※展開シミュレーション4月7日分 [展開シミュレーション]
2018.04/07 フジマキ 記事URL
★中山12R
 今回と同条件だった前走は、9着に終わったカキツバタチグサ。ただ、最内枠から注文をつけてハナを奪うと、前半3ハロン33秒7と春開催でもっとも速いペースを作り出し、直線に入って後続馬に交わされてしまったが、それでも勝ち馬からはコンマ8秒差と、展開を考えると悪くないレースといえた。昨秋に去勢後も、気難しい面が出ている印象も、現級で2着2回3着2回となっているように、揉まれずに先行できればこのクラスでも十分通用。ここはツインプラネット、キタノユーリンと同型馬がいるも、極端な競り合いになることは考え難く、案外、好位からスムーズな競馬ができる可能性が高い。使いつつ状態面も上向いており、脚抜きのいい先行有利な馬場なら粘り込みが期待できる。相手は、ライラバード、トウショウデュエル、タイガーヴォーグ、キタノユーリン、ツインプラネット、レアリティバイオの、3連複15番1頭軸、6、1、4、16、10、9のボックス。

その他のレース~中山
10R湾岸S◎エスティーム=3連複6番1頭軸で、相手は、2、1、5、9、10、8。11RNZT◎アイスフィヨルド=3連複4番1頭軸で、相手は、5、8、14、12、10、6。

その他のレース~阪神
9R丹波特別◎ワンダープチュック=3連複8番1頭軸で、相手は、11、1、4、9、6。10R白鷺特別◎タガノシャルドネ=3連複7番1頭軸で、相手は、1、3、4、6、8。11R阪神牝馬S◎ジュールポレール=3連複1番1頭軸で、相手は、3、7、11、2、6、13。12R◎メイショウノボサン=3連複11番1頭軸で、相手は、5、16、10、14、9、6。

その他のレース~福島
10Rひめさゆり賞◎フィールインラヴ=3連複6番1頭軸で、相手は、2、4、8、10、3、9。11R吾妻小富士賞◎イチサルホープ=3連複10番1頭軸で、相手は、1、2、13、5、16、14。12R川俣特別◎ガウディウム=3連複16番1頭軸で、相手は、14、4、8、11、13、9。

※展開シミュレーション4月1日分 [展開シミュレーション]
2018.04/01 フジマキ 記事URL
★阪神12R鳴門S
 前走中山ダート1200m戦で1000万を勝ち上がったメイショウボンロクだが、これ以前に馬券となったのは、地方時を含めてすべて1400m戦。昨夏清里特別(東京ダート1400m)では、大外枠でダッシュがつかず、終始、後方から外々を回る厳しい展開も、上がり3ハロン2番目に速い末脚で、勝ったサトノファンタシー(オープン勝ち)からコンマ4秒差の3着で、2着ファッショニスタとはコンマ2秒差。また、今回と同じ阪神では、やはり昨夏洲本特別では、上がり3ハロン最速タイムの末脚を使い、勝ち馬からクビ差の2着で、ペースこそ違うとはいえ、翌週の1600万特別よりコンマ6秒も速い時計で走破するなど、これまで4、2、5着で、勝ち馬との着差もコンマ4秒以内と安定した走りを披露。昇級戦となるここは、ヨウライフク、ツーエムマイスターの逃げ争いに、スリーインマニラ、メイショウサチシオなどの先行馬がピッタリとマークする展開なら、澱みのないこの馬向きの流れとなりそう。また、時計がかかる馬場もプラスといえ、いきなりから狙って妙味ありだ。相手は、ファッショニスタ、メイショウサチシオ、テイエムグッドマン、メリートーン、カネトシビバーチェ、ダンツゴウユウの、3連複14番1頭軸、6、2、3、1、11、8のボックス。

その他のレース~中山
10R伏竜S◎ワカミヤオウジ=3連複9番1頭軸で、相手は、7、4、2、6、8。11R船橋S◎シーズララバイ=3連複11番1頭軸で、相手は、5、1、12、7、10、14。12R◎フジゴウカイ=3連複11番1頭軸で、相手は、9、8、10、12、15、16。

その他のレース~阪神
8R◎シェアード=3連複14番1頭軸で、相手は、12、9、5、10、6、1。9R明石特別◎モンドシャルナ=3連複8番1頭軸で、相手は、5、6、1、3、4。10R御堂筋S◎マイネルレオーネ=3連複9番1頭軸で、相手は、11、4、5、7、6、3。11R大阪杯◎スマートレイアー=3連複6番1頭軸で、相手は、5、8、2、14、15、1。

※展開シミュレーション3月31日分 [展開シミュレーション]
2018.03/31 フジマキ 記事URL
★中山11Rダービー卿CT
 前走ニューイヤーC(中山芝1600m)が、1年4ヵ月ぶりの実戦となったアデイインザライフ。前半3ハロン35秒8とスローペースとなるなか、発馬で後手を踏んでしまい、道中は大外枠もあって折り合いに苦労して、直線入口で先頭に並びかけるなど、なし崩しに脚を使わされる展開。それでも坂を上がってからもうひと伸びを見せて、7着とはいえ、勝ち馬からはコンマ3秒差。58kgの斤量で3年ぶりとなるマイル戦だったことを合わせると、見どころあるレースぶりといえた。引き続き中山マイル戦となる今回は、マルターズアポジーの逃げなら平均ペース以上となることは確実だけに、スムーズに折り合いをつけて競馬ができるはず。新潟記念(新潟芝2000m)で重賞勝ちがあるように、直線の長いコース向きの印象だが、中山コースも【2202】で、京成杯、弥生賞と重賞でともに3着があるように実績も十分。前走から2ヵ月半ぶりと再び間隔が開くも、前走時とは違い、中間もウッドコースで乗り込んでいるように状態面も上向いており、斤量も背負いなれた57kgなら勝ち負けまで期待できる。相手は、グレーターロンドン、ヒーズインラブ、レッドアンシェル、ストーミーシー、キャンベルジュニア、マルターズアポジーの、3連複1番1頭軸、4、9、2、15、3、13のボックス。

その他のレース~中山
8R◎リンガスヴィグラス=3連複15番1頭軸で、相手は、14、9、13、6、12、5。10R千葉日報杯◎アイファープリティ=3連複2番1頭軸で、相手は、8、1、7、3、6、9。12R◎メガフレア=3連複9番1頭軸で、相手は、13、11、3、8、4、1。

その他のレース~阪神
8R三木ホースランドパークJS◎マイネルヴォーダン=3連複3番1頭軸で、相手は、5、4、8、9、1、6。10R仲春特別◎ブリクスト=3連複5番1頭軸で、相手は、10、1、4、3、7、2。11RコーラルS◎エポック=3連複5番1頭軸で、相手は、9、2、6、15、4、12。12R◎タマモアタック=3連複2番1頭軸で、相手は、5、7、1、10、16、8。

※展開シミュレーション3月25日分 [展開シミュレーション]
2018.03/25 フジマキ 記事URL
★中京11R高松宮記念
 初来日となった昨秋スプリンターズS(中山芝1200m)で、勝ち馬からコンマ2秒差の5着となったブリザード。前半3ハロン33秒9と同日1000万クラスよりコンマ5秒も遅い流れのなか、スタートで挟まれて後手を踏んでしまい、その後、外々から早々になし崩しに脚を使わされる形となったが、それでも直線坂を上がってからも末脚を伸ばしていたように、スムーズさを欠く競馬ながら能力の高さは示した印象。続く香港スプリント(シャティン芝1200m)では、中団から息長く末脚を伸ばし3着となり、レッツゴードンキ(6着)に先着するなど、GⅠ勝ちこそないも、層の厚い香港スプリント路線で結果を残している。今回はネロ、セイウンコウセイ、ダイアナヘイローなど、テンに行きたい馬が揃い、ハイペース必至とこの馬向きの展開となりそう。また、良馬場ながら多少時計を要する馬場や、内枠も馬群で脚をためることができるぶん好材料。前走後はこのレースを照準に合わせて調整されており、二度目の日本競馬で慣れも見込めるここは互角以上の勝負ができる。相手は、レッドファルクス、レッツゴードンキ、ダンスディレクター、シャイニングレイ、ファインニードル、レーヌミノルの、3連複3番1頭軸、6、8、11、16、9、13のボックス。

その他のレース~中山
10R美浦S◎ショウナンマルシェ=3連複3番1頭軸で、相手は、7、1、6、8、2、9。11RマーチS◎サクラルコール=3連複5番1頭軸で、相手は、13、8、10、15、12、14。12R◎フクノグリュック=3連複14番1頭軸で、相手は、1、13、7、10、4、2。

その他のレース~阪神
9R四国新聞杯◎レイズアベール=3連複4番1頭軸で、相手は、1、2、7、6、5。10R淀屋橋S◎テイエムゲッタドン=3連複3番1頭軸で、相手は、2、11、10、4、6、1。11R六甲S◎タイムトリップ=3連複5番1頭軸で、相手は、10、1、3、2、4、9。12Rダンサクドゥーロ=3連複15番1頭軸で、相手は、12、4、8、7、14、5。

その他のレース~中京
9R刈谷特別◎ヴィータファン=3連複15番1頭軸で、相手は、1、8、16、9、5、3。12R鈴鹿特別◎アシャカセルクル=3連複14番1頭軸で、相手は、9、6、2、10、15、7。

※展開シミュレーション3月24日分 [展開シミュレーション]
2018.03/24 フジマキ 記事URL
★中京11R名古屋城S

 前走甲南S(阪神ダート2000m)は、勝ち馬から1秒差の5着だったスマートボムシェル。前半3ハロン34秒9とかなりのハイペースで、差し、追い込み馬が上位を占める展開となるなか、最後は距離が長かったこともあり一杯となってしまうも、3コーナー過ぎで外々を回ってまくり上げて、直線、一旦は先頭に立つなど見せ場十分のレースぶり。今回は、現級で唯一馬券に絡んだ昨夏白川郷Sと同じ中京ダート1800m戦に替わり、タガノグルナ、カルムパシオン、ディープオーパスなど、テンに行きたい馬が揃い、やはり澱みのない流れとなりそうだが、序盤でじっくり脚をためることができれば、追って息長くしぶとい脚が使えるタイプだけに、上がりの速い決着となるより好材料。暖かくなって馬体も絞れ、状態面も上向いているだけに、ここは好勝負が期待できる。相手は、レッドオルバース、ショートストーリー、バイタルフォース、メイプルレインボー、ウインユニファイド、ディープオーパスの、3連複15番1頭軸、2、11、1、13、6、4のボックス。

その他のレース~中山
10R春風S◎インディーズゲーム=3連複1番1頭軸で、相手は、3、8、4、5、15、13。11R日経賞◎ガンコ=3連複12番1頭軸で、相手は、7、4、14、11、9、15。12R◎クリノフウジン=3連複6番1頭軸で、相手は、8、9、3、5、4、10。

その他のレース~阪神
10R天神橋特別◎エメラルスター=3連複5番1頭軸で、相手は、6、10、2、8、9、11。11R毎日杯◎シャルドネゴールド=3連複4番1頭軸で、相手は、1、3、7、5、6、10。12R◎イナズママンボ=3連複12番1頭軸で、相手は、10、3、8、1、7、2。

その他のレース~中京
9R◎バルコラベーロ=3連複8番1頭軸で、相手は、9、7、12、15、4、5。12R岡崎特別◎ディアエナ=3連複9番1頭軸で、相手は、2、18、3、15、6、5。

※展開シミュレーション3月18日分 [展開シミュレーション]
2018.03/18 フジマキ 記事URL
★中山12R
 休養明けで初の古馬戦となった前走(中山ダート1800m)は、勝ち馬から2秒3差の9着に敗れたアナザートゥルース。ただ、自身、去勢明けながら馬体重が増えていたように、仕上がり途上の状態だったのはもちろん、レースも前半3ハロン36秒6と同開催でもっとも速い流れとなるなか、道中、先行集団に位置し、直線手前で外から仕掛ける厳しい展開だったもの。今回も3ヵ月間隔が開いたが、中間の内容からも前走より能力を発揮できる仕上がりといえ、アスタリスク、グッドラックサマーなどの先行争いも、前走よりは流れが落ち着くはずで、スムーズに好位から競馬ができそう。昨春同条件で500万を勝った3走前は、2着サノサマーが1000万で3、2、3着。3着ナンヨープルートー、9着ダンツゴウユウが1000万特別を勝ち上がり、4~6着馬も500万クラスを勝利するなどレベルの高い一戦。さらに半兄にサウンドトゥルー、ルールソヴァールと重賞勝ちがいる血統からも素質が高いことは間違いなく、ここは妙味ある狙い馬といえる。相手は、グッドラックサマー、ピックミータッチ、アスタリスク、クロノスタシス、エグジットラック、コトブキホープの、3連複11番1頭軸、3、13、12、5、8、16のボックス。

その他のレース~中山
9R幕張S◎チャンピオンルパン=3連複4番1頭軸で、相手は、9、3、12、1、7、8。10R千葉S◎グレイトチャーター=3連複13番1頭軸で、相手は、12、4、11、8、9、16。11RスプリングS◎マイネルファンロン=3連複12番1頭軸で、相手は、6、8、5、2、11、13。

その他のレース~阪神
9R山陽特別◎プルメリアスター=3連複3番1頭軸で、相手は、2、1、9、6、7。10R但馬S◎スズカルパン=3連複1番1頭軸で、相手は、8、9、3、6、4、2。11R阪神大賞典◎シホウ=3連複3番1頭軸で、相手は、7、8、10、9、6。12R◎ダブルコーク=3連複10番1頭軸で、相手は、16、12、6、14、9、3。

その他のレース~中京
11R小牧特別◎キミノナハセンター=3連複10番1頭軸で、相手は、3、7、5、4、6、9。12R豊橋特別◎ウイングアクティブ=3連複13番1頭軸で、相手は、11、15、17、2、12、16。

※展開シミュレーション3月17日分 [展開シミュレーション]
2018.03/17 フジマキ 記事URL
★中京12R恵那特別
 デビュー2戦目以来、久々の1200m戦となった前走(京都ダート1200m)で、勝ち馬からコンマ2秒差の4着となったスターカットダイヤ。前半3ハロン34秒8とハイペースのなか、逃げ争いをマークする形で追走し、直線早々で逃げ馬を捕らえかけるも、前走からひと息入っていたこともあり、最後は脚色が鈍ってしまったが、この距離の速い流れでも先行できたように、この条件でもメドを立てたといえるもの。今回は1400m戦とはいえ、昨春沈丁花賞で500万を勝ち上がり、香嵐渓特別では現級3着となるなど、得意としている中京コースに替わり、逃げ馬がメイショウカロッタだけで、すんなり先手を奪えそうな展開も好材料。また、レース間隔を詰めて使えるだけに上積みも見込め、前日までの雨で脚抜きのいい馬場もプラスといえ、ここは好勝負が期待できる。相手は、キタサンガンバ、ビバラビダ、ミカエルシチー、ベルクリア、メイショウタラチネ、メイショウテンセイの、3連複12番1頭軸、6、5、16、2、11、14のボックス。

その他のレース~中山
9R鎌ヶ谷特別◎トーホウアイレス=3連複7番1頭軸で、相手は、6、3、1、4、8。10R韓国馬事会杯◎トウカイエントリー=3連複13番1頭軸で、相手は、11、1、8、5、15、2。11RフラワーC◎ウスベニノキミ=3連複7番1頭軸で、相手は、4、1、5、9、3、10。12R◎ヴィーグリーズ=3連複2番1頭軸で、相手は、8、13、11、15、1、9。

その他のレース~阪神
9R須磨特別◎ワンダープチュック=3連複2番1頭軸で、相手は、1、9、5、8、4、7。10RなにわS◎グラッブユアコート=3連複11番1頭軸で、相手は、12、8、13、9、6、2。11R若葉S◎ダブルシャープ=3連複8番1頭軸で、相手は、12、2、9、6、4、11。12R◎ティープラズマ=3連複7番1頭軸で、相手は、4、3、2、10、11、6。

その他のレース~中京
10R伊勢特別◎ダンカン=3連複6番1頭軸で、相手は、15、12、2、8、9、14。11RファルコンS◎ミスターメロディ=3連複10番1頭軸で、相手は、9、1、11、8、4、6。

※展開シミュレーション3月11日分 [展開シミュレーション]
2018.03/11 フジマキ 記事URL
★中京12R賢島特別
 前走(東京芝1800m)で500万を勝ち上がったジュンヴァリアス。4ヵ月半ぶりの実戦で馬体重が24kg増と、成長分を考えても余裕のある仕上がりで、レースもダッシュがつかず後方からの競馬となり、前半3ハロン35秒9と澱みのない流れだったとはいえ、直線外へ持ち出すと上がり3ハロンで他馬よりコンマ4秒以上速い末脚を使って、後続にコンマ3秒差をつける強い内容で、勝ち時計も同日の1600万特別や共同通信杯より速かったもの。今回とお同じ中京芝1600m戦だったこうやまき賞で、ペルシアンナイト(マイルCS勝ち)からコンマ2秒差の2着。続くセントポーリア賞(東京芝1800m)でも、ダイワキャグニー(東京新聞杯3着)からコンマ4秒差の3着となるなど、2、3歳時には、一線級の馬と互角の勝負を演じるも、その後は今ひとつの成績に終わっていたが、ひと息入れたことで復調した印象。ここはアドマイヤリアル、サバイバルポケット、ホノルアと先手を取りたい馬がいるだけに、極端なスローペースになることは考え難く、道中、じっくり脚をためて末脚を生かすこの馬向きの展開となりそう。叩いた上積みも見込めるだけに、昇級初戦もいきなりから狙って妙味ありだ。相手は、レッドオルガ、ペルソナリテ、チトニア、エイシンスレイマン、チャレアータ、アドマイヤリアルの、3連複4番1頭軸、1、2、8、3、10、5のボックス。

その他のレース~中山
9R館山特別◎フリージングレイン=3連複2番1頭軸で、相手は、6、5、12、4、13、3。10R東風S◎タイセイサミット=3連複4番1頭軸で、相手は、7、1、11、12、6、3。11RアネモネS◎ノーブルアース=3連複2番1頭軸で、相手は、5、13、8、7、1、9。12R◎アスタースウィング=3連複13番1頭軸で、相手は、3、1、11、16、12、7。

その他のレース~阪神
9R淡路特別◎ララエクラテール=3連複9番1頭軸で、相手は、6、4、7、3、1。10R甲南S◎ビッグアイランド=3連複12番1頭軸で、相手は、3、10、13、9、2、4。11Rフィリーズレビュー◎アリア=3連複18番1頭軸で、相手は、9、10、7、16、6、14。12R◎メイショウグンパイ=3連複13番1頭軸で、相手は、7、16、9、8、6、15。

その他のレース~中京
11R金鯱賞◎ブレスジャーニー=3連複3番1頭軸で、相手は、9、7、5、1、2、6。

※展開シミュレーション3月10日分 [展開シミュレーション]
2018.03/09 フジマキ 記事URL
★中山11R中山牝馬S
 エンジェルフェイスは、1年ぶりの実戦となった前々走新春S(京都芝1600m)で、前半3ハロン36秒4とスローペースの逃げに持ち込めたとはいえ最後までしぶとく粘り込って勝利すると、前走京都牝馬S(京都芝1400m)では、初の1400m戦で大外枠もあってか控える競馬となり、鋭い決め手勝負とこの馬に不向きな展開となりながらも、息長く末脚を使って、勝ち馬からコンマ2秒差の4着まで迫るなど、久々の重賞でベストとはいえない条件を考えると評価できるレースぶり。今回は3歳時にフラワーCで重賞勝ちした中山芝1800m戦に替わり、カワキタエンカの逃げに、オートクレール、シャルールなどが追走して澱みのない流れとなりそうだが、前走のように控える競馬ができればむしろ絶好の展開。道悪も他馬が苦にするぶんプラス。全姉レディアルバローザが、4、5歳時に連覇、半姉キャトルフィーユも5歳時に2着と、姉2頭がともにこのレースで実績を残しており、叩き3戦目で状態も上向いているここは、互角以上の勝負が期待できる。相手は、マキシマムドパリ、エテルナミノル、ワンブレスアウェイ、トーセンビクトリー、フロンテアクイーン、レイホーロマンスの、3連複7番1頭軸、4、1、11、2、6、10のボックス。

その他のレース~中山
9R房総特別◎トーホウハニー=3連複14番1頭軸で、相手は、13、3、6、16、12、8。10RサンシャインS◎フェイズベロシティ=3連複12番1頭軸で、相手は、1、6、3、10、9、2。12R◎モンストルコント=3連複2番1頭軸で、相手は、1、9、8、7、5、6。

その他のレース~阪神
8R阪神スプリングJ◎リスヴェリアート=3連複8番1頭軸で、相手は、2、7、5、3、1。10RうずしおS◎アンドリエッテ=3連複3番1頭軸で、相手は、2、9、7、4、8、1。11RポラリスS◎サトノファンタシー=3連複14番1頭軸で、相手は、9、11、1、12、4、13。12R◎メイショウナンプウ=3連複2番1頭軸で、相手は、6、3、13、11、8、5。

その他のレース~中京
11RトリトンS◎ツーエムマイスター=3連複10番1頭軸で、相手は、5、12、7、8、17、11。12R瀬戸特別◎コティニャック=3連複9番1頭軸で、相手は、1、13、5、8、10、4。

※展開シミュレーション3月4日分 [展開シミュレーション]
2018.03/04 フジマキ 記事URL
★中山10R総武S
同じ条件の前走招福Sで1600万クラスを勝ち上がったサクラルコール。前半3ハロン35秒4とハイペースだったとはいえ、上がり3ハロンで他馬よりコンマ5秒以上も速い末脚を使い、翌日のオープン特別と同タイムと優秀なものだった。昇級となる今回は、ドリームキラリ、コパノチャーリーと、テンに速いの逃げ争いに、先行タイプも揃っており、澱みのないこの馬向き流れとなりそう。明け7歳も使い込んでいないぶん衰えはなく、いきなりから好勝負が期待できる。相手は、クインズサターン、センチュリオン、コスモカナディアン、タムロミラクル、タガノヴェリテ、ブレスアロットの、3連複3番1頭軸、10、4、16、14、11、7のボックス。

その他のレース~中山
8R◎アッキー=3連複7番1頭軸で、相手は、6、13、5、12、10、9。11R弥生賞◎サンリヴァル=3連複10番1頭軸で、相手は、8、9、3、1、4。12R◎サバイバルポケット=3連複3番1頭軸で、相手は、9、2、4、8、6、5。

その他のレース~阪神
10R武庫川S◎マコトサダイジン=3連複9番1頭軸で、相手は、5、4、1、3、7、8。11R大阪城S◎バンドワゴン=3連複4番1頭軸で、相手は、5、7、2、11、10、3。12R◎ミエノインパルス=3連複14番1頭軸で、相手は、7、3、2、10、6、8。

その他のレース~小倉
9R◎ジュブリーユ=3連複13番1頭軸で、相手は、8、5、4、6、12、11。11R大宰府特別◎レッドベリンダ=3連複2番1頭軸で、相手は、9、1、5、12、6、10。12R八代特別◎プラチナコード=3連複3番1頭軸で、相手は、10、11、1、4、2、6。

 全26ページ中21 ページ   前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 [21] 22 23 24 25 26 次の10件