★また、万券当てましたけど何か? 6月24日分★ [また、万券当てましたけど何か?]
2022/06/24(金) 00:00 フジマキ
☆HTB杯
 暑くてジメジメしているこの時期。バテバテな我々の救世主といってよいのがアイスクリームであるのは間違いありませんな。そのなかでも、食後、お口が爽やかになるのがチョコミント味。自分は好物なのですが、結構、苦手な人も多いようで、某不動産情報サービス会社の調査によりますと、"チョコミント味のアイスは好きですか"との問いに、好きが36%に対し、嫌いが48.5%と、苦手な人の方が多いという結果が。さらに地域別でみると、好きな人が北海道、宮城、山形など北日本で多い反面、大阪や高知が少なったように、西日本では不人気という傾向が出ているようで。この結果を、専門家さんが分析したところ、ハッカなど、元々、馴染みがある北日本に対し、清涼感で後味を消す効果が、甘いソースを好む、関西など西日本は、後味を残す文化には合わないという理由なんじゃないかとのこと。うむ、日本の食文化は本当に奥が深いですな。

 さて、今週の予想は日曜函館HTB杯で本命はヤマニンルリュール。前走(函館芝1200m)がデビュー戦以来の勝利となりましたが、5走前(中京芝1400m)は、2勝クラスに格上挑戦して、勝ち馬からコンマ4秒差の4着。初の1200m戦となった3走前(小倉芝1200m)は、勝ったアスクキングコングからコンマ1秒差の2着となるなど、このクラスでも通用する能力は示していました。今回は、逃げ、先行馬が手薄なメンバー構成となりますが、前走のレースぶりから滞在競馬で気性面が安定しているだけに、すんなり好位から競馬ができるはず。53㎏のハンデもプラスといえるだけに、ここは勝ち負けまで期待できます。相手は、グランアリエル、アスクキングコング、ソウテン、スマートルシーダ、アルムブラスト、グラウクスの、3連複1頭軸ボックス。

 ところで、北日本の人間らしくチョコミントアイスをぱくぱく食べる小塚アナ。なんでも"実況アナ界のチョコミント"といっているようで、"僕のしゃべりと一緒で、甘い声ながら聴いたあとの清涼感がたまらない"と、謎の自画自賛をしているそうな。もっとも、実際は、最初こそ美女に甘い声で誘うも、いざ、上手く成功すると、ミントのように冷たい反応をしているんですよね。なかでも大阪時代にやんちゃぶりを発揮していたで、西日本で評判が悪いとか。おかしいですね。股間の棒がチョコミントのチョコみたいなつぶつぶがあって、とっても感じるかと思うのですがねぇ...。(ラジオNIKKEI藤巻)

コメント