※展開シミュレーション4月28日分 [展開シミュレーション]
2019.04/28 フジマキ 記事URL
★京都10R端午S

 前走昇竜S(中京ダート1400m)は、勝ち馬から1秒1差の8着に終わったモンペルデュ。前半3ハロン34秒0と同開催でもっとも速い流れとなるなか、道中、先行争いに加わり、直線半ばでは、一旦、先頭に立つ厳しい展開。最後は後続馬に交わされたとはいえ、他の先行馬が同馬よりコンマ5秒以上差がついていたように、オープンクラスで初の1400m戦だったことを考えると、負けたとはいえ評価できるレースぶり。デビュー2戦とも京都ダート1200m戦で、2着馬以下にそれぞれコンマ8、6秒差をつけて逃げ切ったように、スピードはこの世代でもトップクラスといってよく、今回もケイアイターコイズこそいるも、他の同型馬は控えても競馬ができるタイプだけに、前走のような超ハイペースとはならないはず。まだ、成長途上といった感はあるも、無理使いしていないぶん調子落ちはなさそうで、人気が落ちそうなここは妙味ある狙い馬といえる。相手は、ボストンテソーロ、ケイアイターコイズ、レッドルゼル、ジャパンスウェプト、ニューモニュメント、オリオンパッチの、3連複9番1頭軸、10、6、8、14、15、7のボックス。

その他のレース~東京
10R晩春S◎ラヴィングアンサー=3連複1番1頭軸で、相手は、6、2、10、4、8、3。11RスイートピーS◎アフランシール=3連複3番1頭軸で、相手は、7、1、6、2、5、8。12R◎カリーニョミノル=3連複10番1頭軸で、相手は、3、7、6、9、12、16。

その他のレース~京都
8R糺の森特別◎レオコックブルー=3連複9番1頭軸で、相手は、6、7、2、4、1、5。9R鷹ヶ峰特別◎メイショウシャチ=3連複2番1頭軸で、相手は、1、7、3、13、10、9。11R天皇賞春◎ロードヴァンドール=3連複13番1頭軸で、相手は、7、2、10、9、6、12。12R高瀬川S◎ヴォーガ=3連複8番1頭軸で、相手は、2、1、12、7、9、10。

※展開シミュレーション4月27日分 [展開シミュレーション]
2019.04/27 フジマキ 記事URL
★東京12R

 前走(中山ダート1200m)は、勝ち馬からコンマ5秒差の7着に終わったローレルジャック。前半3ハロン34秒7と平均ペースのなか、最内枠で出遅れて最後方からの競馬となるも、直線手前で大外に持ち出すと、上がり3ハロンで他馬よりコンマ3秒以上も速い末脚を使って急追。3ヵ月半ぶりの実戦と間隔が開いていたことを考えても、見どころ十分のレースぶりといえた。ひと叩きされた今回は、東京ダート1400m戦となるが、スタートからダトのコースに替わるのは大きなプラス材料といえ、この条件としては逃げ馬不在で落ち着いた流れなら、本来の好位で脚をためる競馬ができるはず。脚抜きのいいダートも問題なく、ここは大駆けが期待できる。相手は、バスカヴィル、ラレータ、エングローサー、スズカゴーディー、サクレディーヴァ、トークフレンドリーの、3連複7番1頭軸、16、15、5、13、12、2のボックス。

その他のレース~東京
9R秩父特別◎エミーリオ=3連複5番1頭軸で、相手は、1、11、8、2、4、3。10R春光S◎マイネルアンファン=3連複1番1頭軸で、相手は、13、12、4、11、6、7。11R青葉賞◎バラックパリンカ=3連複14番1頭軸で、相手は、1、6、3、15、2、16。

その他のレース~新潟
10R春日山特別◎ウォーターミリオン=3連複8番1頭軸で、相手は、7、2、3、4、5。11R駿風S◎コパノディール=3連複3番1頭軸で、相手は、7、10、2、11、5、4。12R◎ミトノブラック=3連複2番1頭軸で、相手は、8、6、10、3、9、1。

※展開シミュレーション4月21日分 [展開シミュレーション]
2019.04/21 フジマキ 記事URL
★東京12R

 東京ダート1600m戦は、昨夏以来となるテイエムテツジン。前半3ハロン35秒8と平均ペースで逃げた馬が粘り切る展開のなか、道中、最後方から直線で大外に持ち出すと、上がり3ハロン最速タイムの末脚で、5着とはいえ勝ち馬からコンマ2秒差まで急追。同じく後方から脚を使った3~6着馬が、その後、すべて1000万を勝ち上がり、うち2頭は1600万クラスでも馬券になっていることからも、着順以上に評価できるレース内容。今回は、クリノフウジン、ピンキージョーンズ、プリエンプトなど、先手を取りたいタイプが多く、澱みのない流れとこの馬向きの展開となりそう。また、近走、太めが残っていただけに、輸送で絞れそうなのも好材料といえ、ここは大駆けが期待できる。相手は、ミッキーワイルド、フィスキオ、シャムロック、クレディブル、トレンドライン、テンタマユキノブの、3連複13番1頭軸、14、3、1、6、16、5のボックス。

その他のレース~東京
9R石和特別◎ヴェルデアシャフト=3連複2番1頭軸で、相手は、6、3、10、1、11、8。10R鎌倉S◎マイネルラック=3連複9番1頭軸で、相手は、5、7、13、3、11、12。11RフローラS◎フォークテイル=3連複13番1頭軸で、相手は、10、2、4、12、3、18。

その他のレース~京都
9R比良山特別◎ジャストコーズ=3連複9番1頭軸で、相手は、7、1、11、12、8、6。10R桃山S◎スズカガルチ=3連複12番1頭軸で、相手は、4、13、5、3、10、6。11RマイラーズC◎グァンチャーレ=3連複8番1頭軸で、相手は、3、6、2、4、1、8。12R◎ロングベスト=3連複11番1頭軸で、相手は、6、5、9、8、12、13。

その他のレース~福島
11R福島中央テレビ杯◎ダイシンバルカン=3連複2番1頭軸で、相手は、8、10、11、3、14、1。12R浄土平特別◎ウインオルビット=3連複4番1頭軸で、相手は、2、6、9、5、8、3。

※展開シミュレーション4月20日分 [展開シミュレーション]
2019.04/20 フジマキ 記事URL
★福島12R花見山特別

 バンパークロップは、デビュー戦で既走馬相手に向正面過ぎから早めにまくり上げると、上がり3ハロン最速タイムと息長く末脚を伸ばし、逃げ粘った2着馬(その後500万勝ち)とはコンマ1秒差も、3着馬以下には1秒差以上をつけて未勝利勝ちすると、続く500万クラスでも、前半3ハロン36秒5と澱みのない流れのなか、前走同様、向正面過ぎから仕掛けて、上がり3ハロン2番目に速い末脚を使って、2着馬にコンマ2秒差をつけて連勝を果たすなど。福島ダート1700m戦で内容濃い競馬を披露。その後、1000万クラスでも3、5着と好走するも、使い込めないこともあり足踏みしているが、半兄にマイネルクロップ(マーチS勝ち)がいるように、ダートでの素質はかなり高い印象。前走テレビ山梨杯(東京芝1600m)は、12着に大敗も、久々に加えて初の芝だっただけに参考外。条件良化となる今回は、ヒルノサルバドール、セイリスペクト、ロジペルレストなどテンに速い馬が揃い、ハイペース必至で、息長い末脚が生きるこの馬向きの展開となりそう。使った上積みも見込めるだけに、ここは牡馬相手でも好勝負が期待できる。相手は、ランバージャック、メイショウノボサン、ヒルノサルバドール、メンターモード、シュプリームゾーン、ロジペルレストの、3連複3番1頭軸、5、7、8、6、11、4のボックス。

その他のレース~東京
10R府中S◎サトノケンシロウ=3連複2番1頭軸で、相手は、1、5、8、11、9、10。11RオアシスS◎ダンツゴウユウ=3連複8番1頭軸で、相手は、15、2、10、5、1、11。12R◎アンリミット=3連複11番1頭軸で、相手は、3、2、5、4、1、9。

その他のレース~京都
8R◎テイエムヨハネス=3連複7番1頭軸で、相手は、10、8、13、3、14、11。11R彦根S◎ブライティアレディ=3連複8番1頭軸で、相手は、4、3、10、2、13、5。12R◎サザンブリーズ=3連複5番1頭軸で、相手は、11、1、16、3、14、12。

その他のレース~福島
10R伏拝特別◎ラルムドランジュ=3連複2番1頭軸で、相手は、1、9、6、8、11、4。11R福島牝馬S◎カレンシリエージョ=3連複2番1頭軸で、相手は、5、10、6、3、4、9。

※展開シミュレーション4月14日分 [展開シミュレーション]
2019.04/14 フジマキ 記事URL
★中山12R春興S

 今年に入り、500万、1000万を連勝したアンノートル。前々走鞍ヶ池特別(中京芝1600m)は、前半3ハロン35秒4とマイペースの逃げで粘り込むを図る2着馬を相手に、好位追走から、直線、息長く末脚を伸ばして最後クビ差捕らえ、3着馬以下にはコンマ3秒差をつけ、前走(中山芝1600m)は、道悪馬場ながら前半3ハロン35秒8と澱みのない流れのなか、大外枠から早めにまくり上げると、直線半ばで抜け出して、最後はソラを見せたぶん後続馬に迫られるも、コンマ2秒差をつけるなど、内容も十分評価できるレースぶり。1600万クラスとなる今回は、ティソーナの単騎逃げでも、好位勢が早めに動いて緩急の激しい流れとなりそうだが、長くいい脚が使えるこの馬にとっては絶好の展開。ハンデ戦で55kgで出走できるのも好材料で、本格化した印象の今ならここでも即勝ち負けになる。相手は、イレイション、トロワゼトワル、レジーナドーロ、キロハナ、ルタンデュボヌール、トーセンブレスの、3連複7番1頭軸、2、1、14、5、13、11のボックス。

その他のレース~中山
9R鹿野山特別◎ストロングレヴィル=3連複8番1頭軸で、相手は、12、9、1、11、6、2。10R京葉S◎バイラ=3連複11番1頭軸で、相手は、2、15、4、16、12、6。11R皐月賞◎クリノガウディー=3連複15番1頭軸で、相手は、7、12、1、4、8、16。

その他のレース~阪神
10R難波S◎テーオービクトリー=3連複1番1頭軸で、相手は、6、8、2、5、4、3。11RアンタレスS◎ピオネロ=3連複1番1頭軸で、相手は、10、3、4、14、16、8。12R◎タガノリアン=3連複7番1頭軸で、相手は、15、10、6、13、3、2。

その他のレース~福島
10R医王寺特別◎メイショウベルボン=3連複5番1頭軸で、相手は、7、1、14、3、10、15。11R福島民報杯◎ミライヘノツバサ=3連複4番1頭軸で、相手は、1、13、3、5、15、14。12R奥の細道特別◎イダエンペラー=3連複7番1頭軸で、相手は、5、16、6、13、10、4。

※展開シミュレーション4月13日分 [展開シミュレーション]
2019.04/13 フジマキ 記事URL
★阪神11RアーリントンC

 前走スプリングS(中山芝1800m)は、11着に敗れたユニコーンライオン。ただ、初の長距離輸送でイレ込んだ影響もあり、ゲートで後手を踏んでしまい、直線手前から手応えが一杯になるなど、まったく能力を発揮できずに終わってしまった。前半3ハロン34秒8とハイペースのなか、先行2番手集団で競馬を進め、最後はワールドプレミア(若葉S2着)の決め手に屈するも、息長く末脚を伸ばしてコンマ2秒差の2着となった前々走つばき賞(京都芝1800m)のレースぶりは評価できるもの。今回は阪神芝マイル戦となるが、輸送が短くなるのはもちろん、器用さに欠ける面があるだけに、外回りコースに替わるのはプラスといえ、オーパキャマラード、ミッキースピリットなどの先行争いで澱みのない流れとなりそうなのも、しぶとさが生きるぶん流れも向くはず。前走に続く格上挑戦も素質は遜色ないだけに、人気を落すここは妙味ある狙い馬といえる。相手は、ヴァンドギャルド、フォッサマグナ、ミッキーブリランテ、ジャミールフエルテ、ヴァルディゼール、トオヤリトセイトの、3連複15番1頭軸、12、14、17、18、3、11のボックス。

その他のレース~中山
10R下総S◎スズカフリオーソ=3連複11番1頭軸で、相手は、5、10、1、4、7、2。11R中山グランドJ◎ミヤジタイガ=3連複2番1頭軸で、相手は、5、10、4、1、3。12R利根川特別◎ダイワドノヴァン=3連複11番1頭軸で、相手は、10、13、12、2、6、9。

その他のレース~阪神
9R蓬莱峡特別◎ロードスター=3連複9番1頭軸で、相手は、14、6、8、1、12、10。10R陽春S◎サーティグランド=3連複11番1頭軸で、相手は、3、16、6、15、14、12。12R◎シップーコウライ=3連複12番1頭軸で、相手は、14、15、10、13、11、2。

その他のレース~福島
11Rラジオ福島賞◎ブレイヴバローズ=3連複9番1頭軸で、相手は、1、8、14、2、5、6。12R飯盛山特別◎ヴァンベールシチー=3連複7番1頭軸で、相手は、3、8、6、5、10、4。

※展開シミュレーション4月7日分 [展開シミュレーション]
2019.04/07 フジマキ 記事URL
★阪神8R天王寺特別

 昨秋、再昇級後は、5、5、7着に敗れているアーバンイェーガー。3走前シャングリラ賞(東京ダート1400m)は、外枠からスムーズに先行するも、直線半ばで両隣から馬に挟まれる形となると嫌がる感じで脚が止ったしまったもの。それでも勝ち馬からからはコンマ4秒差で、走破時計も前日の1600万クラスでも3着に相当。前々走大島特別(東京ダート1400m)、前走(中山ダート1200m)は、それぞれ休養明け、距離もあったが、それ以上に道中、揉まれる展開となったことが敗因。気難しい面はあるも、昨春、東京で現級2戦連続3着となっているように、能力はここでも互角以上。今回は、メイショウギガース、アメリカンファクト、スズカフェスタの逃げ争いなら、ハイペース必至で縦長の馬群となりそうで、揉まれ弱いこの馬にピッタリの流れとなりそう。また、左回りコースに良績があるも、距離不足の福島ダート1150m戦で連対しているように、右回りコース自体は問題なく、近走で人気を落しそうなここは妙味ある狙い馬といえる。相手は、テイエムグッドマン、ハゼル、メイショウヤクシマ、アメリカンファクト、クリノキング、メイショウギガースの、3連複13番1頭軸、10、3、1、6、15、9のボックス。

その他のレース~中山
10R隅田川特別◎ディアジラソル=3連複9番1頭軸で、相手は、3、13、6、4、2、10。11R春雷S◎メイソンジュニア=3連複14番1頭軸で、相手は、11、7、16、2、12、8。12R◎トラストロン=3連複12番1頭軸で、相手は、9、2、7、16、6、3。

その他のレース~阪神
10R大阪-ハンブルグC◎ヤマカツグレース=3連複1番1頭軸で、相手は、4、10、7、3、5、9。11R桜花賞◎シェーングランツ=3連複1番1頭軸で、相手は、15、8、2、4、14、16。12R梅田S◎ノーウェイ=3連複8番1頭軸で、相手は、3、2、12、10、6、9。

その他のレース~福島
11R米沢特別◎キクノウェスター=3連複7番1頭軸で、相手は、4、5、9、3、8、14。12R喜多方特別◎アイアムヒメ=3連複10番1頭軸で、相手は、13、3、11、7、8、1。

※展開シミュレーション4月6日分 [展開シミュレーション]
2019.04/06 フジマキ 記事URL
★福島11R吾妻小富士賞

 前走岡崎特別(中京芝1200m)で、勝ち馬からコンマ2秒差の4着だったニシノラディアント。前半3ハロン33秒6と澱みのない流れとなるなか、道中、中団のインでじっくり脚をため、直線では外に持ち出して早めに仕掛けると、坂上では、一旦は2着に立つなど、叩き2戦目で見せ場十分のレースぶり。今回は開幕週の福島芝1200m戦となるが、1分7秒台の時計を持っており、メイショウツバキ、ゲンパチケンシンなど、テンに行きたい馬が揃い、ハイペース必至の展開なら、馬群のなかで脚をためてこの馬の決め手が生きるはず。一昨年冬には現級を勝っているようにまともなら能力は上位の存在だけに、復調が伺えるここは好勝負が期待できる。相手は、ロイヤルメジャー、トンボイ、メイショウツバキ、メイケイダイハード、ディアサルファー、インシュラーの、3連複2番1頭軸、1、8、15、4、10、3のボックス。

その他のレース~中山
9R野島崎特別◎シャイントレイル=3連複1番1頭軸で、相手は、5、2、11、10、6、8。11RNZT◎アフランシール=3連複2番1頭軸で、相手は、11、12、3、4、13、5。12R◎エンパシー=3連複14番1頭軸で、相手は、8、7、2、6、1、10

その他のレース~阪神
9R丹波特別◎エイシンスレイマン=3連複6番1頭軸で、相手は、3、1、10、5、9、8。10R白鷺特別◎プラチナアッシュ=3連複1番1頭軸で、相手は、8、9、5、4、7。11R阪神牝馬S◎リバティハイツ=3連複7番1頭軸で、相手は、4、12、10、2、6、1。12R◎ワタシノロザリオ=3連複6番1頭軸で、相手は、4、10、1、13、14、12。

その他のレース~福島
10Rひめさゆり賞◎カラテ=3連複4番1頭軸で、相手は、9、5、7、11、1、8。12R川俣特別◎フィールインラヴ=3連複7番1頭軸で、相手は、8、13、15、9、3、5。

※展開シミュレーション3月31日分 [展開シミュレーション]
2019.03/31 フジマキ 記事URL
★阪神11R大阪杯

 春初戦となった前走中山記念(中山芝1800m)は、5着に終わったエポカドーロ。前半3ハロン35秒0と澱みのない流れのなか、外枠から先行争いに加わり、残り1ハロンで脚色が鈍ってしまったものの、直線半ばでは前を捕らえかけるなど、久々でメンバー、時計とも高レベルのレースだったことを考えると、勝ち馬からコンマ2秒差なら上々の内容。ひと叩きされた今回は、皐月賞(中山芝2000m)を勝つなど、2戦2勝とベストの2000m戦に距離が延びるのはもちろん、Bコース替わりでインを通る先行馬が有利な馬場で、前日の雨で多少でも時計がかかり、キセキが逃げる展開なら、この馬にに不得手な極端に上がりの速い決着とはならないはず。関西馬ながら阪神コースは、意外にも昨秋の神戸新聞杯(阪神芝2400m)だけで、休養明けで出遅れる不本意なレースぶりながら、勝ったワグネリアンからコンマ5秒差の4着まで迫っており、内回りコースで先行できればこのメンバー相手でも互角以上の勝負が期待できる。相手は、ブラストワンピース、キセキ、ワグネリアン、アルアイン、サングレーザー、エアウィンザーの、3連複4番1頭軸、7、6、2、3、8、9のボックス。

その他のレース~中山
9R安房特別◎マスラオ=3連複2番1頭軸で、相手は、1、9、8、10、5、6。10R伏竜S◎ブラックウォーリア=3連複5番1頭軸で、相手は、8、7、3、1、6。11R船橋S◎ライトオンキュー=3連複4番1頭軸で、相手は、11、3、8、1、5、7。12R◎ダイワスキャンプ=3連複9番1頭軸で、相手は、1、15、14、3、12、13。

その他のレース~阪神
8R◎アサケパワー=3連複13番1頭軸で、相手は、7、15、9、16、5、14。10R御堂筋S◎スティルウォーター=3連複7番1頭軸で、相手は、3、4、1、5、2、9。12R鳴門S◎マジカルスペル=3連複10番1頭軸で、相手は、16、3、15、1、14、7。

※展開シミュレーション3月30日分 [展開シミュレーション]
2019.03/30 フジマキ 記事URL
★中山12R

 前々走からダートに路線変更するも、それぞれ6着に敗れたロードアクシス。ただ、前々走(阪神ダート1800m)は、久々をひと叩きされるも、最終追い切りが軽かったこともあってか太め残りに加え、イレ込み気味だったこともあり、直線早々に一杯となり、勝ち馬から1秒1差離されるなど平凡な内容。ただ、前走(中山ダート1800m)は、前半3ハロン37秒5と平均ペースのなか、大外枠から先行争いに加わり、向正面過ぎで外から勝ち馬に併せられて長く脚を使わされる厳しい展開となりながらも、直線、一旦は、先頭に立つなど、見せ場十分のレースぶり。馬体が絞れたこともあったが、2戦目でダート自体に慣れてきた印象。前走と同条件となる今回は、トミケンボハテル、ポルトドレーヴなど逃げ馬がおり、澱みのない流れとなりそうだが、極端に揉まれる形にならなければ控える競馬ができるはず。中1週で連続の輸送競馬も、前走より相手が楽になった感のあるここは勝負駆けの一戦といえる。相手は、ゲンパチカイナル、スペリオルシチー、トミケンボハテル、ウォーターシャウト、ダイワインパルス、ハルカノテソーロの、3連複12番1頭軸、16、4、11、3、9、7のボックス。

その他のレース~中山
9R山吹賞◎カウディーリョ=3連複3番1頭軸で、相手は、1、8、4、6、2。10R千葉日報杯◎シンデレラメイク=3連複1番1頭軸で、相手は、6、3、4、8、7、2。11Rダービー卿CT◎ロードクエスト=3連複10番1頭軸で、相手は、2、5、4、16、12、13。

その他のレース~阪神
9Rアザレア賞◎ヒーリングマインド=3連複2番1頭軸で、相手は、9、7、3、8、5、4。10R仲春特別◎ブルベアトリュフ=3連複10番1頭軸で、相手は、8、4、9、2、5、6。11RコーラルS◎ダンツゴウユウ=3連複6番1頭軸で、相手は、3、11、15、7、9、12。12R◎オノリス=3連複11番1頭軸で、相手は、3、13、7、1、6、2。

 全26ページ中10 ページ   前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 [10] 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 次の10件