※展開シミュレーション9月23日分 [展開シミュレーション]
2018.09/23 フジマキ 記事URL
★阪神11R神戸新聞杯
 前々走京都新聞杯(京都芝2200m)で、重賞初制覇を果たしたステイフーリッシュ。前半3ハロン34秒7とハイペースで逃げるメイショウテッコンを3コーナー過ぎで早々に捕らえ、直線で先頭に立つと2着馬以下にコンマ3秒差つけたもの。2~4着が差し、追い込み馬で、勝ち時計も過去10年間で2番目に速かったように、数字、内容とも評価できる強いレースぶりだった。続く日本ダービー(東京芝2400m)は、勝ち馬からコンマ6秒差の10着に敗れるも、京都新聞杯の反動や、牡馬としては小柄で気難しい面があるだけに、長距離輸送もひと息だった感。今回は、輸送の短い阪神コースはもちろん、気性面から休養明けもむしろプラス材料。また、メイショウテッコン、エポカドーロの逃げ争いなら平均ペースとなりそうで、好位でじっくり折り合いをつけて競馬ができるはず。父の産駒や、母も4歳にオープン勝ちするなど成長力のある血統だけに、春の実績馬相手でも互角以上の勝負ができる。相手は、エタリオウ、エポカドーロ、ワグネリアン、メイショウテッコン、アドマイヤアルバ、ゴーフォザサミットの、3連複4番1頭軸、2、8、3、6、9、1のボックス。

その他のレース~中山
8R◎カガスター=3連複13番1頭軸で、相手は、8、15、3、11、9、10。10R外房特別◎イレイション=3連複2番1頭軸で、相手は、8、10、3、7、4、9。11Rオールカマー◎ガンコ=3連複3番1頭軸で、相手は、7、2、1、6、8、10。12R◎ミラビリア=3連複4番1頭軸で、相手は、13、6、10、9、14、1。

その他のレース~阪神
8R◎タガノバルバドス=3連複11番1頭軸で、相手は、4、13、12、8、14、1。10R西宮S◎アテンフェスタ=3連複5番1頭軸で、相手は、8、1、4、2、3。12R◎アスターソード=3連複14番1頭軸で、相手は、6、16、7、13、1、2。
※展開シミュレーション9月22日分 [展開シミュレーション]
2018.09/22 フジマキ 記事URL
★阪神10R夕月特別
 一昨年冬の阪神芝1800m戦で現級勝ちがあるウインクルサルーテ。前半3ハロン37秒1と落ち着いた流れのなか、中団から徐々にポジションを上げると、直線に入っても上がり3ハロンで他馬よりコンマ4秒以上速かったように、最後まで息長く脚を伸ばして後続にコンマ5秒差をつけたもの。少頭数に加え、良馬場ながら力のいる馬場だったこともあり時計は平凡だったが、牡馬相手に内容濃いレースを披露。昨夏、降級後は、前々走御室特別(京都芝2000m)の3着が最高も、昨秋堀川特別(京都芝1800m)を除き、勝ち馬からの着差はコンマ8秒差以内で、前2走は上がり3ハロン最速タイムの末脚を使うなど、能力のあるところを示している印象。今回はサヤカチャンの逃げに、エッジースタイル、テイケイレーヴ、カイザーバルなどがマークして、澱みのないこの馬向きの流れとなりそう。また、3ヵ月ぶりの実戦も、小柄で仕上がり早なタイプで、前日までの雨で時計のかかる馬場も好材料。牝馬限定戦なら互角以上の勝負が期待できる。相手は、モーヴサファイア、ペイドメルヴェイユ、リュヌルージュ、カイザーバル、メサルティム、ヤマニンエルフィンの、3連複2番1頭軸、6、3、13、1、8、10のボックス。

その他のレース~中山
8R清秋JS◎シゲルヒノクニ=3連複10番1頭軸で、相手は、7、5、8、6、1、4。9R九十九里特別◎エストスペリオル=3連複11番1頭軸で、相手は、4、8、3、9、10、2。10R茨城新聞杯◎キングスヴァリュー=3連複11番1頭軸で、相手は、1、13、14、10、12、2。11RセプテンバーS◎スペチアーレ=3連複16番1頭軸で、相手は、8、9、2、12、13、14。12R◎デクレアラー=3連複13番1頭軸で、相手は、5、1、10、16、8、9。

その他のレース~阪神
8R◎トーセンブレイヴ=3連複16番1頭軸で、相手は、12、5、7、4、9、14。11R大阪スポーツ杯◎ヴェンジェンス=3連複11番1頭軸で、相手は、10、4、7、8、2、12。12R◎モンファロン=3連複11番1頭軸で、相手は、7、9、1、2、6、10。
※展開シミュレーション9月17日分 [展開シミュレーション]
2018.09/17 フジマキ 記事URL
★阪神11R仲秋S
 降級後、函館芝1200m戦を使うも、ともに13着と2ケタ着順に終わったヤマカツグレース。前々走TVh杯は、先行するもなし崩しに脚を使ってしまい、前走函館日刊スポーツ杯は、本来の末脚勝負に徹するも、直線で前が詰まってブレーキがかかる不利。ただ、それ以上に小回りコースの1200m戦自体も合わなかった印象。今回は、大阪-ハンブルグCで、上がり3ハロン2番目に速い末脚を使い、インから鮮やかに差し切って現級勝ちを果たした阪神芝1400m戦。ツーエムマイスター、トラストの逃げ争いなら澱みのない流れとなりそうで、ハンデも1kg増なら問題なく、条件良化で巻き返しが期待できる。相手は、レインボーフラッグ、キアロスクーロ、レッドアンシェル、トラスト、サフランハート、テラノヴァの、3連複2番1頭軸、1、4、11、13、10、12のボックス。

その他のレース~中山
9R白井特別◎バケットリスト=3連複4番1頭軸で、相手は、5、8、2、1、7、9。10R浦安特別◎トウカイパシオン=3連複15番1頭軸で、相手は、7、13、2、14、1、12。11Rセントライト記念◎ブレイステイキング=3連複7番1頭軸で、相手は、15、4、5、1、13、2。12R◎ラヴファンシフル=3連複11番1頭軸で、相手は、3、14、1、13、4、15。

その他のレース~阪神
10R吹田特別◎ホーリーブレイズ=3連複5番1頭軸で、相手は、1、3、10、6、2、9。12R◎ファステンバーグ=3連複1番1頭軸で、相手は、7、4、2、10、8、14。

※展開シミュレーション9月16日分 [展開シミュレーション]
2018.09/16 フジマキ 記事URL
★中山12R
 中央再転入初戦となった前走(東京ダート1400m)は、勝ち馬から2秒7差の14着と大敗したレッドオリアナ。ただ、3ヵ月ぶりの実戦ながら馬体重が前走から31kgも減っていた上に、レースも前半3ハロン35秒1と良馬場としてはかなりのハイペースとなるなか、先行争いに加わるなど厳しい競馬。3歳夏の新潟でデビューだったこともあり、未勝利戦では勝ち上がれなかったが、初ダートとなった2戦目(中山ダート1200m)では、脚抜きのいい馬場もあり、先行馬が残る流れのなか、大外を回って、上がり3ハロン3番目に速い末脚を使い、勝ち馬からはコンマ5秒。2着馬とはコンマ1秒差の4着。1、3着馬はその後、500万クラスでも馬券になっているように、3歳未勝利戦としてはレベルの高いメンバーを考えると、能力はここでも十分通用するものを秘めている印象。立て直して、中山ダート1200m戦となる今回は、オペラグローブ、ブランシュ、テンキセキなど、テンに行きたい馬が揃ってハイペース必至も、デビュー2戦目のような競馬ができれば大駆けが期待できる。相手は、トロピカルスパート、テンプルツリー、オペラグローブ、ラヴタクティクス、トワードポラリス、フレンドアリスの、3連複8番1頭軸、12、7、11、16、15、1のボックス。

その他のレース~中山
9R汐留特別◎カマクラ=3連複2番1頭軸で、相手は、4、9、5、3、8、7。10R初風特別◎ウォーターラボ=3連複2番1頭軸で、相手は、5、3、1、11、7、4。11Rラジオ日本賞◎ラテンロック=3連複7番1頭軸で、相手は、5、6、4、9、2。

その他のレース~阪神
9R夙川特別◎タイセイスペリオル=3連複11番1頭軸で、相手は、5、1、2、12、14、4。10R能勢特別◎シースプラッシュ=3連複4番1頭軸で、相手は、6、1、3、5、8、7。11RローズS◎ウラヌスチャーム=3連複14番1頭軸で、相手は、8、5、7、10、6、13。12R◎キスミーワンス=3連複10番1頭軸で、相手は、13、12、14、6、4、15。

※展開シミュレーション9月15日分 [展開シミュレーション]
2018.09/15 フジマキ 記事URL
★阪神11RオークランドRCT
 降級戦となった前走柳都S(新潟ダート1800m)は、4着とはいえ勝ち馬から1秒3も離されてしまったブライトンロック。ただ、2ヵ月半ぶりの実戦で鉄砲はひと息だったことに加え、前半3ハロン35秒4とハイペースで馬群がバラける展開となったことで、前に壁を作ってレースすることができず、なし崩しに脚を使わされてしまったもの。末脚勝負の馬だが、1000万クラス以上で連対した3回は、いずれも逃げ、先行馬が上位に残っていたように、平均ペースで馬群が固まった展開で能力を発揮している印象。今回は、アイアンテーラーの単騎逃げで序盤は平均ペースとなりそうで、道中、じっくり脚をためる競馬ができるはずで、叩き2戦も2勝2着1回と使って良化するタイプ。また、遠征競馬や馬場状態も不問といえ、ここは勝ち負けが期待できる。相手は、アイアンテーラー、チュウワウィザード、ダンツゴウユウ、モズアトラクション、メイプルブラザー、マイネルクラースの、3連複7番1頭軸、1、10、2、6、5、9のボックス。

その他のレース~中山
8R◎ホウオウジャッジ=3連複15番1頭軸で、相手は、6、4、8、12、9、16。9R古作特別◎ダイイチターミナル=3連複2番1頭軸で、相手は、5、6、7、4、16、3。10R松戸特別◎オペラハット=3連複11番1頭軸で、相手は、9、6、8、3、1、5。11RレインボーS◎ギブアンドテイク=3連複2番1頭軸で、相手は、9、6、12、4、1、11。12R◎ペイシャボム=3連複3番1頭軸で、相手は、10、5、11、6、1、9。

その他のレース~阪神
8R阪神JS◎メイショウダッサイ=3連複3番1頭軸で、相手は、4、7、8、2、9、5。10R瀬戸内海特別◎レッドレグナント=3連複7番1頭軸で、相手は、9、5、11、12、8、10。12R◎ミスズメサイア=3連複3番1頭軸で、相手は、11、12、5、1、7、9。

※展開シミュレーション9月9日分 [展開シミュレーション]
2018.09/09 フジマキ 記事URL
★中山12R

 シェアードは、一昨年冬の同条件でヒカリブランデー(後に1600万勝ち)などを下して、現級勝ちの実績があるも、昨冬に2着となった後は、11、6、14、13着と、近走は不振続き。ただ、4走前舞浜特別(中山ダート1200m)は、前走2着の反動が出た印象で、3走前(中山ダート1200m)は休養明けで馬群に揉まれる競馬。前々走(阪神ダート1200m)は実績のない輸送競馬で、前走鶴ヶ城特別(福島ダート1150m)は、やはり休養明けで馬体に余裕があった上に、距離短縮でテンから脚を使う形となったように、それぞれ難しい面が出てしまった感。今回も、ハトマークレディ、トブガゴトクなどテンに行きたい馬が揃いハイペース必至も、好位で揉まれずに競馬ができるはず。また、再びレース間隔が開くも、直前の調教が坂路だった前走とは違い、ウッドコースでしっかり追い切っており、元々、気性面から使い込むより能力を発揮できるタイプ。平場戦で近走の成績から人気を落しそうなここは絶好の狙い目といえる。相手は、アグネスエーデル、ペイシャバラード、モアニケアラ、ソルプレーサ、クライシス、ゼットマックイーンの、3連複15番1頭軸、10、12、8、3、4、7のボックス。

その他のレース~中山
8R◎ドリームマジック=3連複1番1頭軸で、相手は、8、7、13、4、3、11。9R木更津特別◎シャララ=3連複2番1頭軸で、相手は、9、5、7、10、4、8。10RながつきS◎ローゼンタール=3連複6番1頭軸で、相手は、12、10、8、2、3、4。11R京成杯AH◎ゴールドサーベラス=3連複13番1頭軸で、相手は、2、10、7、11、14、6。

その他のレース~阪神
10RムーンライトH◎ボールライトニング=3連複2番1頭軸で、相手は、5、11、6、1、9、8。11RセントウルS◎フミノムーン=3連複10番1頭軸で、相手は、11、9、6、7、14、13。12R◎ハッシュタグ=3連複4番1頭軸で、相手は、15、9、3、11、13、12。

※展開シミュレーション9月8日分 [展開シミュレーション]
2018.09/08 フジマキ 記事URL
★中山10R鋸山特別
 デザートスネークは、デビュー以来、芝で4戦するも勝ち上がれなかったが、初のダートなった1年前の3歳秋に中山ダート1800m戦で未勝利勝ち。勝ち時計は2鞍あった同日の500万クラスでも2、4着に相当し、2着馬はその後、1000万クラスでも5着となるなど評価できるもの。ひと息入り、今春に復帰後は、すべて福島ダート1700m戦とはいえ、1、2、1着。なかでも前々走は、自身の時計は、同日の1000万クラスよりコンマ1秒速く、勝ち馬は次走1000万で2着と高レベルのレースぶり。ソエの影響もあったが、ダート替わりで本格化した印象。今回はタイセイヴィクター、ポルトドレーヴ、スペルマロンの逃げ争いで、澱みのない流れとなりそうだが、好位から追ってしぶとく脚を伸ばすこの馬向きの展開。前走から間隔が空いたが、しっかり乗り込んでおり力を出せる状態といえ、相手が強くなる昇級初戦でこそ妙味ある狙い馬といえる。相手は、アナザートゥルース、スペリオルシチー、バトルスピリッツ、ディアドナテロ、アンプラグド、セガールモチンモクの、3連複8番1頭軸、7、9、11、2、3、10のボックス。

その他のレース~中山
7R◎ケイアイテディ=3連複12番1頭軸で、相手は、13、15、14、7、16、6。8R◎ディーエスファニー=3連複12番1頭軸で、相手は、14、11、7、1、4、10。11R紫苑S◎クイーングラス=3連複6番1頭軸で、相手は、3、14、1、15、4、11。12R◎アイアムヒメ=3連複2番1頭軸で、相手は、8、7、13、11、15、5。

その他のレース~阪神
9R鳥取特別◎トリプライト=3連複1番1頭軸で、相手は、7、6、2、4。10R野分特別◎ミヤジユウダイ=3連複3番1頭軸で、相手は、6、4、8、7。11RエニフS◎ハヤブサマカオー=3連複9番1頭軸で、相手は、15、5、13、12、7、14。12R◎キングディグニティ=3連複8番1頭軸で、相手は、2、1、13、9、6、11。

※展開シミュレーション9月2日分 [展開シミュレーション]
2018.09/02 フジマキ 記事URL
★新潟11R新潟記念
 前走小倉記念(小倉芝2000m)は、勝ち馬からコンマ7秒差の5着に終わったストーンウェア。ただ、休養明けはもちろん、前半3ハロン35秒6と落ち着いた流れで、小回りコースらしく先行勢が緩急をつけて、そのまま残る展開のなか、3コーナー過ぎからなし崩しに脚を使わされるなど、この馬にとって厳しい競馬。これまで勝利を挙げた5勝は、東京、中京、京都外回りと、すべてコーナーが2つで直線の長いコースというように、器用さには欠けるも、追って長く脚が使えるタイプだけに、今回、新潟芝2000m戦に替わるのは大きなプラス材料。展開もマイネルミラノの逃げなら極端なスローペースとはならず、道中、じっくり脚をためてレースができるはず。ひと叩きされて、引き続き54kgのハンデなら、重賞でも互角以上の勝負になる。相手は、グリュイエール、セダブリランテス、ブラストワンピース、レアリスタ、メートルダール、エンジニアの、3連複8番1頭軸、10、13、1、9、5、11のボックス。

その他のレース~新潟
10R飯豊特別◎ディアサルファー=3連複8番1頭軸で、相手は、11、1、13、10、2、9。12R雷光特別◎シーイズチャンプ=3連複11番1頭軸で、相手は、12、17、8、16、7、9。

その他のレース~小倉
9R若戸大橋特別◎デクレアラー=3連複11番1頭軸で、相手は、3、10、6、8、9、13。10R西日本スポーツ杯◎スズカフリオーソ=3連複10番1頭軸で、相手は、5、12、11、14、2、13。11R小倉2歳S◎タムロドリーム=3連複11番1頭軸で、相手は、6、3、4、5、12、1。12R◎タガノヒルクライム=3連複6番1頭軸で、相手は、7、4、12、16、15、13。

その他のレース~札幌
9R◎モレッキ=3連複6番1頭軸で、相手は、11、8、13、4、10、5。11R丹頂S◎シルクドリーマー=3連複1番1頭軸で、相手は、8、4、3、6、14、13。12R釧路湿原特別◎スズカロング=3連複9番1頭軸で、相手は、5、11、12、4、2、13。

※展開シミュレーション9月1日分 [展開シミュレーション]
2018.09/01 フジマキ 記事URL
★小倉12R

 前走筑後川特別(小倉芝1800m)は、勝ち馬からコンマ5秒差の5着だったシゲルホウレンソウ。前半3ハロン35秒9で逃げる馬から離れた2番手から、向正面過ぎで早めに仕掛けて脚を使う格好となり、最後は脚色が鈍ってしまったが、残り100mまでは上位争いに食い込んでおり、久々に加え速い時計の出る馬場だったことを考えると上々のレースぶり。芝、ダート問わず走っているが、鋭い決め手で見劣るぶん、ダートの方が合っている印象で、今回は初の小倉ダート1700m戦となるが、初勝利を挙げたのが福島ダート1700m戦だったように、先行力の生きる絶好の条件。展開もサンライズローリエ、メイショウタカトラの逃げ争いをマークする形で競馬ができそうで、叩いた上積みが見込めるここは粘り込みが期待できる。相手は、ダノンスパーク、サンライズローリエ、サトノグリッター、オーロスターキス、メイショウタカトラ、アドラメレクの、3連複3番1頭軸、6、2、12、13、16、10のボックス。

その他のレース~新潟
9R糸魚川特別◎ルックスマート=3連複9番1頭軸で、相手は、4、2、5、6、1、3。10R弥彦特別◎ウインシトリン=3連複9番1頭軸で、相手は、5、8、2、3、1、4。11R長岡S◎アルジャンテ=3連複8番1頭軸で、相手は、7、4、3、5、6、1。12R◎コスモコレクション=3連複5番1頭軸で、相手は、7、9、14、13、2、8。

その他のレース~小倉
9R八幡特別◎ヒマワリノヤクソク=3連複18番1頭軸で、相手は、5、8、15、17、6、10。10R玄海特別◎ロードアルバータ=3連複6番1頭軸で、相手は、9、11、5、8、7、2。11R北九州短距離S◎ゲンキチハヤブサ=3連複3番1頭軸で、相手は、14、15、1、17、9、2。

その他のレース~札幌
10R札幌スポニチ賞◎キングキングキング=3連複10番1頭軸で、相手は、8、15、13、14、3、5。11R札幌2歳S◎ナンヨーイザヨイ=3連複7番1頭軸で、相手は、10、14、9、1、5、3。12R日高特別◎アメリカンワールド=3連複9番1頭軸で、相手は、15、13、14、2、8、5。

※展開シミュレーション8月26日分 [展開シミュレーション]
2018.08/26 フジマキ 記事URL
★札幌11RキーンランドC
 前走函館スプリントS(函館芝1200m)は、11着に敗れたキングハート。ただ、実績のない休養明けに加え、開幕週でハイペースながらインの先行馬が残る展開のなか、外枠もあり後方からの競馬と厳しい展開。それでも上がり3ハロンでは2番目に速い末脚を使っており、勝ち馬からもコンマ5秒差だったことを考えると着順ほど悪い内容ではなかった。今春オーシャンS(中山芝1200m)で重賞勝ちがあるも、その他の5勝はすべて直線平坦の右回りコースだったように、初めてとはいえ札幌コースはベストの条件といえ、道悪実績もあるだけに、前日までの雨で時計を要する馬場もプラス材料。オールインワンの単騎逃げで極端なハイペースとはならないも、ひと叩きされただけに、本来の好位から競馬ができるはずで、人気を落すここは妙味ある狙い馬といえる。相手は、レッツゴードンキ、ナックビーナス、ヒルノデイバロー、デアレガーロ、ダノンスマッシュ、キャンベルジュニアの、3連複10番1頭軸、6、11、3、8、7、13のボックス。

その他のレース~新潟
10R朱鷺S◎ジューヌエコール=3連複3番1頭軸で、相手は、14、15、1、4、9、7。11R新潟2歳S◎エイカイキャロル=3連複7番1頭軸で、相手は、6、9、2、8、11、5。12R◎カタナ=3連複8番1頭軸で、相手は、14、12、5、6、13、3。

その他のレース~小倉
9R鳥栖特別◎クリノフラッシュ=3連複5番1頭軸で、相手は、6、9、4、12、11、3。11R小倉日経OP◎キョウヘイ=3連複2番1頭軸で、相手は、7、5、3、4、8。12R◎チェリーボンボン=3連複1番1頭軸で、相手は、13、12、14、6、9、11。

その他のレース~札幌
9R千歳特別◎サレンティーナ=3連複9番1頭軸で、相手は、10、8、3、1、4、6。10RワールドASJ第3戦◎マテラリードル=3連複12番1頭軸で、相手は、6、13、5、14、9、11。12RワールドASJ第4戦◎フォワードカフェ=3連複13番1頭軸で、相手は、2、7、11、6、4、1。

 全26ページ中16 ページ   前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 [16] 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 次の10件