※展開シミュレーション1月14日分 [展開シミュレーション]
2018.01/14 フジマキ 記事URL
★京都11R日経新春杯
 前走江坂特別(阪神芝2400m)で1000万を勝ち上がったばかりのガンコ。前半3ハロン36秒5と澱みのない流れで大逃げする馬から、道中は離れた2番手を追走するも、向正面過ぎで早めに仕掛けて、直線早々で先頭に立つと、最後まで脚色衰えぬまま、後続にコンマ3秒差をつけたもの。勝ち時計もペースこそ違うとはいえ、1600万クラスより4秒以上速いなど、この時期の開催としてはかなりの好時計だったことはもちろん、2着ラヴィエベールは1600万クラスで2着3回。5着サトノリュウガは、京都新聞杯(京都芝2200m)で、勝ち馬からコンマ1秒差の4着となっているように、少頭数とはいえメンバーも揃っていたもの。2歳夏以来の芝となったが、むしろ適性の高さを示すレースぶりといえた。今回はいきなりの重賞挑戦となるが、ロードヴァンドールの逃げなら、極端なスローペースとなることは考え難く、その直後で先行してしぶとく粘り込む、この馬向きの展開となりそう。適度に時計がかかる馬場もピッタリで、重賞としては手薄なメンバー構成といえるここは、52kgのハンデを生かして大駆けが期待できる。相手は、パフォーマプロミス、ミッキーロケット、モンドインテロ、ソールインパクト、ロードヴァンドール、カラビナの、3連複9番1頭軸、7、8、3、10、2、12のボックス。

その他のレース~中山
8R◎ディナドナテロ=3連複15番1頭軸で、相手は、10、11、4、13、9、16。9R初春S◎ディープミタカ=3連複2番1頭軸で、相手は、16、14、11、13、3、6。10RニューイヤーC◎オートクレール=3連複2番1頭軸で、相手は、6、8、4、7、3、10。11R京成杯◎ロジティナ=3連複4番1頭軸で、相手は、8、9、15、5、1、10。12R◎イチダイ=3連複5番1頭軸で、相手は、9、10、1、4、8、3。

その他のレース~京都
9R雅S◎ジュンスパーヒカル=3連複6番1頭軸で、相手は、3、11、2、4、5、1。12R◎ビービーブレスユー=3連複6番1頭軸で、相手は、10、3、5、12、4、9。

その他のレース~中京
11R知立特別◎デスティニーソング=3連複4番1頭軸で、相手は、3、13、6、8、18、15。12R金山特別◎スパイクナード=3連複18番1頭軸で、相手は、10、2、9、5、3、1。

※展開シミュレーション1月13日分 [展開シミュレーション]
2018.01/13 フジマキ 記事URL
★中山8R
 前走、この条件で500万を勝ち上がったエビスリアン。前半3ハロン34秒2と澱みのない流れとなるなか、道中は好位から競馬を進め、直線半ばで先頭に立ったツインプラネットを捕らえると、後続にコンマ3秒差をつけて完勝。時計は水準級も、ひと息入って太め残りだったことを考えると評価できるレースぶり。これまでの全3勝は良の中山ダート1200m戦で、昨春500万を勝った時は、前週の1000万条件よりコンマ6秒も速いタイムで、春2開催通じて、良馬場の500万クラスでは最速タイム。再昇級戦となる今回は、シャインヴィットゥがハナを奪うも、先行馬が手薄な組み合わせだけに、すんなり好位から競馬ができるはず。叩いた上積みはもちろん、力を要する良馬場で行われそうなのも好材料。また、ルメール、ボウマン騎手で勝利しており、追える船橋の森泰斗騎手騎乗も大きなプラス材料といえ、ここはいきなりから勝ち負けまで狙える。相手は、シャインヴィットゥ、メイプルキング、ナムラヒューマン、トロピカルスパート、ブルームーン、トップライセンスの、3連複14番1頭軸、7、2、16、15、1、8のボックス。

その他のレース~中山
10R初富士S◎ウイングチップ=3連複4番1頭軸で、相手は、2、5、9、3、7、10。11RジャニュアリーS◎ベック=3連複4番1頭軸で、相手は、7、1、8、9、11、15。12R◎ジョンブリアン=3連複9番1頭軸で、相手は、3、7、8、6、10、2。

その他のレース~京都
9R北大路特別◎プリンセスアスク=3連複8番1頭軸で、相手は、5、6、7、4、3、10。10R新春S◎メイショウオワラ=3連複2番1頭軸で、相手は、6、3、1、8、9。11R淀短距離S◎ベルディーヴァ=3連複1番1頭軸で、相手は、8、3、9、10、7、5。12R◎ケルティクソード=3連複6番1頭軸で、相手は、7、3、16、13、15、9。

その他のレース~中京
10R庄内川特別◎センターフォワード=3連複14番1頭軸で、相手は、13、12、8、9、7、6。11R愛知杯◎キンショーユキヒメ=3連複9番1頭軸で、相手は、7、8、4、1、3、18。12R伊良湖特別◎ブルミーン=3連複11番1頭軸で、相手は、2、6、1、12、10、4。

※展開シミュレーション1月8日分 [展開シミュレーション]
2018.01/08 フジマキ 記事URL
★中山12R
 今回と同条件だった前走ノエル賞は、勝ち馬からコンマ9秒差の5着だったワンショットキラー。前半3ハロン3秒0と淡々とした流れとなるなか、発馬で躓いたこともあり後方待機策となるも、直線ではインを突いて息長く末脚を伸ばし、2着馬とはコンマ3秒差。2ヵ月ぶりとレース間隔が開いていたことを考えると、数字ほど悪い内容ではなかった印象。間隔を詰めて使えるここは、逃げ馬こそロジブリランテ、ナンヨーウラヌスも、先行したい馬が多く、前走より澱みのない流れとなりそう。また、冬場の連続開催もあり前走以上に差しが利く馬場もプラスといえ、現級勝ちの実績からも互角以上の勝負が期待できる。相手は、アドマイヤシナイ、アトルスピリッツ、レッドルチア、ショコラーチ、フローラデマリポサ、トルセドールの、3連複14番1頭軸、9、12、5、10、2、13のボックス。

その他のレース~中山
9R成田特別◎モンストルコント=3連複10番1頭軸で、相手は、4、5、8、3、1、13。10R迎春S◎エリモジパング=3連複1番1頭軸で、相手は、6、9、3、2、8。11RカーバンクルS◎タマモブリリアン=3連複1番1頭軸で、相手は、6、2、7、5、8、3。

その他のレース~京都
9R許波多特別◎ジャーミネイト=3連複6番1頭軸で、相手は、2、7、5、11、8、10。10R羅生門S◎ナムラミラクル=3連複16番1頭軸で、相手は、12、10、15、8、14、2。11Rシンザン記念◎ブランモンストル=3連複6番1頭軸で、相手は、9、7、3、2、1、8。12R◎メイショウタラチネ=3連複10番1頭軸で、相手は、7、13、6、3、16、4。

※展開シミュレーション1月7日分 [展開シミュレーション]
2018.01/07 フジマキ 記事URL
★京都9R舞鶴特別
 プレシャスルージュは、1200m戦で2勝、1400m戦で1勝と、これまで挙げた勝利がすべて短距離戦。ただ、前走赤穂特別(阪神ダート1800m)では、前半3ハロン36秒9で1番人気だった2着ロードアルペジオを除き、先行勢が上位を占める展開のなか、道中、中団も勝負どころで後方に置かれ気味になりながらも、直線では上がり3ハロン2番目に速い末脚を使ってインから追い込み、勝ち馬からコンマ3秒差の5着。母自身、現役時は1800m戦で勝っているのはもちろん、ソリタリーキング、サカラート、キングスエンブレムなど、母の兄弟がダート中距離で重賞を勝っているように、むしろ中距離の適性が高いといってよい。今回はキングジュエリー、ランドハイパワーの逃げ争いに、先行馬も揃っているだけに、序盤から澱みのないこの馬向きの流れとなりそう。叩き3戦目で状態面も上向いており、力のいる馬場も好材料といえ、ここは大駆けが期待できる。相手は、フォンターナリーリ、アスターゴールド、サハラファイター、スペリオルシチー、リアルプロジェクト、ランドハイパワーの、3連複10番1頭軸、13、3、7、2、8、5のボックス。

その他のレース~中山
9RサンライズS◎デンコウウノ=3連複2番1頭軸で、相手は、3、15、13、9、1、8。10RポルックスS◎ラインルーフ=3連複13番1頭軸で、相手は、16、11、2、15、6、8。11RフェアリーS◎ライレローズ=3連複5番1頭軸で、相手は、14、16、7、12、1、8。12R◎エニグマバリエート=3連複8番1頭軸で、相手は、11、13、7、15、9、16。

その他のレース~京都
8R◎ハイドロフォイル=3連複6番1頭軸で、相手は、10、13、5、7、12、9。10R寿S◎レトロロック=3連複6番1頭軸で、相手は、7、3、4、5、2、9。11R万葉S◎トミケンスラーヴァ=3連複6番1頭軸で、相手は、9、2、5、4、8、7。12R◎ミスズダンディー=3連複2番1頭軸で、相手は、6、4、8、10、7、3。

※展開シミュレーション1月6日分 [展開シミュレーション]
2018.01/06 フジマキ 記事URL
★中山11R中山金杯
 ブラッグバゴは、前走アンドロメダS(京都芝2000m)で、古馬になって初のオープン勝ち。序盤は後方待機も、向正面過ぎから手応えよく大外をまくり上げると、直線に入っても上がり3ハロン2番目に速かったように息長く末脚を使い、後続にコンマ2秒差をつけたもの。重馬場や54kgのハンデもあったとはいえ、数字以上に強い競馬を披露。昨冬復帰後は【3012】で、着外となったのは、先行するも前に壁ができず折り合いに苦労したジューンS(東京芝2000m)と、前半3ハロン37秒7と超スローペースとなったオールカマー(中山芝2200m)だけで、オールカマーも上がり3ハロン最速タイムの末脚を使うなど見せ場は十分。今回はマイネルミラノの単騎逃げも、ジョルジュサンク、ダイワキャグニーなど先行馬がマークして、緩急の激しい流れとなりそうで、まくり上げて息長く脚を使うこの馬向きの展開となりそう。また、3歳時とはいえ同じ条件の京成杯で2着となるなど、良馬場でも時計を要する今の中山コースはピッタリで、相性のよい岩田騎手騎乗なら好勝負が期待できる。相手は、セダブリランテス、ウインブライト、アウトライアーズ、デニムアンドルビー、カデナ、ダイワキャグニーの、3連複7番1頭軸、6、1、4、5、17、9のボックス。

その他のレース~中山
8R◎ドリームリヴァール=3連複9番1頭軸で、相手は、14、7、11、10、5、8。9R招福S◎スペルマロン=3連複4番1頭軸で、相手は、12、8、9、2、15、14。12R◎シャララ=3連複2番1頭軸で、相手は、9、12、1、15、10、6。

その他のレース~京都
8R◎クリノフウジン=3連複15番1頭軸で、相手は、7、10、4、9、6、8。10R初夢S◎キーグラウンド=3連複8番1頭軸で、相手は、3、5、9、10、1、6。11R京都金杯◎マイネルアウラート=3連複3番1頭軸で、相手は、7、2、13、9、11、12。12R◎ディープウォーリア=3連複7番1頭軸で、相手は、8、6、3、16、10、1。

※展開シミュレーション12月28日分 [展開シミュレーション]
2017.12/28 フジマキ 記事URL
★阪神12RファイナルS

 前々走久多特別(京都芝1400m)で、1000万クラスを勝ち上がったペスカネラ。開幕週もあり重発表ほど悪い馬場ではなかったこともあったが、前半3ハロン34秒3と澱みのない流れとなるなか、好位から直線早めに抜け出すと、後続の追撃をクビ差凌ぎ切ったもの。芝でこの距離は2戦目となるが、1200m戦より追走が楽になるぶん、能力を発揮しやすいといえる。昇級初戦となった前走桂川S(京都芝1200m)は、勝ち馬から1秒1差の11着に敗れるも、不良馬場で序盤からノメってレースにならなかっただけに参考外。今回は夏以来、久々に良馬場で競馬ができそうなのは大きなプラス材料で、エリーティアラ、ニシノラッシュの逃げ争いなら平均ペースに落ち着きそうだけに、すんなり先行できるはず。阪神芝も1200m戦で4着も、先行馬が残る展開のなか、上がり3ハロン33秒1と2番目に早い末脚を使い、勝ち馬からコンマ3秒差と坂のあるコースも問題なし。ひと息入るも、状態を立て直した印象で、ここは巻き返しが期待できる。相手は、クライムメジャー、エントリーチケット、マイネルパラディ、ヴェネト、ベルディーヴァ、スマートカルロスの、3連複7番1頭軸、5、8、2、9、10、11のボックス

その他のレース~中山
8RヤングJSファイナルR中山第1戦◎クリップスプリンガ=3連複12番1頭軸で、相手は、2、3、13、5、14、4。9Rエスペランサ賞◎ハーモニーライズ=3連複2番1頭軸で、相手は、6、13、11、9、1、3。10RヤングJSファイナルR中山第2戦◎メイプルレインボー=3連複6番1頭軸で、相手は、9、5、1、2、14、11。11RホープフルS◎ナスノシベリウス=3連複17番1頭軸で、相手は、11、7、8、9、12、10。12RベストウィッシュC◎ジョンブドール=3連複7番1頭軸で、相手は、12、8、3、4、11、15。

その他のレース~阪神
9R春待月賞◎カレンマタドール=3連複8番1頭軸で、相手は、12、9、11、15、4、10。10RフォーチュンC◎プリンセスアスク=3連複12番1頭軸で、相手は、2、6、5、7、8、11。11RベテルギウスS◎シャイニービーム=3連複1番1頭軸で、相手は、10、13、9、16、8、15。

※展開シミュレーション12月24日分 [展開シミュレーション]
2017.12/24 フジマキ 記事URL
★中山11R有馬記念
 昨年の同レースで、勝ち馬からコンマ3秒差の4着となったヤマカツエース。前半3ハロン36秒1と平均ペースも、マルターズアポジーの大逃げもあり、後続以下は実質スローペースで、先行した馬が1~3着を占める流れのなか、2周目の4コーナーで後方に置かれる形も、直線では馬群を捌きながら上がり3ハロン最速の末脚を使ったもの。そして、今年に入り、金鯱賞(中京芝2000m)を連覇すると、大阪杯(阪神芝2000m)で、勝ち馬からコンマ2秒差の3着とGⅠで初めて馬券に絡んだように、中距離路線でトップクラスの存在となった。ただ、この秋は、天皇賞秋(東京芝2000m)が11着、ジャパンC(東京芝2400m)が8着と、今ひとつの成績に終わっているが、馬場はもちろん、これまで13、13、15着と、コーナーで惰性をつけて、一瞬の鋭い脚が武器なタイプだけに、直線が長い東京コース自体が不得手な感。重賞2勝している中山に替わる今回は、昨年のような徹底先行馬こそ不在も、キタサンブラックなど、早めに仕掛けるタイプが多く、緩急の激しい流れとなりそうで、スローでもじっくり折り合って脚をためることができ、ペースが上がったところで仕掛けることができるこの馬に合った展開となりそう。調教からも状態面は問題なく、絶好枠を引いてロスなく競馬ができそうなここは好勝負必至。相手は、キタサンブラック、シャケトラ、シュヴァルグラン、サクラアンプルール、スワーヴリチャード、ミッキークイーンの、3連複1番1頭軸、2、7、10、9、14、13のボックス。

その他のレース~中山
8RクリスマスローズS◎アイスフィヨルド=3連複3番1頭軸で、相手は、1、12、9、13、2、15。9RグッドラックH◎サブライムカイザー=3連複12番1頭軸で、相手は、14、4、6、7、10、3。10RフェアウェルS◎ヒカリブランデー=3連複3番1頭軸で、相手は、13、8、6、11、15、9。12RクリスマスC◎スペチアーレ=3連複1番1頭軸で、相手は、13、16、12、5、4、11。

その他のレース~阪神
8R◎ミキノトランペット=3連複5番1頭軸で、相手は、6、3、2、4、8、10。11RサンタクロースS◎コウエイワンマン=3連複5番1頭軸で、相手は、6、8、7、1、4。12RギャラクシーS◎レッドゲルニカ=3連複12番1頭軸で、相手は、14、2、6、4、15、16。

※展開シミュレーション12月23日分 [展開シミュレーション]
2017.12/23 フジマキ 記事URL
★阪神11R阪神C
 初の古馬との対戦となった前走マイルCS(京都芝1600m)で、勝ち馬からコンマ2秒差の4着となったレーヌミノル。稍重馬場で前半3ハロン34秒6と澱みのない流れで、差し、追い込み馬が上位を占めるなか、道中、先行争いの直後でレースで進めると、直線半ばでは先頭に並びかけるなど、見せ場十分の競馬を披露。レベルが高いといわれた3歳牝馬世代の桜花賞(阪神芝1600m)を制するも、距離の壁もあってか、その後の二冠は13、14着と大敗したが、実績のある距離なら、古馬一線級相手でも通用するところを示した。今回は、未勝利とはいえ重賞で2着2回の1400m戦で、アポロノシンザン、トウショウピストの逃げ争いを平均ペースのなか、その直後からマークする形でレースができる絶好の展開となりそう。この秋4戦目も、調教からは調子落ちはなさそうだけに、ここは勝ち負けできる可能性が高い。相手は、サングレーザー、イスラボニータ、モズアスコット、ダンスディレクター、ブップライブリー、サンライズメジャーの、3連複5番1頭軸、10、2、7、12、9、14のボックス。

その他のレース~中山
8R舞浜特別◎ヘルディン=3連複1番1頭軸で、相手は、13、14、9、10、6、7。9Rノエル賞◎ワンショットキラー=3連複8番1頭軸で、相手は、7、13、16、12、9、6。10R中山大障害◎スズカプレスト=3連複3番1頭軸で、相手は、7、6、8、10、13、15。11RグレイトフルS◎レイズアスピリット=3連複11番1頭軸で、相手は、13、7、1、12、14、8。12R◎フレンチイデアル=3連複3番1頭軸で、相手は、2、1、11、6、15、10。

その他のレース~阪神
9Rジングルベル賞◎フロムマイハート=3連複10番1頭軸で、相手は、4、9、1、2、8、5。10R摩耶S◎カフェブリッツ=3連複9番1頭軸で、相手は、7、5、14、12、1、10。12R◎ヒルノデンハーグ=3連複11番1頭軸で、相手は、6、16、7、9、10、14。

※展開シミュレーション12月17日分 [展開シミュレーション]
2017.12/17 フジマキ 記事URL
★中京11R三河S
 3走前の釜山S(小倉ダート1700m)で、勝ち馬からコンマ1秒差の3着と現級で初めて馬券に絡んだクールオープニング。前半3ハロン35秒1と澱みのない流れとなるなか、馬群の後方でじっくり脚をためると、直線半ばで外へ持ち出して、上がり3ハロン最速タイムの末脚を使ったもの。これまで中距離戦では、好位や中団から競馬を進めるも、直線で脚色が一杯となることが多かっただけに新味を見せた印象。今回は初めてダート1400m戦となり、ツーエムマイスター、エルフィンコープ、アディラートなど、テンに行きたい馬が揃い、ハイペース必至の展開となりそうで、末脚を生かす競馬ができるはず。また、3走前と同じ54kgのハンデや北村友一騎手騎乗もプラスといえ、ここは大駆けが期待できる。相手は、タイセイエクレール、ヒデノインペリアル、アディラート、ライドオンウインド、フレンドスイート、タイセイプレシャスの、3連複16番1頭軸、12、4、9、8、11、5のボックス。

その他のレース~中山
10R南総S◎クリノハッチャン=3連複8番1頭軸で、相手は、11、9、16、15、5、7。11RディセンバーS◎ベルキャニオン=3連複5番1頭軸で、相手は、11、12、4、10、6、7。12R◎ゴールドサーベラス=3連複2番1頭軸で、相手は、10、13、9、12、3、8。

その他のレース~阪神
9R猪名川特別◎キアロスクーロ=3連複9番1頭軸で、相手は、4、13、7、12、1、10。10R元町S◎レッドライジェル=3連複6番1頭軸で、相手は、12、3、7、1、10、14。11R朝日杯FS◎ダブルシャープ=3連複14番1頭軸で、相手は、3、1、12、10、5、7。12R妙味山特別◎タマモユウトウセイ=3連複9番1頭軸で、相手は、10、13、2、4、7、11。

その他のレース~中京
10R桑名特別◎サウンドドゥイット=3連複15番1頭軸で、相手は、1、9、7、8、4、14。12R尾張特別◎サイモンラムセス=3連複1番1頭軸で、相手は、13、12、6、10、7、2。

※展開シミュレーション12月16日分 [展開シミュレーション]
2017.12/16 フジマキ 記事URL
★中京11R中京日経賞
 ウィズアミッションは、今春復帰後、4、3、5、3、7着。今回と同じ中京芝1200m戦だった3走前のフィリピンTでは、前半3ハロン34秒0で掲示板に載った他馬が先行勢のなか、道中、後方から上がり3ハロン2番目に速い末脚を使い、時計も重賞のCBC賞からコンマ3秒遅いだけと、数字、内容とも評価できるもの。7着に敗れた前走神奈川新聞杯(東京芝1400m)は、不得手な重馬場に加え、向正面、直線と不利が重なりながらも、やはり上がり3ハロン2番目に速い末脚で、勝ち馬からコンマ3秒差まで迫るなど、近走は確実に末脚を駆使している印象。ここはテンにこだわるタイプこそ不在も、フルゲートで先行馬も多い組み合わせだけに、スローペースとなることは考え難く、良で外差しも決まる馬場もプラスといえ、ベストの条件で巻き返し必至。相手は、ラヴィングアンサー、キャンディバローズ、メイショウベルボン、オメガタックスマン、ゴールドケープ、ダイシンバルカンの、3連複8番1頭軸、10、2、17、14、6、7のボックス。

その他のレース~中山
10R仲冬S◎クライスマイル=3連複4番1頭軸で、相手は、10、8、12、1、11、9。11RターコイズS◎オートクレール=3連複3番1頭軸で、相手は、7、2、11、14、12、8。12R◎ブリガアルタ=3連複7番1頭軸で、相手は、2、8、5、12、17、11。

その他のレース~阪神
10R赤穂特別◎クレマンダルザス=3連複15番1頭軸で、相手は、11、13、1、9、3、12。11RタンザナイトS◎ラインスピリット=3連複6番1頭軸で、相手は、1、9、14、2、10、16。12R◎サウンドバーニング=3連複9番1頭軸で、相手は、6、1、12、10、4、7。

その他のレース~中京
10Rつわぶき賞◎ロードライト=3連複2番1頭軸で、相手は、8、15、16、10、5、1。12R高山特別◎シャリオヴァルト=3連複14番1頭軸で、相手は、16、2、13、11、1、5。

 全4ページ中1 ページ   [1] 2 3 4 次の10件