は先頭に並びかけたが、最後はジリジリとした脚色に。今回は、これまで15、11着と今ひとつの成績に終わっている小倉ダート1700m戦となるが、1000万特別、休養明けと、ともに敗因はハッキリしており、マイネルネッツの単騎逃げながら、先行勢が早めに仕掛けて小回りらしい緩急の激しい流れも、前走の競馬ができればむしろピッタリといえる条件。また、現級で馬券となった3回がすべて稍重馬場だったのを始め、馬券に絡んだ7回のうち5回が脚抜きのいい道悪馬場と、雨予想で道悪となりそうなのもプラス材料。叩き3戦目で状態面も良化が伺えるだけに、ここは勝ち負けまで期待できる。相手は、マイネルネッツ、レッドウィズダム、イイデファイナル、ジェイケイライジン、メイショウナンプウ、オープンザウェイの、3連複2番1頭軸、8、13、16、15、5、9のボックス。

その他のレース~京都
8R◎ロッキーバローズ=3連複11番1頭軸で、相手は、9、6、4、8、2、7。10R琵琶湖特別◎ララエクラテール=3連複4番1頭軸で、相手は、8、9、7、2、12、11。11R洛陽S◎キョウヘイ=3連複6番1頭軸で、相手は、3、8、9、10、1、2。12R◎キタサンコンサート=3連複10番1頭軸で、相手は、4、7、9、3、5、2。

その他のレース~小倉
10R脊振山特別◎ジョーアラビカ=3連複1番1頭軸で、相手は、4、13、5、11、3、14。11R帆柱山特別◎プリティマックス=3連複2番1頭軸で、相手は、9、10、12、11、1、16。

※展開シミュレーション2月4日分 [展開シミュレーション]
2018.02/04 フジマキ 記事URL
★東京11R東京新聞杯
 今回と同じ条件だった昨春のヴィクトリアマイルで、GⅠを勝利したアドマイヤリード。稍重馬場とはいえ前半3ハロンが35秒6と同レース史上2番目に遅い流れとなるなか、道中は馬群の後方に控える競馬も、コースロスなく直線で上昇すると、上がり3ハロン33秒4と3番目に速い末脚を使い、後続にコンマ2秒差をつけたもの。小柄な牝馬らしい鋭い決め手を秘めているのはもちろん、馬群に入っても怯まない精神力の強さが長所。昨秋初戦となった府中牝馬S(東京芝1800m)は、勝ち馬からコンマ3秒差の3着も、56kgの斤量に加え、前半3ハロン36秒8と超スローペースで最内を通った逃げ馬が残る展開のなか、上がり3ハロン32秒9の最速タイムで追い込んで来たように見せ場十分のレースぶり。その後、目の外傷で休養に入り、久々の実戦となるが、トウショウピストの単騎逃げながら、先行馬も少ないないだけに、直線で馬群が一団となりそうで、この馬の決め手が生きる展開となりそう。また、これまで1、1、3着の稍重馬場や、54kgの斤量も好材料。このレースとしては好メンバーが揃った印象も、人気を落とすぶん妙味ある狙い馬といえる。相手は、クルーガー、グレーターロンドン、リスグラシュー、ダイワキャグニー、ハクサンルドルフ、ダノンプラチナの、3連複1番1頭軸、7、16、8、15、9、10のボックス。

その他のレース~東京
8R◎アストロノーティカ=3連複6番1頭軸で、相手は、3、11、1、2、7、15。10R金蹄S◎クロフネビームス=3連複4番1頭軸で、相手は、3、5、11、15、6、7。12R◎ワイナルダム=3連複4番1頭軸で、相手は、8、5、9、12、3、10。

その他のレース~京都
8R◎タイマツリ=3連複8番1頭軸で、相手は、7、6、12、13、15、10。10R河原町S◎スマートレイチェル=3連複9番1頭軸で、相手は、5、8、4、6、2、7。11Rきさらぎ賞◎ラセット=3連複4番1頭軸で、相手は、7、9、10、8、3、6。12R◎ショーウェイ=3連複5番1頭軸で、相手は、10、8、12、2、9、6。

※展開シミュレーション2月3日分 [展開シミュレーション]
2018.02/03 フジマキ 記事URL
★東京11R節分S
 前走初富士S(中山芝1800m)は、勝ち馬からコンマ2秒差の4着となったキャプテンペリー。前半3ハロン38秒7とスローペースのなか、向正面過ぎから早めにまくり上げて、直線手前で先頭に並びかけるも、最後は鋭い決め手比べに屈してしまった印象。ただ、自身、昇級初戦で休養明けで、さらに久々となる1800m戦だったことを考えると、クラスにメドは立てたといえるもの。今回は東京芝マイル戦となるが、これまで1、2、1着で、2着だった昨夏江ノ島特別では、勝ったクリアザトラックが、1600万2着。3着ストーミーシーが京都金杯5着、4着ポールヴァンドルが紫苑S3着と、上位馬がその後、上のクラスで結果を残しているなど高レベルの一戦。ここは、マイネルメリエンダ、アタランジーなど先行馬が手薄で落ち着いた流れとなりそうも、折り合い自体は問題なく、直線の長い東京なら好位でじっくり脚をためる競馬ができるはず。ひと叩きされた上積みはもちろん、前日の雪でやや時計がかかりそうな馬場もプラスだけに、互角以上の勝負が期待できる。相手は、ロジクライ、フィアーノロマーノ、アルジャンテ、ヒースインラブ、アタランジー、メイショウオワラの、3連複10番1頭軸、6、7、12、14、11、2のボックス。

その他のレース~東京
8R◎ゴールドブラッド=3連複15番1頭軸で、相手は、10、4、5、13、9、12。9R春菜賞◎レッドイリーゼ=3連複9番1頭軸で、相手は、2、12、8、10、14、3。10R箱根特別◎ウインテンダネス=3連複5番1頭軸で、相手は、4、10、9、14、16、8。12R◎ディアコンチェルト=3連複3番1頭軸で、相手は、8、6、7、12、4、15。

その他のレース~京都
8R◎ビービーアヴィド=3連複14番1頭軸で、相手は、6、12、4、7、15、5。9R稲荷特別◎ダノンディスタンス=3連複4番1頭軸で、相手は、10、2、1、9、6。11RアルデバランS◎シャイニービーム=3連複5番1頭軸で、相手は、10、2、9、13、1、16。12R◎クリノシャンポール=3連複7番1頭軸で、相手は、6、11、4、1、8、9。

 全26ページ中22 ページ   前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 [22] 23 24 25 26 次の10件