※展開シミュレーション6月16日分 [展開シミュレーション]
2018.06/16 フジマキ 記事URL
★函館11RHTB杯
 函館芝1200m戦では、すべて500万クラスとはいえ、これまで、2、8、2、3、7着と好成績を残しているショウナンアヴィド。なかでも開幕週に出走した一昨年は、前半3ハロン33秒7と澱みのない流れのなか、逃げた勝ち馬には届かなかったものの、好位からしぶとく脚を伸ばしてコンマ1秒差の2着で、同日の重賞と比べてもコンマ4秒遅いだけで、前日の1000万クラスよりコンマ4秒速いタイム。2週目に出走した昨年は、ハナを奪うも前半3ハロン33秒5のハイペースで逃げとなってしまい、ゴール寸前で勝ち馬にアタマ差交わされたが、同日1000万クラスよりコンマ2秒遅いだけと、今回と同じように、馬場状態がよく前走から間隔を開けてここに向けてじっくり調整された条件時で内容濃いレースを披露。1000万クラスとなる今年は、モズスーパーフレア、ダイシンバルカン、ロイヤルメジャーなどの逃げ争いでハイペース必至の展開も、好位でじっくり脚をためる本来の競馬ができるはず。前々走袖ヶ浦特別(中山芝1200m)で、勝ち馬からコンマ5秒差の3着となるなど、坂のあるコースで良績を挙げるなど、着実に力をつけている印象で、ベストの条件となるここは降級馬や3歳馬相手でも互角以上の勝負が期待できる。相手は、ディバインコード、ウィズ、モズスーパーフレア、コロラトゥーレ、ドウディ、イキオイの、3連複5番1頭軸、12、3、16、13、8、15のボックス。

その他のレース~東京
9R八丈島特別◎フローラデマリポサ=3連複5番1頭軸で、相手は、9、13、15、11、2、6。10R相模湖特別◎エクラミレネール=3連複9番1頭軸で、相手は、3、6、13、11、4、2。11RジューンS◎マイネルラフレシア=3連複6番1頭軸で、相手は、4、8、1、7。12R◎アピールバイオ=3連複4番1頭軸で、相手は、13、10、11、7、5、1。

その他のレース~阪神
10R水無月S◎パーリオミノル=3連複7番1頭軸で、相手は、2、11、12、3、6、8。11R天保山S◎ワンダーリーデル=3連複11番1頭軸で、相手は、15、9、1、16、7、2。12R◎ナンヨーマーズ=3連複12番1頭軸で、相手は、6、2、14、10、3、16。

その他のレース~函館
10R駒ヶ岳特別◎イルフォーコン=3連複10番1頭軸で、相手は、4、9、6、5、11、8。12R遊楽部特別◎ミヤビエメライン=3連複2番1頭軸で、相手は、10、7、1、6、9。

※展開シミュレーション6月10日分 [展開シミュレーション]
2018.06/10 フジマキ 記事URL
★東京9R小金井特別
 同じ東京ダート1400m戦の前走で500万を勝ち上がったサクレディーヴァ。前半3ハロン35秒2とハイペースのなか、逃げ馬をマークする形でレースを進め、直線早々で先頭に立つと、息長く末脚を伸ばして後続馬にコンマ6秒差をつけたもの。勝ち時計は同週の1000万特別よりコンマ7秒も速く、初のダート1400m戦で、7ヵ月ぶりの実戦だったことを考えると、高い適性を示したといえた。今回は昇級戦に加えて、牡馬混合戦で降級馬がいるなど一気にメンバーレベルが上がり、アオイサンシャイン、ケンコンイッテキの逃げ争いで澱みのない流れとなりそうだが、追ってのしぶとさが長所だけにむしろピッタリの展開といえ、4ヵ月ぶりの実戦も前走のレースから久々でも走れるタイプ。雨で脚抜きのいい馬場になっても問題なく、いきなりでも絶好の狙い目といえる。相手は、アンティノウス、ビックリシタナモー、ハルクンノテソーロ、ダブルコーク、ヤマニンシャンデル、カフェライジングの、3連複2番1頭軸、16、14、10、7、8、15のボックス。

その他のレース~東京
10R多摩川S◎マリオーロ=3連複3番1頭軸で、相手は、5、2、1、7、6、9。11RエプソムC◎アデイインザライフ=3連複13番1頭軸で、相手は、10、16、6、8、5、14。12R◎ジャストヒーロー=3連複10番1頭軸で、相手は、2、4、16、11、9、15。

その他のレース~阪神
10R加古川特別◎エイシンナセル=3連複4番1頭軸で、相手は、13、8、14、11、7、12。11RマーメイドS◎ヴァフラーム=3連複10番1頭軸で、相手は、5、7、6、15、13、14。12R◎バルコラベーロ=3連複9番1頭軸で、相手は、15、7、6、11、16、5。

※展開シミュレーション6月9日分 [展開シミュレーション]
2018.06/09 フジマキ 記事URL
★東京11RアハルテケS
 前走かきつばた記念(名古屋ダート1400m)が、初のダート挑戦となったサンライズメジャー。道中は馬群の後方を追走となり、流れが落ち着いた3コーナー過ぎでインから上昇すると、早々に先頭となったサクセスエナジーや、直線鋭く追い込んできたキングズガードには先着を許すも、最後までしぶとく脚を使い、勝ち馬からコンマ2秒差の3着。地方交流重賞とはいえダート巧者を相手に、実績のないコーナーが4つの小回りコースだったことを考えると、適性の高さを示すレースといえた。今回は芝とはいえオープン勝ちのある、左回りでコーナーが2回の東京マイル戦に替わるのは大きなプラス材料。ロイヤルバンプ、コパノチャーリー、ブラゾンドゥリスなどの先行争いで平均ペースなら、折り合いをつけてじっくり脚をためる競馬ができるはず。前走からも明け9歳ながら衰えはないだけに、新味を見せた条件で大駆けが期待できる。相手は、サンライズノヴァ、ゴールデンバローズ、ワンミリオンス、アスカノロマン、ブラゾンドゥリス、オールマンリバーの、3連複14番1頭軸、8、16、15、5、6、11のボックス。

その他のレース~東京
9R八王子特別◎ダイシンカローリ=3連複1番1頭軸で、相手は、10、6、4、5、2、11。10R江ノ島特別◎ヒストリア=3連複6番1頭軸で、相手は、2、3、8、7、1、9。12R◎サイレントサード=3連複7番1頭軸で、相手は、13、6、10、15、16、1。

その他のレース~阪神
9R鶴橋特別◎コンパウンダー=3連複4番1頭軸で、相手は、12、6、11、15、5、13。10R三田特別◎アインザッツ=3連複8番1頭軸で、相手は、7、6、1、2、9、4。11R安芸S◎ヴェンジェンス=3連複4番1頭軸で、相手は、5、7、9、8、10。12R◎シャフトオブライト=3連複5番1頭軸で、相手は、8、2、9、1、7。

※展開シミュレーション6月3日分 [展開シミュレーション]
2018.06/03 フジマキ 記事URL
★東京11R安田記念

 昨秋、スプリンターズS(中山芝1200m)を連覇したレッドファルクスだが、その後、マイルCS(京都芝1600m)8着、阪急杯(阪神芝1400m)3着、高松宮記念(中京芝1200m)8着と今ひとつの成績に終わっているが、マイルCSは初の京都コースで自身も伸びてはいるも、平坦コースが合わなかった印象で、阪急杯は58kgと他馬より重い斤量に加え、逃げ馬が残るペースのなか、上がり3ハロン最速タイムの末脚を使っており、高松宮記念は直線でスムーズさを欠く競馬も、やはり上がり3ハロンで他馬よりコンマ4秒以上も速い末脚を使っていた。久々の芝マイル戦となった昨年のこのレースでは、前半3ハロン33秒9と澱みのない流れのなか、道中は馬群の後方で脚をためるも、直線に入ると前が壁となり、外へ持ち出すロスの大きい競馬ながらも、最後は上がり3ハロン3番目に速い末脚で急追して、勝ち馬からコンマ1秒差の3着と好走しており、ウインガニオンの逃げにアエロリットが追走して平均ペースの流れも、序盤で追走に苦労した高松宮記念のレースぶりから、追走が楽になるぶんむしろレースがしやすいはず。レース間隔を開けたことも状態面からはプラスといえ、距離と近走の成績で人気を落すぶん、妙味ある狙い馬といえる。相手は、アエロリット、キャンベルジュニア、サングレーザー、スワーヴリチャード、ペルシアンナイト、サトノアレスの、3連複9番1頭軸、4、8、15、1、5、2のボックス。

その他のレース~東京
9RホンコンJCT◎ユウチェンジ=3連複10番1頭軸で、相手は、2、9、6、8、7、4。10R由比ヶ浜特別◎ブリクスト=3連複2番1頭軸で、相手は、12、3、16、14、15、9。12R三浦特別◎フクノグリュック=3連複7番1頭軸で、相手は、13、5、6、4、1、12。

その他のレース~阪神
10R洲本特別◎モアニケアラ=3連複12番1頭軸で、相手は、9、14、2、13、1、16。11RグリーンS◎グランドサッシュ=3連複2番1頭軸で、相手は、1、6、9、4、5、12。12R◎タガノプレトリア=3連複4番1頭軸で、相手は、12、9、10、6、5、11。

※展開シミュレーション6月2日分 [展開シミュレーション]
2018.06/02 フジマキ 記事URL
★東京11R麦秋S

 前走(京都ダート1400m)で1000万を勝ち上がったばかりとなるエメラルエナジー。ただ、前半3ハロン34秒9とハイペースとなるなか、先行争いの直後から競馬を進め、直線では内にモタれながらも、しぶとく末脚を伸ばしたもの。時計も前々週の1600万クラスで3着に相当するなど、内容、数字ともに評価できるレースぶりといえた。今回は東京ダート1400m戦となるが、昨春500万を勝ち、1000万クラスでも、ひと息はいってレースでも先行争いで、終始、揉まれる展開となり10着と敗れた前々走以外は、勝ち馬からコンマ3、2秒差の4着と、左回りでレースがしやすいぶん力を発揮できる条件。ここは中央初ダートとなるトラストの単騎逃げが濃厚だけに、すんなり好位から競馬ができそう。大型馬だけに暖かくなって馬体が絞れてきたのも好材料で、昇級戦に加え、降級馬がいてメンバーが揃った一戦も、前走だけ走ることができれば大駆けが期待できる。相手は、トラスト、ハットラブ、プリサイスエース、ユラノト、ブラインドサイド、スピーディクールの、3連複11番1頭軸、9、14、1、3、16、8のボックス。

その他のレース~東京
9R国分寺特別◎カトルラポール=3連複8番1頭軸で、相手は、13、4、11、2、14、5。10R稲村ヶ崎特別◎ミュトロギア=3連複3番1頭軸で、相手は、11、4、10、7、5、1。12R◎グレンフィナン=3連複8番1頭軸で、相手は、12、13、10、15、11、6。

その他のレース~阪神
9R戎橋特別◎クルークヴァール=3連複3番1頭軸で、相手は、11、9、6、12、7、8。10R三木特別◎サウンドバーニング=3連複3番1頭軸で、相手は、4、9、7、8、5、10。11R鳴尾記念◎ストレンジクォーク=3連複10番1頭軸で、相手は、11、2、5、6、9、3。12R◎キタサンデイジー=3連複13番1頭軸で、相手は、6、11、16、12、10、5。

※展開シミュレーション5月27日分 [展開シミュレーション]
2018.05/27 フジマキ 記事URL
★東京10R日本ダービー
 前走皐月賞(中山芝2000m)は、勝ち馬から1秒4差の12着と大敗してしまったオウケンムーン。ただ、稍重という発表以上に時計を要する馬場に加えて、レースではスタートで後手を踏んでしまい、道中も、終始、荒れたインを通ったことで、直線半ばで早々に一杯となってしまったもの。また、勝ち鞍があるとはいえ、器用さに欠け、手前の替え方がぎこちないだけに右回りの中山コースも今ひとつだった印象。レコードタイムで後続に1秒差をつけて快勝した未勝利戦(新潟芝2000m)や、好位から早めに抜け出すと、しぶとく脚を伸ばして後続の追撃を凌ぎ切った共同通信杯(東京芝1800m)のように、良馬場で左回りの広いコースがベスト。また、先行馬こそ多いも、ハナを奪いたい馬は不在で、皐月賞よりは落ち着いた流れとなりそうだけに、発馬さえまともなら好位でじっくり脚をためる競馬ができそう。父は菊花賞勝ちで、母も2200m戦で勝利があり、自身も折り合い面に不安がないだけに、距離も十分こなせるはずで、条件良化となるここは大駆けの可能性は十分高い。相手は、ジェネラーレウーノ、グレイル、ダノンプレミアム、ブラストワンピース、キタノコマンドール、ステルヴィオの、3連複9番1頭軸、16、13、1、8、5、15のボックス。

その他のレース~東京
8R青嵐賞◎コスモジャーベ=3連複14番1頭軸で、相手は、4、2、8、10、12、13。9Rむらさき賞◎サーレンブラント=3連複3番1頭軸で、相手は、9、1、15、13、7、12。11R薫風S◎ストライクイーグル=3連複11番1頭軸で、相手は、16、3、12、8、7、4。12R目黒記念◎コウキチョウサン=3連複13番1頭軸で、相手は、10、14、8、11、1、16。

その他のレース~京都
10R安土城S◎ボンセルヴィーソ=3連複3番1頭軸で、相手は、1、15、7、6、4、2。11R白百合S◎オメガラヴィサン=3連複8番1頭軸で、相手は、7、5、6、4、9。12R御池特別◎アグネスユーリア=3連複9番1頭軸で、相手は、3、8、13、7、1、15。

※展開シミュレーション5月26日分 [展開シミュレーション]
2018.05/26 フジマキ 記事URL
★東京12R
 前走(東京ダート1600m)は、勝ち馬からコンマ8秒差の9着に終わったベバスカーン。5ヵ月ぶりの実戦で、数字こそ減っていたとはいえ、余裕のある馬体で、レースでは、前半3ハロン35秒2と澱みのない流れながら、外枠もあり前に壁を作ることができず折り合いに苦労し、最後は脚色が鈍ってしまったが、それでも一瞬とはいえ、いい脚を見せて上位争いに加わりかけるなど、大型馬の休養明けを考えれば見せ場十分のレースぶり。現級では4着が最高とはいえ、勝ち馬からの着差は、前走を除いてもコンマ3~7秒差で、500万を勝った2回が、同週の1000万クラスと比べて、同タイムと2着に相当するタイムと優秀なもの。ひと叩きされた今回は、逃げ馬こそ不在も、先行タイプが少なくないだけに平均ペースとなりそうで、馬群のなかでじっくり脚をためる競馬ができるはず。また、良馬場で力を要するダートとなりそうなのもプラスといえ、昨冬以降、この東京ダート1600m戦だけを狙って出走するなどベストといえる条件だけに、ここは勝ち負けが期待できる。相手は、グッドラックサマー、ダイワドレッサー、ジュンスターホース、ブライトリビング、ホッコーライデン、サクラエンパイアの、3連複2番1頭軸、5、3、4、16、14、11のボックス。

その他のレース~東京
9R富嶽賞◎エレクトロポップ=3連複7番1頭軸で、相手は、10、14、2、13、1、5。10R葉山特別◎ウィンドライジズ=3連複5番1頭軸で、相手は、2、9、4、11、8、6。11R欅S◎アキトクレッセント=3連複11番1頭軸で、相手は、3、7、1、13、10、8。

その他のレース~京都
9R與杼特別◎メイショウエイコウ=3連複14番1頭軸で、相手は、4、7、15、12、6、2。10R朱雀S◎ツーエムマイスター=3連複12番1頭軸で、相手は、2、9、7、10、14、3。11R葵S◎タイセイプライド=3連複13番1頭軸で、相手は、1、2、10、8、14、16。12R◎メイショウタラチネ=3連複14番1頭軸で、相手は、12、5、16、11、15、4。

※展開シミュレーション5月20日分 [展開シミュレーション]
2018.05/20 フジマキ 記事URL
★東京12R丹沢S
 1年4ヵ月ぶりの実戦となった3走前伊丹S(阪神ダート1800m)で、勝ち馬からコンマ3秒差の5着となったティーポイズン。前半3ハロン36秒6と澱みのない流れのなか、道中は2番手から競馬を進め、直線入口で先頭に並びかけるも、すぐに勝ち馬に交わされてしまったが、そこからしぶとく脚を使っていた。その後、勝ち馬はオープン特別で2着となるなど、時計こそ平凡な決着ながら内容濃いレースといえた。ただ、前2走は8、7着に敗れるも、前々走名古屋城S(中京ダート1900m)は、スローペースながら早々に手応えが一杯となるなど、長期休養明けを走った反動があったといえ、前走桃山S(京都ダート1900m)は、前半3ハロン35秒0のハイペースの巻き込まれたもの。今回は、一昨年春の春光Sで、差し、追い込み馬が上位を占める展開のなか、先行して勝ち馬からコンマ1秒差の4着と現級でも実績を挙げている東京ダート2100m戦。また、バイタルフォースの逃げで平均ペースとなりそうなのも、適度に上がりがかかって、しぶとさが生きるこの馬向きの展開となりそうで、春光Sと同じ54kgのハンデなら大駆けする可能性は十分高い。相手は、バイタルフォース、スペリオルシチー、レッドサバス、オースミラナキラ、ラテールプロミーズ、トウカイエントリーの、3連複14番1頭軸、3、15、8、6、2、16のボックス。

その他のレース~東京
8R日吉特別◎レイダー=3連複10番1頭軸で、相手は、15、1、16、11、5、7。9R調布特別◎オールドクラシック=3連複8番1頭軸で、相手は、1、4、2、5、7、9。10RフリーウェイS◎ロワアブソリュー=3連複5番1頭軸で、相手は、4、7、9、6、18、10。11Rオークス◎レッドサクヤ=3連複10番1頭軸で、相手は、8、13、2、1、6、15。

その他のレース~京都
10R鳳雛S◎テイエムディラン=3連複9番1頭軸で、相手は、5、7、3、1、2。11R下鴨S◎ナリタエイト=3連複14番1頭軸で、相手は、10、1、6、5、11、8。12R◎プエルタデルソル=3連複2番1頭軸で、相手は、14、3、11、4、10、12。

その他のレース~新潟
11R韋駄天S◎ナインテイルズ=3連複10番1頭軸で、相手は、15、9、16、11、5、7。12R湯沢特別◎タイキラトナンジュ=3連複1番1頭軸で、相手は、4、15、8、14、9、10。

※展開シミュレーション5月19日分 [展開シミュレーション]
2018.05/19 フジマキ 記事URL
★東京10R是政特別

 リヴァイアサンは、初めて2000m戦を使った前々走(阪神ダート2000m)で、勝ち馬からコンマ3秒差の2着。少頭数に加え、前半3ハロン35秒7とハイペースとなり、縦長で馬群がバラけたとはいえ、好位からしぶとく脚を伸ばしたもの。また、3走前初茜賞(中山ダート1800m)では、速い流れで逃げ切ったハイランドピークを追いかけて、最後は引き離されるも、後続馬の追撃を凌いで2着に踏ん張ったように、揉まれずに競馬ができれば多少の厳しい流れでもしぶとさを発揮できるタイプ。今回は初の東京ダート2100m戦で、アポロナイスジャブ、リキサンダイオーなどの逃げ争いで序盤こそ落ち着くも、途中から仕掛けるタイプが多く、緩急の激しい流れとなりそうだが、自身も早めに動く形なら問題なく、前走からひと息入るも力を出せる状態だけに、ここは勝ち負けまで期待できる。相手は、リキサンダイオー、サノサマー、バレッティ、サトノティターン、ウォーターマーズ、サラセニアの、3連複16番1頭軸、1、6、9、12、4、3のボックス。

その他のレース~東京
11RメイS◎ストーンウェア=3連複4番1頭軸で、相手は、10、9、13、15、1、3。12R◎ブリクスト=3連複14番1頭軸で、相手は、3、7、13、5、2、8。

その他のレース~京都
9RメルボルンT◎ドレーク=3連複3番1頭軸で、相手は、1、4、2、9、6。10RシドニーT◎リンガスウーノ=3連複10番1頭軸で、相手は、11、5、12、8、2、15。11R平安S◎トップディーヴォ=3連複15番1頭軸で、相手は、6、9、5、13、10、1。12RオーストラリアT◎エーティーサンダー=3連複5番1頭軸で、相手は、1、12、9、6、8、10。

その他のレース~新潟
10R早苗賞◎ナラトゥリス=3連複3番1頭軸で、相手は、1、5、9、7、4。11R大日岳特別◎プリティマックス=3連複4番1頭軸で、相手は、14、2、6、9、5、1。12R荒川峡特別◎ファイナンス=3連複7番1頭軸で、相手は、9、4、12、3、13、10。

※展開シミュレーション5月13日分 [展開シミュレーション]
2018.05/13 フジマキ 記事URL
★東京11Rヴィクトリアマイル
 中山牝馬S(中山芝1800m)で、重賞初制覇を飾り、続く福島牝馬S(福島芝1800m)でも、勝ち馬からクビ差の2着と、連続して重賞で好走しているカワキタエンカ。ともにコーナーが4つの小回りコースで、すんなりハナを奪う展開だったとはいえ、直線早々で後続馬に詰め寄られながらも、そこからしぶとく脚を伸ばしたように、ここに来て、粘り強さが増した印象。今回はコーナーが2回のコースとなるが、前半3ハロン34秒6とハイペースで、差し、追い込み馬が上位を占める展開となるなか、勝ち馬からコンマ2秒差の2着に逃げ粘った、昨秋ローズS(阪神芝1800m)のレースぶりから、単騎で行き切れれば多少のハイペースになっても問題ないはず。初の東京コースやマイル戦と不安な要素もあるが、徹底先行馬が不在の組み合わせなら、マイペースの粘り込みが期待できる。相手は、アエロリット、リスグラシュー、デンコウアンジュ、アドマイヤリード、ミスパンテール、ラビットランの、3連複7番1頭軸、10、16、17、11、2、3のボックス。

その他のレース~東京
9Rテレ玉杯◎エイプリルミスト=3連複11番1頭軸で、相手は、3、2、7、6、9、10。10R青竜S◎マイネルオスカル=3連複3番1頭軸で、相手は、6、8、4、2、9、12。12RBSイレブン賞◎エイシンビジョン=3連複4番1頭軸で、相手は、6、9、2、12、13、7。

その他のレース~京都
9R白川特別◎ヴィッセン=3連複3番1頭軸で、相手は、7、4、10、9、8、6。10R錦S◎ブランドベルグ=3連複1番1頭軸で、相手は、4、10、5、7、8、6。11R栗東S◎ウインムート=3連複6番1頭軸で、相手は、12、11、8、16、1、7。12R◎トシストロング=3連複9番1頭軸で、相手は、1、8、12、5、14、7。

その他のレース~新潟
11R赤倉特別◎ブリラーレ=3連複9番1頭軸で、相手は、6、10、7、5、3、4。12R飛竜特別◎サンタアズライト=3連複9番1頭軸で、相手は、6、15、7、12、10、16。

 全26ページ中19 ページ   前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 [19] 20 21 22 23 24 25 26 次の10件