※展開シミュレーション1月19日分 [展開シミュレーション]
2020.01/19 フジマキ 記事URL
★京都12R
 前走(阪神ダート1400m)は、2歳新馬以来となった1400m戦となったナムラヘラクレス。芝スタートもあり、序盤は中団からの競馬となるも、前半3ハロン35秒5と澱みのない流れながら、ダートに入ると鞍上が抑えるのに苦労するほどの手応え。そのぶん直線では鋭い脚は使えなかったが、それでも勝ち馬からコンマ5秒差の6着。中距離戦を使っていた時は先行して粘り込み戦法だったが、折り合いを気にすることなく走ることができるぶん、短距離戦も適性も高いことを示したといえる。今回はさらに1ハロン距離が短くなり、テルモードーサ、ヤマニンブルーベル、ヴァリアントなど揉まれたくない先行馬が揃い、ハイペース必至の展開となりそうだが、前走のレースぶりから、むしろプラスとなるはず。現級勝ちがあるなど実績はここでも上位の存在だけに、短距離戦で新味を出せそうなここは大駆けが期待できる。相手は、ロングベスト、レジーナファースト、クラシコ、エムオータイショウ、レッドランサー、アカツキジョーの、3連複5番1頭軸、9、15、12、14、8、10のボックス。

その他のレース~中山
9R初富士S◎チャンピオンルパン=3連複6番1頭軸で、相手は、4、11、8、1、9、2。10RジャニュアリーS◎ヒザクリゲ=3連複15番1頭軸で、相手は、8、3、13、2、9、16。11R京成杯◎キングオブドラゴン=3連複5番1頭軸で、相手は、6、7、12、8、10、4。12R◎スイートセント=3連複3番1頭軸で、相手は、1、10、15、11、5、2。

その他のレース~京都
10R北大路特別◎ウインラナキラ=3連複1番1頭軸で、相手は、4、7、6、5、3。11R日経新春杯◎プリンスオブペスカ=3連複14番1頭軸で、相手は、7、6、13、11、2、3。

その他のレース~小倉
11R巌流島特別◎マッスルマサムネ=3連複12番1頭軸で、相手は、13、6、4、17、10、5。12R呼子特別◎クルミネイト=3連複6番1頭軸で、相手は、10、7、13、2、5、3。
※展開シミュレーション1月18日分 [展開シミュレーション]
2020.01/18 フジマキ 記事URL
★小倉12R鳥栖特別
 前走飯坂温泉特別(福島芝1200m)が1年ぶりの実戦となったスワーヴラーシド。前半3ハロン34秒6と平均ペースのなか、外々を回ってまくり気味に仕掛けると、直線半ばでは2着争いに加わり、着順こそ11着ながら勝ち馬からはコンマ6秒差と、見せ場十分のレースぶり。骨折や体質もあり、1年以上の休養が2回もあるなど順調に使い込めないも、3年前の湯沢特別(新潟芝1200m)で現級勝ち、また、小倉芝1200m戦も、やはり3年前の巌流島特別で上がり3ハロン最速タイムの末脚で、勝ち馬からコンマ1秒差の4着となるなど、能力はこのクラスでも上位の存在。今回は2ヵ月ぶりと最近では間隔を詰めて使えるのは大きなプラス材料といえ、スマイルスター、タケデンサンダーなどの逃げ争いなら、この条件らしい速い流れで展開も向くはず。明け7歳もレースを使っていないぶん衰えは感じられず、ここは大駆けが期待できる。相手は、ジョニーズララバイ、クーファディーヴァ、スマイルスター、トモジャクアルト、ロードラナキラ、グッドレイズの、3連複8番1頭軸、9、2、13、14、12、1のボックス。

その他のレース~中山
10R初凪賞◎ダイシンインディー=3連複8番1頭軸で、相手は、11、5、4、9、1、12。11RニューイヤーC◎ハーレムライン=3連複4番1頭軸で、相手は、1、9、5、13、2、16。12R◎ダノンポピー=3連複8番1頭軸で、相手は、6、5、10、3、7、1。

その他のレース~京都
9R木津川特別◎シベリアンタイガー=3連複11番1頭軸で、相手は、1、2、6、5、10、12。10R紅梅S◎ファシネートゼット=3連複7番1頭軸で、相手は、9、2、5、6、4、3。11R羅生門S◎ワンダーアマービレ=3連複2番1頭軸で、相手は、11、14、12、9、4、3。12R◎ウォーターブレイク=3連複3番1頭軸で、相手は、7、2、9、14、5、10。

その他のレース~小倉
10R小倉城特別◎レシプロケイト=3連複5番1頭軸で、相手は、4、15、13、10、14、3。11R愛知杯◎レイホーロマンス=3連複3番1頭軸で、相手は、2、14、16、8、13、6。

※展開シミュレーション1月13日分 [展開シミュレーション]
2020.01/13 フジマキ 記事URL
★京都9R乙訓特別
 前走鳥羽特別(中京芝1200m)は、7着に終わったシグナライズ。久々の実戦もあったが、それ以上にフルゲートの大外枠もあり、前に壁を作ることができず、さらに前半3ハロン35秒7と超スローペースもあり、折り合いにも苦労したが、それでも直線では上がり3ハロン334秒4の脚を使い、勝ち馬からコンマ3秒差まで迫っていた。今回は、キョウワヒラリー、ノヴァルーナと、直線競馬でもハナを奪える馬がいるだけに、前走のような極端なスローペースになることは考え難く、馬群のなかでじっくり脚をためることができるはず。叩いた上積みはもちろん、直線は平坦の京都コースに替わるのもプラス材料。昨夏、1200m戦に出走するようになってから、4、2、6、16、7着で、大きく出遅れた前々走初風特別(中山芝1200m)を除くと、勝ち馬からコンマ6秒差以内と、以前より安定して走っており、条件が好転しそうなここは勝ち負けまで期待できる。相手は、キャスパリーグ、カレンモエ、ピエナミント、ヴォイスオブジョイ、ウィズ、ゴッドバンブルビーの、3連複6番1頭軸、5、14、8、7、9、2のボックス。

その他のレース~中山
9R成田特別◎ファイトアローン=3連複1番1頭軸で、相手は、9、16、10、4、13、11。10R初春S◎アルーアキャロル=3連複11番1頭軸で、相手は、9、4、5、7、6、13。11RフェアリーS◎カインドリー=3連複14番1頭軸で、相手は、11、10、8、1、4、5。12R◎プルクラ=3連複13番1頭軸で、相手は、4、10、6、2、5、12。

その他のレース~京都
11RすばるS◎ナムラミラクル=3連複2番1頭軸で、相手は、7、9、12、5、11、13。12R◎ハギノベルエキプ=3連複1番1頭軸で、相手は、7、8、10、9、4、6。
※展開シミュレーション1月12日分 [展開シミュレーション]
2020.01/12 フジマキ 記事URL
★中山12R
 今回と同じ中山芝1600m戦に出走した前走は、勝ち馬からコンマ2秒差の5着となったレッドイリーゼ。前半3ハロン36秒0とスローペースで逃げた馬がそのまま残る展開となるなか、道中はスムーズに好位を追走していたが、直線では伸び負けした印象。昇級初戦で上がりの速い決着となったこともあるが、それ以上に4ヵ月半ぶりの実戦で馬体重が10kg増とやや余裕のある仕上がりだったことが大きかった。休養明け2戦目は、これまで、3、8、3、1着で、8着だった時も勝ち馬からはコンマ4秒差というように、明らかな叩き良化タイプといえ、1200m戦でもテンに行けるルマーカーブルの逃げに、アビームなどが追走する展開なら、平均ペースで流れる可能性が高く、息長くいい脚が使えるこの馬向きの流れとなりそう。クラス2戦目で慣れも見込めるだけに、ここは好勝負が期待できる。相手は、メッシーナ、アビーム、カルリーノ、エメラルスター、ルプリュフォール、ミモザイエローの、3連複11番1頭軸、13、5、7、14、3、12のボックス。

その他のレース~中山
9R黒竹賞◎マカオンブラン=3連複4番1頭軸で、相手は、3、9、10、5、11、13。10R初咲賞◎マイネルステレール=3連複6番1頭軸で、相手は、11、12、8、4、7、1。11RポルックスS◎ゴールデンブレイヴ=3連複2番1頭軸で、相手は、5、11、4、10、14、1。

その他のレース~京都
9R天ヶ瀬特別◎マイネルオスカル=3連複15番1頭軸で、相手は、11、14、12、4、5、2。10R雅S◎クイックファイア=3連複10番1頭軸で、相手は、11、14、1、12、6、13。11Rシンザン記念◎カバジェーロ=3連複8番1頭軸で、相手は、9、4、1、6、5。12R◎イルヴェントドーロ=3連複12番1頭軸で、相手は、4、1、5、10、7、9。

※展開シミュレーション1月11日分 [展開シミュレーション]
2020.01/11 フジマキ 記事URL
★中山10R頌春賞
 ダートに矛先を替えた前2走で、3、4着となっているコーラルプリンセス。前々走(東京ダート1400m)は、直線でインを突くも前が壁になり、大きく外へ持ち出すロスがありながらも、上がり3ハロン2番目に速い末脚を使い、勝ち馬からコンマ1秒差。前走(東京ダート1400m)は、牡馬相手で逃げ、先行馬が残る展開のなか、出遅れて後方からの競馬も、上り3ハロン最速タイムの末脚を使い、勝ち馬からコンマ4秒差と、レースぶりも見どころ十分だった。今回は中山ダート1200m戦となるが、グラスボイジャー、レノカズマの逃げ争いも極端なハイペースとはならないはずで、芝スタートなら大きく後手を踏むことなく追走できそう。また、前走から間隔が開くも、使い込むより力を発揮できるタイプといえ、ダートで決め手が生きるようになったここは好勝負が期待できる。相手は、アルベルティーヌ、グラスボイジャー、カレイドスコープ、オルクリスト、テーオーソルジャー、ショウナンカイドウの、3連複14番1頭軸、11、5、15、9、13、12のボックス。

その他のレース~中山
9R朱竹賞◎ネバーゴーンアウト=3連複2番1頭軸で、相手は、9、12、6、1、16、15。11R迎春S◎ナイママ=3連複9番1頭軸で、相手は、12、7、2、11、6、8。12R◎クラヴィスオレア=3連複13番1頭軸で、相手は、2、4、8、15、6、5。

その他のレース~京都
9R五条坂特別◎ネクストムーブ=3連複4番1頭軸で、相手は、6、5、8、13、11、10。10R逢坂山特別◎ムーンレイカー=3連複5番1頭軸で、相手は、7、11、4、9、6、8。11R淀短距離S◎イベリス=3連複3番1頭軸で、相手は、10、12、14、8、4、2。12R◎ブランシェット=3連複13番1頭軸で、相手は、9、6、5、14、11、2。

※展開シミュレーション1月6日分 [展開シミュレーション]
2020.01/06 フジマキ 記事URL
★中山10RジュニアC
前々走(東京芝1400m)で2勝目を挙げたゼンノジャスタ。前半3ハロン34秒9と平均ペースのなか、内枠を利して好位から競馬を進めると、直線ではやや反応が鈍かったものの、エンジンがかかると外から息長く末脚を使って、後続にコンマ3秒差をつける完勝劇。フェニックス賞2着、小倉2歳S4着と、小倉芝1200m戦で良績を挙げていたが、距離が延びてよさが出た印象。ただ、前走東京スポーツ杯2歳S(東京芝1800m)は、相手も強かったこともあるが、逆に距離が長かった感。今回は中山マイル戦となるが、デンタルハーン、ドゥーベなどの逃げ争いなら、澱みのない流れとなりそうで、外回りコースで3コーナーから徐々に仕掛けることができるぶん、レースがしやすいはず。関西馬ながら輸送慣れしており、オープンとはいえ1勝馬が多い組み合わせのここなら、勝ち負けまで期待できる。相手は、サクセッション、サクラトゥジュール、ハーモニーマゼラン、ドゥーベ、ラッシュアップ、デンタルハーンの、3連複7番1頭軸、6、9、8、2、15、13のボックス。

その他のレース~中山
9R初茜賞◎アフターバーナー=3連複11番1頭軸で、相手は、1、12、16、10、2、7。11RカーバンクルS◎メイソンジュニア=3連複1番1頭軸で、相手は、3、10、8、7、5、11。12R◎エターナルヴィテス=3連複5番1頭軸で、相手は、10、8、4、3、1、11。

その他のレース~京都
9R許波多特別◎グラットシェル=3連複3番1頭軸で、相手は、11、8、6、9、10、5。10R新春S◎サムシングジャスト=3連複9番1頭軸で、相手は、5、3、10、2、6、11。11R万葉S◎レノヴァール=3連複3番1頭軸で、相手は、11、15、7、1、13、5。12R◎スズカカナロア=3連複5番1頭軸で、相手は、16、11、1、13、15、3。

※展開シミュレーション1月5日分 [展開シミュレーション]
2020.01/05 フジマキ 記事URL
★京都11R京都金杯
 昨秋復帰後、1、2、1着でオープン入りを果たしたモズダディー。なかでも前々走紅葉S(東京芝1600m)は、2着に敗れたとはいえ、前半3ハロン33秒3と昨年の東京芝マイル戦でもっとも速い流れとなるなか、インからロスなく立ち回ったとはいえ、先行3番手から息長く脚を使い、勝ったレッドヴェイロン(次走オープン特別2着)からアタマ差まで粘るなど、敗れたとはいえ内容濃いレースを披露。今回はマルターズアポジー、ボンセルヴィーソ、メイショウショウブと、テンに速い馬が揃い、澱みのない流れとなりそうだが、スローの決め手勝負よりむしろ持ち味が生きる展開。また、ブリンカーを着用して以降、右回りで外に膨れる面も出ておらず、54kgのハンデで乗り慣れた酒井学騎手騎乗なら、いきなりの重賞挑戦も好勝負が期待できる。相手は、サウンドキアラ、ソーグリッタリング、カテドラル、オールフォーラヴ、ハッピーグリン、ダイアトニックの、3連複15番1頭軸、3、18、13、4、11、6のボックス。

その他のレース~中山
9R招福S◎リフトトゥヘヴン=3連複9番1頭軸で、相手は、11、5、10、1、12、7。10RサンライズS◎レコードチェイサー=3連複7番1頭軸で、相手は、8、1、4、6、16、15。11R中山金杯◎マイネルサーパス=3連複16番1頭軸で、相手は、3、4、15、7、9、5。12R◎ヴェルスパー=3連複8番1頭軸で、相手は、6、4、10、5、13、12。

その他のレース~京都
8R◎リシュブール=3連複11番1頭軸で、相手は、4、6、14、7、5、16。10R門松S◎ベルクリア=3連複1番1頭軸で、相手は、12、6、3、14、7、10。12R◎ナンゴクアイネット=3連複2番1頭軸で、相手は、9、4、13、5、16、1。

※展開シミュレーション12月28日分 [展開シミュレーション]
2019.12/28 フジマキ 記事URL
★中山10R立志S
 昨年のこのレースで3着となったチャンピオンルパン。明け8歳となったが、この秋も休養明け初戦で余裕のある馬体ながら、勝ち馬からコンマ4秒差(2着馬とはコンマ1秒差)の4着となった秋風S(中山芝1600m)、少頭数ながら前半3ハロン33秒3とハイペースのなか、好位でなし崩しに脚を使わされる形となり、直線では不利を受ける厳しい展開も、勝ち馬からコンマ7秒差の4着だった前走紅葉S(東京芝1600m)のレースぶりからも、まったく衰えていない印象。今回はベストの中山芝マイル戦に戻るのはもちろん、モルフェオルフェの逃げなら平均ペースとなりそうで、道中、脚をためて競馬ができる絶好の展開。引き続きハンデ戦で55kgで出走できるのはもちろん、冬場に調子を挙げるタイプだけに、ここは絶好の狙い目といえる。相手は、レノーア、ミッキーブリランテ、フレッチア、モルフェオルフェ、ルガールカルム、サンラモンバレーの、3連複9番1頭軸、1、2、7、14、15、6のボックス。

その他のレース~中山
9RYJSFR中山第2戦◎トレンドライン=3連複14番1頭軸で、相手は、3、5、2、11、9、4。11RホープフルS◎オーソリティ=3連複11番1頭軸で、相手は、2、5、7、13、1、12。12R◎ベストウィッシュC◎テンワールドレイナ=3連複7番1頭軸で、相手は、9、5、1、15、14、12。

その他のレース~阪神
9R春待月賞◎グランソヴァール=3連複14番1頭軸で、相手は、12、11、3、2、16、13。10RフォーチュンC◎アルファライズ=3連複7番1頭軸で、相手は、10、3、16、15、2、12。11RベテルギウスS◎クインズサターン=3連複2番1頭軸で、相手は、10、4、7、9、5、11。12RファイナルS◎バーミーブリーズ=3連複12番1頭軸で、相手は、11、15、16、13、2、8。

※展開シミュレーション12月22日分 [展開シミュレーション]
2019.12/22 フジマキ 記事URL
★中山12RクリスマスC
 昇級初戦となった前走会津特別(福島芝1200m)で、勝ち馬からクビ差の3着となったペイシャドリーム。前半3ハロン33秒9と開催末の馬場を考えると、かなり速い流れとなるなか、道中は好位を追走するも、久々のコーナーがあるコースだったこともあってか、3コーナー過ぎで他馬と接触するなど、スムーズさを欠く競馬となりながらも、直線に入ると息長く末脚を伸ばしてくるなど内容濃いものだった。今回はアイルチャーム、ルマーカーブルなどの逃げ争いも、極端なハイペースとはならないはずで、すんなり好位から競馬ができるはず。また、雨予報で多少でも時計がかかる馬場になりそうなのもプラスといえ、初となる中山の坂を克服できれば、ここも好勝負が期待できる。相手は、アイルチャーム、サンノゼテソーロ、シセイタイガ、アゴベイ、ショウナンマッシブ、オジョーノキセキの、3連複12番1頭軸、1、5、4、3、13、10のボックス。

その他のレース~中山
9Rノエル賞◎ビックピクチャー=3連複14番1頭軸で、相手は、10、6、13、4、15、2。10RフェアウェルS◎ルッジェーロ=3連複9番1頭軸で、相手は、6、3、4、10、15、16。11R有馬記念◎ヴェロックス=3連複14番1頭軸で、相手は、6、9、10、5、7、3。

その他のレース~阪神
9R千両賞◎ナイントゥファイブ=3連複7番1頭軸で、相手は、11、12、5、1、2、13。10Rクリスマスキャロル賞◎スラッシュメタル=3連複4番1頭軸で、相手は、14、12、6、10、11、7。11RサンタクロースS◎ミスディレクション=3連複9番1頭軸で、相手は、1、2、12、13、5、11。12RギャラクシーS◎スマートダンディー=3連複10番1頭軸で、相手は、13、7、15、5、16、14。

※展開シミュレーション12月21日分 [展開シミュレーション]
2019.12/21 フジマキ 記事URL
★中山11RグレイトフルS
 ノチェブランカは、デビュー4戦目となった福島芝2600m戦で初勝利を挙げると、以後、芝長距離戦では4着以下なしだったが、前走古都S(京都芝2400m)で、7着と掲示板を外してしまった。ただ、ペースの上がる向正面の下り坂でズブさを出してしまい、行き脚がつかないまま、鋭い脚が使えなかったが、それでも勝ち馬からはコンマ4秒差だったように、着順ほど大きくは崩れていなかった。今回は、昨春1000万クラスを勝った中山芝2500m戦に替わり、逃げ馬不在で前半はスローペースも、決め手勝負を嫌う馬が途中からまくり上げて、緩急の激しい流れとなりそうだが、京都よりすんなり動くことができるはず。中間の調教ではアーモンドアイと併せ馬をするなど、しっかり乗り込まれており、ハンデ53kgのここなら巻き返し必至といえる。相手は、ハナズレジェンド、バイマイサイド、マスターコード、モズベッロ、ステイパーシスト、フェイズベロシティの、3連複5番1頭軸、12、1、9、8、10、14のボックス。

その他のレース~中山
8R◎カシノブレンド=3連複15番1頭軸で、相手は、7、14、6、13、4、3。10R中山大障害◎ブライトクォーツ=3連複5番1頭軸で、相手は、15、7、12、2、9、8。12Rキャンドルライト賞◎モンツァ=3連複9番1頭軸で、相手は、14、4、8、5、1、10。

その他のレース~阪神
9R江坂特別◎シャイニーゲール=3連複1番1頭軸で、相手は、3、4、9、11、2、10。10R摩耶S◎タガノボンバー=3連複4番1頭軸で、相手は、15、14、11、16、10、5。11R阪神C◎ロジクライ=3連複12番1頭軸で、相手は、1、10、17、5、3、6。12R◎サンライズナイト=3連複10番1頭軸で、相手は、11、5、6、8、4、15。

 全25ページ中1 ページ   [1] 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 次の10件