※展開シミュレーション5月12日分 [展開シミュレーション]
2018.05/12 フジマキ 記事URL
★新潟12R石打特別
 今冬復帰後、小倉を2戦使って、勝ち馬からコンマ3、6秒差の4、5着のムーンザムーン。前々走(小倉芝1800m)は、休養明けで太めの馬体に加えて、前半3ハロン37秒1とスローペースとなるなか、3コーナー過ぎで仕掛け、直線でも上がり3ハロン2番目に速い末脚を使い、前走(小倉芝2000m)は、距離が延びた上に、前半3ハロン37秒5とさらに落ち着いた流れもあり、向正面から動く形となり、上がり3ハロンでは3番目に速い時計も、最後は脚色が鈍ってしまったもの。ともにスローペースということもあったが、それ以上に小回りコースで早めに仕掛ける、この馬にとって厳しい条件。今回は新潟芝1800m戦となるが、上がり3ハロンで他馬よりコンマ5秒以上も速い末脚で初勝利を挙げた未勝利戦や、上がり3ハロン2番目に速い末脚で、勝ち馬からコンマ1秒差の3着となったスイートピーSが、同じ左回りで直線の長い東京芝1800m戦だったことを考えると、コース替わりは大きなプラス材料。レーヌジャルダンなど逃げ馬こそいるも、この条件らしく落ち着いた流れとなりそうだが、ギリギリまで脚をためることができるのはもちろん、差しが利く馬場で直線も馬群がバラける展開なら問題なく、叩き3戦目で引き続き牝馬限定戦なら、勝ち負けまで期待できる。相手は、アドヴェントス、エリティエール、チカノワール、フライングレディ、ナルハヤ、ショウナンサザナミの、3連複7番1頭軸、8、6、10、13、12、3のボックス。

その他のレース~東京
10R緑風S◎グランドサッシュ=3連複3番1頭軸で、相手は、7、10、11、4、1、12。11R京王杯SC◎ムーンクエイク=3連複5番1頭軸で、相手は、15、6、8、12、1、11。12R◎インザバブル=3連複16番1頭軸で、相手は、5、1、4、6、7、14。

その他のレース~京都
9Rあやめ賞◎ロンス=3連複5番1頭軸で、相手は、1、8、2、7、3。10R蹴上特別◎タマモアタック=3連複4番1頭軸で、相手は、3、1、5、6、10、9。11R都大路S◎エアアンセム=3連複1番1頭軸で、相手は、7、2、14、9、4、12。12R◎マイネルラック=3連複11番1頭軸で、相手は、10、3、1、6、5、2。

その他のレース~新潟
9R◎パガットケーブ=3連複10番1頭軸で、相手は、13、7、5、8、9、1。11R火打山特別◎グレートブレス=3連複14番1頭軸で、相手は、11、15、3、8、2、7。

※展開シミュレーション5月6日分 [展開シミュレーション]
2018.05/06 フジマキ 記事URL
★京都11R鞍馬S
 オープンに昇級後は、9、4、6、10着に終わっているグレイトチャーター。ただ、4走前ラピスラズリS(中山芝1200m)は、レース前からイレ込みが目立ち、その影響もあってかレースでも行きたがったもので、前走千葉S(中山ダート1200m)は初のダート戦と参考外。ともに今回と同じ京都芝1200m戦だった3走前淀短距離Sは、前半3ハロン34秒7のスローペースで、直線では窮屈になる場面がありながらも、上がり3ハロン最速タイムの末脚を使い、勝ち馬からはコンマ4秒差で、前々走シルクロードS(京都芝1200m)は、初の重賞挑戦で勝ち馬が高松宮記念も制するなどレベルの高い相手のなか、勝ち馬からはコンマ5秒差も、2着馬とはコンマ2秒差と、結果以上に評価できる内容。ここは、アクティブミノル、オールインワン、セカンドテーブル、アリンナなど先手を取りたい馬が揃い、澱みのない流れとなりそう。前走からひと息入るも、調教からは力を出せる状態だけに、互角以上の勝負が期待できる。相手は、セカンドテーブル、カラクレナイ、ヤマカツグレース、ナリタスターワン、アレスバローズ、コウエイタケルの、3連複6番1頭軸、10、5、12、13、7、9のボックス。

その他のレース~東京
9R湘南S◎ハナレイムーン=3連複7番1頭軸で、相手は、1、3、8、11、5、4。10RブリリアントS◎ロイヤルバンプ=3連複16番1頭軸で、相手は、11、15、2、4、13、5。11RNHKマイルC◎レッドヴェイロン=3連複17番1頭軸で、相手は、7、5、3、10、9、8。12R立川特別◎ノーモアゲーム=3連複4番1頭軸で、相手は、3、14、7、12、1、15。

その他のレース~京都
10R上賀茂S◎アンデスクイーン=3連複8番1頭軸で、相手は、13、15、5、1、14、10。12R◎ヴェゼール=3連複2番1頭軸で、相手は、1、4、11、8、10。

その他のレース~新潟
10R三条特別◎ヒロシゲグローリー=3連複2番1頭軸で、相手は、7、15、3、1、13、8。11R新潟大賞典◎カレンラストショー=3連複7番1頭軸で、相手は、8、10、1、2、12、11。12R八海山特別◎サンビショップ=3連複12番1頭軸で、相手は、14、8、7、15、4、11。

※展開シミュレーション5月5日分 [展開シミュレーション]
2018.05/05 フジマキ 記事URL
★新潟11R駿風S
 ニシオボヌールは、昨冬芝1200m戦に路線変更後、京都で500、1000万を勝利し、現級でも桂川Sで勝ち馬からコンマ2秒差の2着で、3走前山城Sでも勝ち馬からコンマ3秒差の4着。ダートでも馬券に絡んだのが京都、小倉、函館だった一方、中山、阪神ではすべて着外と、スピードがある反面、やや単調さが目立つタイプ。今回は初の新潟直線レースとなるが、適性が高い可能性大。また、時計がかかる馬場や、一昨年夏に500万特別で2着となって以来となるブリンカー着用もプラスとなりそうで、ここは大駆けが期待できる。相手は、ナインテイルズ、ダイメイプリンセス、オーヴィレール、スペチアーレ、ヨンカー、ブラックバードの、3連複14番1頭軸、15、10、12、8、6、2のボックス。

その他のレース~東京
9R立夏S◎フィールザプリティ=3連複1番1頭軸で、相手は、10、11、5、14、2、13。10RメトロポリタンS◎アルター=3連複8番1頭軸で、相手は、3、6、10、9、5、1。11RプリンシパルS◎ジャックローズ=3連複1番1頭軸で、相手は、8、4、13、6、9、5。12R◎アッキー=3連複5番1頭軸で、相手は、4、8、12、10、11、7。

その他のレース~京都
9R鴨川特別◎メイショウオオゼキ=3連複1番1頭軸で、相手は、7、3、9、4、2。10RパールS◎アンドリエッテ=3連複6番1頭軸で、相手は、5、3、1、8、7。11R京都新聞杯◎レノヴァール=3連複3番1頭軸で、相手は、15、11、1、7、13、4。12R◎マンハッタンロック=3連複11番1頭軸で、相手は、2、1、7、16、6、15。

その他のレース~新潟
10Rわらび賞◎テーオーフォース=3連複3番1頭軸で、相手は、7、6、9、1、2、4。12R二王子特別◎ペガーズ=3連複6番1頭軸で、相手は、11、12、1、9、8、7。

※展開シミュレーション4月29日分 [展開シミュレーション]
2018.04/29 フジマキ 記事URL
★京都11R天皇賞春
 初の重賞挑戦となった、前走日経賞(中山芝2500m)で、勝ち馬からコンマ1秒差の2着となったチェスナットコート。前半3ハロン37秒2とスローペースとなるなか、道中は中団でじっくり脚をためて、直線手前で外に出しながら追い出すと、上がり3ハロン2番目に速い末脚を使い、先行して粘るガンコを急追。以前は口向きが悪かったこともあり、左回りの広いコースでしか良積を挙げていなかったが、展開はもちろんのこと、右回りの中山に加え、コーナーが6つあるトリッキーなコースで結果を残したように、ここに来て本格化してきた印象。今回は京都芝3200m戦となるが、広い外回りコースはプラスといえ、折り合いに不安のないタイプだけに距離も問題なし。また、ヤマカツライデンの逃げに、カレンミロティック、ガンコ、トミケンスラーヴァなどが追走する展開なら、極端なスローペースとはならないはずで、息長い末脚が武器のこの馬向きの流れとなりそう。初のGⅠ挑戦も、例年より実績馬が少ない組み合わせだけに、互角以上の勝負が期待できる。相手は、シュヴァルグラン、ガンコ、サトノクロニクル、クリンチャー、アルバート、レインボーラインの、3連複2番1頭軸、11、6、10、8、14、12。

その他のレース~東京
10R晩春S◎パルティトゥーラ=3連複7番1頭軸で、相手は、11、5、15、1、18、17。11RスイートピーS◎ロフティフレーズ=3連複5番1頭軸で、相手は、3、7、9、6、1、11。12R◎ウォーターマーズ=3連複3番1頭軸で、相手は、12、11、8、1、15、5。

その他のレース~京都
8R鷹ヶ峰特別◎ジョーマイク=3連複7番1頭軸で、相手は、5、3、1、2、10、11。10R端午S◎メイショウラビエ=3連複8番1頭軸で、相手は、9、7、11、3、12、5。12R高瀬川S◎ローゼンタール=3連複13番1頭軸で、相手は、11、10、6、4、7、5。

その他のレース~新潟
10R五泉特別◎サンタナブルー=3連複1番1頭軸で、相手は、7、3、14、11、10、13。11R谷川岳S◎クラリティシチー=3連複16番1頭軸で、相手は、1、13、7、11、3、14。12R中ノ岳特別◎ドリームリヴァール=3連複4番1頭軸で、相手は、12、5、9、15、13、14。

※展開シミュレーション4月28日分 [展開シミュレーション]
2018.04/28 フジマキ 記事URL
★東京12R

 前走、今回と同じ東京ダート1400m戦で500万を勝ち上がったプッシュアゲン。前半3ハロン35秒7と不良馬場を考えると落ち着いた流れとなるなか、道中、馬群の中団で脚をためると、直線外へ持ち出して上がり3ハロン最速タイムの末脚で抜け出して押し切った。時計は水準級もコンマ1秒差だった2着馬が、次走すぐに勝ち上がり、1000万クラスでも4着と好走したように、レース内容は評価できるもの。500万を勝ち上がるのに時間を要したが、昨秋以降、2着3回3着1回4着2回と安定した走りを披露。昇級初戦となるここは、レッドオーガー、リスペクトアース、ホノカなどテンに行きたい馬が揃った上に先行タイプも多く、ハイペース必至とこの馬向きの展開となりそう。3ヵ月ぶりの実戦も、過去、休養明けで2、3着と、大型馬ながら鉄砲駆けするタイプ。また、前走同様、武藤騎手騎乗で斤量が軽くなるのもプラスで、相手なりに走ることができる強みを生かして、いきなりから狙って妙味ありだ。相手は、ダブルコーク、アンティノウス、スズカフューラー、キンイロジャッカル、サンキュー、フクノグリュックの、3連複7番1頭軸、1、6、13、2、15、14のボックス。

その他のレース~東京
9R秩父特別◎ジェネラルゴシップ=3連複3番1頭軸で、相手は、4、9、2、7、6。10R春光S◎トウカイエントリー=3連複3番1頭軸で、相手は、9、6、7、12、2、4。11R青葉賞◎ゴーフォザサミット=3連複9番1頭軸で、相手は、10、3、8、18、12、4。

その他のレース~京都
10R烏丸S◎メイケイレジェンド=3連複3番1頭軸で、相手は、10、7、12、8、4、6。11R天王山S◎ゴーインググレート=3連複2番1頭軸で、相手は、7、9、6、1、3。12R◎メイショウギガース=3連複16番1頭軸で、相手は、12、8、14、11、7、15。

その他のレース~新潟
10Rゆきつばき賞◎カッパツハッチ=3連複7番1頭軸で、相手は、15、3、10、13、14、12。11R邁進特別◎アースミステリー=3連複9番1頭軸で、相手は、13、15、6、1、12、4。12R春日山特別◎ジョンドゥ=3連複1番1頭軸で、相手は、4、6、8、2、10、5。

※展開シミュレーション4月22日分 [展開シミュレーション]
2018.04/22 フジマキ 記事URL
★京都11RマイラーズC
 ヤングマンパワーは、昨年のこのレースで、勝ち馬からコンマ2秒差の3着。前半3ハロン35秒3とスローペースで、レースの上がり3ハロンが33秒4と、開幕週の京都らしい速い上がりの勝負となるなか、先行2番手から直線半ばで先頭に立つと、イスラボニータ、エアスピネルの上位2頭には交わされたものの、自身、上がり3ハロン33秒6の末脚を使いしぶとく粘り切ったもの。一昨年、関屋記念(新潟芝1600m)、富士S(東京芝1600m)と、重賞を連勝した時も、左回りコースとはいえ、速い時計の出る馬場の広いコースでコーナーが2つのマイル戦で、展開もほぼ同じ前半ゆったりした流れのなか先行し、最後上がりの速い決着を凌ぎ切ったように、これがもっとも能力を発揮できる条件。今回もロジクライ、ベルキャニオン、テイエムイナズマが逃げ候補も、競り合いになることは考え難く、スローペースになることは確実。また、昨秋マイルCS以来の実戦となるも、早々に栗東へ入厩して乗り込んでいるように、ここに向けて照準を合わせた仕上げで、実力馬が揃った一戦も、人気を落すぶん妙味ある狙い馬といえる。相手は、エアスピネル、ロジクライ、モズアスコット、ブラックムーン、サングレーザー、グァンチャーレの、3連複1番1頭軸、4、8、9、10、5、14のボックス。

その他のレース~東京
9R石和特別◎ユウチェンジ=3連複6番1頭軸で、相手は、2、1、5、7。10R鎌倉S◎メイショウボンロク=3連複13番1頭軸で、相手は、16、6、15、10、4、14。11RフローラS◎ノーブルカリナン=3連複5番1頭軸で、相手は、12、1、4、10、3、16。12R◎ベバスカーン=3連複14番1頭軸で、相手は、8、11、2、12、7、4。

その他のレース~京都
9R比良山特別◎スティルウォーター=3連複3番1頭軸で、相手は、8、9、4、2、1。10R桃山S◎ファドーク=3連複6番1頭軸で、相手は、2、10、9、8、11、3。12R◎セイウンストリーム=3連複9番1頭軸で、相手は、11、6、1、12、5、14。

その他のレース~福島
11R福島中央テレビ杯◎スパイチャクラ=3連複2番1頭軸で、相手は、11、10、14、6、16、15。12R桑折特別◎アイスコールド=3連複5番1頭軸で、相手は、8、12、15、7、14、3。

※展開シミュレーション4月21日分 [展開シミュレーション]
2018.04/21 フジマキ 記事URL
★福島11R福島牝馬S
 前走中山牝馬S(中山芝1800m)は、勝ち馬からコンマ4秒差の5着だったブラックオニキス。前半3ハロン36秒9と落ち着いた流れとなるなか、外枠もあり馬群に入ることができず、3コーナー過ぎから早めに仕掛ける形となり、直線の坂で一旦、脚色が鈍るも、坂を上がってからしぶとく伸びてきたもの。札幌2歳S(札幌芝1800m)で2着となって以降、馬券に絡んでいないが、今回は同じ小回り平坦コースの福島芝1800m戦となるのは、前走のレースぶりからも大きなプラス材料。また、カワキタエンカの逃げに、ノットフォーマル、サルサディオーネがマークする展開なら、極端なスローペースとなることは考え難く、中団でスムーズに折り合いをつけてレースができるはず。Bコース替わりとはいえ、開催末で時計を要する馬場もピッタリだけに、ここは大駆けが期待できる。相手は、トーセンビクトリー、ゲッカコウ、カワキタエンカ、デンコウアンジュ、レイホーロマンス、キンショーユキヒメの、3連複9番1頭軸、5、6、4、12、3、7のボックス。

その他のレース~東京
9R新緑賞◎ロジティナ=3連複7番1頭軸で、相手は、8、3、5、4。10R府中S◎オウケンブラック=3連複1番1頭軸で、相手は、11、10、2、5、4、3。11RオアシスS◎ゴールデンバローズ=3連複8番1頭軸で、相手は、3、11、12、2、5、16。12R◎シンボリバーグ=3連複4番1頭軸で、相手は、13、7、9、5、11、12。

その他のレース~京都
10R六波羅特別◎ヴェゼール=3連複3番1頭軸で、相手は、11、9、4、2、10。11R彦根S◎アドマイヤナイト=3連複16番1頭軸で、相手は、4、11、10、7、5、6。12R◎タガノアスワド=3連複3番1頭軸で、相手は、7、4、5、8、1、15。

その他のレース~福島
10R伏拝特別◎マッタナシ=3連複1番1頭軸で、相手は、6、14、15、2、7、9。12R花見山特別◎プエルタデルソル=3連複9番1頭軸で、相手は、7、14、4、12、8、3。

※展開シミュレーション4月15日分 [展開シミュレーション]
2018.04/15 フジマキ 記事URL
★阪神11RアンタレスS
 名古屋グランプリ(名古屋ダート2500m)、佐賀記念(佐賀ダート2000m)と、地方交流重賞で連続2着となっているトップディーヴォ。レベル自体は決して高いものではないが、距離はもちろん、時計のかかる馬場で小回りコースと、この馬にとってベストとはいえない条件だったことを考えると十分評価できるもの。昨冬北山S(京都ダート1800m)で、テイエムジンソク(チャンピオンズC2着)を下して1600万を勝ち上がってから、BSN賞(新潟ダート1800m)でオープン勝ちし、シリウスS(阪神ダート2000m)でも、勝ち馬からコンマ4秒差の4着と好走するなど、ブリンカーを着用して以降、確実の能力を発揮できるようになった感。今回は、これまで6勝を挙げている1800m戦に加え、これまで重馬場で【4200】と、雨予報で脚抜きのいい馬場となりそうなのは大きなプラス材料。ディアデルレイ、マイティティーの逃げ争いで平均ペースなら、スムーズに好位から競馬ができるはずで、引き続き、相性のいい横山典弘騎手騎乗なら、勝ち負けまで期待できる。相手は、グレイトパール、クインズサターン、ミツバ、ナムラアラシ、メイショウウタゲ、ロンドンタウンの、3連複5番1頭軸、1、13、15、2、4、7のボックス。

その他のレース~中山
8R袖ヶ浦特別◎ラッシュアウト=3連複1番1頭軸で、相手は、2、11、10、7、5、9。9R鹿野山特別◎ロードプレミアム=3連複3番1頭軸で、相手は、6、2、1、9、10。10R京葉S◎ベック=3連複8番1頭軸で、相手は、2、1、12、14、9、10。11R皐月賞◎グレイル=3連複12番1頭軸で、相手は、1、5、2、10、15、11。12R春興S◎ウイングチップ=3連複4番1頭軸で、相手は、2、7、1、5、6、9。

その他のレース~阪神
10R難波S◎ナリタエイト=3連複6番1頭軸で、相手は、2、4、13、8、12、3。12R◎シゲルゴホウサイ=3連複8番1頭軸で、相手は、3、16、7、4、13、12。

その他のレース~福島
10R医王寺特別◎ツヅク=3連複5番1頭軸で、相手は、12、11、6、9、13、3。11R福島民報杯◎サトノスティング=3連複5番1頭軸で、相手は、10、16、11、3、8、6。

※展開シミュレーション4月14日分 [展開シミュレーション]
2018.04/14 フジマキ 記事URL
★中山12R利根川特別
 近走は芝を使っているビービーガウディ。500万クラスとはいえ、中山芝1800m戦でモズカッチャン(エリザベス女王杯勝ち)からクビ差2着となったり、新緑賞(東京芝2300m)でレジェンドセラー(現オープン)などを下して勝利するも、現級に昇級後は6着が最高と壁にぶつかっている印象。今回は久々のダートとなるが、同条件の中山ダート1800m戦で、ハイランドピーク(現オープン)をクビ差交わして初勝利を挙げ、500万クラスでも3着2回で、パレスハングリー(現1600万)、2着サノサマー(1000万2着3着)、ブライトンロック(現オープン)と小差の勝負を演じるなど、血統面からも芝以上に適性が高い可能性が高い。また、アスタリスクの単騎逃げで平均ペースなら、スムーズに好位から競馬ができるはずで、叩き3戦目で上積みも見込めるここは勝ち負けまで期待できる。相手は、エンパイアステート、ゴールドブラッド、アスタリスク、インザバブル、アンプラグド、テイエムコンドルの、3連複14番1頭軸、7、3、6、10、8、11のボックス。

その他のレース~中山
9R山藤賞◎ライトカラカゼ=3連複3番1頭軸で、相手は、2、9、10、8、4、5。10R下総S◎トウカイエントリー=3連複11番1頭軸で、相手は、15、6、4、10、9、8。11R中山グランドJ◎シンキングダンサー=3連複2番1頭軸で、相手は、6、9、4、5、3、1。

その他のレース~阪神
9R蓬莱峡特別◎レプランシュ=3連複6番1頭軸で、相手は、5、7、8、9、10、3。10R陽春S◎ビックリシタナモー=3連複6番1頭軸で、相手は、12、4、14、8、5、10。11RアーリントンC◎エアアルマス=3連複10番1頭軸で、相手は、2、6、1、11、12、13。12R◎ジェニシス=3連複13番1頭軸で、相手は、5、9、1、11、6、7。

その他のレース~福島
11Rラジオ福島賞◎シルバードリーム=3連複15番1頭軸で、相手は、7、10、4、9、14、1。12R飯盛山特別◎ウォーブル=3連複8番1頭軸で、相手は、6、1、7、5、10、9。

※展開シミュレーション4月8日分 [展開シミュレーション]
2018.04/08 フジマキ 記事URL
★阪神10R大阪-ハンブルグC
 昨夏舞子特別で1000万を勝ち、昨冬の2017ファイナルSでは、勝ち馬からコンマ3秒差の3着と、阪神芝1400m戦は、これまで安定した成績を残しているエントリーチケット。内回りコースでペースが速くなりやすく、直線坂があることで、上がりの速い決着になり難いぶん、息長く末脚を使えるこの馬にとってぴったりといえる条件。今回は、ティーエスネオ、ベルカプリ、ヤマカツグレースなど、逃げ、先行馬が揃い、澱みのないこの馬向きの流れとなりそう。前走トリトンS(中京芝1400m)は、勝ち馬からコンマ9秒差の11着に敗れるも、馬体重が8kg減っていて、レースでも、終始、折り合いに苦労するなど、状態面がひと息だったといえ、中間の調教からも復調が伺えるここは、53kgのハンデを生かして勝ち負けまで期待できる。相手は、エスティタート、レインボーフラッグ、クリアザトラック、クィーンズベスト、モアナ、ティソーナの、3連複11番1頭軸、7、6、3、2、10、14のボックス。

その他のレース~中山
10R隅田川特別◎ジャッキー=3連複5番1頭軸で、相手は、7、1、8、9、3。11R春雷S◎ユキノアイオロス=3連複13番1頭軸で、相手は、4、15、3、8、9、14。12R◎トモジャポルックス=3連複7番1頭軸で、相手は、8、16、15、6、9、2。

その他のレース~阪神
8R天王寺特別◎ダブルコーク=3連複11番1頭軸で、相手は、14、7、13、5、12、8。11R桜花賞スカーレットカラー=3連複6番1頭軸で、相手は、9、1、13、7、15、17。12R梅田S◎ストロングバローズ=3連複14番1頭軸で、相手は、5、8、11、3、9、1。

その他のレース~福島
11R米沢特別◎メンターモード=3連複11番1頭軸で、相手は、13、6、14、5、8、9。12R喜多方特別◎サリネロ=3連複1番1頭軸で、相手は、16、14、10、5、9、11。

 全26ページ中20 ページ   前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 [20] 21 22 23 24 25 26 次の10件