※展開シミュレーション2月12日分 [展開シミュレーション]
2018/02/12(月) 00:00 フジマキ
★東京9Rテレビ山梨杯
 ナムラムラサキは、これまでに馬券に絡んだ4回が東京、新潟と直線の長い左回りコースの1800m戦。なかでも500万を勝った4走前(新潟芝1800m)は、前半3ハロン35秒2とこの条件としては平均ペースのなか、中団から直線で息長く末脚を伸ばし、後続にコンマ2秒差をつけたレースぶりはもちろん、ペースこそ違うとはいえ、前日1000万特別でも3着に相当。また、2着ヒストリアは、その後、500万、1000万を連勝、3着ミッキークロスも次走500万特別を勝ち上がるなど、数字、内容ともに評価できるもの。前々走山中湖特別(東京芝1800m)では、前半3ハロン36秒6とスローペースで、勝ち馬の決め手にこそ屈したとはいえ、好位から直線半ばで先頭に立つと、しぶとく脚を伸ばして後続の追撃を凌ぎ切るなど、展開不問で安定した走りを披露。前走オリエンタル賞(東京芝1800m)は、勝ち馬から1秒差の12着と崩れるも、牡馬混合戦に加え、小柄な牝馬だけに使い込んで調子が落ちていた感。ひと息入れて立て直した今回は、スマートプラネット、カービングパスの逃げ争いなら、極端なスローペースとはならないはずで、その直後から脚をためて、直線息長く末脚を使うこの馬向きの展開となりそう。得意条件で牝馬限定のここなら巻き返しが期待できる。相手は、レッドオルガ、イストワールファム、アドマイヤローザ、カービングパス、ウインクルサルーテ、ニシノアモーレの、3連複2番1頭軸、10、4、12、8、9、6のボックス。

その他のレース~東京
10R雲雀S◎マコトサダイジン=3連複8番1頭軸で、相手は、1、4、13、7、2、11。11RクイーンC◎テトラドラクマ=3連複6番1頭軸で、相手は、10、1、13、12、14、9。12R◎パイロキネシスト=3連複9番1頭軸で、相手は、5、11、4、12、13、7。

その他のレース~小倉
9R巌流島特別◎トーセンアルバータ=3連複4番1頭軸で、相手は、3、11、13、1、14、12。10R壇之浦特別◎ビービーブレスユー=3連複1番1頭軸で、相手は、9、4、15、3、17、16。11R門司S◎クールオープニング=3連複16番1頭軸で、相手は、9、12、5、6、15、8。12R◎バトルグランドリイ=3連複8番1頭軸で、相手は、15、18、16、5、1、3。

コメント