※展開シミュレーション2月17日分 [展開シミュレーション]
2019.02/17 フジマキ 記事URL
★東京12R大島特別
 前走(中山ダート1200m)で500万を勝ち上がったシゲルベンガルトラ。前半3ハロン34秒7と落ち着いた流れのなか、先行集団の直後からじっくり脚をためると、直線ではインを突いて上がり3ハロン最速タイムの末脚で2着馬をクビ差交わしたところでゴール。時計自体は目立つものではなかったが、揉まれ弱く、これまで極端な戦法でしか結果を残していなかったことを考えると、数字以上に内容濃いレースぶりといえた。今回は再昇級戦となるが、以前、1000万クラスでは10、10着とはいえ、長期休養明けで本調子を欠いたおり参考外。青竜S(東京ダート1600m)で、勝ったサンライズソア(重賞2勝)からコンマ1秒差の3着となるなど、能力はこのクラスでも互角以上のものを秘めているといえ、カタナ、トークフレンドリーの逃げ争いで平均ペースも、前走のような競馬ができれば、直後からマークする絶好の展開となりそう。1400m戦も【1141】と問題なく、引き続き、手の内に入れた横山典弘騎手騎乗なら、いきなりから狙って妙味あり。相手は、エンクローザー、カタナ、フィスキオ、アーバンイェーガー、ドリュウ、ララパルーザの、3連複5番1頭軸、13、14、10、4、8、2のボックス。

その他のレース~東京
9RヒヤシンスS◎マスターフェンサー=3連複1番1頭軸で、相手は、9、3、6、4、5。10RアメジストS◎テーオービクトリー=3連複3番1頭軸で、相手は、1、9、4、2、11、5。11RフェブラリーS◎サンライズソア=3連複10番1頭軸で、相手は、3、6、13、14、2、7。

その他のレース~京都
10R斑鳩S◎テラノヴァ=3連複1番1頭軸で、相手は、3、7、5、2、4。11R大和S◎オウケンビリーヴ=3連複5番1頭軸で、相手は、6、11、2、3、10、9。12R◎クルークハイト=3連複13番1頭軸で、相手は、3、8、7、1、10、5。

その他のレース~小倉
11R小倉大賞典◎レトロロック=3連複5番1頭軸で、相手は、2、11、8、12、4、6。12R紫川特別◎コロラトゥーレ=3連複5番1頭軸で、相手は、7、6、11、1、13、12。

※展開シミュレーション2月16日分 [展開シミュレーション]
2019.02/16 フジマキ 記事URL
★小倉11R和布刈特別
 前走(京都ダート1800m)で、勝ち馬からコンマ2秒差の3着と、このクラスで初めて馬券に絡んだドルチェリア。前半3ハロン36秒6と落ち着いた流れとなるなか、中団といつもより後方からの競馬で何とか折り合いをつけるも、3コーナー過ぎで我慢できず外を回って仕掛ける形となり、最後は脚色が鈍ってしまったが、控える競馬で結果を出したのは大きな収穫。今回はヒルノサルバドール、テイエムチェロキー、ブルーミンと、テンに行きたい馬が揃い、ハイペース必至だけに、前走以上に折り合いをつけて追走できるはず。また、小倉ダート1700m戦も、昨冬に500万クラスを勝利するなど相性のよい条件といえ、叩き3戦目でまだ上積みも見込めるここは勝ち負けまで期待できる。相手は、スズカフロンティア、シンゼンドリーム、ヒルノサルバドール、マイネルオスカル、テーオーフォース、テイエムチェロキーの、3連複4番1頭軸、3、6、16、8、10、5のボックス。

その他のレース~東京
8R◎オールウェイズゼア=3連複15番1頭軸で、相手は、5、3、11、2、14、8。10R金蹄S◎ニーマルサンデー=3連複1番1頭軸で、相手は、9、4、11、7、5、3。11RダイヤモンドS◎カフェブリッツ=3連複2番1頭軸で、相手は、10、9、6、4、7、1。12R◎ファド=3連複9番1頭軸で、相手は、8、14、2、6、13、4。

その他のレース~京都
10R河原町S◎ヴォーガ=3連複12番1頭軸で、相手は、7、6、10、11、3、5。11R京都牝馬S◎リナーテ=3連複15番1頭軸で、相手は、4、11、14、18、2、1。12R◎メイショウアリソン=3連複8番1頭軸で、相手は、1、6、5、15、2、9。

その他のレース~小倉
12R大牟田特別◎ウインクレド=3連複18番1頭軸で、相手は、17、5、13、9、16、4。

※展開シミュレーション2月10日分 [展開シミュレーション]
2019.02/10 フジマキ 記事URL
★京都12R
 ティルナノーグは、昨冬周防灘特別(小倉芝1200m)で短距離路線を使うようになり、その時に3着となって以降、馬券にこそ絡んでいないも、上がり3ハロンですべて上位3番目以内となるなど、確実に末脚を伸ばしている。今回の京都芝1400m戦は、昨春鷹ヶ峰特別で、勝ち馬からコンマ4秒差の4着も、速い時計の出る馬場でスロペースの上がり勝負となるなか、外から上がり3ハロン2番目に速い末脚で追い込み、前走は、勝ち馬からコンマ9秒差の6着も、前半3ハロン35秒1と落ち着いた流れで、2着ガゼボ以外は先行勢が残る展開のなか、やはり直線上がり3ハロン2番目に速い末脚で使ったもの。今回は、当時より差しが利く馬場に加えて、グランドロア、サヤカチャン、ベルカプリなどテンに速い馬が揃い、澱みのないこの馬向きの展開となるはず。3ヵ月ぶりの実戦も気性面から使い込むより、むしろ能力を発揮できるだけに、ここは大駆けが期待できる。相手は、ガゼボ、ライトオンキュー、キラーコンテンツ、タイセイソニック、メイショウイサナ、グランドロアの、3連複7番1頭軸、10、1、5、13、3、4のボックス。

その他のレース~東京
9R初音S◎サンティール=3連複5番1頭軸で、相手は、1、13、10、7、4、8。10RバレンタインS◎タムロミラクル=3連複2番1頭軸で、相手は、3、1、7、11、15、13。11R共同通信杯◎ゲバラ=3連複7番1頭軸で、相手は、4、5、6、1。12R◎インスピレーション=3連複10番1頭軸で、相手は、9、8、1、6、11、5。

その他のレース~京都
9R松籟S◎スティルウォーター=3連複5番1頭軸で、相手は、8、3、2、6、7。10R北山S◎クリノリトミシュル=3連複3番1頭軸で、相手は、12、14、5、8、9、11。11R京都記念◎ハートレー=3連複1番1頭軸で、相手は、2、7、10、12、11、4。

その他のレース~小倉
11R関門橋S◎スカーレットカラー=3連複15番1頭軸で、相手は、11、12、8、1、6、2。12R帆柱山特別◎オフクヒメ=3連複5番1頭軸で、相手は、1、13、4、14、10、17。

※展開シミュレーション2月9日分 [展開シミュレーション]
2019.02/09 フジマキ 記事URL
★京都12R
 再昇級戦となった前々走妙見山特別(阪神芝1400m)で、勝ち馬からコンマ5秒差の3着と好走したベルエスメラルダ。前半3ハロン34秒9と澱みのない流れのなか、好位追走から直線でしぶとく脚を伸ばしたもの。時計自体は目立つものでなかったものの、勝ったイシュトヴァーンは次走1600万も勝利し、コンマ1秒差の2着だったヌーディーカラーも、その後、3、1着で1000万を卒業。さらに5着テイエムグッドマンが2着、6着バーンフライが1着となるなど、レンバーレベルが高く、数字以上に評価できる内容だった。前走(京都ダート1400m)は、勝ち馬からコンマ8秒差の6着に敗れるも、最内枠で、終始、揉まれる形となる厳しい展開。今回は、メイショウギガースの単騎逃げが濃厚で、極端なハイペースになることは考え難く、すんなり好位から競馬ができるはず。脚抜きのいい馬場も問題なく、ここは巻き返しが期待できる。相手は、バレーロ、メイショウギガース、コンクエストシチー、メイショウラビエ、ワンダーアマービレ、メリッサーニの、3連複13番1頭軸、6、9、14、16、7、3のボックス。

その他のレース~東京
9Rテレビ山梨杯◎アモーレミオ=3連複7番1頭軸で、相手は、8、3、6、5、11、10。10R雲雀S◎エスターテ=3連複1番1頭軸で、相手は、3、4、11、7、10、5。11RクイーンC◎ジョディー=3連複4番1頭軸で、相手は、9、6、1、3、7、2。12R◎サムシングフレア=3連複5番1頭軸で、相手は、16、11、6、13、4、15。

その他のレース~京都
10R琵琶湖特別◎プラチナアッシュ=3連複5番1頭軸で、相手は、7、2、1、8、3。11R洛陽S◎アイトーン=3連複7番1頭軸で、相手は、3、5、10、2、8、6。

その他のレース~小倉
11R壇之浦特別◎ドリームソルジャー=3連複4番1頭軸で、相手は、9、3、10、5、7、17。12R巌流島特別◎コスモペリドット=3連複8番1頭軸で、相手は、7、16、4、12、10、13。

※展開シミュレーション2月3日分 [展開シミュレーション]
2019.02/03 フジマキ 記事URL
★東京12R
 東京芝1400m戦は、これまで【1314】で、すべて掲示板に載っているウィンドライジズ。再昇級戦となった3走前の神奈川新聞杯は、勝ったチトニアにはコンマ4秒差離されたものの、4ヵ月ぶりの実戦ながら好位で脚をためると、最後まで息長く末脚を伸ばして2着。前々走国立特別は、トップハンデを背負った上に、レースも外々を回るロスの多い競馬で5着に敗れるも、勝ち馬とはコンマ2秒差。そして前走は後方に控える形も、前半3ハロン35秒9とスローペース逃げた馬が勝利する厳しい展開のなか、自身、上がり3ハロン32秒8の末脚で追い込み、2着馬とはコンマ3秒差と、この条件では崩れることなく走っている。今回は、オルレアンローズの逃げなら極端なスローペースとなることは考え難く、道中、じっくり脚をためる競馬ができるはず。また、週中の雨で、多少でも時計がかかる馬場や、減量騎手起用もプラスといえ、前走からレース間隔が開くも、この開催に照準を合わせてきた感もあるだけに、ここは勝ち負けできる可能性が高い。相手は、オールザゴー、ディロス、トゥザクラウン、シグナライズ、スイーズドリームス、メモリーコロネットの、3連複9番1頭軸、1、13、5、2、11、4のボックス。

その他のレース~東京
10R銀蹄S◎メガオパールカフェ=3連複2番1頭軸で、相手は、12、1、11、8、16、14。11R東京新聞杯◎テトラドラクマ=3連複3番1頭軸で、相手は、2、10、5、6、15、12。

その他のレース~京都
10R山城S◎メイショウカズヒメ=3連複2番1頭軸で、相手は、1、10、12、7、9、6。11Rきさらぎ賞◎タガノディアマンテ=3連複1番1頭軸で、相手は、3、7、8、4、2。12R◎タマモコーラス=3連複14番1頭軸で、相手は、11、9、13、7、15、1。

その他のレース~中京
10R鞍ヶ池特別◎レディギャング=3連複3番1頭軸で、相手は、9、1、4、14、6、10。11R納屋橋S◎スマートボムシェル=3連複2番1頭軸で、相手は、3、1、6、11、10、8。12R伊良湖特別◎ソーディヴァイン=3連複5番1頭軸で、相手は、3、12、2、9、10、1。

※展開シミュレーション2月2日分 [展開シミュレーション]
2019.02/02 フジマキ 記事URL
★中京12R西尾特別
 前走金山特別(中京芝2200m)は、勝ち馬からコンマ9秒差の6着だったエフティアテナ。前半1000m62秒0とスローペースとなるなか、発馬で後手を踏んで最後方からの追走となり、3コーナー過ぎから外を回って早めに仕掛けると、直線では上がり3ハロン3番目に速かったように息長く末脚を使ったもの。久々に間隔を詰めて使えたこともあったが、厳しい展開のなか牡馬相手に内容濃い競馬ができた感。今回は、牝馬限定戦で替わり、ベラソヴラーノの単騎逃げで落ち着いた流れとなりそうなのも、発馬さえ決まれば本来の好位から競馬ができるはず。桜花賞、オークスで2着となった母を持ち、自身もハーレムライン(アネモネS勝ち)、パイオニアバイオ(フローラS2着)などを下して未勝利戦(中山芝2000m)勝ちしたように、素質はこのクラスでは上位といえるだけに、再び順調に使えるここは勝ち負けまで期待できる。相手は、プリンセスルーラー、ソシアルクラブ、キャンディストーム、ウインルチル、アオイプリンセス、ウインラナキラの、3連複8番1頭軸、11、2、9、4、6、1のボックス。

その他のレース~東京
9R春菜賞◎シトラスノキセキ=3連複10番1頭軸で、相手は、2、15、12、5、1、13。10R箱根特別◎マスラオ=3連複1番1頭軸で、相手は、6、8、5、10、9、4。11R節分S◎マイネルメリエンダ=3連複7番1頭軸で、相手は、3、2、8、6、4。12R◎リスペクトアース=3連複12番1頭軸で、相手は、16、3、14、13、2、8。

その他のレース~京都
9R乙訓特別◎ムーンチャイム=3連複2番1頭軸で、相手は、3、10、1、4、9、7。10RエルフィンS◎ブランノワール=3連複6番1頭軸で、相手は、1、4、5、2、7、3。11RアルデバランS◎オルナ=3連複2番1頭軸で、相手は、6、12、3、1、15、4。12R◎エイシンデジタル=3連複7番1頭軸で、相手は、5、3、9、4、10、12。

その他のレース~中京
11R中京スポーツ杯◎アナザープラネット=3連複1番1頭軸で、相手は、3、4、5、2、10、8。

※展開シミュレーション1月27日分 [展開シミュレーション]
2019.01/27 フジマキ 記事URL
★京都11RシルクロードS
 前走カーバンクルS(中山芝1200m)は、勝ち馬からコンマ3秒差の4着だったペイシャフェリシタ。前半3ハロン32秒8とハイペースながら、速い時計が出る馬場もあり先行勢がそのまま残る展開となるなか、好位で脚をためて、直線外へ持ち出すと上がり3ハロン2番目に速い末脚を使って上位馬に迫ったもの。自身、休養明けに加え、持ち時計は更新しているように、レース内容は評価できるもの。今回は、初めてとなる京都芝1200m戦となるが、洋芝で稍重馬場だった前々走キーンランドC(札幌芝1200m)で3着となっているように、時計のかかる今の馬場はピッタリといえ、昨春阪急杯(阪神芝1400m)で5着ながら勝ち馬からコンマ1秒差だったように、関西への輸送競馬も問題なし。セイウンコウセイ、トウショウピスト、ラブカンプーなどテンに速い馬が多く、澱みのない流れとなりそうなのも折り合い面を考えるとレースがしやすいはずで、ひと叩きされた上積みも見込めるここは好勝負が期待できる。相手は、ダノンスマッシュ、リョーノテソーロ、ナインテイルズ、アンヴァル、セイウンコウセイ、ラブカンプーの、3連複9番1頭軸、2、7、1、16、14、10のボックス。

その他のレース~東京
8R◎アフターバーナー=3連複13番1頭軸で、相手は、4、9、2、6、8、12。10R早春S◎エクセレントミスズ=3連複3番1頭軸で、相手は、8、11、4、1、7、10。11R根岸S◎モーニン=3連複6番1頭軸で、相手は、2、12、16、1、11、4。12R◎ダイイチターミナル=3連複8番1頭軸で、相手は、6、2、4、3、5。

その他のレース~京都
9R若菜賞◎マイネルアプラウス=3連複2番1頭軸で、相手は、7、9、3、10、11、8。12R◎メイショウラビエ=3連複3番1頭軸で、相手は、10、6、5、4、1、7。

その他のレース~中京
11R伊勢特別◎ダンサクドゥーロ=3連複13番1頭軸で、相手は、7、2、1、9、11、5。12R蒲郡特別◎ファーベライト=3連複13番1頭軸で、相手は、12、15、6、1、11、18。

※展開シミュレーション1月26日分 [展開シミュレーション]
2019.01/26 フジマキ 記事URL
★中京11R愛知杯
 前走蛍池特別(阪神芝2000m)で1000万を勝ったばかりで、いきなりの重賞挑戦となるレイズアベール。デビュー戦を勝ったものの、トモがパンとしなかったこともあり、2勝目を挙げたのが昨年1月と遅かったが、その後は、2、6、1、3、2、4、1着と、堅実な走りを披露。その2勝目を挙げた西尾特別や、3着とはいえ前半3ハロン37秒2とスローペースのなか、直線でも他馬に外に寄れる不利を受けながらも、勝ったシャルドネゴールド(京都新聞杯3着)からコンマ4秒差となったシンガポールTC賞と、今回と同じ中京芝2000m戦は内容濃いレースを演じているコース。ここはランドネの単騎逃げで落ち着いた流れとなりそうだが、折り合い自体は問題なく、中団で脚をためる競馬ができるはず。50kgのハンデはもちろん、差しが利きやすい今の馬場なら、いきなりから大駆けが期待できる。相手は、レッドジェノヴァ、ノームコア、ワンブレスアウェイ、ウラヌスチャーム、ランドネ、レイホーロマンスの、3連複6番1頭軸、1、11、5、9、8、2のボックス。

その他のレース~東京
9R白嶺S◎ヴァローア=3連複6番1頭軸で、相手は、5、10、8、4、3、7。10RクロッカスS◎オトナノジジョウ=3連複10番1頭軸で、相手は、1、7、4、9、6。11R白富士S◎ナスノセイカン=3連複8番1頭軸で、相手は、1、3、2、6、5、7。12R◎ディスパーション=3連複4番1頭軸で、相手は、15、5、11、9、6、3。

その他のレース~京都
10R木津川特別◎サウンドバーニング=3連複3番1頭軸で、相手は、10、7、8、2、6。11R橿原S◎プレシャスルージュ=3連複6番1頭軸で、相手は、2、4、7、11、16、8。12R◎カレンカカ=3連複8番1頭軸で、相手は、3、4、11、1、9、12。

その他のレース~中京
10Rはこべら賞◎ラインカリーナ=3連複11番1頭軸で、相手は、7、10、2、12、16、4。12R知立特別◎シンデレラメイク=3連複2番1頭軸で、相手は、15、4、5、8、12、11。

※展開シミュレーション1月20日分 [展開シミュレーション]
2019.01/20 フジマキ 記事URL
★京都11R石清水S
 今回と同条件だった3走前渡月橋Sで、勝ち馬からコンマ3秒差の3着だったハナズレジェンド。前半3ハロン35秒4と落ち着いた流れとなるなか、発馬で後手を踏み、4コーナーでは大外を回るロスの多い競馬ながら、直線では息長く末脚を伸ばしたもの。以前は、中距離戦で実績を残していたが、使える脚が短いこともあり、距離短縮が功を奏した印象。ただ、前々走2018ファイナルS(阪神芝1400m)は8着、前走新春S(京都芝1600m)は13着に敗れたが、ファイナルSは前半3ハロン34秒0、新春Sも前半3ハロン34秒2とともにハイペースで、なし崩しに脚を使ってしまったことが敗因。ここはボンセルヴィーソ、タイセイスターリーなどの逃げ争いも、極端に速いペースになることは考え難く、道中、馬群で脚をためる競馬ができるはず。時計のかかる今の京都芝も合っており、意欲の連闘策で巻き返しが期待できる。相手は、レッドアンシェル、レインボーフラッグ、ジョイフル、アマルフィコースト、ボンセルヴィーソ、サプルマインドの、3連複9番1頭軸、6、11、1、3、14、12のボックス。

その他のレース~中山
10RアレキサンドライトS◎バイタルフォース=3連複5番1頭軸で、相手は、7、1、3、2、9、5。11RアメリカJCC◎サクラアンプルール=3連複11番1頭軸で、相手は、4、1、5、9、10、7。12R◎ヴェロニカグレース=3連複10番1頭軸で、相手は、6、2、9、7、3。

その他のレース~京都
10R舞鶴S◎エジステンツァ=3連複3番1頭軸で、相手は、2、5、7、1、8、11。12R◎ラブリーイレブン=3連複2番1頭軸で、相手は、10、8、6、5、13、4。

その他のレース~中京
10R金山特別◎ピスカデーラ=3連複8番1頭軸で、相手は、15、12、2、10、14、11。11R東海S◎カゼノコ=3連複13番1頭軸で、相手は、4、3、7、6、5、10。12R大須特別◎タマモコーラス=3連複9番1頭軸で、相手は、6、11、10、2、13、15。

※展開シミュレーション1月19日分 [展開シミュレーション]
2019.01/19 フジマキ 記事URL
★京都12R
 メイショウツバキは、これまで現級では、3、10、4、13、2、14着とムラ駆けな印象だが、1ケタ着順だった3回を見ると、3着となった昨秋(阪神芝1400m)が稍重馬場で、4着だった4走前(阪神芝1400m)が重馬場。そして、前々走飯坂温泉特別(福島芝1200m)は、開催最終のレースで、良馬場ながら自身の時計が1分9秒1だったように、時計がかかる馬場が得意な印象。それだけに、良馬場でも時計を要している現在の京都芝はピッタリといえ、エヴァイエ、ソフトポジション、プラチナコードなど、テンに速い馬が揃い、澱みのないこの馬向きの流れとなりそう。前走桑名特別(中京芝1200m)は、不得手の左回りに加え、直線で大外を回る厳しい競馬で14着に敗れるも、勝ち馬からはコンマ7秒差と大きくは離されておらず、条件良化となるここは巻き返しが期待できる。相手は、デザートストーム、クインズチャパラ、クルークヴァール、エヴァイエ、モンテヴェルデ、ゲンパチケンシンの、3連複4番1頭軸、7、16、13、12、2、9のボックス。

その他のレース~中山
10R初茜賞◎ビッザーロ=3連複4番1頭軸で、相手は、1、5、11、10、2、13。11R初富士S◎カフジバンガード=3連複10番1頭軸で、相手は、8、5、1、11、4、3。12R◎アドマイヤシナイ=3連複13番1頭軸で、相手は、7、4、15、11、8、3。

その他のレース~京都
9R祇園特別◎スカルバン=3連複2番1頭軸で、相手は、11、5、8、6、1、4。11RすばるS◎ショコラブラン=3連複5番1頭軸で、相手は、8、6、7、2、15、3。

その他のレース~中京
10Rなずな賞◎メジャーハリケーン=3連複2番1頭軸で、相手は、10、7、12、4、13、5。11R中京スポニチ賞◎スリーマキシマム=3連複8番1頭軸で、相手は、2、4、1、7、5、10。12R庄内川特別◎アングレーム=3連複6番1頭軸で、相手は、16、9、17、1、12、15。

 全26ページ中12 ページ   前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 [12] 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 次の10件